カテゴリ:その他( 109 )

普通の人っぽい?週末2


f0118332_21382708.jpg
2時まで、弓張でソーセージ教室のお手伝い。一生懸命なちびっこたちがかわいかった。お母さんがいるところは、やっぱり親主導になりがちだけれど、この班は小さい女の子4人と若いお父さんの5人。お父さんはあちこち写真撮って回って不在がち。女の子たちが力がないぶん二人がかりですりこ木使ったりしてがんばってた。
f0118332_21483388.jpg
小さい男の子もがんばったー。渾身の力で押しております。
f0118332_21491766.jpg
まだ生のホワイトソーセージ。これを80度以下のお湯で45分茹でる。
45分ですよ!保存できるようにするにはそれだけ時間が必要なんですね。
茹でると白くなりました。
f0118332_21511686.jpg
異常に眠くなって、家で少し昼寝した後、夕方から県立博物館へ。
公園の芝生は、カラスの天下だった。
f0118332_21524049.jpg
昨日、今日の二日間、夕方6時から8時半まで無料会館でした。太っ腹!
f0118332_21532595.jpg
夜の博物館ということで、光る石や光るクラゲなど展示されていました。このクラゲはハナガサクラゲだそうで、発光クラゲではないけれど、触手に蛍光物質があるそうで、ライトを当てると美しく光ります。
f0118332_21560275.jpg
写真では明るく写ってしまっているが、実際はけっこう薄暗く、展示もごく一部にしかライトが当たってなくて見えないので、小さなライトで照らしながら見ている人たちも。
f0118332_21572601.jpg
f0118332_21574261.jpg
館内はフラッシュ焚かなければ撮影してよいところと、撮影禁止のところがありました。
薄暗い博物館、できればもっと人がほとんどいない感じで歩いてみたいものですなぁ。

by akanezumi1984 | 2015-08-02 21:59 | その他 | Comments(0)

雨の中で水遊び

FBで月山湖カヌーやりませんかという話題が出て、いいなーと言ってたら、友人のtaroさんのだった。そして、昨日の月山帰りのゆみはり茶屋でtaroさんとばったり。
明日もあるよというので、急きょ参加することに。
f0118332_16530526.jpg
あいにくの雨でございます。午前と午後の2回あるというけれど、今日中に実家に移動なので午前に申し込みしたら、ばっちりずーっと雨(笑)
風はないけれど、気温低めなのでTシャツに雨具着てちょうど。
f0118332_16551172.jpg
ここでカヌーって、何年振りだろう?10年以上ぶり?
だいたい人生において、川で2回、シーカヤック3回、ダムでこれが2回目くらいなもんで、間がめちゃくちゃあいてるなぁ。シーカヤックと違って短いカヌーはくるくる回って、へたくそなおいらは直進が難しいが、たいした距離は漕がないので問題なし。
f0118332_16583964.jpg
ちびっこが多いし、まだアブがいないから上陸して遊べるということで、漕いでる時間より陸で遊ぶの重視の今回。赤い橋のところまで漕いで、上陸です。
f0118332_17002061.jpg
f0118332_17003798.jpg
向うに気持ちのいい砂地がある。
f0118332_17011498.jpg
そういえば裸足で歩くなんてないもんなぁ・・・我が足の真っ白さに笑う。
f0118332_17022205.jpg
ちびっこたちがいろいろ作り始めました。負けませんよー。
f0118332_17025653.jpg
ちびうさ、砂バージョン。耳を立てるのが難しい。
この後あえなく自爆でばらばらになってしまったので、別のを・・・
f0118332_17041427.jpg
やっぱりこれだや。
f0118332_17043894.jpg
taroさんは、ちびっこが飽きないよう、いろんな遊びを知ってます。子どもたちの足を砂で埋め、指だけ動かして~と言って、動いたところを素早く掘って捕まえるという遊びできゃっきゃ言わせてます。
f0118332_17061289.jpg
砂いじりに飽きない大人が一人(笑)
f0118332_17072877.jpg
大きな鯉のいる渕
f0118332_17082180.jpg
泥岩でしょうかね。粘土になる石を木でほじくって採取。
f0118332_17092835.jpg
石ですりつぶし、手で練ると粘土に。
そんなこんなでまったり2時間近く遊んで、戻る時間に。
f0118332_17105950.jpg
最後にちびっこたちは水に浸かって遊ぶ。おいらは着替えがめんどうだなんて思って入らず。つまんない大人ですな。
f0118332_17160270.jpg
ママと留守番していたちびちゃんが、なんか一寸法師みたいでかわいい。
まだしょぽ降る雨の中帰宅して、明日からの準備をしていると、だんだん天気がよくなって夕方に青空に。
でも明日からまた雨マークなのだよね。しかも気温が高い・・・
晴れて暑いのなら日蔭に入るとけっこう涼しいものだが、日差しがないのに暑いのはどうしようもないなぁ。
風よ吹けー!



