<   2008年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ブナ峠~鳥原山

明日、明後日は特殊任務があり、そのあとの二日間は博物園の予定だか
ら、今日もどっか山に行っておきたいなぁと、昨夜あれこれ考えておった。
鳥海行きたいけど、たぶん起きれない・・・もう一度月山も捨てがたいが、
馬鹿だと思われる(もう手遅れか)。おらいの月山がよく見える天狗、障子
あたりもいいなぁと深夜に思い巡らしてみたが、結局、最近miiraさんに誘
っていただいたのに行けなかった、ブナ峠から鳥原山の線に決定。
6時半に起きたのに、のんきにブログの更新したり、準備に手間取ったりで、
結局出が遅かった上に、道中知り合いにあったり、クマタカにひっかかったり
で、スタートは10時半過ぎでありました。
f0118332_2346565.jpg

コンパクト・デジカメでは、こんな写真にしかなりませんが、10倍ツァイス
で見たクマタカはかっこよかったですよ。
f0118332_004958.jpg

スタートから間もなく、この橋で落ちました。ざぶっ!
でも、対岸側が浅く、上がりやすかったので、瞬間的に駆け上がったら、
靴の中は濡れずに済んで、やれやれ。しかし、この後も小沢を何度となく
渡り、道も泥んこのところが多くて、長靴にしとけばよかったと後悔。
f0118332_022654.jpg

やけに背の高い目玉のオヤジ軍団。ギンリョウソウがこの時期に??
と思ったら、アキノギンリョウソウという別種のようです。
f0118332_031740.jpg

クチベニタケ。押すと、ポフポフと茶色の胞子を口から吹き出します。
小沢に沿った道をしばらく行くと、今度はダケカンパの急登。
f0118332_055478.jpg

緩やかなブナの小道になると、カラの群れに囲まれ、賑やかに。
足元には、テンやキツネのフンが点々と。
f0118332_074649.jpg

キツネにアカネズミ食われた?
f0118332_084822.jpg

タカに食われたヤマセミ。
f0118332_0101973.jpg

ノウサギの足跡?
眺望のきかないコースだが、いろいろ観察しながら初めての道を楽しむ。
田代清水で腰をおろし、甘いもの食べて休憩。
こりゃ思っていたより遠いなぁと感じはじめたところで、ようやく鳥原湿原着。
f0118332_015209.jpg

ついつい、木道をずんずん進んでしまったが、鳥原山は反対方向でした。
突然、このへんだけ嫌に整備されていて、石がしいてある。鳥原山の展望
地まで行くと、ようやく視界が開け、大朝日と小朝日が量感たっぷりに見える。
f0118332_0172977.jpg

f0118332_0174196.jpg

残念ながら、月山は雲がかかってよく見えない。
ごはん食べて、のんびりしていると、ちりんちりんと鈴の音が・・・
山慣れした感じの初老の男性。古寺からですか?と聞いたら、なんと
朝日鉱泉~御影森~大朝日~小朝日~鳥原山~朝日鉱泉のロング
コースを日帰りで!コースタイムだけでも11時間のコースを日の短い秋
に。無口な山男さんは、まったく休憩なしで、でもおいらの質問にちゃんと
答えて、すうっと歩き去って行きました。かっこいいおじさまだなぁ。
2時までのんびりしてから、来た道を下山。なので、あの橋をまた渡らない
といけない!しかも、今度は逆に対岸側が水深が深い。てことは、落ちた
ときに瞬間的に上がれない。どうせ落ちるならと、もう車までわずかのとこ
ろなので、もう最初からじゃぶじゃぶ水に入って渡りました。
膝に優しい土の道なので、下りは小走りしてきたので、3時半に車着。
今度このコース歩くときは、長靴にしよ。
by akanezumi1984 | 2008-09-30 23:46 | ほかの山 | Comments(2)

これも白い?

9月28日月山の牛首~姥ヶ岳下道の木道にあった、白い糞。
f0118332_80846.jpg

主成分は、白い毛。こんなに早く?

でも、確か昨年の今頃も「こんなに早く白くなるのか?」と思ったっけな、そういや。
f0118332_862656.jpg

ちと生々しいですが、昨年の9月29日朝日稜線上に落ちていた。
全身真っ白ではないだろうが、末端の手足とか顔から白くなって、全体的
にも白っぽいバフ色まだら状態なのだろうか・・・

そして、平地や低山の個体より、高山の個体の方が早く白くなるのかな。
ひきがねは、気温?
by akanezumi1984 | 2008-09-30 08:10 | 生き物 | Comments(0)

考えることはいっしょ

今日は、博物園で10時から研修会のはずでしたが、
f0118332_2374643.jpg

こんなん見てしまったら、心が揺れて、揺れて。
途中、博物園に電話したら「迷ったときは、山に行け」と、ありがたいお言葉。
で、大手を振って?山頂目指すことに。
f0118332_2392368.jpg

