カテゴリ:お出かけ( 217 )

f0118332_23312269.jpg
朝食前に朝探。小鳥類いろいろ見られて楽しい。ここで狙いの鳥で難易度高めのタカサゴミソサザイは、声はするものの姿見られず。
でも、ヤブドリやカワビタキ雌雄、キバラシジュウカラ、ズアカエナガなどに満足。ルリチョウも近くで見られた。
f0118332_23322226.jpg
ここのマスコットが日本のゆるキャラに似ているような。
f0118332_23332670.jpg
いろいろな色のゴミ箱が設置されてるけれど、捨てるところが目って!痛そうなんですけど。

f0118332_23335834.jpg
朝食後に公園のバスで滝のある観光スポットに移動。こういう激しい水の流れのあるところ
の苔につく虫を食べるシロクロヒタキ狙い。

f0118332_23351569.jpg
ほんとに白黒。目が黒いところにあるので、パッと見、目がないみたいに見える(笑)
滝のところで餌を探す時、体のわりに頑丈そうな足でしっかりと歩き回っていたが、たまに足を滑らせているのがかわいかった。
f0118332_23360537.jpg
ブルーが美しいカワビタキも雌雄いて、目を楽しませてくれた。
f0118332_23482478.jpg
ポイントで待つ地元バーダーの方の好意で、すぐ近くで一緒に待たせていただく。
f0118332_23491532.jpg
時々、関係ない観光客の人たちが、なにかいいものあるのかと寄ってきてしまうのが難点だったが、みんなに座ってもらったら、観光客もずかずか来なくなり、無事目当てのムネアカヒタキが来てくれた。けっこう待って、足がしびれたが、近くで見られてよかったー。
f0118332_23501641.jpg
昼食に前日、ちょっとバス止めて寄ってもらった果物屋で買ったのと同じレンブが!
f0118332_23504580.jpg
ツバメウオみたいな魚が!!
f0118332_23510003.jpg
えーっと・・・これはいったい?カニカマにマヨネーズはわかるが、スプレーチョコみたいなトッピングが謎。毎日初めて食べるものばかりでおもしろい。
初日はカエルの卵にしか見えないものもあったしなぁ。
f0118332_23525768.jpg
午後、ヒゴロモやベニサンショウクイ、ヒメオウチョウなど期待できるというポイントでぎりぎりまで粘ったが、とうとう出なかった。まぁ、こういうこともあるさ。
と、ここまで書いて時間切れ・・・既に予定オーバー。
明日は日帰りの現場だが、終わったらそのまま移動しなければならないので、夜更かしできない。といいつつもう睡眠時間足りなくなってるが。
この続きは現場から帰ってからかな。

by akanezumi1984 | 2017-11-21 23:37 | お出かけ | Comments(0)
野鳥の会山形県支部設立40周年だから、海外ツアーしてみっだい!と支部長が言いだし、入会当時高校生だったけれど今や立派な海外探鳥ツアーガイドになったI氏にガイドをお願いして、台湾4日間のツアーが実現。おいらが入った時はまだ支部ができて5年の若い支部だったんだなぁ。
f0118332_00312689.jpg
そんなわけで、10年ぶりくらいに海外へ。朝の便だったので、成田に前泊が必要で、節約のために山形からバス利用したので、出国前日の朝に家を出て成田のホテルに夜着くという・・・
成田に行くのが一番遠い(笑)
参加の皆さんと16日朝に合流して、台湾へ。
空港からバスで桃園駅に移動、さらに台湾の新幹線で移動後に、最終日までずっとこの貸し切りバス。台湾のバスはみな派手で、サイドミラーの形が独特で虫の触角みたいでした。
f0118332_00320331.jpg
初日は移動に思いのほか時間がかかり、大雪山の宿に着いたらもう夕食の時間でレストランに直行。入るといきなり、大きなガンダム・・・なぜここに?
f0118332_00314433.jpg
ブュッフェ形式で、楽しく夕食。
f0118332_00325566.jpg
夕食後に暖かい服装で夜探開始。標高が2000m越えているので、高い山にしかいない動物や鳥が見られるのです。
なんと、かなり見るのが難しいと言われるタイワンカモシカを近くで見ることができ、ラッキーでした。
f0118332_00331675.jpg
今回の目玉、カオジロムササビは個体数が多いようで、宿の中からも声が聞こえ、何度も見ることができた。顔からお腹が真っ白で、上面は栗茶色。鼻がピンクだし、悶絶級のかわいさ!
日本のムササビの声はお世辞にもかわいいと言えないが、このムササビはピーピーかわいい声で鳴いていた。
f0118332_00343617.jpg
樹上生で滑空もするため、バランスとれるよう尾がすごく長くてふさふさ。一度、フクロウいないかと丹念に道路脇をライトで探していたら、たまたま飛び出しをとらえることができて、頭の上を道路横断して飛んで行くのをばっちり下からライトで照らすことができた。
我ながらグッジョブだったと自画自賛。空飛ぶ白いさぶとんでした。
フクロウ類には会えなかったけれど、ハクビシンやコウモリも見られ、酔ったおじさんみたいなキョンの声も聞こえ、満足して就寝。
f0118332_00391444.jpg
2日目朝は、早朝からミカドキジを探すが、見つからず。小鳥類はたくさん見られた。
よく見られるあたりを丹念に探したが、結局ミカドキジは見られず。でも、サンケイというド派手なキジは雌雄とも間近でじっくりと観察できた。
f0118332_00462186.jpg
標高が高いので濃霧になりやすく、過去のツアーではこんなに晴れたことはあまりなかったらしい。
f0118332_00463194.jpg
朝食後も探鳥し、バスでポイント移動しながらさらに探鳥。