by akanezumi1984 | 2015-07-20 17:12 | その他 | Comments(0)

ギエンタイDay


震災直後に天童の倉庫に泊り込み、その後も大阪、東京から車でずーーーーと震災ボランティアに通ってくれたギエンタイ仲間がふらりと山形に。
明日宮城でカヤックで川下り花見する前に、山形でつっだい肉蕎麦食べたいと昼前に到着。
f0118332_23124513.jpg
二人とも前に食べてたと思っていたが、一人は初肉蕎麦だった。気に入ってもらえたようでよかった。
f0118332_23181896.jpg
f0118332_23191066.jpg
雪の壁が見たいと言うことで、姥沢までドライブ。最近折り畳み自転車が大のお気に入りのYさんは、途中一度雪壁撮るのに車停めたら、自転車乗りたい病が出て1.5キロライド。それで自転車と記念撮影(笑)
f0118332_23234571.jpg
若い頃シベリアで会って以来の大の仲良し関西弁コンビは、何かって言うとやりとりが漫才。折り畳み自転車しまうのにあーだこーだやってます。
東京から運転してきて疲れてるだろうから、おいらの車で行こうとしてたのに、道路に雪ないならこの車で行こうやと言ったのは、自転車乗りたかったからもあったんだろうな。
f0118332_23264261.jpg
志津で温泉入って四時。即身仏の話をしたら見に行くことになり、大日坊へ。相変わらず、ここの和尚さんの説明はすごかった。
この後なぜか最近食べることに急に情熱を持ち始めたMさんが、たまたま蕎麦屋からの移動途中に見かけたサフラーバーガーが山形にしかないと言ったら、ぜひそこで食べたいと言うので、夜別の友人も交えて夕食の予定なのに、ハンバーガー食べに寄り道。
f0118332_23360933.jpg
8時で仕事終了の別のギエンタイ仲間と合流し、居酒屋へ。ここは当たり。盛況なのがわかる品揃えと味でした。
f0118332_23394210.jpg
3人を送って行く途中、コンビニ寄ったら、広めの店内に通路が広くゆったり棚があり、陳列がかなりこだわってきれいに並べてあって、ちょっと目を引いた。
同じ山形市内でも、なにが違うのか、このへんの桜はけっこう咲いていたなぁ。
うちの近所はまだまだだけど。
明日は天気がよくなるから、開花が進むかな?



by akanezumi1984 | 2015-04-11 23:28 | その他 | Comments(0)
今年も参加しました。第6回地面出し競争WORLD CUP in HIJIORI
f0118332_23322784.jpg
f0118332_23323695.jpg
f0118332_23324940.jpg
なんて穏やかないい天気!ホワイトアウトの猛地吹雪で会場にたどり着くのが危ぶまれるくらいの年もあったけれど(終わって帰る時も恐ろしかった)、今回は春うららな感じで、薄着でまったく寒くない。
f0118332_23361202.jpg
開会式で昨年の上位チームから金銀銅のスコップが返還され、これまでなかった準備運動が・・・エアロビみたいな、音楽に合わせたもので、やりつけないから動きがすぐに理解できずおたおたするし、いやに長かった。本番より疲れた(笑)
f0118332_23394116.jpg
f0118332_00354998.jpg

