<   2009年 01月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ぼた雪ぼたぼた

f0118332_2291587.jpg

ぼたんの花びらのようにでかいからか、ぼたぼたとしけった雪だからか、
ともかくぼた雪がぼたぼたと降り、積もりました。
水気たっぷりの超ヘビーな雪です。

こんなしけった雪のときは、傘さしますよ。濡れますから・・・
ぼた雪だと、あっという間に傘が重くなり、ときどき傘の雪を落とします。

友人がフリマに出店することになり、便乗させてもらえるようなので、少し
家の中の不用品を物色。状態のよいものを出してみることに。
その相談で出かけ、結局夕食をいただいてから帰宅。
「謎カレー」と称して出されたカレーは、ちくわとゴボウが入っていた。
大根とか孟宗入れることはあるが、ゴボウは入れたことなかったなぁ。
昔よく行ったネパール料理屋でも、カレーに厚揚入れたり、ナメコも入ったり
いろいろだった。カレーにはなんでも入れてよいのだ。
by akanezumi1984 | 2009-01-31 22:17 | つぶやき | Comments(4)

下界も雪、雪

市内も雪で真っ白です。
朝からずっと、けっこうな勢いで降っているわりには、まだ新雪10センチ
くらいか。

知人にちょっと山の画像をCDにコピーしてと頼まれ、適当にぱかぱかと
選んでみたが、まぁ毎年同じような写真を撮ってるものだ(笑)
行くところがいつも月山ばかりだからね。

でも、何度見ても、きれいなものはきれい。
何度だって、稜線に出て視界が開けたときは、感動する。
by akanezumi1984 | 2009-01-31 12:23 | つぶやき | Comments(2)

姥ヶ岳へ

ちゃんと早起きできました!やるときゃやるんです。たまに(笑)
年に何度かは誰と約束したわけでもなく、真っ暗なうちに出かけるんです。
4時半に起きたのに、ついメールの返事書きなどして、家を出るのが5時半
近くになりましたが、志津7時スタートですから、上出来です。
f0118332_22171728.jpg

のっけから怪し過ぎる写真で失礼。我ながら、どんな人相に?と思ったも
んで、撮ってみた。放射冷却できんきんに空気が冷たく、鼻腔、喉の奥、
ほっぺが痛いのに、ネック・ウォーマー忘れたので、しばしタオル覆面で
の行動。誰とも会わなくてよかった。
f0118332_22201764.jpg

しましまー。
NC経て春木戸過ぎたあたりまで、昨日のトレースを利用。その先は、ずぶ
ずぶだが一人でがんばった。
姥ヶ岳か、コメツガか迷ったまま、沢沿いに。姥なら、いつもは馬立沢から姥の
南面目指すのだが、そのままコメツガ方面目指したのは失敗だった。モナカ雪
で時間倍増、疲れる!
f0118332_22303251.jpg

雪国でない方にはよくわからないでしょうけど、中は柔らか、表面だけ硬い
雪をモナカと称しております。足を置くとパリンと大きく割れ、新雪と違い、
足が沈みきるまで少し間があるので、歩きにくいです。次の足を出したい
けれど、まだ足が沈んで行く・・・
f0118332_22531224.jpg

疲れる割になかなか進まず、やっぱり姥沢までトレース利用していけば
よかったと後悔しながら進む。(もう暑くて覆面なし)
コメツガまでもう少しというあたりで、モナカ雪トラバースに嫌気がさし、
あきらめて直登体制に。しかし、なかなかクラスト斜面達せず、ずぶずぶ
地獄。斜度がきつくなると、雪にいくら蹴りこんでも、ずるずる雪といっしょに
落ちて登れなくなり、しかたなくしばらくクマ登り。両手をずぶっと雪に刺し、
片膝を雪に刺して穴を開け、そこにスノーシューを乗せて体を引き上げる。
で、次の足を同じように膝を刺して・・・1m進むのもけっこう大変。
んもう、こんなんじゃ姥ヶ岳今日は無理か?と思ったが、スタートが早いか
ら、いくらのろのろでも行けるのね。
f0118332_2245879.jpg

やっとガリガリ斜面にたどり着きました。はー、やれやれ。
昨日からの馬鹿っ晴れで霧氷はほとんど落ちてしまいましたが、少し残っ
てます。隣の湯殿と同じくらいの高さなので、標高1500mくらいか。
いつもの馬立沢から登り始めていれば、もう姥山頂に着いていたかも、と
思いつつも、まぁなにしろきれいだからいいやー、と嬉しくてうろうろしまくる。
f0118332_22491629.jpg

まとまってコメツガがあるのは別のところなのだが、ここにも一本見えていた。
暖かすぎて樹氷が穴だらけだよ。
f0118332_22502133.jpg

つぶつぶのガリガリもきれいです。少し上に行くとエビの尻尾が発達し始める。
ここでテンション少し上がり、パンなど食べて元気出して、姥山頂目指す。
f0118332_22542869.jpg

