<   2008年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

怒涛のメール

昨夜、時差があるからまだ間に合うと思ってパムに送ったアドバイスには
返信なし。間に合わなかったか?
ま、今日泊まるホテルにファクスすればいいか。
ダイアンからは早朝から(向こうはまだ昨日の午後)怒涛のメール攻撃。
ようやく余裕ができたらしい。
寝不足なのに、気になって早く目が覚めてしまい、朝っぱらから英語のメール
10往復である。しかも、内容が困ったもので、余計に疲れる。
どうやらダイアンは日程を遅らせて来るので、三人いっしょに飛島に行けそう
だが、二人の人間関係にひびが入ってるようで頭が痛い。
お互いに問題発生以来、「電話もメールも来ない!」と、おいらに訴えてばかり
で、自分から連絡をとらなくなり、お互いに相手が悪いと思っているふしがある。
お願いだから、ちゃんと二人で話し合ってとメールしたのだが、関係修復しな
いうちに、パムは日本に向かってしまった。

はー、やれやれ。
大人なんだから、ちゃんと話しようよ。
by akanezumi1984 | 2008-04-28 10:47 | つぶやき | Comments(2)

週末まとめて

土曜の午後三時から日曜の昼前まで、旅館のお手伝い。
少し余裕持って出かけるつもりが、ぎりぎりまでダイアンとパムのメールに
翻弄された。お願いだから、二人でちゃんと話しあってくれよ。
夜、仕事が終わってからのお風呂タイムは、極楽。なにせ温泉だし。
みんなでわいわい。
前日がっつり山を歩いたのに寝不足だったので、今朝5時に目覚ましなる
まで熟睡。途中若女将が一度忘れ物を取りにそーっと部屋に入ったそうだが、
気づかず寝ていた。
今日は朝食や弁当の準備、片付け、部屋の掃除のお手伝いなどして、
11時頃終了後、博物園に行ったが、雨と眠さにテンション上がらず、しばらく
うだうだ。お昼を食べてから、ちょっとだけ森へ。
f0118332_23475136.jpg

ブナの芽吹きが始まっている。今年はちょっと早いんでないかい?
f0118332_23482653.jpg

手触りのよいサワグルミの芽。
f0118332_2349592.jpg

ヤドリギの花も咲きました。
f0118332_23494596.jpg

タムシバの花芽はふかふかの毛皮コート。
f0118332_23501954.jpg

誰もいない静かな森・・・と思っていたら、この直後スキーヤーがぞろぞろ
涌いてきた。エコ○ロ隊が姥ヶ岳から滑ってきたようです。
雨が止まないので、周海沼まで行かず、じじばばのあたりから引き返した。
f0118332_23523140.jpg

ウサギのフンの色も変わってきた。ちょっと前までもろ木の皮って感じの色
でしたが、チョコレート色に。
f0118332_23551472.jpg

出かけるとき、顔なしだった雪だるまに、立派な眉毛がはえていた!どなた
でしょう?雪だるまの足元にTSLのスノーシューの跡がありました。
なんだか仏様(昨年までの神様・1年交代らしい)と似ているので、この眉
を生かした表情にしてみました。
f0118332_2359048.jpg

帰り道、25日にオープンしたばかりの「ゆみはり茶屋」に寄ってみた。
f0118332_005595.jpg

ソーセージ職人のTさんのお店なので、おいしーいソーセージの入った
ホットドッグが食べられます。ケーキもおいしそうだったなぁ。
f0118332_03957.jpg

バイトもしたことだし、外食禁止令ほんのいっとき解除。このホットドッグ、
ソーセージがおいしいのはもちろんだが、パンもなかなか!表面がかりっ、
中はもっちりしていて、すごく好み。テイクアウトもできます。
スキー帰り、山歩きの後の小腹がすいたあなた、ぜひかぶりつきましょう。
おいすいーです。
by akanezumi1984 | 2008-04-28 00:02 | おらいの山 | Comments(3)