f0118332_23400842.jpg
場所取りの順番を決めるためのソリンピックは波乱万丈。序盤は雪が固くて滑り過ぎ、スタート地点を急きょ下げたもののK点越え続出。しかし、お日様パワーで雪が緩んで滑りが悪くなり、表面が荒れ、後半は不利だった。
でも、結論から言って、ソリンピックでいい場所とっても、不利な場所とっても、掘り手の力次第ですな。掘り力が均衡していたら別だけど。
f0118332_23445189.jpg
今年は隊長が破格の速乾Tシャツ見つけたとかで、チームTシャツを作ってくれました。デザインがなかなかかわいい。サイズがLLだけど、年によっては猛烈な吹雪のこともあるので、防寒着の上からでも着られるようにとの配慮。


f0118332_23473272.jpg
最大6人までチームに登録できるけれど、一度に掘っていいのは4人まで。
f0118332_23482346.jpg
今年は雪が締まってて、ダンプは早々に終了してスコップ戦に。
f0118332_23490417.jpg
今年はエースに加え、もう一人男手が入り、パワーアップのほっづこっづで雪ちょし隊。あれよあれよと掘り出し、終盤に交代で入ったけど、もうほとんどやることない。と思ったら掘り出した土を渡されたので看板ひっつかんでダッシュ。
しかし、ゴールがどこかわからない。とりあえず激走するものの、どこ?どこ?と叫びながら。隊長が後ろから、とにかく前進しろと言うが焦る!他のチームが走ってるのが見え、同じ方向に軌道修正し、そのチームのすぐ後にゴール。
ぬわにぃー、4位?ちゃんとゴールにまっすぐ走っていたら3位になれてたよー。
みんな、すまぬー。
f0118332_00001139.jpg
仲間チームの応援に行き、やいやい言って遊ぶ。ちょっと幅が狭すぎて終盤なかなか進まなくなるという、陥りやすいパターン。
f0118332_00023767.jpg
恒例の記念撮影。去年よりだいぶ穴が浅い。
f0118332_00031445.jpg
せっかく掘った穴も、すぐ埋め戻される。
f0118332_00033530.jpg
すかさず雪だるまをこしぇる隊長。この人がちびうさの元祖です。
f0118332_00042533.jpg
f0118332_00045287.jpg
右側から早い順だが、4位まで昨年と同じ!ほっづこっづで雪ちょし隊は昨年5位で今年4位なのだが、昨年二つに分かれていた肘折青年団が今年また一つになったため。そしてやはり健闘しているチーム由良!雪ないとこの人たちなのに毎年いい位置に食い込むのだ。
f0118332_00082875.jpg
オラフのマスクかぶっていたチームがパフォーマンス賞だった。おいら個人的にはワイシャツにネクタイ姿のチームの方がインパクトあったけどなぁ。
f0118332_00092775.jpg
解散後は寿屋さんで蕎麦。腰があって、香りがよくて、うまい蕎麦なのです。
f0118332_00102768.jpg
あれ?この重機、去年はマジンガーZだったはずじゃ・・・
f0118332_00112021.jpg
隊長と元監督と温泉に寄ったら、隊長がそこにあったチラシを見て反応。
隊長が去年、このイベントを見に来たときに勝手におおくら君の横に作った雪だるまが、しっかりと写っていた(笑)このおおくら君は身長13m、ウエスト約100m。
小さく見えても、このうさだるまも相当なもの。さすが、ほっづこっづで雪ちょし隊の隊長。
お彼岸で近くにいるから、おいらも今年はおおくら雪ものがたり、見に行ってみようかな。








by akanezumi1984 | 2015-02-23 00:16 | その他 | Comments(4)

志津・火合せ神事

予定より早く仕事が終わったので、見ることができた。
12日夕方からの火合わせ神事。今年は和太鼓の演奏はないようで、ちょっと残念。
f0118332_2241491.jpg
f0118332_22411523.jpg
f0118332_22412664.jpg


人が多いのは苦手なので、観客が少ないのは個人的には助かるが、せっかく素晴らしい神事が行われているのに見る人が少ないのは少し残念でもある。
by akanezumi1984 | 2014-09-13 22:43 | その他 | Comments(0)

山形で南極の話を聞く

今月は、毎週水曜18時半~19時半の一時間、やまがた夜話・越冬隊員が語る「南極観測物語」があり、今夜が一回目。(無料)
f0118332_22142435.jpg