登り切るとそこには・・・やたー!鳥海山が浮かんでた。暖かすぎると山並み
は霞かかって見えにくくなりますが、けっこう見えてる、見えてる。
磐梯山のとんがりも見えてる。
f0118332_22572730.jpg

f0118332_22584085.jpg
f0118332_22585723.jpg
f0118332_22591577.jpg

お日様パワーで気温は高いはずですが、風が冷たくて、帽子かぶっていても
耳が痛い。雪だるまは、ドライ過ぎて無理かなと思ったが、試しに握ってみた
らなんとか・・・ただしくっつけようとすると割れるので、頭はそっと載せただけ。
f0118332_233825.jpg

f0118332_234690.jpg

下りは姥の南面から姥沢に降り、ロッジ裏から大門海、周海沼という、い
つものコースに、昨日のスノーシュー隊のトレースがあったので、利用。
暖かすぎて雪が腐り、超重い&くっつく最悪の状態で、下りといえども
ラッセル厳しくて、このトレースのお陰で助かった。(でないと、数歩ごとに
ストックで雪を叩き落さないといけない。)
昨日なんにもしていないのに、右膝が苦しくて嫌な感じがしていたのが、
今日の下りで痛み出した。膝の外側だから、長脛靭帯かな?
数日はおとなしくしておこう。
f0118332_2312494.jpg

大江町通って帰ったら、朝日の夕焼がきれいで、車止めて撮影。
美しい景色をたくさん見て、充実の一日だった。
by akanezumi1984 | 2009-01-29 23:14 | おらいの山 | Comments(10)

愛だね、愛(意味不明)

今朝は、-10℃近くまで冷え込みました。その割りに窓の内側が凍った
くらいで、台所はなんともなかったなぁ。
子どものころはしょっちゅう水道が凍ったり、濡れタオルや濡れ布巾がガチ
ガチになっていたけれど。
実家あたりは濃霧に包まれて昼頃まで薄暗かったりすることが多いのだが、
今朝はすっきり青空でした。
すぐそこらへんの田んぼや山がなんときれいだこと!

こんな日に山に行ったら最高!な完璧な天気でしたが、お葬式に・・・
でも、「亡くなった人がいい人だと葬式の日に晴れる」と聞いたら、うんうん、
本当にあんなにいい人はいなかった、と今日の快晴が心底嬉しく思えた。

天気予報では明日も晴れ。夕食後に実家を後にし、山形に着くなり、わた
わたと明日の行動食の準備などしてみました。
今日は日中もあまり気温が上がらなかったようだが、明日は相当暖かくな
るので、できれば早朝から歩いたほうが楽であろう。景色も、気温が上がり
過ぎると茫洋と霞むかもしれないし。

ああ、くじけて二度寝しませんように!
by akanezumi1984 | 2009-01-28 22:37 | つぶやき | Comments(0)

愛があふれてる

f0118332_15474728.jpg

道の駅の一角は愛だらけ…
by akanezumi1984 | 2009-01-27 15:47 | つぶやき | Comments(2)

明日は晴れるようですが

明日水曜は、久しぶりに終日晴れの予報ですが、土曜に亡くなられた親戚
の方のお葬式です。

高齢のおばあちゃんと、20年くらい前から体が不自由な奥様との暮らしで、
仕事しながら家事一切もこなし、「なんてことね(別になんでもないよ)」と、
にこにこしている、優しいお父さんでした。
by akanezumi1984 | 2009-01-27 09:51 | つぶやき | Comments(0)

カプリオ退院

カプリオR4が退院しました。5年間保障の期間内ですが、自己負担分が
5500円ほどかかりました。実際の修理費は新品が買えるほどですが、
大部分メーカー負担になったおかげで助かった・・・

今日から歯医者にも行き始めたので、財布が一気に軽くなったなぁ。
初回は、初診料やレントゲンでちょっと高いから。

詰め物が取れた歯だけでなく、その隣の歯も問題あり。むむむ。
by akanezumi1984 | 2009-01-26 18:01 | つぶやき | Comments(0)
変わりやすい天気に一喜一憂。
早朝出発の予定が昨夜のうちにキャンセルになったので、つい、油断して
起きたら8時。は、晴れてる!
でも、山は天気悪いだろ・・・と思ったら、弟分から「山晴れてますよ」とメール!
ええーっと焦ってじたばたしたが、ライブカメラ見たら既に雪空。
一瞬だったのか・・・
ぴかぴかしている蔵王に行こうかと浮気心も出たが、午後から雪の予報なので、
天気悪いならいつものところが一番。
f0118332_22455370.jpg

