<   2008年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

終了

去年は、ずっと奥まで刈り払い、縦走したが、今回はだいぶ手前で終わり、来た道引き返し、早めに終了。
また途中、クマが木の股で昼寝しているのが遠くに見えたらしいが、素人2人は気づかず。(刈り払い隊長は、クマ打ち猟師)
雨の中、真っ暗になってからクマ危険地帯突破した昨年と違い、天気に恵まれ、時間にも余裕があった。真っ暗でわけわからず歩いた道を明るいときに見たかったけれど、今回は往復同じ道でかなわず。
by akanezumi1984 | 2008-07-31 16:55 | お出かけ | Comments(0)

子グマ

f0118332_625668.jpg

先頭の刈り払い隊長が、なにか黒いものがよぎったと…
by akanezumi1984 | 2008-07-31 06:25 | お出かけ | Comments(0)

既に

隣は軽くいびきかいて爆睡状態。まだ五時半にならないのに…
おいら昨夜はほとんど眠れませんでしたが、といって今寝たら夜中に起きてしまいそう。
今夜はクマしか歩かない幻の登山道に、ブルーシートの簡易テントを張ってのお泊まり。端っこにいるから、クマが来たら踏んづけられちまう。
今日は雨にならず、気温もあまりあがらず、助かった。明日も降りませんように!
by akanezumi1984 | 2008-07-30 17:26 | お出かけ | Comments(0)

おっとっと・・・

天気と雇用主の気分次第で待機中だった、某山の刈り払い助手の仕事。
ずるずるずれて、30日天気もよさそうだしと、昨日決行の連絡あったが・・・
今朝になったら、また天気崩れてしまった。ずっと雨っぽい。

どうするのだろう?今月中にやるとは言っていたが、雨なら延期とも言って
たし。ずれるのかなーとのんびりしていたら、雨でもやるからすぐ来いと。

昼に食べる予定だった具沢山の汁をあわててかきこみ、荷物をばたばた
詰め込む。いや、刈り払いだけなら、山中野宿で雇用主がしきるので、
こちらは小さい寝袋しか持っていっちゃだめということで、ほとんど支度も
いらないのだが、実家に近いとか、山形から行くより鳥海山が近いという
のがあって、つい、その後天気次第で鳥海山にとか考えると荷物が増える
のであった。

明日早朝の仕事といえ、夜まで行っておけばいいやとのんびりしていたの
に、今すぐ来いとプッシュされてしまったので、がらがら出かけなくては。

次の更新はちょっと遅れるかも。
by akanezumi1984 | 2008-07-29 11:21 | お出かけ | Comments(0)

水なす

f0118332_21341773.jpg

生食?サラダ?なすが??
でも、4個入り100円は「買い」です。
本当に生で食べられるのだろうかと、一口齧ってみたら、甘くてなんだか
さわやか。なんですかな、これは。なすだけど、なすじゃない・・・
不思議な味ですが、そのまま何もつけなくても食べられる存在です。

それにしても、天気予報に反して、雨どころか、けっこう天気よかった
今日。なんだかだまされた気分。昨日濡らしてしまった靴を乾かすには
よいけれど。
防水の登山靴なのに、靴下がぐっちょりだったのは、ズボンを伝って靴下
にしみてしまったのか(刈り払いされていない登山道では、濡れた草で
びしょびしょに濡れた)、登山靴がしみしみになってしまったのか・・・
by akanezumi1984 | 2008-07-28 21:49 | FOOD | Comments(0)

orがandになって・・・

天気予報では、月曜が悪そうだったので、混むの承知で日曜出動。
そろそろオゼコウホネが気になり、弥陀ヶ原まで足を伸ばそうか、でも
混むし、午後から雷雨になるかもしれないから、山頂までにして、その
分すいている下からの道をのんびり楽しもうか?

