カテゴリ:生き物( 357 )

やっぱりここが一番

f0118332_22341138.jpg

昨日、成田から送った荷物が届き、洗濯やら、荷物整理。そしてブログの
更新に手を付けたら一日が終わった。

今日は陽気に誘われ、いつもの月山へ。
f0118332_22395227.jpg

国道から県道にあがって間もなく、ザゼンソウがもう咲いていた。
道路の法面の毎年同じところに、ぼこぼこっと出現します。
黄砂ががっつり降ったはずだが、山には新雪が少し積もって、また白くなって
いた。この時期、どんどん雪が汚くなってしまうのだが、真っ白白の山に会え
て、うれしい。
f0118332_22375876.jpg

新雪を少し掘ると、黄砂の茶色い層が。
f0118332_22423486.jpg

天気がよくて、真っ白な雪に木々の影がのびる。
f0118332_22435458.jpg

ホウの芽もほころびかけて・・・
f0118332_22442969.jpg

表面がきらきらしているところは、オブラートみたいな薄い氷。手で簡単にすく
える。歩くとシャラシャラ音がする。
皮松谷地からカワクルミを経て、焼山尾根へ。
まだクレバス開いてないよと博物園に報告しよう、と思った瞬間、ずぼっと左足
が付け根まではまった。ははは、やっぱり割れてましたか。
まだあまり深くはないけれど、クレバス隠れてました。表面に新雪が蓋して、
まさに落とし穴状態。普通は少しへこんでいて、クレバス隠れていても、だい
たいわかるんだけれど、今日はだまされました。
ブシ沼で昼ごはん。歩き始めた頃、湯殿山頂にスキーヤー一人発見しただ
けで、今日は仕事以外で山に入っているのは、二人だけかな。
んー、贅沢、贅沢。
マーガリンとジャムを塗っただけの胚芽パンのサンドイッチとスープとリンゴ
だけのランチですが、白い雪、青い空の山で食べるから、ごっちっそぉ!
チャイを飲んだら下山です。
四時に歯医者の予約があるから、2時には車に戻らねば・・・
リュウキンカ沼を経て下山中、足元近くからウサギが飛び出した。
f0118332_22512233.jpg

人間なら、ずりずりで絶対登れない斜度の急斜面をてってってっと軽快に
駆け上がっていきました。登りきったところで止まれ!と念ずるも、そのまま
走りさった。でも、うさうさに会えてうれしい。
昨日、相棒が作った雪だるま君が健在。時間もあまりないので、とけた部分
補強して、耳と右手、そしてらびらび(亀)追加。
車に戻って、ちょうど2時。完璧だ。
NCで機械で掘れなかった壁周りをスコップで掘っていて、手伝いたかった
のだが、今日は時間がなくて、手伝いできず、ごめんなさい。
f0118332_22551317.jpg

by akanezumi1984 | 2007-04-06 22:42 | 生き物 | Comments(0)

ぷらぷらと

f0118332_22251455.jpg

歯医者の後、悠創の森に行ってみた。
ときどき見る鳥屋のブログで、このところずっと赤い鳥で人気の場所なの
だった。
しめしめ月曜だから、人がいないな・・・と思ったら、鳥もいなかった。
風が強いからなのか、既に移動したのか。
風はあるが、天気はよいので、ずんずん上に行ってみた。
一番高いところにある展望所は、市道が通っていて駐車場に車が二台。
しかし、わたくしは道と関係なく雪の上をまっつぐ登って行ったので、そこ
に行くには柵が・・・ちと人目を気にしましたが、柵の向こうにある雪だるま
君が気になり、よっこらしょっと柵を越えて侵入。
f0118332_22501852.jpg
下の駐車場に向かって下っていくと、なんか見たことある人が・・・
野鳥の会の方でした。あっちにいっぱい鳥がいるから、見てくれろと言われ
ましたが、全部スズメさん。大量に地面でもこもこしてるとかわいいけどね。
もうあきらめて帰りましょう、と話しながら下っていると、また見たことある人
が・・・やはり野鳥の会の方。
昨日は日曜なので、仙台はおろか、関東からの鳥屋も集まり、賑やかだっ
たらしい。プログやHPですぐに情報流れて、おもしろい鳥がいるとなると、
遠くからでもすぐに鳥屋がやってくる。(なので、場所や種類によっては、
人に迷惑がかからないように、または鳥がストレスかけられないよう、
ぼかしたり、ふせたりすることも多いが)
一度家に帰って、車を置いて徒歩で近くの公園へ。
勤めていたうちは、毎日通勤で4キロ歩いていたけれど、今は雪の上しか
歩いていないから、舗装路の固さに慣らすため。どうも関節弱くて、舗装路
だと股関節おかしくなる。
f0118332_2242679.jpg

オジョーの天敵、キジバトくん。畑にまいた豆を全滅させるので、にくまれ
ております。
f0118332_22425822.jpg

コゲラくん。真上過ぎ・・・他にアオゲラ、シジュウカラ、ウソ、カルガモ、
カワラヒワ、カイツブリ、野良猫、お散歩犬など観察。
by akanezumi1984 | 2007-02-19 22:51 | 生き物 | Comments(2)

ほれぼれー

f0118332_2241629.jpg

オジョーが鷹匠さんちにウコッケイ配達の御用があるというので、同行。
夏場は二階の鷹小屋にいる鷹が、冬は訓練のため、お茶の間にいるのじゃ。
f0118332_22412555.jpg