世話焼き病

アラスカのダイアンが近々来日するはずだったが、突然来られなくなったと
いうメールの後、一日、二日ずらすと来れるかもと言ってきたかと思えば、
やっぱり全キャンセルと、二転三転。
本人はいいでしょう。自分の都合だから。
しかし、同行予定だったパムは、大変である。このトラブルが生じるまでは、
連絡は全てダイアンを通していた、昨日ダイアンがメールをccしてくれたお
かげでやっと直接連絡が取れるようになった。
彼女は一人でも予定通り旅したいようなので、最大限サポートするつもりだが、
二人してダイアンの迷走にふりまわされて大困惑。
ダイアンの対応ぶりは本当に困ったものだ。きちんとパムに話をつけないで勝
手に全てをキャンセルしようとするのはおかしい。
ダイアンが予約した成田近くのホテルとANAの羽田~能登往復の予約を既に
キャンセルしたとメールがあったため、パムは自分で予約しなおしたようだが、
ANAに電話で確認したら、当初の予約がキャンセルされていなかった。つまり
パムの分だぶって予約になってしまっている。
やれやれ・・・まぁ、これはフリーダイヤルで簡単に変更、キャンセルできるし、
変更手数料はダイアンのカードから引き落とされると思うからいいが・・・
輪島のホテル、舳倉島の民宿には、変更の電話をしなくてはいかんだろう。
こっちはおいらの自腹である。

とりあえず、パムは民宿で知らない日本人と相部屋になるのもかまわないと、
大変前向きでよろしい。
ダイアンに、パム一人で当初プラン続行、ダイアンだけ全キャンセルでよいの
ね?とメールするも、返事来ない。ぷっつんしてしまったのだろうか・・・

パムとのやりとりだけで進めてしまうか。
by akanezumi1984 | 2008-04-26 11:04 | つぶやき | Comments(3)

石見堂、赤見堂

いつも月山から、かっこいいなぁと眺めていた赤見堂。うっかり者のおいらは、
下山時に尾根を間違いそうで、単独では行けないなぁと思っていた。
そこへ昨夜、たまたま弟分のぴぐちゃん(ヒッチM。このところ、相棒のおじょ
より専属モデル率高し)が仕事暇だから一人で赤見堂に行くとわかり、急遽
同行することに。
f0118332_2303032.jpg

山形を出るときはもう雨があがっていたけれど、西川はまだ降っていた。
でも虹が! ちょいと車を止めて撮影。ううっ、さむっ!!
7時半過ぎにぴぐちゃんと合流。地図を見て当たりをつけ、とりあえず車で
移動。このへんだなーと車を止めると、以前清水屋さんの案内で石見堂の
途中まで行ったのと同じあたりでした。8:05am歩き出し。
f0118332_004116.jpg

道路脇いきなり急なので、まずはつぼ足で・・・おっ、雪の上にブナの花が
落ちている。マンサクも咲いている。雪が消えた尾根道はイワウチワの小道。
f0118332_03747.jpg
f0118332_0315100.jpg

今朝は、冬がぶり返したような寒さですが、春爛漫!
一部尾根の上の道を歩いたが、後はなんとか雪がつながっていて、びぐ
ちゃんショートスキー、おいらはスノーシューでハイク。寒さで雪が締まり、
登りだけど汗をかかずに済む。んでも、青空欲しい、と思っていたら
f0118332_072118.jpg

だんだん晴れてきました。天気予報通りです。
クマ棚発見。昨秋のものだ。
f0118332_09252.jpg

枝があらかた折られてしまい、かわいそうなことになっている。
f0118332_0952100.jpg

石見堂山頂には11:20am着。立派な岩があったけれど、藪藪で近づけず。
本当に赤見堂まで行けるかなと思っていたが、このペースなら問題なしか。
しかし・・・
f0118332_0114241.jpg

赤見堂方面はまだどんより。でも、これから晴れるはずなのじゃ。
f0118332_013418.jpg

ほらね。
f0118332_0135499.jpg

石見堂から赤見堂は、思ったより近く、12:35着。霧氷がきれいです。
風が強くて寒いので、あまりゆっくりもしないで下山開始。腹ペコ虫を飼って
いる二人は、大休止はしないで、ちょこちょこ休憩のたびになにか食べてる。
f0118332_0184181.jpg

