カテゴリ:生き物( 357 )


f0118332_2259372.jpg
昨日の夕方には、「明日は晴れるから、早く起きられたら鳥海山の御浜あたりまで行って、いなかフェ寄るとかもいいかも」なんて思っていたが、夜更かししたので朝になる前に早起きは断念。
月山の山頂にするか、ブナ林散策にするか、どうしようかなーと朝ぐずぐずしてたら、公園管理人のSさんが午後から日暮沢小屋に管理に行くと聞き、同行させていただくことにして、のんびり。
少し早めに出て、生まれたばかりの双子の子ヤギ見に寄り道。

f0118332_22591265.jpg
不審者に心配げな顔のお母さん。

f0118332_22593232.jpg
箱入り娘?息子?

f0118332_2259512.jpg
先に生まれた子ヤギはもうこんなに大きくなってる。この後頭なでたら、お母さんにべろべろなめられていたから、頭がびしょびしょだった。

f0118332_2301618.jpg
子羊も大きくなったー。

f0118332_2305885.jpg
新緑がきれいな本道寺にも寄り道。

f0118332_2313391.jpg
きくまろカフェで、ランチにトルティーヤ。ソーセージはくんせい工房ぽれぽれのだそうな。

f0118332_2322548.jpg
自分の車は林道入り口付近の知人宅に置かせていただき、Sさんの車で移動。もう熊スベリ沢まで車で行けるようになりました。そこから日暮沢小屋までは10分ほどですが、道ぶっこわれてますなぁ。

f0118332_2324724.jpg

f0118332_233793.jpg
到着。

f0118332_2335469.jpg
荷物置いて、まずは取水口の点検。集水マスの枯葉を掃除。

f0118332_2341064.jpg
今日から小屋の水洗トイレが使えるようになりました。

f0118332_2343351.jpg
さて、本日の嬉しい出会い。小屋に入ってすぐの登山届を入れる箱を開けたら、ヤマネがーーー!
ゴミだと思ってとろうとしたSさんびっくりー(笑)

f0118332_2344887.jpg
とりあえず回収。爆睡していて全く起きる気配なし。例年なら周りにまだ雪があるのに、今年は既に全くないので、本格的な冬眠からは覚めているはずだけれど、まだ行ったり来たりな感じなのだろうね。
先月22日に管理に来た時にはいなかったとのこと。建物にはヤマネが入る隙間ないのではとSさん。
でも、うっかりな登山者が2階と3階の窓開けっ放しにしていたので、そこから入ったのだろうか?

f0118332_235852.jpg
なかなか起きないので、小屋の外で外敵に見つかりにくそうなところを探し、空調の穴に入れてみたが、ちょっと作業してから見に行ってみると、一匹下に落ちていた。が、そのまま寝てて動かないので、また穴に入れて小屋の掃除とかしてから見に行くと、また地面に寝ていた。
フキの若葉を濡らして差し出したら、寝たまま舐めはじめ、さらに前足でつかんで舐めはじめ、いくらか覚醒してきたような。
f0118332_2361313.jpg
目が開いてきた!このあと、少ししたら一匹はいなくなっていた。もう一匹も目が開いたので、新たな寝場所探しに行ってくれたかな?
f0118332_2365014.jpg
3階の隅に断熱材を齧ったようなゴミが・・・でも、天井を見ても穴とか隙間がない。
どっから来たんだ?この断熱材のかけら・・・
f0118332_2372289.jpg
例年ならまだ雪で埋まっているので、こんなに早く小屋に水ひいたのは初めてだそうです。
f0118332_2374677.jpg
サンカヨウが咲いてる!早いんでないかい?まだカタクリとかニリンソウが咲いているのに。
f0118332_2382186.jpg
ダムの少し手前で車から降りて、根子までぶらぶら歩いて行きます。
ここもリュウキンカがきれいでした。
f0118332_2385414.jpg
あちこちでクロサンショウウオの卵塊が見られた。
f0118332_2391673.jpg
クロサンの卵塊のすぐ隣にトウホクのも。
まだ膨らみきらない新しい卵塊もあって、まだ周りにサンショウウオいるんじゃないかと探したが、イモリばかりでがっかり。
帰りの4kmくらいだけの歩きなので、小鳥でも撮れないかと一眼持って行ったが、鳥もさっぱりだった。
ヤマネで運を使い果たしたのだろう。ヤマネに会えただけで十二分に幸せな一日。

by akanezumi1984 | 2016-05-06 23:09 | 生き物 | Comments(4)

