カテゴリ:その他( 109 )

小国町小玉川の廃校になった小学校に暮らしている友人がいるので、前泊させてもらって12日の小正月の行事に参加させてもらった。
f0118332_12241287.jpg

朝、この時期にしては珍しく青空となったが、前日までの降雪でウサギ狩りは厳しいラッセルに。
f0118332_1215239.jpg

みなさん、わかんなので、合わせようとわかんにしたら、おいらのわかんは春雪用の小さいやつなので、あまり戦力になれなかったなぁ。小国の厳冬期用の大きいわかん、借りてみればよかった。
f0118332_12262778.jpg

f0118332_12234036.jpg

以前、別の場所でウサギ狩りの勢子はやったことがあったので、今回は射手の近くで見せてもらうことにした。快く受け入れていただいてありがたい。
だが、あまりの深雪に勢子の足並みをそろえるのも大変だったからか、杉林に駆け下ったウサギの足跡はたくさんあったのに、一向に上に追い出されて来なくて、成果は一羽だけだった。
f0118332_12292457.jpg
f0118332_1229511.jpg

天然のスノーシュー。
f0118332_1230455.jpg

その場で皮はぎ。ナイフを使うのは最後のほうだけだった。後ろ足から始めるのだが、まだウサギが暖かいうちは最初から素手で剥けるのだそうだ。下山してからの解体だと、冷たくなってしまうので、剥き始めにもナイフが必要になるとのこと。(後ろ足の皮にナイフで切れ目を入れる)
子どもの服を脱がせるように皮をつるんとはいでから下山。
f0118332_12392359.jpg
f0118332_12394934.jpg

お昼前にウサギ狩り終了で、歳頭焼き準備は二時からということで、一度学校に戻って昼食と、ちょっと昼寝。
f0118332_12411947.jpg
f0118332_12421250.jpg

地区の公民館近くの雪原をみんなで踏み固めることから、歳頭焼きの準備が始まる。
一気に積もった雪なので、かんじきで踏み固めた後でも、ツボアシで歩くとずぼずぼ沈んで穴ぼこだらけになって歩きにくい。
中心に藁束をたくさん詰めて外側に萱をぐるぐる巻きにする。
こちらが一段落するころ、何人かはここまでの通路の雪壁を掘って雪灯篭に。
みんなでやると早く終わるので、暗くなるまでまた時間があり、暖かい屋内で待たせてもらう。
f0118332_12554132.jpg
f0118332_12561238.jpg
f0118332_12563632.jpg

午前中はよい天気だったが、びしょびしょの濡れ雪が降りしきる中の歳頭焼きになった。
火のそばはとても温かく、炎は見ていて飽きない。
古いお札を焼き、お酒を飲んだり、竹に刺して焼いた餅を食べたり。
若奥様は、焼けた木が倒れる方向にいると子宝に恵まれるとのことで、あっちにいろ、ここだここと指示される。
f0118332_135778.jpg

歳頭焼きの後は暖かい室内で新年会。ウサギ汁をご馳走になった。
by akanezumi1984 | 2013-01-14 13:06 | その他 | Comments(2)

1/11東松島ぶらぶら

f0118332_11324426.jpg

13日の東松島東名地区ふれあいサポートセンター開所式に出るのに、たまたま10日に東京出張があったからと、通称南極さんが早めに11日仙台着の夜行バスでやってくるというので、アッシー役に出かけた。
南極さんは、南極で二度も越冬経験があるので、仲間内で南極さんと呼ばれている。
まずは東名の倉庫の点検。ドアが壊れていたのでガムテで補修。
今回はボラの予定はなく、ちょっと見ておきたい場所や、会っておきたい方をあちこち巡ってみた。
f0118332_11475255.jpg
f0118332_11481636.jpg

道路標識で気になっていた「野蒜築港跡」に行ってみた。完成していたら横浜港をしのぐ規模になっていたのだとか。
f0118332_1153629.jpg

何度か作業したN自動車に挨拶に行ったら、美猫のお嬢(勝手にそう呼んでる)がバリバリとカシラダカを食べていた。震災で迷いネコになっていたのを、こちらの社長が外ネコとして餌だけあげていて、食べ物は十分なはずだが、ネコは本能的に狩るし、狩猟能力も高いからねぇ。
12日に小国町小玉川の小正月行事に参加するため、この日は南極さんを松島の温泉に送って、自分は入らずそのまま山形に帰宅。ささっと夕食済ませ、ウサオの世話をしただけで、また出発。
小国町小玉川の廃校になった小学校に夜10時過ぎに着いて止めてもらった。
f0118332_11585218.jpg

by akanezumi1984 | 2013-01-14 12:03 | その他 | Comments(0)

