カテゴリ:生き物( 354 )

さむっ!

f0118332_0101988.jpg
寒気が入ったようで、急に寒くなりました。風も強くて寒い、寒い。
繁忙期なのに、今週は仕事なしだが、特に営業はせず。例年月山に花を見に行く時期だし、10年以上ぶりくらいに野鳥の会の県支部のお手伝いすることになったので、その調査にあてようかと空けておいたのだが、天気悪いよ。
のそのそとトラフズクのいる神社に行ってみたが、巣だっているであろうふわふわの子どもは見つけられず、見張りの父さんだけ。キーという声は聞こえたが、強風で枝の混んでるところにいるだろうから、さっさと諦める。うろうろしてると父さん心配するしね。

f0118332_0103983.jpg
クロサンが産卵しているだろうと思い、博物園に向かう。例年観察している弓張のモリアオは既に終わった感じで、今年は見逃した。写真はネコノメソウ。


f0118332_0105079.jpg
博物園の駐車場からすぐにリュウキンカがまだ咲いている。水中には、ヤマアカガエルのオタマがうじゃうじゃ。

f0118332_011148.jpg
いたるところにブナの実生がぞくぞく発芽。生き残れるのはごくわずかだが。

f0118332_0111225.jpg
ムラサキヤシオツツジ

f0118332_0112643.jpg
まだところどころに雪が残るが、トレイルに雪がかぶるのはここくらいか。

f0118332_0113616.jpg
湿地の奥の方にミツガシワ

f0118332_012029.jpg
通称クロサン池には、卵塊が。わりと新しいね。

f0118332_0121150.jpg
次に産みに来るメスを待ちわびる。

f0118332_0122086.jpg
こちらは産んで間もない感じの卵。この二匹もオスなんだろうな。次のメスを待っている。
ちょこちょこ水底から呼吸に上がってくるのがいるので、見えないだけで水中にはかなりの数がいそう。

f0118332_013669.jpg
足が痛いので、周回せずにクロサン池からおとなしく戻る。
帰りに寒河江のOさん宅に寄り、早生品種の紅さやかをたくさんいただいた。真っ赤できれい。
f0118332_0131353.jpg
さっそくジャムにしていただきました。

by akanezumi1984 | 2016-06-02 00:13 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_8421021.jpg

早くもエメラルドのコシロコブゾウムシにも会えました。
by akanezumi1984 | 2016-05-29 08:42 | 生き物 | Comments(0)

f0118332_10413269.jpg


とりあえず一枚目は、目に優しい写真で(笑)月曜朝ぶりの我が家での朝ごはん。
昨日の帰りに産直で小振りの孟宗買ってきて、昨夜のうちに筍ご飯と筍汁仕込み。魚は産直で買った、既に焼いてあるマスの味噌漬け。孟宗もネマガリタケの竹の子も、どっちも大好きなのだ。
f0118332_1044855.jpg


かわいいんだか、かわいくないんだか、いやに貫禄のあるアマガエル。ちっちゃいんだけどね。
f0118332_10451815.jpg


ヒメマダラエダシャクかなと思ったけれど、このへん似たのがいるので、専門家に聞いたらば「解剖しないとわからない」って。
f0118332_10462088.jpg


前から気になっていたシート状の巣にいる赤黒のクモ。調べてもなかなかわからないと思ったら、クサグモの幼体でした。成体とは色が全然違う。
このクモの巣は朝露がついてる時間帯はとってもきれいです。乾くとあまり目立たなくなる。

f0118332_11084190.jpg
カバキコマチグモに似ているが?巨大な牙がある。
f0118332_10482197.jpg


今回の調査員の中にカミキリムシ好きな方がいて、写真一枚で速攻お答えが返ってきた!アトモンサビカミキリ。
f0118332_10495350.jpg

こちらはFBでオオバコヤガとヤマジハエトリと教えていただきました。ありがたやー。
f0118332_11023880.jpg
いつの間にか体にくっついていたアオハムシダマシ。ぴっかぴか。
f0118332_11030111.jpg
田んぼにトノサマ。自分的には見る機会が少ない。
f0118332_11032812.jpg
ムクドリもこうしていい光で見ればきれいだな。普段、ムクか、で見過ごすけれど。
f0118332_11031701.jpg
用水路でどっぷりと体浸して水浴びしているのがおもしろかった、イワツバメ。
f0118332_11033383.jpg
飛び回るツバメは、自分の腕ではなかなか撮れないのだが、まぐれで一枚撮れた。
f0118332_11034357.jpg
カラガラスの幼鳥。大きさは大人と同じだし、いっちょまえに水にも入るが、近くに親が来ると・・・
f0118332_11034931.jpg
大騒ぎで餌ねだり。お尻がもふもふでかわいい。
f0118332_11040080.jpg
アオサギ
f0118332_11080971.jpg
さえずりの合間にストレッチのウグイス
月曜からまた泊まりの仕事だから、今日明日で調べものとか宿題とかやっとかないとなー。

