<   2008年 05月 ( 51 )   > この月の画像一覧

雨・雨

f0118332_2041210.jpg

29日の案内が終わったら、今日の案内も頼まれた。
そして、今日行ったら・・・いつの間にか月曜の予定にも名前が書かれて
いた。月曜は休刊日のはずなのに。
日月で実家に行こうかと考えていたのだが、まだ大王様に日程言ってなかっ
たので、後にずらすことに。
森は雨でも、というか雨だからこその美しさがあるのだが、スタートが遅くなっ
たので、あまりゆっくり過ごせなかったなぁ。
今日は横浜からの保育園児と保護者ご一行様で、4つに班分けだったが、
てっきり親と保母さんとスタッフとで、子供一人に対して、ほとんどマンツー
マンに近い体制がとれるのかと思っていたら、保護者は保護者だけで一つ
の班になっていて、ちょっと驚いた。
親がそばにいると、かえって子供たちが甘えて収拾つかなくなると考えての
ことだろうか・・・?
あいにくの雨だったが、ちびっこたちがんばって歩いていたけどね。

今日、今年初のヤマナマクジを見た。背伸びしても10センチない、ひょろ
ひょろのちびすけ。それでも、都会から来る方たちには超大物である。
まだまだ、この倍になりますよ、と言ったら、見たくなさそうな反応でありま
したが・・・かわいいのになぁ。ヤマナメクジ。
by akanezumi1984 | 2008-05-31 20:41 | おらいの山 | Comments(2)

一週間でも

f0118332_049097.jpg

一週間ぶりのおらいの山。雪解けがどんどん進むので、一週間でも様子が
大きく変わっている。
今日は、女子中学生15人連れての森の案内人。
先週まで大変だったところが、歩きやすくなっていた反面、別のルートが藪で
歩きにくくなっていて、くぐったり、またいだり、回り道したり。
霧雨そぼ降る寒い日だった(気温8℃)が、みんな元気に歩いてくれてよかった。
この時期の中学校の団体受け入れには、「全員長靴準備」を条件にしていて、
かなり定着しているが、今回の学校は「短靴(ゴムだけど短い)」の生徒が何人
かいて、おいらの担当する班にも一名。風呂掃除やガーデニングには十分かも
しれないが、雪の上歩き、雨の森歩きには役立たずである。
でも、明るくて元気な子で「自然は甘くないってことっすね」と、ちっともへこたれ
なくて頼もしかった。
案内中は、ごはんの時くらいしか写真が撮れないのだが、今日は寒いから
戻ってから食べることになり、写真は全て、戻って解散した後、一人でまた
歩きに行って撮ったもの。
f0118332_0553512.jpg

一足早く土の出ている尾根道とジグザグ道には、もうオトシブミの葉籠が。
f0118332_0565361.jpg

ミズナラのどんぐりから芽。茶色の殻の下は鮮やかな赤。
f0118332_0573929.jpg

テツカエデの実生は雪に根を伸ばしていた。(左側の穴に刺さっていた)まだ
しばらく地面に届きそうにないが、がんばれるだろうか?
f0118332_101888.jpg

雨の日ならではの、きらきら。
f0118332_104337.jpg

季節限定四色雪だるまに挑戦。左が黄、白、右が赤、緑。白は普通の雪。
色がついているのは雪上藻の繁殖している雪。(撮影後、元に位置に戻し
ました)
f0118332_133949.jpg

夜、なぜか友人宅でトランプなどすることに・・・
今度は卓球ね。
by akanezumi1984 | 2008-05-30 00:58 | おらいの山 | Comments(2)

10数年ぶりの山(早池峰)

f0118332_1437546.jpg

泊まった民宿から、登山口までは車で15分ほど。最短で危険箇所の少ない
小田越えからのピストンに。人気のある山なので、週末は通行規制があるそ
うな。23日にゲートが開いたばかりです。
おらいの山と違い、樹林帯は針葉樹。雰囲気違うなぁ。
f0118332_14353855.jpg