石見堂から下り始めると、また青空が出て、ぽかぽかしてきた。おらいの
山もだいぶ見えてきた。んー、湯殿はかっこいいなぁ。
f0118332_0202259.jpg

赤見堂を振り返り、ご機嫌ぴぐちゃん。おいらもそうさ。広々した尾根は
気持ちよくて、思わず笑顔満開しっぱなしの二人です。
しかし、この後、急斜面攻撃が続くのであるが・・・あんまり急な斜面の
トラバースはスノーシューは厳しいので、脱いでつぼで。しかし、ぴぐちゃん
は意地でもスキーで行くようで、とんでもない急なところも果敢につっこむ。
んでも、のたばってる木をよけきれないこともあり、相当板が傷ついたであ
ろう。この時期は雪に埋まっていた細い木がどんどん顔を出す上、風で折れ
た枝も大量に落ちているので、スキーも大変だね。
道路が近づいてくると、目印のフェンスが見えたこともあり、ピンポイントで
車の真上に降りられた。
あー、楽しかった。

しかし、こんなことばかりしていて、社会復帰できるのか・・・
f0118332_023191.jpg

by akanezumi1984 | 2008-04-25 23:05 | ほかの山 | Comments(2)

贅沢、贅沢

f0118332_235233100.jpg

今朝、くまのあねごが届けてくれたタラノメをメインに夕食。
タラノメとカボチャの天ぷら。アオサ。鶏とジャガイモ、大根の煮物。
カボチャと玉ねぎの味噌汁。
んまかった。
by akanezumi1984 | 2008-04-25 00:02 | FOOD | Comments(0)

久しぶりに山頂へ

23日は博物園の危険木の伐採・片付け作業があったんだっけね・・・
ころっと忘れてました。このごろ物忘れひどくて(0_0;)
3時頃下山したら、すっかり作業終了していて、全くの役立たず。ごめんね。

さて、山の続き。パソコン不具合で昨日はちょっとしかアップしなかったので、
改めて。
ヒッチM改め、住込みバイトのぴぐちゃんがお仕事休みだというので、拾い、
博物園へ。神様・仏様の出勤に便乗して姥沢へ。自分の車はここに置いて
いくので、帰りは下まで歩いて来れる。まだ駐車場は無料のようだが、車で
移動するよりブナ林を歩いたり滑ったりしながら下るほうが楽しいのだ。
f0118332_16442542.jpg
f0118332_16443528.jpg

尾花沢のSさま、姥から見た湯殿は今こんな感じでございます。参考にして
くださいませ。
雪解けはぐんぐん進み、夏道が出始めました。
f0118332_16511749.jpg

山頂を踏まずに東側から来た人たちのザック大きめ。行人小屋に泊まったの
かな?
f0118332_16541118.jpg

立てたばかりの竹ざおは、強風でほとんどが折れてしまいました。
f0118332_16544754.jpg

最後の急登は、スキーやボードを置いてツボで行くことは珍しくありませんが、
板と靴いっしょ脱ぎは初めて見た!長靴か登山靴持参??
雪はだいぶ茶色っぽくなりましたが、ところどころ新雪でまばゆい白。
f0118332_16562442.jpg

山頂に着いたら、ちょうど先行の数人が下っていき、誰もいなくなりました。
独り占めです。ふふふ。
f0118332_1703426.jpg

f0118332_177127.jpg

今年3度目の山頂神社にお参りを済ませ、お仕事開始。
前回、前々回は寒くて雪がドライ過ぎ、握れなかったが、今回はしけしけの
作業しやすい雪。本物の野ウサギより少し大きめのウサだるまを三角点
付近に作りました。
f0118332_1702175.jpg

f0118332_1705724.jpg

ちょっと離れたところにストック刺して作業していたら、見事に置き忘れま
した。山頂東斜面に会長の姿を探しながら、南東はずれまで歩き、暖かい
岩に腰掛て昼ごはんをと思ったところで、ストックないことにやっと気づいた。
下山する前に気づいてよかったけど・・・
f0118332_174393.jpg