by akanezumi1984 | 2016-05-21 10:50 | 生き物 | Comments(0)

あちこち小さくうろうろ

f0118332_23581571.jpg
今日は地点が変わりましたが、こちらにも小さな祠がありました。
f0118332_23582881.jpg
まだ咲いていないけれど、ハナイカダ。こういう名前のつけ方は、粋でよい。

f0118332_23584235.jpg
雨でコケも生き生き。

f0118332_23594759.jpg
もう雪が降るまで、虫とかクモの嫌いな人は油断なりませんよ(笑)
ネコハエトリのオスは、ネコというよりゴリラ。

f0118332_235853100.jpg
ムササビの樹皮剥ぎではないかと。

f0118332_00118.jpg
クロオオアリかっこいい。小振りな働きアリと大型の働きアリがいる。

f0118332_01789.jpg
とうとう雨が本降りになり、機材たたんで半分だけ車に持って行って、また石段登って戻ろうとしたら発見。
ニクイロババヤスデだって。もうちょっといい名前つけてあげたらいいのに。けっこうかっこいいのにねぇ。

f0118332_23574776.jpg
今日は仕事が半日で終わりだったので、午後、やまがたヤマネ研究会に粘土のヤマネお届けに行って、その後車屋さんにタイヤ交換とオイル交換に行き、そのまま木下自転車に新しく家族になったわんこのシロに会いに行った。福島の保健所に保護されていた子で、推定7,8歳の熟女。おっとりと優しく、保護犬だけど警戒心なく初対面の人にも接することができるので、きっと以前も優しい飼い主の元で飼われていたのかもしれない。
お茶していたら6時になり、わたわた帰宅して、わたわた朝の残りの味噌汁食べて、パン齧りながら市内の公民館へ。
15年ぶりくらいにある会合に出席。顔ぶれはほとんど変わらないなぁ。

by akanezumi1984 | 2016-05-12 00:03 | 生き物 | Comments(2)
f0118332_23595232.jpg
出だしの一枚はさわやかでないとね。花も葉もかわいい、クルマバソウ。
f0118332_00631.jpg
雨後の筍ならぬ、ワラビ。近所の御年寄りが取りに来るかもしれないから荒らしません。
f0118332_001727.jpg
雨なので、大きなカタツムリがあちこちに。ちいーーーさいのもいましたが。
f0118332_004052.jpg
丘の上の小さな祠。
f0118332_005285.jpg
カラマツを枯らすために樹皮がぐるりと剥いでありますが、新芽吹いていた。
f0118332_012012.jpg
キノシタトゲシリアゲ。このシリアゲは初めて見た。
f0118332_022169.jpg
ヒヨドリ。
f0118332_023846.jpg
子育て中のヤマガラ。
f0118332_024882.jpg
カワラヒワ

f0118332_03866.jpg
じっとしていたら、すぐ近くに来た、コサメビタキ。目がぱっちり。

f0118332_03162.jpg
クシヒゲベニボタル

f0118332_035243.jpg
ネコハエトリのオス。

f0118332_04849.jpg
今年初アマガエル。声は何度も聞いていたが、姿がやっと見られた。

他にも撮れなかったのや、さっぱり名前がわかる気がしない小さな生き物だらけでした。
明日も雨か・・・
セルフタイマーで自撮りしないといけないから、少し止む瞬間があるといいな。

by akanezumi1984 | 2016-05-11 00:04 | 生き物 | Comments(6)

