カテゴリ:お出かけ( 212 )

その後

f0118332_23482089.jpg

沈みかかっている夕陽に駆けつけ、ぎりぎりセーフ。曇っていて見えないかと
油断しておった。
夜は、夜光虫観察会へ。ここ数年夏のお楽しみ。そのために鶴岡ユースに泊ま
ったのだ。昨年は来られなかったので、海に入るのも二年ぶり。
ユースの受け付けの小さな黒板に「今日の夜のプログラム・龍灯遊泳」とあり、
龍灯?と思ったら、地元の方がもともと夜光虫のことをそう呼んでいたのだとか。
海の危険についてのレクチャーを受けてから、すぐ近くの三瀬海岸へ。
ライフジャケットをつけて、夜の海に入ると、もうきらきらと夜光虫のきらめきが。
条件もよく、きらきら、きらきら、とてもきれい。そして見上げれば雲がだんだん
晴れて星空が・・・
水着のまま車に乗り込み、共同温泉に行き、冷えた体を温め、これだけでもかな
りの満足度。しかし、まだまっすぐには帰らない。
途中、おいしい湧き水で喉をうるおし、手をどれだけ水につけていられるか我慢
大会までさせられ、さらにさらに、あまりに星空がきれいなので、街灯のない、
広い田んぼ地帯の農道で星空ウォッチング・・・と、田んぼに蛍も舞っていて、
美しく光るものに満ちた夜なのであった。
by akanezumi1984 | 2007-08-08 23:48 | お出かけ | Comments(4)

行ってきます

これからちょいと出かけてきます。
戻るのは7月3日の予定。それまで更新できませぬ。(成田で暇だと携帯から
するかも?)

ほんじゃ、行ってきまっす!
by akanezumi1984 | 2007-06-15 08:35 | お出かけ | Comments(7)

鳴子峡

f0118332_130566.jpg

昨日の宿の夕食時間が5時でちょっと驚いたのに続き・・・
きっと、朝食は6時とか6時半には館内放送で起こされるのでは?なんて
思っていたら、8時。しかもお風呂が朝6時半から8時まで掃除タイム。
いろいろ都合もあるのでしょうが、あまり客本位の時間割ではないような。
でも、はじめからこういうものとわかっていれば特に問題なし。
お風呂はぬるめで心臓に負担かからず、ゆっくりつかれるのに、汗かいて
すごくいい。
f0118332_7594616.jpg

雨があがったので、入浴に専念する年寄りチームと別れ、友人と鳴子峡
に散歩に出かけた。時折青空が出てきて、このまま回復するのかと思うと、
また雨になり、結局ずっと降ったり止んだりの天気だったが、本降りではな
いので、しっとりした涼しい空気が歩くにはちょうどよかった。
f0118332_82268.jpg

橋の近くの岩のくぼみに、ミソサザイが巣を作っていて、苔を集めては
運び込み、合間に大音量で囀り、その声の大きさに友人驚いていた。
ミソサザイは、ちびすけながら沢音に負けないよう、すごい声量なのだ。
f0118332_82211.jpg

鳴子峡の遊歩道は周回コースではなく、全部歩くと同じ道をまた一時間
かけて戻らなくてはならないので、友人と協議の結果、中間地点で一度
戻り、反対側に車で移動して、そこからまた適当に歩く作戦に。
昼過ぎに宿に戻り、隣接しているつなぎなしの手打ち蕎麦の店で昼食。
板蕎麦を注文したのに、コシアブラとカボチャの天ぷら、コゴミのおひ
たし、温泉玉子がついていて、お得感たっぷり。蕎麦もおいしかった。
f0118332_885975.jpg

食後、ほかの人たちはまた温泉へ。おいらは満腹で睡魔が襲ってきた
ので、部屋で昼寝させてもらい、3時頃みなと別れ、一人だけ先に
帰った。山形までは2時間で着き、思ったより近いのだった。
この時期は単なる移動の時間も、新緑がきれいでドライブ楽し。
by akanezumi1984 | 2007-05-21 01:38 | お出かけ | Comments(3)