山形市出身で、南極で10年以上過ごしたという方が、テンポよく南極における日本隊のあれこれを駆け足で語られました。
地球温暖化が問題視されているけれど、南極では南極半島で大幅に気温上昇しているけれど、日本の昭和基地やドームふじ基地のある方ではあまり変わらないのだそうだ。
f0118332_2224424.jpg
f0118332_22241426.jpg
f0118332_22242653.jpg

会場には南極の氷や隕石が展示され、触ったり、氷に閉じ込められた一万年前の空気のはじける音を聞いたりできた。
by akanezumi1984 | 2014-09-03 22:40 | その他 | Comments(0)

年に一度の大事な講習会

f0118332_235649100.jpg

そういう場面が起こらないのが一番ですが、万が一遭遇したら、ちゃんと対応できる人でありたいものです。
by akanezumi1984 | 2014-07-03 23:58 | その他 | Comments(0)
6月下旬ともなれば、山形はサクランボモード!
ここ数年お手伝いしている寒河江のOさんの果樹園で、今朝5時からサクランボもぎ。
この仕事は好きなので、本当はもっとやりたいところだが、ちょうど本業の忙しい時期とかぶってしまう。
休みが少ないので、できればそのうちの一番天気のよさそうなところで月山の花を見に行きたい。
そんなわがままを聞いて、こちらの都合のつく一日だけとか、数時間でもよいと言ってくださる、優しいOさん。
始めは早朝2時間だけもいで、その後山に行くことも考えたが、一日がっつり働いて、一日ゆっくり山にさせてもらうことにして、今日朝5時から午後3時までに。
f0118332_2224433.jpg

正光錦
f0118332_2225381.jpg

ジャボレー
f0118332_224184.jpg

f0118332_2283947.jpg

今年も作業場内部の巣で子育て中のツバメ。
f0118332_2285464.jpg

こんな感じで共存。
作業中はカメラが邪魔なので、脚立作業とか撮ってなかった・・・
作業終了後、商品にしない正光錦とジャボレーと高砂をもいで持って行ってよいよと言っていただき、おいそしうな赤いのが少し残っている正光錦は丁寧に全部もいだが、あとはさすがに集中力がとぎれたのと、あまりたくさんもらっても処理する時間がないのとで、ほどほどに。
帰宅して、洗濯している間にとりあえず洗って軸までは取った。
明日友人と食べる分の正光錦だけ冷蔵庫にしまい、残りは今からがんばって種取りするか。
種取って冷凍しておくと、あとが楽なのだ。
by akanezumi1984 | 2014-06-20 22:08 | その他 | Comments(0)

ばたばたと一日が過ぎた

忙しくなってしまったのは、朝ぼけっとして出かけるのが遅れたからだが・・・
お嫁さんが入院中、家の手伝いに呼び戻された普段は海外在住の幼馴染のアッシーしたり、お悔やみに行ったり、実家の仏壇にお参りしたりを2時間で済ませた。
時間がないと言いつつ、つい、アイコのお浸しがおいしくてお茶一杯でそそくさ退散のはずが3杯もいただいたりして講演会に30分遅刻。
f0118332_0392343.jpg

f0118332_0393039.jpg

盛況でした。
河川工学や環境経済学、地質学、生態学などの専門家の話を聞くことができ、行ってよかった。
いろいろとわかってきた。いかに情報が偏って伝えられているのかも。
「洪水=水害ではない」に、あ・・・と目から鱗。
なにがなんでも反対なわけではなく、ふさわしくないものに巨額を投じることがおかしいのではないかというまっとうな話ばかりであった。もっとよい方法があるという提案を検討してみることがなんでできないんだろうね。
f0118332_102720.jpg

これは昨夜のちくちく。こんなんで夜更かししたから、今朝の動きがにぶかったわけでもある。
そう遅い時間まで寝ているわけではないのだが、起きていても準備に入るまでぐだぐだで出かけるのが遅くなる、いつものパターン。
さて、明日は友人たちとの約束があるから遅刻しないようにしなくては。約束の時間が遅めで助かる。
by akanezumi1984 | 2014-05-18 01:03 | その他 | Comments(0)
出かけていて写真のアップが遅くなりました。
23日に開催された「肘折地面出し競争ワールドカップ2014」に今年も参加した「ほっづこっつで雪ちょし隊」の面々。今年は現場監督が抜けて別のチームで参加したり、昨年ソリンピック最長距離でチームに貢献したKさんが日程合わず参加できなかったり、強力な新規メンバーに期待していたら直前に腰痛で参加できなくなったりで、どうなることかと思いましたが、結果は堂々の5位!
金銀銅のスコップは逃したものの、タイムは3位だった昨年より速かった!
f0118332_1433118.jpg