f0118332_1751582.jpg

西側の雪解けは早い、早い。霞で鳥海山はまったく見えません。金姥と柴
灯森付近にカヤクグリたちが戻ってきていたが、山頂のイワヒバリはまだ
だな。あまりに雪がぐずぐずでせっかくの山頂東斜面は尻滑り不向きで、
ごはん食べたら下山開始。ちっともスピード出なくてつまらないけれど、
牛首大斜面や、あっちこっち滑りながら帰ることに。
f0118332_17114834.jpg

と・・・谷底からソリをひいてくるテレの方が。か、会長ではありませんか!!
朝、博物園近くで車を見たので、かなり早い時間に登り始めたと思い、
山頂東斜面に姿を探していたけれど、そんなに出発時間は変わらなかった
のかな。で、こちらは姥沢まで車移動だったので、先に山頂に着いてました。
今回はわざとゆっくり登って、夕方に向け雪が少ししまるのを待つとか。
f0118332_17144572.jpg

f0118332_17194725.jpg

姥山頂で一休み。いつもは風の強いところだけど、無風ぽかぽか状態。
絶好の昼寝条件に、木道で昼寝の人数人。おいらもちとだけごろり。
極楽です。
雪が柔らかすぎてスピードの出ないスキー場沢コースをなんとか滑り下り、
姥沢ロッジ裏からブナ林へ。ブナ林の方が雪がしまって滑りがよいわい。
午後3時近くに周海沼を通るのが春の楽しみ。
f0118332_1725361.jpg

f0118332_17255390.jpg
f0118332_1726111.jpg

冬は雪だけ。夏は雪がない。春のこの時期だけ見られる水中に沈んだ雪の
ブルー。水面に移りこむ木々と雪壁。ここで一人静かに眺めるのが大好きな
のだ。
リフト下駅で少し知人と立ち話したけれど、姥山頂から雪だるま定点まで
1時間で下れた。姥で分かれたぴぐちゃんはまだ下山していない。
定点の雪だるまより、もっと博物園よりの場所に誰かが作った別の雪だるまが。
f0118332_17291732.jpg

しかし、雪だるま会の雪だるまは、まだしばらくは同じ位置にて補修するので、
下の土台がかろうじて残っただけのを一人で補修。(補修前の写真撮り忘れ)
f0118332_17311512.jpg

最近はこの顔がお気に入り。巨大トトロ化は一人ではつらいので、うさシリーズ。
作り終えたところにぴく゜ちゃんが帰ってきた。二人でお菓子を食べながら、
会長の帰りをしばらく待っていたが、どんどん寒くなってきて薄着にこたえ、
待ちきれずに退散。
今日のテーマ「会長を待ちわびるウサ」
by akanezumi1984 | 2008-04-24 16:36 | おらいの山 | Comments(0)

問題発生

おとといの夜、なんか変だなと思ったら、昨夜プロバイダーからウィルスに感染
したから対策をせよとメールが・・・このプロバイダでウィルスチェックの有料の
契約をしていたのだが、いろんな隙をついて進入するらしい。
Windowsのアップデート怠っていたのが原因かな。
なかなか悪質なウィルスで、Windowsへのアクセスを妨害していたりした。
動作環境遅くなっていて、必要なダウンロードも一向に進まず、昨夜はそのまま
にして寝てしまった。
時間はかかっても進んではいたので、なんとか昼前には必要な対策完了して
解決。今後はまめにアップデートしとかんと・・・