散歩→公開講座1/9

9日は夕方に芸工大の公開講座「空から見た東北-動く森、動く集落」を受講。
戦後からの森や集落の変遷が、空撮写真でわかりやすく理解できた。
芸工大では無料でこのような興味深い公開講座や講演、写真展などが一般に公開されていて、ほんとうにありがたい。
f0118332_21184120.jpg
f0118332_2119817.jpg
f0118332_21192769.jpg

日中はあいていたので、霞城公園に散歩に行ったら、N先生とばったり。うちの大王様と同い年なのに、若者のように颯爽とした足取りです。
f0118332_21205456.jpg

寝ているように見えて、しっかり目を開いて警戒しているヒドリガモ。
ネコには会えず。
by akanezumi1984 | 2013-01-10 21:26 | その他 | Comments(0)
最上小国川ダムの建設が強行されようとしているけれど、県民のどれくらいの人が関心を持っているのだろう?

12/5(水)午後6時半から山形市緑町の遊学館で、ゲストや専門家を招いて緊急集会があるそうです。

山形県出身の作家・評論家の佐高 信 氏

報道ステーションのコメンテーターで震災の支援活動もされている高成田 亨 氏

山形大学教授 川辺 孝幸 氏

小国川漁協組合長 沼沢 勝善 氏

貴重な意見が聞けそうですね。
お時間の取れる方はぜひ、足を運んでみてください。

おいらも現場の帰りに間に合えば行ってみよう。
by akanezumi1984 | 2012-12-02 22:31 | その他 | Comments(0)
f0118332_21242127.jpg

出かけついでに花見をしようと回り道したら、あいにくと雨が降り出した。
明日から天気がよくなるのはわかっているが、東松島に出かけるので今日のうちに見ておかないと!
f0118332_2126342.jpg
f0118332_21265376.jpg

馬見ヶ崎は桜並木が本当に見事だ。明日の早朝はこの桜トンネルを通るが、移動時はさっと走りすぎてしまうからね。
駐車場の隅に雪が残っていた。雪捨て場になって、さぞや大きな雪山ができていたのだろう。
盃山も途中まで歩いてみたが、進行方向で信者の方が道をふさいでお話していたので戻ってきた。
姿は見えねど、ヤブサメとサンショウクイの声がした。
f0118332_21325024.jpg

最近クマも出たようですな。
護国神社の桜は運転しながら横目に眺めるだけにして、霞城公園へ。
f0118332_2132148.jpg

f0118332_21335543.jpg

ここは道の上が桜のトンネル、見下ろせば水面まで枝を広げた桜が見事なのだが、いつの間にか舗装されてしまった。そのままでも踏み固められ、根がむき出しになってきていたが、舗装は舗装で水分や酸素が土に入るのだろうかとか気にかかる。通気、通水する舗装なのだろうか?
f0118332_21365985.jpg
f0118332_21381177.jpg
f0118332_21383222.jpg

f0118332_21421453.jpg
f0118332_21423950.jpg
f0118332_2144773.jpg
f0118332_21445358.jpg
f0118332_21455968.jpg

しとしと雨の平日で、人が少なくてよかった。天気がよいとお堀の上の狭い道は、人をよけて歩くのが大変になる。
さて、東松島の桜も見ごろになっているだろうか。
by akanezumi1984 | 2012-04-27 21:50 | その他 | Comments(0)

お買い物で復興支援

関東エリアの方にお知らせ。
今度の週末、銀座で東松島市の物産展があります。ぜひお出かけを!

f0118332_0303774.jpg

by akanezumi1984 | 2012-03-16 00:33 | その他 | Comments(0)

雪旅籠補修

今日の夕方から雪旅籠後半が始まるので、午後から補修に行きました。
エコプロ隊長と副隊長と三人での作業でしたが、前日Hさん夫妻も補修に来てくれたようです。
f0118332_22321519.jpg