ちょびっと寝坊して、弥陀ヶ原往復するには、あんまりのんびりまったり
できなさそう。ただ、もくもく歩くなら十分だが、花を撮り、景色のいいと
ころでのんびり過ごさないと楽しくない。
よし、今日は山頂までにして、あちこちでのんびりだ!と決めた。(はず
だった)

博物園の邪魔にならないところに車を置き、6時半石跳沿いに出発。
f0118332_9513635.jpg

まもなく登山道の真ん中にカケス幼鳥の死体。まだうまく飛べない幼鳥は、
よくカラスやテンなどに食われてしまうが、この子はどうしたのやら?
ずんずん進んでいくと、だんだんガスが晴れてきた!
f0118332_9553483.jpg

ええっ、今日ってこんなに天気いいの?まっすぐ姥に行けばよかった!
f0118332_9561670.jpg

装束場コース、登山道にかかる雪渓はほんのわずかになりましたが、まだ
沢の上にはけっこう大きな雪渓が残っていました。
f0118332_957925.jpg

日が差して気温も上昇。汗だーらだら。沢の近くだけ涼しい風が吹き、目に
も涼やか。
予想外の真っ青な空に、テンション
装束場の上の水場で、きんきんに冷たい湧き水を飲み、おにぎり一個
食べてしあわせー!上から下ってきたお兄さんを呼び止め、ここの水を飲ん
でいかれよ、とおせっかい。
しかし、稜線に出る頃には、ガスがうわーっと上がってきて、景色は見え隠れ。
ざーんねーん!
f0118332_1044383.jpg
f0118332_1045472.jpg

でも、花はきれいです。
f0118332_1074312.jpg

そういえば装束場のすぐ上に、謎の石の配置。こんなんあったっけ?
遅くまで雪の残るところだから、今まで気づかなかった・・・
f0118332_1094370.jpg

ちょうど練習ひと段落したところのようで、滑ってる最中の人が写っていま
せんが、牛首下四谷の沢のスキー練習コースです。毎夏、スキー合宿の
人が練習しています。
f0118332_1019586.jpg

あいかわらず見事なニッコウキスゲ群落、各所にごっそり。青空バックが
欲しかった。
11時頃山頂に着いたら、さすが日曜、人でごった返してました。テンション
小屋のおばさんにちびっと差し入れあったけれど、小屋の中も外も人がすご
かったので、素通り。人のほとんど来ない三角点で早めの昼食。
ガスで眺望はないけれど、涼しくていい気持ち。しばらくのんびりしてから、
とりあえず少し北側の木道の花チェックへ。このときはそこから折り返してくる
つもり。んで雪だるま作るつもりだった。
しかし、大量の人たちがほとんど山頂で昼食休憩中なせいか、北側人少なく
て、ついついそのままずんずん羽黒側にくだってしまい、9合目まで行っちゃ
え。9合目についたら、弥陀ヶ原まで行っちゃおうかなー・・・
f0118332_10173429.jpg

で、弥陀ヶ原まで来てしまいました。だったらスタートを姥沢にしとけばよかった
ものを・・・キンコウカがきれいだから、いいか。
f0118332_1019195.jpg