うへー

f0118332_18333633.jpg

ラドン温泉のある旅館におります。お風呂は硫黄ぷんぷん白濁のいかにもこれが温泉だ!って感じでよろし。ラドン温泉と岩盤浴スペースもちょっと。露天風呂もあるらしいが混浴。
一風呂浴びてのんびりしていたら、食事の準備できたと館内放送が。ええっ?まだ5時ですけど!
5時から食べられるけど、6時に行ってもいんじゃないかと言ってみたが、みんなもう行くというので、5時夕食。山小屋みたいだな。
そして6時前からステージでカラオケ開始!
ちょっと物珍しさでおもしろがっていたが、大音量で頭痛がしてきて、一人先に退散してきた。騒々しいの苦手。
古い施設や、食事がいまいちなのは苦にしないが、うるさいのはどうにも耐えられず。しかし、部屋に逃げても大広間の真上だから、しっかり聞こえてくる。
いやはや、温泉宿を甘く見ておりました。
by akanezumi1984 | 2007-05-19 18:33 | お出かけ | Comments(2)

まだ飛島

f0118332_195286.jpg

f0118332_1952862.jpg

早朝は暖かく、雲の下から朝焼けと鳥海山の裾がのぞいていたが、すぐ雨に。風も強く、雨が降ったりやんだり寒い1日。天気悪いわりに鳥が入らず、この時期としては、やはり寂しい感じ。
食料、飲み物を小さなウェストバッグと雨具のポッケに詰め込み、傘さして徘徊。
午前中はコルリやマミジロなど見て、楽しめたが、午後は風強まり、今日の便で帰ってもよかったかな、などとテンション下がる。
うろうろしながら、アラスカの友人からのメールに苦労して返信。携帯で英文打つのはとても面倒なのだ。
鳥見のツアーで数日後に来日する友人。なんとか一部だけでも日程合わせて会いたかったが、都合つかない。このツアーのガイドはひどい人で、日本語話せず、宿の予約なしで動いて、宿の人と客双方をはらはらさせる常習者。
友人が心配なので、飛島にいながら、舳倉島の民宿の手配をしていたら、同宿の鳥屋さんに、あっちはツアーなのにそこまでしてあげるの?代行手数料もらえばと言われた。我ながらおせっかいと思うが、島に民宿二軒しかないのに予約なしは、ほっとけず…
by akanezumi1984 | 2007-05-02 19:52 | お出かけ | Comments(3)

飛島から

f0118332_19521390.jpg

f0118332_19521511.jpg

昨夜まで迷っていたが、結局来ました、飛島へ。
空の色が薄くて鳥海山は、ぼんやりとしか見えない。この時期にしては鳥が少なく、航路も島もちょっと寂しいが、それでもよそよりは鳥が見られます。
今回は初めて望遠鏡持たず、双眼鏡だけにした。とっても楽だ。忍び足で鳥を探すには、望遠鏡ないほうがよい。
珍鳥にこだわらず、好きな鳥をじっくり見る。
一般種だけど、声だけして姿を見るのが難しいコマドリ、コルリ、ヤブサメを見れて満足。珍し系はヒメコウくらいしか見られず。ムジは声だけ。
このへんの話、鳥屋にしかわかりませんね。
ご飯はもちろん海の幸!
が、肉もあるー!前は肉なんか出なかったのに。
さて、明日はずっと雨か。やだなぁ。双眼鏡曇ったり水滴ついて、見づらいだろな。
by akanezumi1984 | 2007-05-01 19:52 | お出かけ | Comments(0)

お台場ぐるぐる

f0118332_11481419.jpg

新橋からゆりかもめに初めて乗って、「船の科学館駅」下車。
でっかい船の形の建物が目立ちます。南極観測船「宗谷」も係留されている。
デートスポットなお台場近辺に、やけに大荷物な人が三々五々集結。
海辺なのに、不似合いなザック姿の人々よ・・・いったいなにが?
f0118332_11463989.jpg