f0118332_14331954.jpg

昨年は地獄のブリザードだった新庄~肘折間が、今年は穏やかで大助かり。
f0118332_14341114.jpg

f0118332_15194778.jpg

一度、いでゆ館駐車場に集合してから、ユニフォーム代りのタヌキと手ぬぐい、雪だるまプリケを付け、雪掘り道具を持って会場に移動。
f0118332_14355828.jpg

開会式にて昨年三位入賞したチームの金銀銅スコップ返還。おらだの銅のスコップともこれでお別れ。
f0118332_1441115.jpg

雪掘りする場所を選ぶ順番を決めるための「ソリンピックin大蔵山シァンツェ」。どこを掘っても一緒・・・ではないのです、実は。このへんは、昨年より隊長が前夜祭に出て、地元スコップホルダーにいろいろと情報を教えてもらい情報戦。
f0118332_14563223.jpg

ソリンピックは7位で、まずまずの出足。よさそうな場所を選べたのでは?
この先、競技中は写真が撮れません。だれか撮影スタッフが欲しいなーと毎年思うのですが、当日肘折まで行ってくれる物好きはなかなか見つかりません(笑)ま、いずれ大会公式サイトに写真や動画がアップされると思うのですが。
毎度のことながら、あふあふ頑張っている最中に、ほら貝の音が響き、「なに、もう?早いっ!」とびっくり。
今回3.5mの雪を一位のチームは、なんと7分49秒。早すぎる!
その後も30秒から1分毎くらいに続々上位チームが掘り上げる激戦。
おらだは10分33秒で5位。来年のシード権確保です。
f0118332_14565567.jpg

掘り出した土を持ってゴールしたら、とりあえず、メンバーみんな交代に穴の底に入ってみて記念撮影。(掘り手はエースがずっと穴の底にいて、他のメンバーはこの時初めて一番深いところに入る)
f0118332_1505057.jpg

穴の深さを測ってみる。今年は3.5m。なかなかのものです。
f0118332_1523080.jpg

まだ必死で掘っているチームもあるのに、自分たちが終わったとたんに大うさだるまを素早く作る、ほっづこっつ隊(笑)深い穴とうさだるまとしっぽで恒例の記念撮影。
この後、掘った穴は危険防止のため、自分たちで埋める。
f0118332_1592138.jpg

今回は表彰がないので、ここで5位の記念撮影。
f0118332_1510383.jpg

ちびうさをトロフィー代わりに。
f0118332_15104414.jpg

閉会式。みんな、やりきって、いい顔です。
f0118332_15112118.jpg

f0118332_15113035.jpg

参加賞のデザインがかわいい。
f0118332_15173258.jpg

来年はまた、スコップ狙いますよ!
f0118332_15175754.jpg

平均年齢64歳ながら堂々の二位、ザ・職人さんたちは「テムレス」愛用。うちのエースもテムレス。
この辺に玄人っぽさを感じます。
f0118332_15223548.jpg

お昼は寿屋さんで蕎麦。二人で板蕎麦を分けると食べ応えがありますぞ。(ここの板蕎麦は2.5人分)
f0118332_15242471.jpg

蕎麦屋さんから温泉に移動中、エースのtaroさんがおもしろいもの発見。シャッターにもなにか描かれているようで、よっぽど降ろして確認したかったが、人様の家のを勝手に動かせず・・・
いやー、気になるなぁ。
f0118332_1526773.jpg

メンバーはここで解散。また来年、やるべね!
いつかは金のスコップ・・・
しかし、地元肘折チームの優勝にかける気合いは半端ではない。今回優勝のLove Snowメンバーは8回も練習掘りしたとか。我がチームはエースのtaroさんが仕事がらみで一度深ーいの掘った以外は、各自、自宅の除雪で少し意識して動いたくらい。おいらは現場で実益かねてシェルター作ってる程度。
来年はちゃんと筋トレしとくべか・・・
by akanezumi1984 | 2014-02-27 15:30 | その他 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984