春の渡り@飛島5/1~3

f0118332_1047163.jpg
春の飛島といえばヤツガシラ・・・といいつつ、個人的には空振りが多いが、今年は嫌われなかった。
f0118332_10472824.jpg
キマユホオジロ。
前にも何度か見ているが、一羽だけ。今回は同じところに4羽いたり、他の場所にも二羽ずつ数か所で見たりと多かった。

f0118332_10473746.jpg
ルリビタキ。雄はほんと美しい。
f0118332_10474543.jpg
地味だけどメスもかわいい。

f0118332_10481259.jpg
キビタキが地面で見られるのも渡りの時期ならでは。
f0118332_1048234.jpg
メスもちんまり丸くて超かわいい。
f0118332_10483162.jpg
この木が気に入って、毎日同じ木にいたハチジョウツグミ

f0118332_10484389.jpg
奥にいたトラツグミにしゃがんでにじり寄ろうとしたら目の前にクロツグミが出て来た。若くて色が薄い。

f0118332_10485798.jpg
クロツグミ近いなーと撮っていたら、横っちょにマミチャジナイがいた。
f0118332_10491099.jpg
足元にいきなり出て来たシロハラホオジロ。設定変えるの間に合わず、暗くてぶれたのしか撮れず。

f0118332_10501692.jpg
あっちこっちにいて、だんだん「オオルリか」と吐き捨てられるようになった。ごめん。
f0118332_10504690.jpg
ウトウ

f0118332_1051994.jpg
ヒメウ
f0118332_10563834.jpg
オオミズナギドリ。航路は鳥が少なかったなぁ。
f0118332_10564667.jpg
シロエリオオハム(たぶん)のバタフライ。

by akanezumi1984 | 2016-05-04 10:56 | 生き物 | Comments(0)

飴とムチ

f0118332_1928596.jpg

午後から雨予報。
昼に暗くなって風が吹き荒れ、雨も叩きつけ、このままずっと雨か?と思ったら明るくなって、ぽかぽかに。
基本、冷たい風が吹き荒れているが、時々風が止んでほんわか。
飴とムチのようね天気だった。
f0118332_19332354.jpg

動きの速いエナガが珍しくコンデジで撮れた。
f0118332_19344115.jpg
f0118332_19342328.jpg

そろそろ会えそうな気がしていたノビタキ。地点の周りにぽっつりぽっつり現れてくれた。

今朝爪がとうとう取れた。死んだ半端な爪が被っていたため、下の爪がデコボコ&血豆の痕で醜いし、まだ少し短くぶつけたら痛いから、もうしばらくテープ必要か。
風がずっと当たるからか、頭痛も続いてる。あったまって寝るしかないな。
何泊もするからと、一応粘土持ってきてはみたが、気力でない。
by akanezumi1984 | 2016-04-19 19:42 | 生き物 | Comments(0)

White Day(笑)

昨日は、地点着く少し前からぽつぽつ降り出し、かろうじて作業風景撮った後にずっと土砂降りとなり、ほとんど車内待機で写真なしだった。

f0118332_23141180.jpg

散歩に出て来たしろねこ。
f0118332_23142537.jpg

白いカモシカ。
東北は白い個体多いけれど、これはかなり白い子ですな。

写真はないけれど、イワツバメとサシバ初認。まだ普通のツバメを見てないなぁ。
by akanezumi1984 | 2016-04-08 23:18 | 生き物 | Comments(0)
まだコンパクトダウンは必携。
今週は、ちょっと標高高めの地点につき、ちょっと風があると寒くて冬物必要。
f0118332_0194527.jpg

まだまだ作れます(笑)
f0118332_019581.jpg

色はきれいなんだけど、目つきがかわいいとは言えないカケス。
f0118332_0203580.jpg

遠くにヒレンジャクの生る木。

明日は雨か・・・
by akanezumi1984 | 2016-04-07 00:24 | 生き物 | Comments(0)

おばあちゃんめくり?

今日から通いの現場。
f0118332_23242971.jpg
天気がよくて、スギの花粉が黄色い煙のように山を覆っておりました。

f0118332_23245377.jpg
今日明日は、ちょっと標高高めの地点で、雪が残り、ミズバショウが。例年より雪がかなり少ない。

f0118332_23253717.jpg
もうあちこちに産卵されている。

f0118332_23255636.jpg
声のする方を見ると、ヤマアカガエルがあちこちに集まっている。

f0118332_23263010.jpg
水中にたまっているのはほとんどオスで、よそから新規のカエルが繰る度騒ぎになるが、たいてい水中にたどり着く前にオスがメスをキープしているので、水の中にたむろっているカエルたちはなかなか相手ができないような。
f0118332_23264868.jpg
産卵が終わったメスはこんなにげっそり。もう疲れ果ててよろよろだった。