んー。いつ見てもほれぼれする。この冬は、このクマタカとイヌワシの崑崙
を訓練して狩りをするそうな。
このクマタカはまだ初めて訓練をして一ヶ月ちょっと。まだ外では据えまわし
といって、腕に据えて歩き回る段階で、飛ばせていないとか。
でも、屋内ではとまり木から餌を持った鷹匠さんの腕に客の頭越しに飛ばす
ことはできる。おらだの頭をかすめるように飛ぶクマタカ。ひゅっと風を感じた。
鶏ももをばりばりと骨まで食らい、大腿骨丸呑み。でも脛の骨は長すぎて
つかえるといけないからと没収された。鷹よりもっと丸呑み派のフクロウは
骨を吐き出すが、鷹が吐き出すのは羽とか毛だけ。骨は消化する模様。
f0118332_22413960.jpg

鋭い目。たくましい足。がっちりした爪。
f0118332_22523067.jpg

オスでこの大きさ。メスはもっと大きくなる。
関東では、殿様の大掛かりな鷹狩とか、武家のたしなみ的な鷹狩の伝統が
あり、使うのはオオタカだったが、山形県の最上郡には、農閑期に食べるた
めに農民がクマタカを使う実猟としての鷹狩があった。
オオタカの鷹狩はだいたい、平野部とか水辺でカモとかキジなど狙うが、
クマタカで狩るのはウサギなので、鷹匠さんは雪山に入るのじゃ。
by akanezumi1984 | 2007-01-15 23:26 | 生き物 | Comments(6)

なんとなしに

特になにをしたわけでもなく一日が過ぎてしまった・・・
ちと散歩くらいと思い、近くの公園に猫に遊んでもらうことも期待
して出かけたが、いつもの場所には先客あり。
しかも、どうやら猫ハウスまで設置している模様。きっと餌もたっ
ぷりもらったであろうし、すぐには立ち去りそうになかったので、
猫との挨拶はあきらめ、早足でただの散歩とする。
上空を真っ白なコサギがわっさわっさと飛び交い、杉の木に塒入り。
昔は、山形では白いサギは珍しかったが、今では普通になった。
これも昔に比べて雪が少なくなったからだろうか?
そのうち、イノシシもそうなるかも??
f0118332_19345635.jpg

by akanezumi1984 | 2007-01-04 19:35 | 生き物 | Comments(0)

ねこ詣で

午前中見ていたブログに、簡単リンゴケーキの作り方があり、いい加減に
作ってみた。味はまぁまぁだが、リンゴがもっとしっとりするとよかったにゃ。
f0118332_17531934.jpg

午後から近くの公園を散歩。一応、鳥見ができるよう、ちびツァイス忍ばせ。
シジュウカラが近くにいたので撮影できないかと粘るも、動きが速過ぎ!
アカゲラは後姿だけ。
f0118332_17584935.jpg

f0118332_17585978.jpg

ま、小さいカメラで撮ろうということ事態がまつがいですが。
こないだのねこに、チーズをあげようと、前回会った場所へ・・・
チーズ片手に、にゃおにゃおと呼んでみると、どこからともなくねこ続々。
f0118332_17591148.jpg
f0118332_17591995.jpg
f0118332_17592723.jpg

やせた子がいないのでほっとする。
まだ家では暖房なし生活継続中だが、座ってじっとしている時は厚着&下半身
寝袋or毛布でぐるぐるでないと冷え性のおいらは足が冷たくていられない。
ねことて寒がりな生き物なのに、身一つで外で冬を過ごせるんだものなぁ。
それに比べ、人間って不便だよなぁ。
by akanezumi1984 | 2006-12-17 18:16 | 生き物 | Comments(4)

こんどは・・・

f0118332_20424899.jpg

ちびツァイス忍ばせて近所の公園へ。
風があるせいか、お目当ての小鳥類はあまり見られず。
人のあまり通らない小道に入ると、ふかふかのねこがいた。
目を合わせないようにしながら、じわじわ近づく。
どうやら警戒はしていない。
しゃがんで話しかけてみたら、とことこっと寄ってきてくれた。
少しはなでさせてくれるけれど、ぺたぺたにすりよるほどではない。
なにかあげたかったけれど、熱いチャイしか持ってないしなぁ。
こんどはチーズでも持って来よう。
by akanezumi1984 | 2006-12-05 20:48 | 生き物 | Comments(2)

シカ飛び出し注意!

28日の昼過ぎにタイマグラを出発。
舗装された立派な林道を進んで行くと、登るにつれ道路に雪が・・・
冬タイヤに換えてあるから大丈夫、と思いつつも、滅多に車が通らず、
携帯の通じないエリアなので慎重に運転。
標高が下がると雪がなくなり、ほっとしていたらば、道路右脇から
立派な角のオスジカがガードレール飛び越えて道路に侵入。

うっわー!と急ブレーキ。

シカはたっかたっかと左側の斜面に駆けて行った。
はー、やれやれ。びっくりしたけど、山形はカモシカはいるけど、ニホンジカ
見られないので、嬉しい。

その後ものん気なウソ(ぷっくらした小鳥)が急ブレーキ踏んでもフロントガ
ラスすれすれくらいに飛び出してくれたりして、何度かひやひや。

道路が凍結していなくてよかった。
by akanezumi1984 | 2006-11-29 13:02 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984