姥山頂には、もう一人、山に呼ばれたOさんがおりました。
「俺も研修会に出るはずだったんだけどさ、途中であんなに山がきれいに
見えてたから、こっち来ちゃった」と。
やはり、いたしかたないことなのです。
f0118332_23131896.jpg

いつも最後まで咲いている、ミヤマキンバイとハクサンイチゲは、馬鹿キン
バイとか馬鹿イチゲなんて呼ばれることもありますが(まるで誰かのようだ)、
まだ蕾まであって、けなげじゃありませんか。
牛首のベンチには、昨日の雪だるまが・・・今日は暖かいのに、えらい!
f0118332_233023.jpg

f0118332_23152794.jpg

おとといは、リフトの下駅付近まで雪があったそうですが、ほとんど消滅。
でも、牛首から上は徐々に雪が増えていきます。
f0118332_2317862.jpg

牛首あたりで、西からガスが涌いてきて、山頂についたときには、ほんの
一刷き青空が残っていただけ。それもじきに消え、真っ白白の世界に。
f0118332_23175392.jpg

f0118332_23192942.jpg

平らなはずの道部分が、吹き溜まりとそうでないところで、すごい段差に
なっていて、落差が60センチくらいあるところも。
f0118332_23202569.jpg

雪の上に寝転んで、人型をとってみましたが、昨日の雨で雪がしまっていて
あまり深くへこみません。なんやら「あるみtoyの化石ごっこ」というおもちゃ
みたいな形です。
でも、けっこうな積雪量なので、嬉しくて駆け回っていたら、深みにはまって
こけました。まるで落とし穴!
f0118332_23232465.jpg

相棒がいたら、もう二人して大はしゃぎの大騒ぎになるところですが、単独
なので、終始無言。でも、心の中で大はしゃぎ。
山頂神社で、今、闘病中の友人、知人の全快を祈った後は、うさだるま奉納。
f0118332_23274279.jpg

昼時なので、うさにもおにぎりをあげました。
東斜面の方も探索するつもりだったけれど、視界が悪いし、山頂で十分に
雪があったので、今日はここまで。それに、ひさしぶりにおもしろそうな人を
拾うことにしたので、早めに下山。
全身黒尽くめ、この時期の月山で異常に目立つタイツに短パン、帽子だけ
派手なブルーと、今日すれ違った人全員にインパクトを残したねーさん。
いかにもトレイル・ランナー的服装通り、博物園から二時間40分で山頂着。
同じころ山頂に着いたので、話をしていたら、山形に泊まるというので、帰り
乗せてくよと、約束。志津まで走って下るという彼女の方が、雪だるま作って
遊んで姥沢から車のおいらより早く志津に着いてしまうため、清水屋さんで
温泉入って待っていてと、言って分かれた。
下山途中で、Oさんや、神様、仏様と会い、わいわい話しながらゆっくり下山
し、4時頃清水屋さんに行ったら、タイツのねーさんは既に温泉からあがり、
ばっちゃんの手伝いでミズの実の葉っぱ取りに没頭しておりました。

おまけ
姥沢のベンツ言えば、これです。
f0118332_23404549.jpg

by akanezumi1984 | 2008-09-29 23:14 | おらいの山 | Comments(2)

初雪で雪だるま

今日は、午前中は博物園のガイド。昼で終わったので、初雪を見に行かなく
ちゃ!と姥沢に移動。身支度整えていると、雨が・・・しかも、本降りに。
雪ならいいけど、雨かよー。

とりあえず下駅で天気待ちしていると、相棒も現れた。
しかし、土砂降りにテンション下がっている。二人でどうしたものかとうだうだ。
行くのやめようかなと相棒。んでも、おいらは初雪直後に雪だるま作るのは、
半分義務化しているし、行くよ、と言ってるうちに雨があがり、二人で出動。
既に午後2時。下山の人とばかりすれ違う。
昨日に比べ、かなり解けてなくなってしまったようだが、姥ヶ岳に行く途中から、
ちびりちびりと雪が残っていた。
f0118332_23101016.jpg

ちょっとしか雪がないけれど、とりあえず姥ヶ岳で、新雪の雪だるま第一号。
f0118332_23102974.jpg

しもやけして汚くなっているだろうと思っていたリンドウが想いの外鮮やか。
昨日は、花だけ出して雪に埋もれていたそうです。
f0118332_23125130.jpg

真っ白なガスに紅葉が浮かび上がる。
f0118332_23134157.jpg

みんな下山した後で、だーれもいません。
スタートが遅かったので、今日は牛首まで。ここが今回の最高到達点なので、
ここでも雪だるま。
f0118332_23154790.jpg

昨日はもっともっと真っ白だったんだろうな。
f0118332_23174196.jpg

f0118332_2320838.jpg

車に戻ると、分厚い雲の下から大朝日がちらり。さらに弓張まで下ると、
全貌が見えてきた。だいぶ白くなっている!
f0118332_2323765.jpg

雲に覆われていた月山山頂も見えてきた。
f0118332_23233748.jpg

by akanezumi1984 | 2008-09-28 23:11 | おらいの山 | Comments(5)

初冠雪!