f0118332_09103602.jpg
昼食の場所が見晴らしのよい場所にあり、鳥もいろいろ見られるので油断ならない(笑)

f0118332_00475128.jpg
ここでも、次から次に出て来て、これで終わりだろうと思ってから生の魚が出て来て卓上コンロで煮たり・・・何種類出て来るかわからないので、最初から食べ過ぎないようにしないといけません。

f0118332_00502676.jpg
食べ終わったあたりで、すぐ近くの斜面にカザノワシが出てくれた。ものすごく幅の広い翼でわかりやすい。
f0118332_00493767.jpg
山を下り、台中の街中へ。温度差がすごく、むっとする暑さに汗ばむ。
このド派手なお寺の屋根に小鳥類がいろいろいて、ここだけでも楽しめた。
f0118332_09482004.jpg
バス降りてすぐに屋根の小鳥たちにひっかかっていたら、ここの目玉は中にいると手招きされる。タイワンオオコノハズクが昼の塒にこのお寺を使っていて、見上げると眠そうな目でこちらを見ていた。



by akanezumi1984 | 2017-11-21 00:51 | お出かけ | Comments(0)
f0118332_20475794.jpg
友人からこれの情報をもらって、早めに申し込み。
各自で車出すのももったいないから、一緒に行こうかね?と言っていたのだが・・・
最初に情報くれた当人が予約してなかったって!
でも、行けばなんとかなるんでは?と出かけてみたが、会場が狭く、予約してない人は入れないと。
でも、友人は友人で鶴岡の別の場所で楽しめたみたいでよかった。
講演、ポスター発表にもおもしろいものがあり、また、ひょっこり久しぶりにお会いする方たちもいたりで、出かけてよかった。
友人とも行き帰りの道中話せて、全く眠くならずに運転できたし。
しかし、講演だけでなく、ポスター発表のも撮影禁止って・・・資料おいててくれるかと思いきや、ほとんどなかったし。必死にメモりなさいってか。


by akanezumi1984 | 2017-11-11 20:48 | お出かけ | Comments(0)

クマを語る集い in 仙台

なして、インドアに決めた日に一番天気いいかな!
f0118332_23160131.jpg
馬見ヶ崎沿いのサクラ並木の紅葉が美しい。新緑、花、紅葉、雪の花と四季楽しめるなー。
f0118332_23161355.jpg
目的地が近いので、笹谷トンネル以外は下道で。ここ、いつも気になるけど寄れたためしがない。10円大根・・・
f0118332_23162892.jpg
FBで知って、初めて参加できたのに、もうこれが最後なんですと・・・もっと早くから気づいてればねー。
f0118332_23163830.jpg
知り合いがちらほら。何年振りかでお会いできた方も!
f0118332_23171275.jpg
草刈や電気柵でクマの侵入を防除している具体的な例や、昨年の秋田の事故の話や、犬の放し飼いによる防除の可能性とか、いろいろとおもしろかったのだが、初めて聞いて印象に強く残ったのが「ツキノワグマもヒグマも、ヘビに(匂いに)強い忌避反応を示す」ということだった。
食べられるものはなんでも食べると思っていたので、ヘビだって食べてるかと思いきや!
クマ牧場のヒグマで実験したら、ヘビから逃げるだけでなく、口から泡まで吹いたとか。そこまで!?
養蜂家の方のお話で、クマとの壮絶な攻防戦の話もあったので、そんなにヘビの匂いを嫌がるなら、電気柵をこれでもかってくらい張らなくても、ハチ箱守れるんじゃ?
これはどこかで本気で研究、実証してほしいものだね。

by akanezumi1984 | 2017-11-03 23:17 | お出かけ | Comments(0)