f0118332_2327190.jpg
今回はいつもより終了時間が遅く、5時過ぎに山間集落を通過。ちょっと鳥でもいないかと、途中で水路脇の細い道に寄り道したら、女性もののバッグ見つけてしまい、持ち主探し。
中を確認したら、フキノトウが直入れされていて、財布には名前でなく、ひらがなで「ろうじんくらぶ」とたどたどしく書いてあったので、近くに住んでる、少し痴呆症状のあるおばあちゃんなのではと思い、思い当たる方いないですか?と近くの家に問い合わせ作戦展開。
3軒目のお宅のおばあちゃんにバッグを見せたら、名前書いてあるのを見つけてもらい、手がかりゲット。
4軒目でその人なら知ってる、というおばあちゃんに当たり、託すことができ、やっと安心して帰れた。

2軒目のおばあちゃんが、3軒目のおばあちゃんのところまで来てくれて、一緒にまた話を聞いてくれたが、「そんで、どこにあったって?」「あっちの堰のとこの道に」この応答、3回くらい繰り返したような(笑)

by akanezumi1984 | 2016-04-05 23:27 | 生き物 | Comments(0)

もふもふがいっぱい

f0118332_23332374.jpg
子羊どんどんおっきくなる。母さん羊より顔が黒いのは、とうさん羊の顔が真っ黒だから。
f0118332_23333412.jpg
赤ちゃんヤギの角もこないだより伸びてる。かあさんヤギの角が立派で、とうさんヤギは角がなかったりして、ヤギはおもしろい。
f0118332_23334537.jpg
癒し系の丸顔羊さん。
f0118332_23335560.jpg
ここのヤギ、羊たちはフレンドリーな子が多くて、近くに行くと寄って来てくれる。

f0118332_2334987.jpg
別系統のもっふもっふ。
f0118332_23343038.jpg
taroさんが雪の下から掘り出した人参いただきました。果物みたいに甘い。
f0118332_23353830.jpg
今日は遊びに行ったわけではなくて、一応この玉切りの材を薪にして積むために行ったのですが、思ったより早く雨が降ってしまい、二時間しか働かず。
明日はもっとがんばります。

by akanezumi1984 | 2016-03-30 23:36 | 生き物 | Comments(0)

ホッキョクグマ堪能

f0118332_23150003.jpg
今週は仕事がありません。収入がないということなので、喜べない状況ですが、せっかくの時間、天気もよいのでお出かけ。男鹿まで行かないと見られないと思っていたホッキョクグマが、八木山動物公園に3頭もいることについ数日前に気づき、ホッキョクグマ目当てに仙台に行くついでに、ぷち贅沢なパン屋さんにも寄り道。
このパン屋さん、どっしりハード系で絶対好みであろうと思っていたのだが、どんぴしゃでした。
f0118332_23103295.jpg
暖かい紅茶と買ったばかりの焼きたてパン、リンゴもディパックに入れてあったのに、ホッキョクグマが活発に動き回っていたため、食べてるどころではありません。
f0118332_23111093.jpg
お子様たちに負けずにガラスに貼り付く。まぁ、容赦なくカメラの前に割り込まれますが。
f0118332_23112155.jpg
ほんとに仲が良く、ずーっと二頭で遊んでいる、カイとポーラ。この冬一応もしかしてということでポーラは産室にこもらされていたようだが、妊娠していなかったようで、また一緒の展示に。
ここの二頭は基本いつも一緒なのだろうか?GAOではペアリングの時期以外別々のようだけど。
f0118332_23120381.jpg
現在、国内最年長のナナ、31歳。子熊のようにかわいい顔をして、まだまだ元気そう。ナナは長寿の血統のようで、親は40歳越えたご長寿さんだったとか。仙台は夏そう暑くなくて過ごしやすいだろうから、長生きしておくれ。
f0118332_23123041.jpg
昼に着いたのに、食べずにずっと見ていて、さすがに空腹と喉の渇きで一度離れ、外のベンチでパンを食べ、他の動物も少し見たが、やっぱりホッキョクグマが気になって戻ったら、水に入ってた!
f0118332_23130003.jpg
今度はずーっと水中で遊びまくり。ガラスの前に子どもに混じって貼り付き、離れられません。
f0118332_23132230.jpg
とりゃー!
f0118332_23133865.jpg
とおーっ。
f0118332_23135492.jpg
でっかい手、ぶっとい爪。
いくら見ていても飽きません。


by akanezumi1984 | 2016-03-29 23:15 | 生き物 | Comments(0)