はじめのうちは全容が見え隠れしていましたが、じきにすっぽり雲の中。
f0118332_14381179.jpg

ミヤマキンバイが華やか。
f0118332_1438263.jpg

ヒナザクラ?と思ったが、ちょっと違う・・・これがヒメコザクラか。本州では
早池峰でしか見られません。
f0118332_14393957.jpg

この花もなにかと悩んだが、葉を見ればウラシマツツジか。
f0118332_14451330.jpg

鉄梯子もありまっせ。
f0118332_14453979.jpg

これも特産種のナンブイヌナズナ。やっと咲き始めたところです。
f0118332_14463981.jpg

おらいの山と同様、今年は雪解けが例年より早いらしい。ちょっとだけ
残った雪渓も、しっかりロープ張りされていて安心。
f0118332_14473624.jpg

おらいの山より、ちょっとだけ低い早池峰山。10数年ぶりだなぁ。
いくつもある宝剣とたちこめるガスで、神秘的です。
f0118332_14484225.jpg

ガスで景色が見えないので、小屋の中で昼食。戸は開け広げてあり、すぐ
外は雪渓なので、屋内なのに寒い、寒い。おにぎりを食べ終える頃、二階の
管理人室にいらした管理人さんが出ていらして、いろいろお話してくださった
が、じっとしていたら底冷えがしてきて退散。
下り始めたら、雨がぽつぽつ。風も強まり、雨粒が当たると顔が痛い。
ちょうど鉄梯子の下りのあたりは一時止んでくれたが、ほっとしたのも
つかの間、ほどなく雷雨になった。濡れた石は滑るので慎重に、でも急いで
下山。これは霰になるかも、と思ったらやっぱりあられっこしゃんしゃんに。
止むどころかますます激しく降ってくる。
ようやく樹林帯に入り、ほっとしていると、他の登山客が・・・挨拶したら、
登り始めにしばらくごいっしょした方でした。5号目までとおっしゃっていた
ので、帰りは会わないと思っていたけれど、再会。車を隣に止めたので、
霰を浴びながら車までお話しながら歩いた。昨年、早池峰100回登山の
お祝いをされたそうな。この方の「おらいの山」は早池峰なんですな。
f0118332_14532345.jpg

二人とも、登りのときに気づかなかった、オサバグサ。けっこうたくさん咲いて
いたのに、なんで登りのときは目に入らなかったのだろう??
f0118332_14533227.jpg

荒れ狂う天気に、靴とスパッツだけ脱いで、後は車の中で。ぱぱっと着替え、
暖かい紅茶を飲んでほっと一息。
別のルートは渡渉があるようだけど、雨で大丈夫だったかな?
by akanezumi1984 | 2008-05-28 14:40 | ほかの山 | Comments(3)

背中が痛いが

とりあえず、熱は微熱まで下がり、過ごしやすくなった。
背中が痛いのは、熱のせいなのか、長距離運転の後遺症なのかわからん。

今朝は、どうしても生ゴミを出したかったので、8時前に起きた。
暖かくなると、生ゴミが臭くなってしまうので、出かけがちでタイミング逃すと
大変なことになってしまう。
さて、着替えたついでに、外の用事を済ませておかなくては。
by akanezumi1984 | 2008-05-28 09:25 | つぶやき | Comments(0)

さらに寄り道

洞窟探検の後、むかーし、何度も泊まっていた民宿を目指すが、ちゃんと
予約をしていなかった。できれば泊まりたいなぁと、仕事終わってすぐに
電話を入れたものの、お留守。時間を置いて、何度かかけ直したが留守の
まま。夕方には帰るはずと思うものの、やや不安に・・・
f0118332_9103028.jpg

そのうち、自分の方が携帯圏外に突入。景観のよい渓流沿いの道は、天気
が回復して、気分のよいドライブですが、ずーっと連絡とれないのが難点。

結局、連絡のとれないまま民宿に着いてしまった。もしかして一足先に帰って
ないかという、淡い期待は破られ、いまだお留守のまま。
近くの別の民宿の方と立ち話などしながら待つが、あまりお邪魔してもいけ
ないし、携帯使えないので、民宿の前で待つことに。

