カテゴリ:つぶやき( 1742 )

更新は3日夜に

これから出かけて、今日は山(天狗小屋)にお泊り。
よって、更新は3日の夜になりまする。
さて、今年はクマ見つけられるかな。
by akanezumi1984 | 2007-06-02 05:05 | つぶやき | Comments(0)

だらだらと

天気よさそうだから、山に行こうかと、一応朝早めに起き、おにぎりなんか
準備したものの、山のライブカメラで曇ってるのを見て、やめた。
明日も行くんだもん。
今週は、月曜から4日間晴れが続き、快晴で新雪!というスペシャルを
満喫してしまったため、ちょっと口がおごっているね。

買い物に出かけるつもりが、ネットでいろんな申し込みしたり、ついつい無益
なゲームに時間を費やしたりして、ひきこもり日になってしまった。
んーむ、スパイダー・ソリティア封印しないといかんな・・・肩こる。

明日は博物園の森で「雪上藻」の観察会と、午後からは座学の予定。
ひさっしぶりに娘連れて行くことに。
って、隠し子がいるわけじゃないですが。たまたま何度か山に連れてって
あげてる子が、話聞いたらお母さん同年代!ま、おいらにも女子大生の娘
がいてもおかしくないってことだな。

そういや、知人は40前にして、じいちゃんになるらしい。若く見える人なので、
娘の高校に行くと「お兄さんですか?」と聞かれるらしいが、これから娘と孫
連れて歩いたら、きっと若い奥さんでいいですね、と言われることだろう。
実は娘と孫なんだが。
by akanezumi1984 | 2007-05-26 18:45 | つぶやき | Comments(2)

わお!

f0118332_942054.jpg

山がきれい!
by akanezumi1984 | 2007-05-21 09:04 | つぶやき | Comments(2)

タイ土産

f0118332_22592933.jpg

久しぶりに会う幼なじみは、生活拠点がプーケット。日本には時々帰るだけ。お土産にマンゴスチンの石鹸、タマリンドのキャンディ、タイ風ピリ辛サラダ味プリッツをいただいた。
プリッツは日本人観光客の土産用だが、タイ人も好きだとか。マンゴスチン石鹸は、お肌によいらしい。
で、タマリンドのキャンディは甘くてしょっぱくて辛い。タイ・テイストでおいしいが、キャンディの概念からずれてるような…普通キャンディに塩とかチリ入らないよね。
夕食におよばれ。めったに帰らない娘のためにご馳走がすごかった。お刺身、ウド、シドケ、アイコ、ホナ、竹の子などの山菜が天ぷらやお浸しで。牛肉と猛宗の煮物やら、竹の子汁は我が家と違い、ミズと豚肉入り。どれもおいしかった!
テーブル狭しとならんだご馳走、撮っておけばよかったな。
by akanezumi1984 | 2007-05-18 22:59 | つぶやき | Comments(2)

カニ!

f0118332_1358326.jpg

法事のときしか実家に寄りつかず、電話すらしない兄に、自分の親なんだから知らんぷりしてないで、たまにでいいから、せめてなんか送ったらと言ったら、タラバと筋子が届いた。北海道に旅行しているらしい。
母闘病中も、いよいよ危なくなるまで見舞いにも来ず、全く薄情な奴だが、こちらからつつけばいくらか反応あるから、まだましか。
by akanezumi1984 | 2007-05-13 13:58 | つぶやき | Comments(3)

初物

f0118332_13511281.jpg

f0118332_13511217.jpg

大王さまが、昨日から注文していたらしく、午前中に竹の子が届いた。一キロで千円ですと。月山の立派な竹の子見慣れているので、こんな細いのむいたらなくなるんじゃないか?って感じ。
でも、昔、ばぁちゃんが採ってくるのも、こんなのばっかりだったな。
皮むいて3分の1くらいに減り、固いとこ捨てるとさらに減り、食べるときには随分少なくなる。全部竹の子汁に投入!
月山竹の子だと、竹の子しか入れないが、実家でほっそーい竹の子で作るときは牛肉と油揚げも入れる。
夜までに味がしみておいしくなるだろう。
by akanezumi1984 | 2007-05-13 13:51 | つぶやき | Comments(6)

そういえば・・・

友人のブログの衣替えで、そういえば自分のブログのスキンも冬のままだった
ことに気づいた。

ほんとは自分の写真をトップに使いたいが、設定方法がよくわからないので、
提供スキン中から選ばなくちゃいけない・・・が、なかなか雰囲気のあうのが
ない。

ちょうど今、果樹の花がきれいだし、山ではヤマザクラが咲いているので、
とりあえずしばし桜にしとこか。
by akanezumi1984 | 2007-05-11 09:20 | つぶやき | Comments(1)

なんとかなったか

f0118332_1024697.jpg

朝、アラスカの友人から立て続けに3件メールがあり、ついで電話もあった。
GWの終盤で、日本に帰る人がめちゃくちゃ多い日に、よくぞ空席があった
ものだよ。ホノルル-成田のノース便は、日本人じゃない乗客は彼女だけだ
ったそうな。そりゃそうだべ。