うさぎの耳が細って落ちる寸前だったので、新しい耳に。
f0118332_22331658.jpg

龍に肉付け。
f0118332_22341036.jpg

隊長たちが低くなった天井拡張。おいらはダンプで雪の排出。それが済んだらちびだるまの作り直し。
けっこう数があるので、丸めても丸めても、だったがなんとか4時に終了。
f0118332_2236098.jpg

湯殿山碑の雪を払って。
明日までに雪で少し埋まってしまうだろうけれど、まずはできることを。

また、日曜までたくさんの人に見て楽しんでもらえたらいいなぁ。
by akanezumi1984 | 2012-03-02 22:37 | その他 | Comments(0)

地面出し競走の写真

出かけっぱなしで携帯からしかアップできなかったので・・・
といっても、穴掘り中はほとんど撮影できないので、あまり写真はありませんが。
f0118332_1083199.jpg

雪がふりしきる中開幕。
f0118332_109135.jpg

いつもは雪だるまばかり作っているけど、掘るのも得意だよ。
f0118332_1010232.jpg

そりりんぴっくはまさかの最下位。いつも弾丸尻滑りしているのだが、この日は新雪がもちもちしてまったく滑らず。
f0118332_10111188.jpg

昨年より1mも多い4.5mの積雪を掘りました。
f0118332_1011447.jpg

昨年と同じメンバーでの完掘!
f0118332_10124010.jpg

まだまだ必死に掘っているチームがあるのに、さっそく雪だるまを作り出す我がチーム(笑)
f0118332_10134339.jpg

掘りガール・強ガールチームは最下位を免れ、ボランティア団体のチーム2組のびり争いになりました。
f0118332_10145192.jpg

がんばって掘った穴を、競技終了後埋め戻します。
f0118332_10153758.jpg

三連覇を狙っていた肘折青年団を破って優勝したのはスーパーJチャンネルチームでちょっと興ざめ。
アナウンサー二人はただの飾りで(言い方悪いかな、でも事実です)実質過去に優勝暦のある職人さんチームの優勝。職人さんたちだけでまた出てほしいなぁ。
それにしても若手実力者だけの青年団におやじだけのチームが勝ってしまったことがすごい!
そして三位が上の写真なのだが、なんとじいちゃん、とうちゃん、息子の三世代での堂々三位!
すばらしい!じいちゃんかっこよすぎる!
上位三位まで完全に地元ってのがすばらしい。大井沢や志津、尾花沢などの豪雪地の人も参加して肘折との豪雪対決とかできたらおもしろいのだが、みんな自分とこの除雪で忙しくてなかなか出かけられないのが問題ですなぁ。
今回は雪をいかにブロックにするかにタイムがかかっていたと思う。
最初の足場の悪い中のダンプ操作と、硬い雪をいかにすばやく確実に大きなブロックにするかが来年の課題だな。
by akanezumi1984 | 2012-03-01 10:21 | その他 | Comments(3)

ちょっと宣伝

f0118332_835330.jpg

東松島のボランティアから秘密基地、鳥海山とこの三日間いっしょだったTさんとは、この本の
著者の坪井さん。
このブログでは実名、顔がはっきりわかる写真は普段載せないけれど、本人の了承があるの
で実名あげます。本の宣伝するのに名前出さないわけにいかないですもんなぁ(笑)

坪井さんはバイクで日本一周してバイク旅のおもしろさにとりつかれ、世界一周。その途中各地
で大物釣りにチャレンジし、旅先で知り合った人と三人でアマゾン川をイカダで下ったりもしてい
る。その後たまたま100kmマラソンに出たら走りきれてしまったことから、単独で北米大陸を
横断ラン・・・と、とんでもない人なのである。
とにかくおもしろいエピソード満載なので、オススメです。
by akanezumi1984 | 2011-10-04 08:42 | その他 | Comments(0)

雪だるまの雪眼鏡

f0118332_22412667.jpg

今日はひきこもりで写真がないので、これを紹介。

先日相棒が「少し早い誕生日プレゼント」といって、こんな嬉しいものをくれました。
雪の結晶を見るためのルーペ。

なくしたら悲しいので、もっと目立つストラップつけといたほうがいいかな。ふかふか雪にすぽんと
落ちたら見つけられなくなるかもしれない。
by akanezumi1984 | 2011-01-31 22:45 | その他 | Comments(5)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31