ワタスゲもぎりぎり間に合った。
f0118332_10205074.jpg

オゼコウホネも見ごろでした。近くに監視人が毎日います。大変だなぁ。
それだけルールを無視して、立ち入り禁止のところに進入する人が多いとい
うことなのでしょう。手前の小さい池塘にも十分咲いているからアップの写真
はこちらで撮り、いっぱい咲いているのは奥の大きい池塘のを望遠で撮れば
いいのじゃ。
サワラン見つけないできちゃったと言ったら、監視人のおじさんが場所を教え
てくださった。昔はたくさんあったのだろうが、今は本当に少ない。トキソウは
いっぱいあるのに・・・やはり濃い赤が目立つから狙われるのだろうか?
既に2時近くなってしまい、とりあえず目的の花は見たので、急いで戻る。
いつもなら弥陀ヶ原一周して、のんびりお茶して二時間くらいすごすのだが、
博物園まで歩いて帰らなくてはならないから、まったりする暇なし。
9合目仏生池小屋で小休止した後、背後にぴったり同じペースで登る人が。
こんな時間に・・・と、自分のことを棚にあげて(笑)気になりつつ、急ぐから
そのまま一人でがしがし進んだ。山頂目前の石畳に入ったあたりで男性
が話しかけてきた。なんと、その人は、早朝に鳥海山登ってから月山に来
たのですと!!100名山やってる人などは今日は月山、明日は鳥海山な
んてのよく聞くけれど、一日に二つとは恐れ入りました。
三角点の場所を教えてあげて別れた。早朝の鳥海山は天気がよくて楽しめ
たようですが。そのときは鳥海山から月山が見えたそうだけど、昼前にガス
ってしまい、月山はただ単なるピークハントになってしまいましたね。
小屋について既に3時半。あがって休めばの言葉に「時間ないから」と
断っておきながら、結局ついつい20分くらい話し込んでしまった。
宿泊客と入れ違いに小屋を出て、下山開始。姥沢の神様に連絡がとれれ
ば、待っててもらって博物園まで乗せてもらうという、よこしまな考えが浮か
んだが、連絡とれず、時間を考えると姥沢から大門海下るよりは装束場を
下ったほうが早いだろうと、装束場コースへ。
何度か短い雨があったため、石が濡れていて滑る、滑る。
怪我したら元も子もないので、急いで駆け下るより、慎重に!
日は長いから、ゆっくり下っても間に合うからと、慎重に歩いたつもりが、そ
れでも滑って、5回くらい転びかけた。はー、やばいやばい。
靴底が磨り減ってるせいもあるかな?冬になったら張替えに出そう。
f0118332_10433447.jpg

雨上がりの夕方は、いもやんがよく散歩してます。後ろから近づくとあわてて
逃げるが、正面からだと固まってしまう(笑)フリーズ中のいもやんです。
マミジロのメスもすぐ近くに止まったけれど、写真撮れず。
午後6時半に車に到着。いつもは遅くとも5時には戻るようにしているのだが。
今日は、装束場から登るなら山頂までという予定を変更して弥陀ヶ原まで
足を伸ばしてしまったので、遅くなってしまった。
疲れは感じないけど、こういうことするなら、もっと早く家を出ないとなぁ。
後半は時間がなくて、あわただしくなってしまい、雪だるま作らないで帰って
しまった。
by akanezumi1984 | 2008-07-28 00:57 | おらいの山 | Comments(2)

遠くの花火、近くの花火

打ち上げ花火の音が聞こえ、思わずベランダに出ると、端っこからかろうじて
高く上がったものだけ見える。
ネットで検索したら、どうやら「フラワーパーク花夢花夢」の花火大会か。
ここから見えるんだなぁ、知らなかった・・・

ほどなく、ベランダから斜め向かいのアパート前でも親子が花火を始めた。
こっちの小さい花火もきれいだな。こっそり見学。

さて二日間外出せず、ひきこもってしまった。いかんなぁ。
天気がぱっとしないので、ついついテンション下がっている。
今日は、午後からのエコ・文化フォーラムに行ってみようかと思っていたのに、
時間があるからと腹ばいで資料読んでいたら・・・うっかり寝てしまい、間に合
わなかった。
明日は山に行こうかな。刈り払い助手やる前にひきこもってばかりじゃ体力が
落ちてしまうもんな。
新しい写真がないので、おととしの雪だるまシリーズから。
f0118332_20391091.jpg
f0118332_20391938.jpg

by akanezumi1984 | 2008-07-26 20:27 | つぶやき | Comments(0)

馬鹿ですね

天気悪いので、ひきこもりでデータ整理など。

雪だるまだけ抽出して別フォルダにまとめていたのだが、日付別にしか
フォルダに名前つけていないので、いちいち全部開かないと・・・
でも、そのおかげで、花の咲く時期を再確認できたりした。
トウヤクリンドウは、やっぱり8月はじめだな。うん。

それにしても・・・去年8月6日月山の山頂まで。7日は姥沢から弥陀ヶ原往復。
8日に鳥海山山頂って。これ、全部いちいち家に帰ってまた出直しているわけで。
我ながら、馬鹿。

と、データの日付だけ見てなにやってんだよと思っていたが、去年のブログを
確認したら、山に泊ったり、ユースに泊ったりして家には帰っていなかった。
ま、馬鹿には変わりないか・・・
by akanezumi1984 | 2008-07-25 16:13 | つぶやき | Comments(4)

まーた拾ってしまった!