なにしに行ってるやら

現場2日目終了。天気はよいのに、鳴かず飛ばず。
f0118332_22545561.jpg

虫だけはいろいろいたが、苦手な人もいるから、とりあえず花の写真(笑)
ヤマハタザオだろうか?
f0118332_22544066.jpg

春の蝶。ウスバシロチョウ。
f0118332_22543337.jpg

おなじみのスコットカメムシ
f0118332_22542789.jpg

大好きなネコハエトリのメス。なんてかわいいんだろう。
オスは気づくと三脚にいるのだが、うまく撮れなかった。
f0118332_22542426.jpg

あまり寄ってきてほしくない、クロメマトイ。うっとうしいので一匹しとめた。
f0118332_22541867.jpg

ハムシの仲間。
f0118332_22541512.jpg

ハエトリグモの仲間。
f0118332_22535474.jpg

フタモンアシナガバチ。
by akanezumi1984 | 2016-05-09 22:58 | 生き物 | Comments(2)

初夏ですな

f0118332_2312535.jpg
風が当たっていると肌寒いが、日差しが暖かかった。
f0118332_23121869.jpg
前にも何度も来ている、クルミの木の下の地点。これはアカネズミが齧ったかな。

f0118332_23123073.jpg
山間集落で少し標高高く、まだ八重桜が咲いている。

f0118332_23124117.jpg
虫の季節突入。勝手にいろいろ足元に落ちたり、服にくっついてたり、周りをぶんぶん。

f0118332_23132766.jpg
にゃんだー、このかわいい子は!ヒメキマダラヒカゲの幼虫でいいんだろうか?

f0118332_23135768.jpg
立っている場所で手の届く範囲にたくさんミツバアケビがあったので、夕食用にちょっとだけ新芽をいただいて来て、お浸しで食べた。

by akanezumi1984 | 2016-05-08 23:14 | 生き物 | Comments(0)

f0118332_2259372.jpg
昨日の夕方には、「明日は晴れるから、早く起きられたら鳥海山の御浜あたりまで行って、いなかフェ寄るとかもいいかも」なんて思っていたが、夜更かししたので朝になる前に早起きは断念。
月山の山頂にするか、ブナ林散策にするか、どうしようかなーと朝ぐずぐずしてたら、公園管理人のSさんが午後から日暮沢小屋に管理に行くと聞き、同行させていただくことにして、のんびり。
少し早めに出て、生まれたばかりの双子の子ヤギ見に寄り道。

f0118332_22591265.jpg
不審者に心配げな顔のお母さん。

f0118332_22593232.jpg
箱入り娘?息子?

f0118332_2259512.jpg
先に生まれた子ヤギはもうこんなに大きくなってる。この後頭なでたら、お母さんにべろべろなめられていたから、頭がびしょびしょだった。

f0118332_2301618.jpg
子羊も大きくなったー。

f0118332_2305885.jpg
新緑がきれいな本道寺にも寄り道。

f0118332_2313391.jpg
きくまろカフェで、ランチにトルティーヤ。ソーセージはくんせい工房ぽれぽれのだそうな。

f0118332_2322548.jpg
自分の車は林道入り口付近の知人宅に置かせていただき、Sさんの車で移動。もう熊スベリ沢まで車で行けるようになりました。そこから日暮沢小屋までは10分ほどですが、道ぶっこわれてますなぁ。

f0118332_2324724.jpg

f0118332_233793.jpg
到着。

f0118332_2335469.jpg
荷物置いて、まずは取水口の点検。集水マスの枯葉を掃除。

f0118332_2341064.jpg
今日から小屋の水洗トイレが使えるようになりました。

f0118332_2343351.jpg
さて、本日の嬉しい出会い。小屋に入ってすぐの登山届を入れる箱を開けたら、ヤマネがーーー!
ゴミだと思ってとろうとしたSさんびっくりー(笑)

f0118332_2344887.jpg
とりあえず回収。爆睡していて全く起きる気配なし。例年なら周りにまだ雪があるのに、今年は既に全くないので、本格的な冬眠からは覚めているはずだけれど、まだ行ったり来たりな感じなのだろうね。
先月22日に管理に来た時にはいなかったとのこと。建物にはヤマネが入る隙間ないのではとSさん。
でも、うっかりな登山者が2階と3階の窓開けっ放しにしていたので、そこから入ったのだろうか?