パソコン問題解決してほっとしたところに、今度はアラスカの知人から、うげげ
なメールが。
この連休に来日するというので、いろいろな手配をしてあげ、連休後半はいっしょ
に行動するはずだったのだが、急に来られない事情が発生したらしい。
いっしょに来るはずだった人はどうなるのだろう。知人は何度か来日して、少し
慣れてきたから今回はツアーでなく自力で来ることにしたのだが、その人は
たぶん初めてだから、一人では来ないかな。
とりあえず宿のキャンセルは明日まで待つか・・・
28日に成田着の予定だから、アンカレジ発は現地時間で27日。今は現地で
23日夜・・・どのみち3日くらいの猶予しかないんだなぁ。
本人はしかたないとして、もう一人同行するはずの同僚は寝耳に水で、相当
ショックを受けている。そりゃそうだ。今朝なんの問題もなく、楽しみだね、と
いうメールもらったばかりだったのに、仕事終わって帰ってきたら、急に行け
ないというメールもらったのだからなぁ。
by akanezumi1984 | 2008-04-24 14:22 | つぶやき | Comments(0)

旬のもの

f0118332_954725.jpg

f0118332_954778.jpg

バリバリ狩猟採集系のくまのあねごからの、旬のもの差し入れ。
雪椿、タラノメ、ミツバ。写真にないけど海藻も少し。
行動圏が庄内だから、海と山両方の幸だね。ありがたくいただきます。普段揚げ物しないけど、タラノメは天ぷらにしなきゃ!
パソコンはボット・ウィルスに感染してしまい、駆除作業中。どこから来たやら。みなさんもご注意を!
by akanezumi1984 | 2008-04-24 09:54 | FOOD | Comments(0)

久しぶりの山頂

f0118332_2229547.jpg

f0118332_22295495.jpg

パソコン不調につき、自宅にいるのに携帯での更新です。復活したらアップやり直します。
今日は久しぶりに月山山頂まで。前回は6日、志津からの往復でしたが、今日は行きに神様・仏様の出勤に便乗して姥沢へ。自分の車は下に置いてったので、下山は博物園まで。
気温高すぎて雪がぐさぐさ。山頂ですらしけった雪であった。おかげで山頂で初めてまともな雪だるまが作れたが。
写真は月山山頂のうさと、一気に開いてきた周海沼。うさだるまは、本物の野ウサギよりやや大きいくらい。下山後定点の雪だるまも補修したが、デジカメでしか撮っていなかったので、後日アップします。
by akanezumi1984 | 2008-04-23 22:29 | おらいの山 | Comments(2)

働くと気持ちいいね

エコ○ロの呼びかけで、某所の不耕地→蕎麦畑計画のお手伝いに参加。
たまに、額に汗して働きたいのである。
f0118332_23145762.jpg

受け持ちは田んぼ二枚分。わずか2,3年で柳がぼうぼうの荒地と化して
おります。草刈り機3台とナタで格闘。草刈り機の肘当てにすれて、いつの
間にか肘がすりむけていた。お風呂しみそー。
楽な仕事ではありませんが、ご褒美にこんなかわいい子が!!
f0118332_23211649.jpg

うさだるまよりかわいい、本物の子ウサギ。でも、安全な隠れ家を奪って
しまい、かわいそうなことをした。無事に育ってくれるとよいが・・・
f0118332_23181116.jpg

昼休憩。うららか~。レストランの料理より、外で食べるおにぎりのほうが
おいしいぞ。
f0118332_23174413.jpg

刈った柳を拾い集めるのも大事な仕事。
f0118332_23241528.jpg

細い柳の木も、数が多いからこんな山になりました。すっきりさっぱりした
田んぼと、柳の山と、成果が目に見えて気持ちいいですな。
農道の向こう側は、人数が少ないので、まだ柳が残っています。素人でも
何人かそろえば立派な戦力になるということ。
f0118332_2330279.jpg

みなさん、お疲れ様でした。楽しかったっすね。
この後、眠気覚ましに寄り道。
春の花と、カシラダカやマヒワなど冬の鳥が見られた。そして、まとわりつく
黒い虫・・・汗かいたので、しつこくついてくる、ブヨ!!ああ、自然は美しいけ
れど、暖かくなると、この方たちもつきものなのだ。新緑のころは、ブヨが
大量発生するのだよねぇ。
f0118332_23312619.jpg
f0118332_23314733.jpg
f0118332_2332755.jpg
f0118332_23322726.jpg

by akanezumi1984 | 2008-04-22 23:25 | 生き物 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984