カテゴリ:お出かけ( 217 )

草原の香り

f0118332_2132560.jpg

久々に地平線報告会に来てみた。今日はモンゴルのお話。
数日前に20何回目かのモンゴル行きから帰国したばかりの方が報告者。
モンゴルの草原の草、モンゴルのお酒、羊肉、チーズのお土産も。一握りの草がとてもよい香りで少しいただいてきた。
最後に聞いたモンゴルの歌(別の方)も圧巻だった。朗々と響く歌声に広大な草原を感じ、鳥肌たった。
来てよかったな。
by akanezumi1984 | 2007-08-31 02:13 | お出かけ | Comments(3)

高速バス

f0118332_1172414.jpg

高速バスで南進中。
ドライバー席は低いので、後ろからは一見無人のように見える。
上山過ぎて乗客2人だけ!
by akanezumi1984 | 2007-08-30 11:07 | お出かけ | Comments(1)
f0118332_20192054.jpg

山小屋の朝、あまり高いところではないので、朝から暑い!が、きれいに片付けて帰らねばならんので、みんなで頑張ってウサギシチューをやっつけ、主と記念撮影。大変お世話になりました。
あまりに暑いので、また冷たい湧水の川に行き、ジャブジャブ入って涼んだ。
さらに北に遊びに行く若者たちとここで別れ、おいらは実家に向かった。
酒田から実家はけっこう近いのだった。途中、クマ撃ち猟師さんちに寄って、先月のバイト代をいただいた。血豆隠しのペディキュアを見て、めんごくていいけど、そんな屋根みでな色でねぐ、真っ赤なの塗れとご指導いただいた。ちっとは化粧もしたらとも。
うーん。あんまり好きじゃないんだけど、最近複数の女性にあかねずみさん男前だね、と言われたしなぁ。
男前って言われのって、おいらは喜んでいいのか、憂うべきなのか?
by akanezumi1984 | 2007-08-12 20:19 | お出かけ | Comments(3)

わけー衆に混じって

f0118332_1502567.jpg

f0118332_1502544.jpg

f0118332_1502531.jpg

f0118332_1502598.jpg

鳥海山麓の冷たいわき水流れる川で、わけー衆がまるで小学生のようにはしゃいでおります。水温11℃。バイカモ咲く清流。
夜は、とある方の山小屋にてウサギのクリームシチューを食べる会?
そして、夜更けに鳥海ブルーラインを鉾立まで上がり、道路に寝ころんで流れ星観察。
合間にゲームなどもして、はるか大昔の学生時代ののりをまさか今経験するとはね!
あ、そうそう午前中はユースで、ブログでお馴染みの方にお会いできたのだった。帽子とゴーグル姿でインプットされているので、素顔だとまるでわからなかった…ははは。
by akanezumi1984 | 2007-08-12 01:50 | お出かけ | Comments(2)

久々にランチなど

f0118332_15581358.jpg

f0118332_15581328.jpg

f0118332_15581331.jpg

ロシア人ライダーは、ぱたぱた働いてるすきにちゃっかり朝食(別料金)とり、いつの間にか出発。宿泊料も朝食代も払わずに…
耳が聞こえないというハンディがあっても、世界一周という夢があっても、こちらの了解なしに勝手にいなくなるのはちいと甘えすぎだぞ、オヤジ!もっと謙虚ならこちらからいいよ、いいよ、と言うけど、昨夜から勝手で強引、言葉が通じないのを逆手にとったようなやり方には、旅を応援する気分になれませんな。
そこにさわやかカップルが出発の挨拶に現れ、気分一新。記念撮影をどうせならグランドピアノのところで、とふったら、青年はピアノが弾けるのだった。傍らでうっとりする彼女。さやさやと緑を揺らす風。
もう帰ると言っていたのに、しばらくピアノをひき続け、その後も館内で撮影しあったりで、昼頃まだのんびりしていた。もう一泊する気になった?
洗い物やベッドメイクして昼に。するとユースの主な酒田の有機野菜レストランでぜひとも食べて行くよう強く強く勧められた。
今のおいらには外食は贅沢なのだが、そこまで勧められたら行かねば。
リゾットがかりかりおこげにスープかけたもので秀逸でした。プリンもおいしかった!
by akanezumi1984 | 2007-08-11 15:58 | お出かけ | Comments(2)

その後

f0118332_23482089.jpg

沈みかかっている夕陽に駆けつけ、ぎりぎりセーフ。曇っていて見えないかと
油断しておった。
夜は、夜光虫観察会へ。ここ数年夏のお楽しみ。そのために鶴岡ユースに泊ま
ったのだ。昨年は来られなかったので、海に入るのも二年ぶり。
ユースの受け付けの小さな黒板に「今日の夜のプログラム・龍灯遊泳」とあり、
龍灯?と思ったら、地元の方がもともと夜光虫のことをそう呼んでいたのだとか。
海の危険についてのレクチャーを受けてから、すぐ近くの三瀬海岸へ。
ライフジャケットをつけて、夜の海に入ると、もうきらきらと夜光虫のきらめきが。
条件もよく、きらきら、きらきら、とてもきれい。そして見上げれば雲がだんだん
晴れて星空が・・・
水着のまま車に乗り込み、共同温泉に行き、冷えた体を温め、これだけでもかな
りの満足度。しかし、まだまっすぐには帰らない。
途中、おいしい湧き水で喉をうるおし、手をどれだけ水につけていられるか我慢
大会までさせられ、さらにさらに、あまりに星空がきれいなので、街灯のない、
広い田んぼ地帯の農道で星空ウォッチング・・・と、田んぼに蛍も舞っていて、
美しく光るものに満ちた夜なのであった。
by akanezumi1984 | 2007-08-08 23:48 | お出かけ | Comments(4)

行ってきます

これからちょいと出かけてきます。
戻るのは7月3日の予定。それまで更新できませぬ。(成田で暇だと携帯から
するかも?)