走った距離に応じて難病の子に寄付されるという「24時間チャリティーラン&
ウォーク」というイベントで、参加者は24時間(6時間、12時間の部もあり)
一周1.5キロのコースをぐるぐるぐるぐる走ったり歩いたりし、間に仮眠したり
するので、寝袋持参の大荷物出動なのであった。
おいらたちは、友人の呼びかけで大阪、滋賀、名古屋、東京、山形、酒田
からなんだかんだで13人集まり、4人×2、5人×1の3チーム編成。
チームリレー24時間の部参加で、一人一時間ずつ交代でぐるぐる。
おいらは4人チームの一番手で、スタートの土曜15時、19時、23時、
日曜3時、7時、11時の6回の出番。
普段走ったりしないので、時速6キロでコンスタントに歩こうと考えていたのに、
スタートの時、なぜか最前列に位置してしまい、雰囲気で本気のランナーと共
に走ってしまったら、れれれ?体軽いし息もそうあがらず、いける??と調子
に乗って走っていたら、下は硬い舗装路面。
5周で早くも股関節と膝が痛くなり、腿がぱんぱん。
24時間の長帳場だから序盤押さえていくべきなのに、しょっぱな飛ばしすぎ。
おろかもの~!!完全にオーバーペースだよ。
f0118332_1281937.jpg

持ち時間一時間なのに、15分残して二番手に交代。すまん!
二回目は少し歩いて5周でほどよい時間で交代。足の痛み悪化でやばやば。
24時間開いているエイドで提供される食べ物が豊富で、これが楽しみで参加
している人も多い。
深夜帯の二回は、膝の痛みが強くなって、走れなくなり、前の人も遅れがち
で半端な時間スタートなので、早足で歩いて4周で交代。
5回目、6回目は前の人がやや早めに終わったので、早足で5周。
夜間は待ち時間の間に控え室で寝袋にくるまり、仮眠もとったが、朝になり
外が暖かくなってきたので、日曜は外の芝生に各地から持ち寄りのおやつ
広げてのんびり。エイドのまん前に陣取り、エイドで出されるおいしいものも
逃さない、食いしん坊なおいらたち。
f0118332_11461321.jpg

普段より運動量も多いが、あきらかに食べ過ぎている。確実に太って帰り
そうである(笑)
f0118332_11473099.jpg

視覚障害の方もたくさん参加していて、伴走者が併走。
このサンタさんたちは、ご夫婦。奥様は目が見えない。日中は暑いくらいな
のに、ずっとこの姿で24時間走り続けた。しかもご主人顔半分を付け髭で
覆ったまま!
f0118332_12302384.jpg

子どもと犬も連れて家族で参加の方も。
参加者は一周するごとに輪ゴムを一本もらい、10本たまると白い輪ゴムに
交換。白い輪ゴム10本たまると赤い輪ゴムに交換。
赤い輪ゴムが出ると、鐘がならされ、拡声器で「100周出ました!」とアナウン
スされる。個人で24時間の部にはウルトラランナーがたくさんいて、日曜の
午前中で既に何人もの方が100周達成。一周1.5キロなので150キロ!
例年、150周達成する方がいて、それって200キロ・・・自転車じゃないぜよ。
走法も見ていておもしろい。
普段から走っている人で、リレーの部の人には、恐ろしい勢いで走っている
人もいるが、一人で24時間の人は、足を痛めずに長く走り続けるために、
足を上げず、歩幅小さく、ちょこちょこ走り。体はまっすぐか後ろにそり気味。
おいらは一巡目で関節にきてしまったので、このちょこちょこすり足走法を
真似しなくちゃと思うものの、いざ走るとすり足走法の人を追い抜いてしまう
から、歩幅小さくしたつもりでも、まだ大また過ぎたのであろう。
体力なくて、前半歩いていた仲間たちは、後半になって、少しずつ走り始め
た。今回集まった仲間うちでは、おいらは体力ある方だったが、一発目に
飛ばしすぎて後半足が痛くて全く走れなくなり、面目ない感じ。早足で小走り
の人と同じくらいの距離は稼いだが、のろのろでもいいから走るほうが、こ
のイベントでは盛り上がるのだ。
もうゆるい下り坂を歩くのでさえ右膝が痛く、走るのはゆっくりでも痛すぎて
無理!という状態だったが、最後、チームの最終ランナーのゴールの時は
最後の100mを手をつないで走って、いっしょにゴール。
同じ景色のところをぐるぐる巡ってなにが楽しいのか?と最初はあまり気乗
りしていなかったのに、蓋をあければ、24時間ひたすら楽しく、おいしいもの
を食べまくり、最後は感動してうるうるして終了。
膝の痛みがやや心配だが、ちょうどしばらく天気も悪そうだし、養生しとこう。