熊と狼展へ

f0118332_00433407.jpg
雨の中、多賀城までドライブ。
f0118332_00441325.jpg
熊だし、狼だし。どちらもとても惹かれる、気になる対象なので行かずにおらりょうか、てことで、東北歴史博物館に初めて行きました。

by akanezumi1984 | 2017-10-21 00:48 | お出かけ | Comments(0)
f0118332_20445588.jpg
70年の歴史を物語る、山装備。昔のものは、なんでも重そうです。
f0118332_20424219.jpg
今日は滅多に乗らないバスに乗って、山の写真展を見に仙台に行きました。
ナカシイさんに会えて、いろいろお話聞けて楽しかった。そして、以前、ナカシイさんに「たぶんおいらが作ったと思われる雪うさぎの写真を見たことがある」と聞いたことがあったのですが、撮影された方に直接お話を聞くこともできました。
誰もいない湯殿山の山頂にぽつりといて、近くに本物のウサギの足跡はあるけれど、人間の足跡はなかったって(笑)


f0118332_22044889.jpg
明日は恒例の、ギエンタイの芋煮会。みんなに食べてもらいたいので、もってのほかをむしります。

by akanezumi1984 | 2017-10-13 20:43 | お出かけ | Comments(4)
長野にライチョウを見に行った時に、同じ長野県内とはいえ、自宅からはそこそこ遠いのに、雨の中、白馬まで会いに来てくれたY子さんが27,28で鳥海山に来るというので、どっちか一緒に歩こうと約束したのだが・・・
27は何時に着いてるか、疲れ具合でどうなるかわからないから、28に合流しましょうということに。それでも白馬で会ってから一週間たってない(笑)
3時半起きして7時に鉾立に着いたけれど、既に雨が降り出し・・・Y子さんは前日、少しだけど山に行ったこともあり、観光にしましょうということに。とりあえずすぐ近くの十六羅漢に。
おいら、近くまでは行ってるけれど、足元まで行くのは恐ろしく久しぶり。このころは土砂降りでした。
f0118332_13275013.jpg
f0118332_13280126.jpg
長野の人だけど、山スキーでたびたび鳥海には来ているY子さん。日本海側移動してくるので、ずっと気になっていたという加茂水族館へ。
f0118332_13282100.jpg
夏休みだけれど、平日は比較的空いてるので、けっこう水槽に貼り付いてゆっくり楽しめる。
f0118332_13283719.jpg
ちょっとホラー!(笑)
f0118332_13285135.jpg
サービスのよかったアオウミガメ。
f0118332_13292422.jpg
いちいちひっかかってて進まず、ようやくクラゲコーナー着。
f0118332_13300315.jpg
f0118332_13303354.jpg
f0118332_13312309.jpg
f0118332_13315936.jpg
せっかくなので、アシカとアザラシのショーも見学。
ゴマフアザラシの芸は珍しいのでは?ももこちゃん大活躍です。
f0118332_13313871.jpg
ステージの端に、もう一頭、エリザベスがいるのですが、ずーーーーーーーっとこのまま、なにもしない。ただ、いるだけ(笑)
f0118332_13322092.jpg
アシカの身体能力は素晴らしい。
f0118332_13323948.jpg
ももこもがんばれー!
f0118332_13330079.jpg
大人アザラシたちは外のプールでまったり。
f0118332_13332991.jpg
ずっと雨かと登山を諦めたのに、晴れるし・・・ハロも出た。
f0118332_13335457.jpg
ずっと噂は聞いていたけれど、行ったことのなかった金毘羅荘が近いので、お昼はそこのラーメンにしようと向かったら、10月まで休業中だった・・・ガーーーーン。
長野に帰るY子さんが帰りが近くなるように、温海まで移動して、結局は道の駅あつみでお昼に。
f0118332_13334300.jpg
アレルギー体質のY子さんが、最近調べてみたらカキがアレルギーなしとわかったということで、人生初の生牡蠣チャレンジ。
おいらもお相伴に。
すぐ近所に住んでいても、何年も会わない人もいれば、片道500kmくらい離れているのに中4日で会ってしまったり。
人との出会いはおもしろいものですなぁ。

by akanezumi1984 | 2017-07-30 13:34 | お出かけ | Comments(0)