雪の降る日は森が最高にきれいなのだ。
膝ラッセルだが、雪は軽く、ふわふわパウダー。しかし、なんだかんだで歩き
出しが11時になってしまったので、神様トレース追跡することに。
おや、なんだかスノーシューも何人かいるようだ。トレースがあるのでがん
がん進むと、トレースが二つに分かれた。博物園の数人と、神様とSさん。
神様チームを追跡。ほどなく、追いつき、一緒に昼食。
f0118332_22494048.jpg

どんよりした雪雲のすき間から、つと薄日が射す瞬間がきれいだ。
f0118332_22533745.jpg

f0118332_22511669.jpg

気温は低いはずだが、風がなく穏やか。静かな森だが、痛々しい幹折れ、
枝折れがそこかしこに。志津~ごがらみ~きわだ平と進むうち、キャット
(雪上車)の舗装道路みたいなトレースにぶつかった。トレースをつっきりな
がら下る。
清水コースのほうに下っていたが、なんと、ここで青空が出て、湯殿や姥
が見えてきた。木立で写真が撮れないので、志津スキー場の方に一人登り
返してみたが、すぐに曇ってしまい、その後は晴れず。
でも、薄日がときどき射し、ぼんやりした光と、きらきら光る雪にしばし
見とれた。
f0118332_233938.jpg

f0118332_2341797.jpg

f0118332_2342960.jpg

今日のうさ、そこはかとなく哀愁漂う後姿と、はかない空色が自分としては
かなり気に入っている。
雪の表面をさーっと雪粒が風に流されていくのを動画に撮ればよかったなぁ。
なんてきれいなんだろうと、しばしひたっていたが、急に暗くなって雪が勢い
よく降り出したので、キャットのトレースを尻滑りで一気に滑り降りた。
PPに寄り道してのんびりした帰ったら、また晴れている!
今日は大雪の予報ではなかったのか・・・
でも、いいほうにはずれてよかった。風がなく、雪が適度に降って、たまに
薄日が射すというのは、最高の森日和なのだ。
快晴のときの稜線の叫びだしたくなるような高揚感もよいが、このしみじみ
美しい静かな森を味わえる微妙な天気、いいんだよねぇ。

帰り道、電線にコチョウゲンボウのオスを見つけて、車止めてちょっとだけ
観察。写真撮る前に飛ばれてしまった。興味のある人は検索してください。
青みがった体色、まーるい頭でかわいくきれいな鳥です。
ちょっとの間だけど、路側帯のないところだったので、交通の邪魔してしま
った、ごめんなさい。
by akanezumi1984 | 2009-01-25 23:03 | おらいの山 | Comments(0)

レッツ!方言

夕食まで実家にいようと思っていたが、午後から天候悪化してきて、心
配性の大王様は「早く帰った方がいい」と騒ぎ出した。
確かに、圧雪・凍結路になる前に退散したほうがいいか・・・
と、夕方運転し始めた。ラジオをなにげに聞いていると、おおおっ、例の
番組が始まった。しかも、ゲスト知ってる人だ!

「レッツ!方言」
YBCラジオで毎週土曜の夕方5時過ぎに放送しているようだが、普段は
ラジオを聴かないので、たまたまそのときに車を運転していたときだけ
聞く番組。
方言丸出しのおねえさん?二人が、毎回県内どこかの誰かに電話して話
すだけの短い番組なのだが、妙におもしろい。
今日はたまたま知ってる方がゲストで、思わずボリュームアップ。
志津の冬の除雪の大変さを語っているのだが、ものすごく大変なはずな
のに、ものすごーくのんびりと語っているのが、なんだかおかしくて、パ
ーソナリティー爆笑。おいらも一人でくっくっくっと笑いが止まらない。
一人で運転中に笑っているのって、はたから見ると気持ち悪いと思うのだ
が・・・

ところで「すだらがす」て、どのへんの言葉だべ?
うちの実家あたりでは使わないような・・・
by akanezumi1984 | 2009-01-24 22:45 | つぶやき | Comments(0)

一時しのぎ

久々におから炒りなど作ったら、作りすぎた。おからが500g…半分冷凍すればよかったのだが、えいっと全部投入。挽き肉、ゴボウ、大根、にんじん、糸こんにゃく、油揚げ、キャベツの芯など入れたら、カレー鍋いっぱいに…
近所にお裾分けに行き、お茶受けに焼いた干し芋をいただいたら、歯にくっつく、くっつく。
そして突然固いものの感触!
やばい、奥歯の詰め物が取れた。がーん…
とりあえず元の位置に納めてみたが、月曜歯医者に駆け込まねば。それまで食べるものに気をつけなきゃね。干し芋、キャラメル、餅厳禁!
by akanezumi1984 | 2009-01-24 15:18 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984