今日は、知人の見舞いで鶴岡に行くことに。
ガソリン使うから、それだけではもったいないので、今年見にいきそびれて
いたハッチョウトンボとヒメボタルの確認もあわせ技にすることにして、午後
ゆっくりに出発。
f0118332_2354987.jpg

毎年見ている場所へ、例年よりちと遅くなってしまったが行ってみると・・・
いました、いました。ちびちびのハッチョウトンポ。かなり草ボウボウになって
いて、こりゃ今年はもう終わったかなと思ったけれど、目を凝らして探すと
ぽつりぽつり見つけられました。ちっちゃくてかわいいなぁ。
ちょっと寸詰まりなのがわかりますか?びっくりするくらい小さいトンポなの
です。
メインテーマの見舞いも、思っていたよりずっと状態がよくて、安心安心。
普通の怪我なら、時間が治してくれるから。

怪我人への心配ふっとんで、あと気になるのは、毎年見ているヒメボタル。
今年もいつも通り出てくれているか確認するために博物園に寄り道。
午後7時過ぎて暗くなってきた頃、誰もいないはずの博物園に向かうと・・・
管理車道に誰かいた。ザックをおろし、裸足でなにしとるの??まさかと
思ったら弟分だよ。なーにやってんだ、こんな時間にと車止めたら
「ねーさん、なにやってんすか?」って。こっちの質問だっつの。
月山の東側で遊んで、山頂に登り返し、下りは装束場コースにしたが、こ
っち側の地図持ってなくて湯殿山の参篭所のところまで間違って下り、
装束場に登り返したりしていたから遅くなったと。ばっかだねー。
装束場の分岐に標識があったはずなのに・・・

車で送るから、少しつきあえと言って、いっしょにホタル見の会。
8時頃、あちらこちらで光だし、その涼やかな灯りを堪能。

志津から弓張に下る途中、道路わきの電線にフクロウ発見。車を止めた
が逃げられた・・・と思ったらすぐ近くの木から飛び出し、飛んでいくのが
見られた。
弟を送り届けた後も、フクロウが林に入るのが街灯の明かり
で見えた。車を止めて探すも姿見えず。「うぉう、うぉう」と呼びかけてみた
ら「キィッ、キイッ」と返事が返ってきた。何度かやってると、声は3ヶ所
からして、ちらっとだけ飛ぶ姿が見られた。どうやら巣立ち後、少し飛べる
ようになった幼鳥が3羽はいるようだ。
顔までは見られなかったけれど、ちらと見えただけでも嬉しい。

そうそう、道路を横切るイタチも見られたな。

それにしても、おいらはよくよく弟を拾う宿命を負っているようだが・・・
f0118332_023638.jpg
f0118332_0231730.jpg

今日の得物のとれとれのユキザサを分けてもらった。甘くて絶品。
いい拾い物になったな。
by akanezumi1984 | 2008-07-25 00:33 | おらいの山 | Comments(0)

また地震

6月のときは、車で移動中で地震に気がつきもしなかったが、昨夜は横になって
いて、まだ寝付いてはいなかったので、しっかり体感。
最初につきあげる感じがしたあと、ゆっくり横揺れが続いたので、これは大きい?
と思ったが、たいしたことはなかった。
でも、きっと岩手、宮城沿岸は大きかろうとテレビつけたら、案の定震度6のとこ
ろあり。寝込み襲われ、怖い思いをした方がたくさんいただろう。

大気の状態も不安定で、急な大雨、雷雨になりやすい状態。
不肖の弟が入山中なので、ちょびっと心配。昨日メールがつながったときに、
沢でないところでも鉄砲水あるからねと警告したが・・・非難小屋で停滞してい
てくれればいいんだけどね。

と、人の心配していたら、ぴんぽーんと珍しく管理人室から連絡が。
「車の後部窓が開いてますよ。雨降ってるから濡れますよ。」げげっ!見に行った
ら、なんと一箇所全開でした。なにも盗られてないようですが・・・
濡れてもすぐ乾くけれど、物がなくなるのは困りますから。
ま、本人にはなくなるとすごく困るものだらけですが、他の人には価値ないか。
by akanezumi1984 | 2008-07-24 10:49 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984