ほんじゃ、行ってきまっす!
by akanezumi1984 | 2007-06-15 08:35 | お出かけ | Comments(7)

鳴子峡

f0118332_130566.jpg

昨日の宿の夕食時間が5時でちょっと驚いたのに続き・・・
きっと、朝食は6時とか6時半には館内放送で起こされるのでは?なんて
思っていたら、8時。しかもお風呂が朝6時半から8時まで掃除タイム。
いろいろ都合もあるのでしょうが、あまり客本位の時間割ではないような。
でも、はじめからこういうものとわかっていれば特に問題なし。
お風呂はぬるめで心臓に負担かからず、ゆっくりつかれるのに、汗かいて
すごくいい。
f0118332_7594616.jpg

雨があがったので、入浴に専念する年寄りチームと別れ、友人と鳴子峡
に散歩に出かけた。時折青空が出てきて、このまま回復するのかと思うと、
また雨になり、結局ずっと降ったり止んだりの天気だったが、本降りではな
いので、しっとりした涼しい空気が歩くにはちょうどよかった。
f0118332_82268.jpg

橋の近くの岩のくぼみに、ミソサザイが巣を作っていて、苔を集めては
運び込み、合間に大音量で囀り、その声の大きさに友人驚いていた。
ミソサザイは、ちびすけながら沢音に負けないよう、すごい声量なのだ。
f0118332_82211.jpg

鳴子峡の遊歩道は周回コースではなく、全部歩くと同じ道をまた一時間
かけて戻らなくてはならないので、友人と協議の結果、中間地点で一度
戻り、反対側に車で移動して、そこからまた適当に歩く作戦に。
昼過ぎに宿に戻り、隣接しているつなぎなしの手打ち蕎麦の店で昼食。
板蕎麦を注文したのに、コシアブラとカボチャの天ぷら、コゴミのおひ
たし、温泉玉子がついていて、お得感たっぷり。蕎麦もおいしかった。
f0118332_885975.jpg

食後、ほかの人たちはまた温泉へ。おいらは満腹で睡魔が襲ってきた
ので、部屋で昼寝させてもらい、3時頃みなと別れ、一人だけ先に
帰った。山形までは2時間で着き、思ったより近いのだった。
この時期は単なる移動の時間も、新緑がきれいでドライブ楽し。
by akanezumi1984 | 2007-05-21 01:38 | お出かけ | Comments(3)

うへー

f0118332_18333633.jpg

ラドン温泉のある旅館におります。お風呂は硫黄ぷんぷん白濁のいかにもこれが温泉だ!って感じでよろし。ラドン温泉と岩盤浴スペースもちょっと。露天風呂もあるらしいが混浴。
一風呂浴びてのんびりしていたら、食事の準備できたと館内放送が。ええっ?まだ5時ですけど!
5時から食べられるけど、6時に行ってもいんじゃないかと言ってみたが、みんなもう行くというので、5時夕食。山小屋みたいだな。
そして6時前からステージでカラオケ開始!
ちょっと物珍しさでおもしろがっていたが、大音量で頭痛がしてきて、一人先に退散してきた。騒々しいの苦手。
古い施設や、食事がいまいちなのは苦にしないが、うるさいのはどうにも耐えられず。しかし、部屋に逃げても大広間の真上だから、しっかり聞こえてくる。
いやはや、温泉宿を甘く見ておりました。
by akanezumi1984 | 2007-05-19 18:33 | お出かけ | Comments(2)

まだ飛島

f0118332_195286.jpg

f0118332_1952862.jpg

早朝は暖かく、雲の下から朝焼けと鳥海山の裾がのぞいていたが、すぐ雨に。風も強く、雨が降ったりやんだり寒い1日。天気悪いわりに鳥が入らず、この時期としては、やはり寂しい感じ。
食料、飲み物を小さなウェストバッグと雨具のポッケに詰め込み、傘さして徘徊。
午前中はコルリやマミジロなど見て、楽しめたが、午後は風強まり、今日の便で帰ってもよかったかな、などとテンション下がる。
うろうろしながら、アラスカの友人からのメールに苦労して返信。携帯で英文打つのはとても面倒なのだ。
鳥見のツアーで数日後に来日する友人。なんとか一部だけでも日程合わせて会いたかったが、都合つかない。このツアーのガイドはひどい人で、日本語話せず、宿の予約なしで動いて、宿の人と客双方をはらはらさせる常習者。
友人が心配なので、飛島にいながら、舳倉島の民宿の手配をしていたら、同宿の鳥屋さんに、あっちはツアーなのにそこまでしてあげるの?代行手数料もらえばと言われた。我ながらおせっかいと思うが、島に民宿二軒しかないのに予約なしは、ほっとけず…
by akanezumi1984 | 2007-05-02 19:52 | お出かけ | Comments(3)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31