とりあえずツアー・ガイドと同じホテルに泊まり、合流できたようで、よかった。
このガイド、いつも行き当たりばったりなので、今朝になって今日の動きを
考え、車の予約などしている間に、友人はメールしたり電話くれたり。

友人はアラスカ大学の教授で、お勉強はとてもできる人なのだが、日本語
の発音や聞き取りは苦手で、彼女のメールに書かれた地名にはいつも悩ま
される。今回も、軽井沢と金沢が混同されていて、Kumazawaとか書いて
いるかと思うと、Alpsの近くで東京から車で一時間くらいでライチョウの見ら
れるところに行くなどと言うし・・・いやライチョウ見るなら立山だから一日が
かりでやんしょ?!
客は当初4人のはずが、一人脱落し、彼女のほかにカナダ人老夫婦が一組
だけになったようだ。鳥を見るには少人数の方が都合いいけど。
おいらの注進で、8日に宿のとれない舳倉島を一日後ろにずらしたため、
日程に一日あきが生じたため、ガイドは「ライチョウ見に行くのはどうか」と
言ってるようだ。しかし、本州で見られるのはRock Ptarmiganだから、
アラスカとカナダでのほうが簡単に見られる種類だ。雪の珍しいエリアから
の客ならば、立山行って雪の壁とライチョウ見せたら大喜びだろうが、
アラスカとカナダの人だけんね・・・
そしてこのガイド、AlpsでSnow Monkeyを見たと言っている。
単にニホンザルのことを言ってるのなら間違いじゃないけど(岩合さんが
そういうタイトルで雪と戯れるニホンザルの写真集出している)、白い猿
なら山形県の吾妻の白ザルしかいないぞ。
ま、ただのニホンザルなら上高地あたりで簡単に見られるだろうけど。
死ぬほど混雑のGWあけて、平日ならいろいろ小鳥類も見られていい
だろう。

ああ、しかし、もともと英語力のないおいらと、地名ちんぷんかんぷんで
距離感ゼロの友人とのやりとりは、苦しいものがある。

ま、いい加減すぎる男だが、ガイドはここ20年くらいの間に10回以上
日本でツアーをやっているのだから、なんとかするんだろうな。
by akanezumi1984 | 2007-05-06 10:38 | つぶやき | Comments(10)

迷走する友人

来日予定のアラスカの友人てば、3日にアンカレジを出て、シアトル経由で
成田4日着の予定だったようだが・・・
アンカレジ空港についてから、チケットを家に忘れたことに気づき、予定の
飛行機に乗れず、なかなか空席もなく、しかたなく一席あいていたホノルル
行きに乗ったとメールが来た。今朝ホノルルについて、なんとか成田行きの
飛行機に乗りたいとメールが来たが、GW終盤で日本に帰る客が多いのに、
空席など見つかるのか???
彼女が申し込んだ鳥見のツアーの予定は、5日成田集合で、とりあえず
6日も成田近くに泊まる予定だから、合流できそうだが、問題は成田に
来る飛行機に空席見つかるかどうかだな。

それにしても、乗りそびれた飛行機の代金と、かわりに乗った別の便の
代金はどうなったんだやら?同じ会社のでふりかえてもらえたんだろうか。
などと、余計な心配をしてしまう。チケットがなくて乗れなくても、キャンセル
して半額払い戻してもらえるんだろうか?

ツアー断念した場合は、東京の知人宅に行く。おいらのことも招待するな
どと勝手に言っておるが、都内に招待されても・・・
山形に来なさいって!鳥を見に来日するんだから、飛島に連れてってやる
ぞな。
by akanezumi1984 | 2007-05-05 11:15 | つぶやき | Comments(2)

帰ってきた?

85歳の叔父が入院して早三週間。
79歳の叔母が毎日、病院に詰めて世話をしている。
元気で年齢を感じさせない叔母だが、病人の世話というのは、体だけでなく、
精神的につらいものだ。

特に病人がだんだん弱っていくように見えるときは、しんどい。
入院の原因となった肺炎がよくなったのに、しばらくして話さなくなり、自力で
食べられなくなり、目に焦点あわなくなった叔父。
すぐに寝てしまう叔父に話しかけ、ゆすり、天気のよい日は車椅子で外の空気
に当て、なんとか刺激を増やす。
脳の血流を促す薬が効いてきたのか、叔母の懸命な介護の効果か、今日は
目に見えて、調子のよかった叔父。

月山・鳥海の写真集を持って行ったら、目に輝きが戻った感じがした。
元気だった頃は、撮影のため、国内外、ずいぶんと歩いた人だ。

入院後、違う世界に行って、こちらの世界にいる時間がとても短くなっていた
が、今日はずっと目に力があり、写真を見て話をすることができた。

あちらの世界とこちらの世界を行ったり来たり・・・といっても、こないだまでは、
こっちにいない時間の方が長かった。「一日23時間寝ていた」らしい。
起きていても、目に焦点あっていないときは、こっちの世界にいない。
ぼけてしまったのとも違う。心ここにあらず、というか、生きているのに生きて
いない状態。なんなんでしょう・・・?

このまま、こっちにちゃんと帰ってきてくれろ。
by akanezumi1984 | 2007-04-23 20:51 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984