ホッキョクグマ堪能

f0118332_23150003.jpg
f0118332_23103295.jpg
f0118332_23111093.jpg
f0118332_23112155.jpg
f0118332_23120381.jpg
f0118332_23123041.jpg
f0118332_23130003.jpg
f0118332_23132230.jpg
f0118332_23133865.jpg
f0118332_23135492.jpg

by akanezumi1984 | 2016-03-29 23:15 | 生き物 | Comments(0)

今年二度目の湯殿山

天気よさそうなので、湯殿山に向かうことに。早めに出た方が歩きやすいとわかっているのに、朝のんびりし過ぎて出足が遅くなるいつものぱたーん。
f0118332_23301109.jpg
毎年見るザゼンソウの場所の雪が融けていたので、車止めて見たら、なんともう出て来ていた。はやっ!
f0118332_23303476.jpg
雪壁も低くなりました。
f0118332_23305789.jpg
ノウサギ遭遇率高いコースで、今日はばっちりと見ることができました。見やすいところにちょこりんと座る後ろ姿を発見。しばらくじっとしててくれたので撮れた。
この後、ゆっくり駆けて行ったお尻がかわいかったー。もう少し追跡できるかと思ったが、尾根向こうに行ってしまったようで見えなくなった。
f0118332_23311701.jpg
少し上がると、今度はアカネズミが根開きの穴から出て来た。だんだん穴から離れて開けたところに出て来たので、もう少し接近して見やすいところからと思ったが見失い、結局こんなのしか撮れず。
f0118332_23313604.jpg
スタートがのんびりし過ぎてもうお昼。ちょうどいいベンチがあったので、これに腰かけてランチ。ここ数日限定のほどよい高さ。
f0118332_23320560.jpg
今度は賑やかに食事中のウソの小群にひっかかる。もう、これは山頂無理か・・・?
その後も賑やかに追いかけっこするゴジュウカラやヒガラなんかにもひっかかり、なかなか進まない。
f0118332_23322640.jpg
f0118332_23324530.jpg
いやもう、気持ちのいい天気で。歩くには暑すぎるくらい。
f0118332_23332542.jpg
のんびり道草ばかりだったが、なんとか稜線まで来ましたよ。ああ、なんて美しいんでしょう。
f0118332_23340056.jpg
湯殿山神社の鳥居が見えます。
f0118332_23342307.jpg
鳥海山も麗しい。湯殿山に登る時は、山頂まで上がらないと見えないんだよねぇ。

f0118332_23344883.jpg
月山山頂を見やるちびうさ。
f0118332_23352146.jpg
朝日の方も眺めます。風もなく、穏やかで、ちっとも寒くはないのだが、夕方約束があるからとっととくだらないとなぁ。もっと朝早く家を出ればゆっくりできるのに。
f0118332_23355242.jpg
志津を同じくらいに出て、別々のルートで歩いていた二人組のボーダーさんたちと森林限界あたりからちょいちょい会いました。おっ、おいらのちびうさを激写してくれてますな。
f0118332_23361745.jpg
雪庇はあらかた落ちてしまったけれど、それでもかっこいいラインがー。
f0118332_23363174.jpg
姥沢駐車場。すっかり除雪が終わってます。今年はけっこう早く除雪が終わったけれど、その後に新雪が1mくらい積もったそうな。
f0118332_23374196.jpg
山頂でお二人のドロップシーンを撮れたら撮りますーと言ってたのですが、この後、見えない位置に入られ、それでも下の方に出れば見えるからとしばらく待ってはみたものの、夕方の約束に間に合わなくなるといけないので、肝心のかっこいいシーンを見ないうちに下ってしまいました。
NC裏手あたりでまた会えましたけどね。
f0118332_23380273.jpg
あー、気持ちいい。春のブナの森は、最高です。真冬の吹雪もいいけど。

f0118332_23382228.jpg
f0118332_23383994.jpg
ご機嫌で歩いていたのに、タヌが背中にずりあがって来たのでひっぱって直そうとしたら、ぶちっ!!
だんだん短くなってきていた尻尾が・・・とうとうなくなってしまったよ。とほほ。
かれこれ何年使って来たやら忘れてしまったが、長年なんのお手入れもしてなかったので、もう皮がもろくなってちぎれやすくなってました。そろそろ引退か・・・
f0118332_23390123.jpg
夕方の約束は、これの受け取り。拾ったけれど冷凍庫に空きがないとのことで、うちで一時預かりして鷹匠さんちに後でお届け予定。
貴重な機会なので、少し観察させてもらいました。

by akanezumi1984 | 2016-03-28 23:39 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984