今回、おいらは6回の出番で28周。チームの4人の合計が99周。惜しいと
ころで赤い輪ゴムにならなかったが、日ごろ走ったことのない面々がよくぞ
がんばったものです。
満足、満足。
by akanezumi1984 | 2007-03-05 12:57 | お出かけ | Comments(5)

つながり

f0118332_225162.jpg

土曜の晩の地平線報告会を聞きに東京へ。報告者は屋久島病のねこさん。
しんと聞き入る心にしみる時間だった。報告会もすばらしかったし、全国から集まった友人たちとの久しぶりの再会の機会となった。
日曜もあちこち分宿していた友人たちと待ち合わせて食事したり、巣鴨を散策してみたり。
巣鴨のアジアン雑貨のお店で、生まれた時の曜日ごとで持つ性質があると聞いた。
おいらは金曜日で、天竺ねずみ!ラッキーカラーはグリーンで吉方は北だそうな。普段占いとかあまり関心もたないほうだが、天竺ねずみににやり!しかも、おしゃべりすることで運気をつかんでいくのだとか?この週末はまさに人と会い、語り合う2日間だった。
f0118332_0264141.jpg

象の骨製天竺ねずみ。一晩塩水につけて清めよとのこと・・・
by akanezumi1984 | 2006-12-24 22:51 | お出かけ | Comments(0)
「いのちに優しい暮らし・・・ちょっと不便がちょうどいい」

二晩泊まった、小さな小さな民宿の暮らしぶりがこの言葉から伝わります。

昔の農家の出作り小屋だった建物は、八畳と三畳の部屋がひとつずつ。
狭い板敷きと土間に薪ストーブのある部屋、小さな台所。
八畳の部屋には縁側があります。
木のお風呂はそのままに、でも外に出ないでたどりつけるように進化。
トイレもコンポスト・トイレになっていた。昔からエコ・トイレだったけれど、
さらに進化。全然匂いがしません。
f0118332_22283565.jpg


用が済んだらおが屑をちょいと入れます。

昨日は、子供たちを見送ってから宮古に行き、「タイマグラばあちゃん」を見た。
小さな映画館は、月曜の午前というのに、通路にも人があふれる盛況。
(普段はいつも、ガラガラらしい)

ばあちゃんは、じいちゃんが亡くなっても、畑をたがやし、味噌や豆腐を作り、
忙しく働いていた。冬には冬で忙しい。だけど、
「起きてーときに起きて、食いてーときに食って、飲みてーときに飲んで、
眠てーときに寝て、極楽だ。」と言う。

働いて、今日の糧を得る。
疲れたら休む。
腹が減ったら食べる。

人間は、ほんとはそれだけで満足できるってことを忘れてしまったんじゃないか?

f0118332_2322924.jpg

by akanezumi1984 | 2006-11-28 22:59 | お出かけ | Comments(1)

タイマグラ

f0118332_15584369.jpg

そのうち、そのうち、と思っている間に10数年経過。
昔何度かお世話になった、ばぁちゃんは亡くなってしまったが、ドキュメンタリー映画になったばぁちゃんに会うため、はるばる宮古にやって来た。宿は、ばぁちゃんちの近所の民宿。ここもずっと来ない間に主が結婚、元気な男の子が3人も!
でも宿の雰囲気はまるで変わらず。雑然としているけど妙に落ち着く空間なり。
変わったのは、トイレとお風呂が外に出ないでも行けるようになったことか。
相変わらずテレビはないが、電話とインターネットが使えるように。でも携帯は圏外。
出かけた先で携帯から書き込みしとります。
もう帰らないと危ないかな。細くて落石心配な道で携帯使えないからなぁ。
by akanezumi1984 | 2006-11-27 15:58 | お出かけ | Comments(10)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31