朝、山にいた知人から雪の情報はあったものの、どうせ気象台からは見えない
から、初冠雪扱いにはならないだろうと思っていたら・・・

さっきニュースで言ってました。「月山に初冠雪」おっほっほっ!

徹夜明けで、午後から寝ていたら、5時頃博物園から明日朝からガイド頼むと
いう電話があり、寝ぼけていて「明日って何曜日?今何日の何時?」状態だっ
たが、朦朧としつつもしっかり「ガイドは昼で終わり。てことは、午後から雪見に
行ける」と認識し、引き受けた。
この寒さなら、明日の午後でも解けてなくなっちゃうことはなかろう。

ふふふー、雪。雪。
ほぼ毎週雪をいじくっていたとはいえ、新雪は違うんだもんね。
by akanezumi1984 | 2008-09-27 18:40 | おらいの山 | Comments(6)

朝の虹

f0118332_11283594.jpg

携帯のカメラなので、あまりよくわかりませんが、虹です。
月山関係者から、おらだの山白くなったと連絡があり、山の見える方向を見に行きましたが、雲で見えず。でも街にかかる虹が見えました。
お山は見えないから、初冠雪のニュースにはならないなぁ。
by akanezumi1984 | 2008-09-27 11:28 | つぶやき | Comments(4)

水不足解消なるか?

雨が少なくて、山頂の神仙池も、博物園周辺の沢や沼も、かなり干上がって
いた。この雨で少し解消されるかな?

24日のカワクルミ沼。
f0118332_1039574.jpg

水が少ないので、サンショウウオの子どもは見つけやすい。
f0118332_10441648.jpg

ぷるんっときれいなゼリーの中に小さなぷちぷち。エグリトビケラ系の卵?
f0118332_10442744.jpg

25日は、昼前から雨になったけれど、子ども達なんとか歩きとおしました。
でも、夜はテント泊だって・・・寒くて眠れたかな?
by akanezumi1984 | 2008-09-26 10:46 | おらいの山 | Comments(0)

クマ棚調査

と言っても、一人で勝手にやるだけですが。
山頂行きは時間的に慌ただしいので止め、気になっていたブナの様子チェックとクマ棚探しをすることに。
でかツァイスで出動すると気分は調査モード。ブナの実のつき具合探りつつ、クマ棚探し。
ブナの実つきは、木により極端に違う。クマはたくさん実が生っている木をわかって登るのか、行き当たりばったりなのか?目はあまりよく見えないはず。
2つ目のクマ棚は登山道から近かったので、近づいて爪跡も確認できた。
かなり太い枝(手首より太い)をバキベキッと折っています。
f0118332_185193.jpg

爪跡もしっかり。
f0118332_19131.jpg

ここらでモタシと言ってるキノコがいっぱいあったが、今日は調査なのだ。
f0118332_191547.jpg

(暗くてぶれぶれ)
f0118332_194648.jpg

不気味な色・・・菌類の仕業か?
お散歩中のイモヤン。正面から迫るとあまり逃げません。
f0118332_1105098.jpg

f0118332_111419.jpg

by akanezumi1984 | 2008-09-24 22:12 | おらいの山 | Comments(0)

完全に出遅れ

そろそろ山を降りてしまう山頂小屋の方たちに、最後の挨拶に行こうかと
思っていたのだが・・・
志津のライブカメラのまっ白白画像にだまされ、家でぐすぐず。
とりあえず、午後からでも間に合うことは間に合うので、昼ごはん早めに
食べながら移動、八幡坂で電話が来て、博物園でしばし留守番せよとの
指令。
今日は、山頂行きはやめるか・・・

と、のんびりしていると、月山馬鹿殿さまが現われ、いまから行って来いと。
さて、どうしようかな。
by akanezumi1984 | 2008-09-24 12:38 | つぶやき | Comments(0)

我が家

今夜帰宅。
ほのかに生ゴミ臭い。袋の口軽く縛っていても、においがもれてるなぁ。
明日が燃えるゴミの日でよかった。
あさってはボだが、明日から出かけっぱなしにしてしまおうか、どうしようか。
まだ何も準備してない。
f0118332_2357773.jpg

写真は9/4、神様、仏様お気に入りの休憩ポイント、大岩にて。
同行者が今日、そのときの写真を送ってくれました。
by akanezumi1984 | 2008-09-24 00:00 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984