f0118332_235852.jpg
なかなか起きないので、小屋の外で外敵に見つかりにくそうなところを探し、空調の穴に入れてみたが、ちょっと作業してから見に行ってみると、一匹下に落ちていた。が、そのまま寝てて動かないので、また穴に入れて小屋の掃除とかしてから見に行くと、また地面に寝ていた。
フキの若葉を濡らして差し出したら、寝たまま舐めはじめ、さらに前足でつかんで舐めはじめ、いくらか覚醒してきたような。
f0118332_2361313.jpg
目が開いてきた!このあと、少ししたら一匹はいなくなっていた。もう一匹も目が開いたので、新たな寝場所探しに行ってくれたかな?
f0118332_2365014.jpg
3階の隅に断熱材を齧ったようなゴミが・・・でも、天井を見ても穴とか隙間がない。
どっから来たんだ?この断熱材のかけら・・・
f0118332_2372289.jpg
例年ならまだ雪で埋まっているので、こんなに早く小屋に水ひいたのは初めてだそうです。
f0118332_2374677.jpg
サンカヨウが咲いてる!早いんでないかい?まだカタクリとかニリンソウが咲いているのに。
f0118332_2382186.jpg
ダムの少し手前で車から降りて、根子までぶらぶら歩いて行きます。
ここもリュウキンカがきれいでした。
f0118332_2385414.jpg
あちこちでクロサンショウウオの卵塊が見られた。
f0118332_2391673.jpg
クロサンの卵塊のすぐ隣にトウホクのも。
まだ膨らみきらない新しい卵塊もあって、まだ周りにサンショウウオいるんじゃないかと探したが、イモリばかりでがっかり。
帰りの4kmくらいだけの歩きなので、小鳥でも撮れないかと一眼持って行ったが、鳥もさっぱりだった。
ヤマネで運を使い果たしたのだろう。ヤマネに会えただけで十二分に幸せな一日。

by akanezumi1984 | 2016-05-06 23:09 | 生き物 | Comments(4)

春の渡り@飛島5/1~3

f0118332_1047163.jpg
春の飛島といえばヤツガシラ・・・といいつつ、個人的には空振りが多いが、今年は嫌われなかった。
f0118332_10472824.jpg
キマユホオジロ。
前にも何度か見ているが、一羽だけ。今回は同じところに4羽いたり、他の場所にも二羽ずつ数か所で見たりと多かった。

f0118332_10473746.jpg
ルリビタキ。雄はほんと美しい。
f0118332_10474543.jpg
地味だけどメスもかわいい。

f0118332_10481259.jpg
キビタキが地面で見られるのも渡りの時期ならでは。
f0118332_1048234.jpg
メスもちんまり丸くて超かわいい。
f0118332_10483162.jpg
この木が気に入って、毎日同じ木にいたハチジョウツグミ

f0118332_10484389.jpg
奥にいたトラツグミにしゃがんでにじり寄ろうとしたら目の前にクロツグミが出て来た。若くて色が薄い。

f0118332_10485798.jpg
クロツグミ近いなーと撮っていたら、横っちょにマミチャジナイがいた。
f0118332_10491099.jpg
足元にいきなり出て来たシロハラホオジロ。設定変えるの間に合わず、暗くてぶれたのしか撮れず。

f0118332_10501692.jpg
あっちこっちにいて、だんだん「オオルリか」と吐き捨てられるようになった。ごめん。
f0118332_10504690.jpg
ウトウ

f0118332_1051994.jpg
ヒメウ
f0118332_10563834.jpg
オオミズナギドリ。航路は鳥が少なかったなぁ。
f0118332_10564667.jpg
シロエリオオハム(たぶん)のバタフライ。

by akanezumi1984 | 2016-05-04 10:56 | 生き物 | Comments(0)

飴とムチ

f0118332_1928596.jpg

午後から雨予報。
昼に暗くなって風が吹き荒れ、雨も叩きつけ、このままずっと雨か?と思ったら明るくなって、ぽかぽかに。
基本、冷たい風が吹き荒れているが、時々風が止んでほんわか。
飴とムチのようね天気だった。
f0118332_19332354.jpg

動きの速いエナガが珍しくコンデジで撮れた。
f0118332_19344115.jpg
f0118332_19342328.jpg

そろそろ会えそうな気がしていたノビタキ。地点の周りにぽっつりぽっつり現れてくれた。

今朝爪がとうとう取れた。死んだ半端な爪が被っていたため、下の爪がデコボコ&血豆の痕で醜いし、まだ少し短くぶつけたら痛いから、もうしばらくテープ必要か。
風がずっと当たるからか、頭痛も続いてる。あったまって寝るしかないな。
何泊もするからと、一応粘土持ってきてはみたが、気力でない。
by akanezumi1984 | 2016-04-19 19:42 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984