5時過ぎ、遅くとも6時までには戻るであろうと思っていたが、7時近くになり、
不安を増したころ、ようやく車の音がして、民宿のご一家帰着。
午後からお出かけだったようで、突然お邪魔してすみません。
薪で沸かすお風呂は、風呂焚き係り子供たちが疲れていたし、帰りが遅かっ
たので、今回はなし。うーん、途中の温泉に入ってくるんだったなぁ。
でも、おいしいごはんを作っていただき、普段は飲まないお酒もちびちび飲ん
でみました。(ごく当たり前な感じでぐい飲みにつがれたので、ごはん食べな
がら舐めていたら、なくなった)
ここの泣き虫三男君は、午後から大人の集会につきあって疲れてしまった
ようで、宿題をしながら泣く、泣く。一人でいろんなことにいちゃもんつけな
がら?畳に頭をすりつけて、おーいおーいと漫画みたいに泣くのである。
子供の頃、おいらはこんなにストレートに感情表現したことなかったなぁと、
なんだかうらやましく思った。
by akanezumi1984 | 2008-05-28 09:08 | お出かけ | Comments(2)

寄り道

25日、早朝4時からの出動であったため、昼前に終了、解散。
せっかく遠くまで来ているから、どこかに寄り道していきたいが、雨と濃霧。

車の中で地図見て検討。すると・・・
雨でも関係ないところがありました。むふ。

いつもの感覚であれば、そんなに近いとも言えない場所ですが、なにしろ家から
380キロも離れていますから。それに、方向的にも帰る方向にあるから、そんな
に遠回りでもない。

f0118332_2084331.jpg

f0118332_2085538.jpg

f0118332_209566.jpg

てなことで、洞窟探検。
だんだん雨があがってきたけれど、もう洞窟の近くまで来ていたので、その
まま決行。洞窟の入り口をミソサザイが頻繁に行きかい、糞や餌をくわえて
いるところを見ると、入り口脇の岩のくぼみに巣があるようだ。
洞窟内は、ものすごく狭くて急な階段がたくさんあって、なかなかスリリングで
楽しかった。しかし、足の悪い方とか、ハイヒールの女性は大変だな・・・
たまにコウモリも頭上をかすめる。大きさと色あいから、キクとコキクだろうか?
by akanezumi1984 | 2008-05-27 20:13 | お出かけ | Comments(4)

しまった・・・

昨日まで元気にしていたが、今日は全身痛いし、だるいし。
疲れが出たのか、いろいろなものを持って不自然な体制で歩かなくては
いけなかったから、筋肉痛かなと思っていたら・・・

熱出てました。がーん。
そういや、昨日は寄り道して山に登ったら、下りで寒冷前線通過にぶつかり、
雷雨と霰にやられたんだった。車に戻ってすぐに着替えて、暖かい紅茶飲んだ
から平気と思っていたが、その前に疲れがたまっていたから、免疫落ちていた
んだろうな。
でも、食欲はあるから大丈夫。ごはん食べて、薬飲んで寝よう。
f0118332_12241740.jpg

めちゃくちゃサービスのよかった、キビタキさん。
by akanezumi1984 | 2008-05-27 12:26 | 生き物 | Comments(1)

帰りました

病み上がりにしては、ハードな週末出稼ぎでありましたが、元気です。
土曜の夜遅くまで仕事で、日曜は4時から行動開始だったため、3時間しか
眠れなかったけれど、とんでもなく早く始まった分、日曜は昼前に解散。
雨だし、疲れたし、どうしようかと思ったけれど、長距離一気に帰るのも
しんどいし、せっかく遠くまで行ったのでもう一泊して寄り道することに。

んで、帰りが今日になりました。

総走行距離は、905キロでございました。
by akanezumi1984 | 2008-05-26 22:30 | お出かけ | Comments(3)

夜の部終了

今回は夜の部もあるのでした。やっと終わりました。
そして、明日は4時に集合ですと・・・

でも、夜間徘徊のおかげで、フクロウが見られました。ごろすけほうほうと
鳴き交わすつがい。のどがふくらむのもよく見えましたよ。
by akanezumi1984 | 2008-05-24 23:18 | お出かけ | Comments(0)

お仕事一日目

f0118332_19145686.jpg

f0118332_19145690.jpg

朝7時から打ち合わせ。その後それぞれ自分の受け持ちに散り、お仕事開始。任意踏査っちゅうことで、あっちの道をうーろうろ、こっちの道をうーろうろ。おや、スキーが立てかけてあると思ったらソリでした。
国道に戻ると、大きなザックの青年発見。東京から歩いて来たそうな。
by akanezumi1984 | 2008-05-24 19:14 | お出かけ | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984