野生動物写真展へ

f0118332_23103604.jpg
そう遠くないのに、初めて行った、白鷹町文化交流センターあゆーむ
f0118332_23104573.jpg
「野生動物写真展 生 ライフ いのちがおしえてくれること」を見に行きました。
鍵井靖章/前川貴行/松本紀生/山形豪さんという豪華なラインナップです。
8/20までやってます。
f0118332_23105435.jpg
今日は夕焼けがきれいでした。おらいの山が静かに浮かんでおりました。

by akanezumi1984 | 2017-07-12 23:16 | お出かけ | Comments(0)

やはり出なかった

やはり、波が高くて全便欠航。
自然のことなので仕方ないのお。
羅臼にもい一泊宿とってあるので、近場でうろうろするしかない。
地元の棟梁が雨で仕事休みになったからと、ドライブに連れてってくれると言うので、棟梁が来るまでビジターセンター見学。
f0118332_21572844.jpg

去年も見たけれど、この巨大なシャチの全身骨格は何度見てもいい。
f0118332_21592526.jpg

棟梁に網走にカニ食いに行こうと言われ、カニでもラーメンでもいいけど、その前に斜里のめーめーベーカリーに寄ってとお願い。なんで道東まで来てパンなんだ?て顔された(笑)
f0118332_222480.jpg

めーめーベーカリーだけに、羊がいっぱい。
f0118332_2224113.jpg

ドアを開けたらネコがー!手を差し出すとすりすりしてくれた。
f0118332_2234744.jpg

ばっちり好みのパン!棟梁は全く興味なく車で待機(笑)
f0118332_2254975.jpg

写真ではうまそうだが、観光客向けの店だからか、小さくてパサパサなのに高くて、ちょっと残念なカニだった。ホッケ定食のホッケは◯。
f0118332_2273598.jpg

羅臼に戻る途中、棟梁が釣りに行く場所に寄り道。たいした距離じゃないけれど、生い茂る笹で1.5m幅しか見えない林道突っ込むのでスリリングだった。
f0118332_22104582.jpg

今夜は去年三泊した旅館に。鏡台のある、昔ながらの旅館。お風呂は熊の湯と同じ源泉の白濁ぢた硫黄泉。あっつい。
f0118332_2213126.jpg

見ただけでお腹いっぱい。お昼食べ過ぎてお腹あまり空いてなかったので、食べ切れなかった。
大雨、強風、波浪、濃霧、低音注意報出て、雨風の音強し。
明日の午前も船予約してあるが、まず出ないだろうな。
by akanezumi1984 | 2017-06-02 22:17 | お出かけ | Comments(0)

運がいいのか、悪いのか

今日はいいことと、悪いことがどちらも続いた。
f0118332_222272.jpg

ウトロ発の8時半のヒグマクルーズのために、朝、知床峠越え。去年は峠でギンザンマシコが見られたので、また見られないかと車から降りてハイマツのところを探していたが、出てこない。
と、歩道がなくなるあたりで手招きする人が。ギンザンマシコではなく、ヒグマ親子がいた!
母どっしりのたばり動かず。子らはてんでに草を食んでいたが、2匹で遊ぶのも見られた。
その後のヒグマクルーズも、計6頭見られた。もう少しゆっくり見られるといいのだが。
クマ見られてよかったなと喜んでいたが、駐車場出る時に低い位置の出っ張りに気づかずバンパー下部にちょっとぶつけてしまった。自車なら気にしないくらいだが、レンタカーだよ。
契約時、修理代は免責付きだけど、休業保障は別で、1日千円弱でカバーできますがどうですか?と言われたのにケチって保障つけなかったことを後悔。捨て金すればぶつけなかっただろうに。
人生そんなもの。
午後の羅臼でのシャチクルーズはシャチが最初からずっと、ほぼ出ずっぱりで満足。
しかし、前から緩めで心配だったレンズフードを海に落とした(涙)
来る前に落下防止で細工したのが午前中しか持たなかったのだった。
f0118332_22203418.jpg

中華撮りの新しいブーム?台湾のグループ客が地面にばたばた倒れて写真撮って、ゲラゲラ笑っていた。これをあちこちでやるのだろうか?
f0118332_22235528.jpg

昨日棟梁に頂いたニラ登場。
明日の午前は初めて羅臼のヒグマクルーズで、小さい船で寄れるというので楽しみにしていたが、天気が悪くてキャンセルと連絡が。
午後のシャチクルーズも中止になるかもしれませんと連絡が。
明日は終日雨のようで、たとえ船が出ても撮れないだろうなー。
by akanezumi1984 | 2017-06-01 22:20 | お出かけ | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30