カテゴリ:生き物( 381 )

f0118332_22552949.jpg
今年初モジツノゼミ。て、いや、ほとんどの虫が今年初になるけど・・・
f0118332_22551616.jpg
f0118332_22554238.jpg
カバキコマチグモそつくりだが、ヨモギにいた。
f0118332_22555827.jpg
f0118332_22560876.jpg
大物ゲット。
f0118332_22561897.jpg
f0118332_22563338.jpg
f0118332_22564369.jpg
きゃっほー!ハエトリシーズン・インだね。
f0118332_22565380.jpg
f0118332_22570080.jpg
f0118332_22571158.jpg
f0118332_22572313.jpg
f0118332_22573356.jpg
f0118332_22574399.jpg
体長60mmの大物クマケムシ(ヒトリガ)が、いつの間にか肩の上歩いてたし(笑)
f0118332_22575217.jpg
ニセアカシアの甘い香りが漂っていた。
f0118332_22580790.jpg
ヤマアラシみたい。
f0118332_22581893.jpg
f0118332_22583569.jpg
ドババババッ、ケンケーンっと騒々しいキジ。
f0118332_22584135.jpg
f0118332_22590991.jpg

by akanezumi1984 | 2017-05-24 22:59 | 生き物 | Comments(0)

トラちゃん

今日も仕事帰りに、トラフズクのいる神社に寄り道。昨日より明るいうちに見つけられたので、動画を撮ってみた。撮ってる最中に、近所の方が3歳くらいのお孫さん連れて来て、神社に参拝。おちびさんが幼鳥が止まってる木の真下めがけて駆けて行ったので、その足音に驚いて、ずっと寝ていた二羽が動いた。
by akanezumi1984 | 2017-05-24 00:01 | 生き物 | Comments(0)

家から通えるー


今日から通いの現場。40~50分で行ける&開始時間がゆっくりめなので助かる。
f0118332_23232815.jpg
道路脇にあった小さいけどきれいな花。ノハラムラサキだろうか?

f0118332_23233801.jpg
オオアマナ?道路端は園芸種もあるから、よくわからない。

f0118332_23235548.jpg
ボックスカルバートで涼んでいた、カナヘビ
f0118332_23240913.jpg
タニウツギ
f0118332_23242130.jpg
ウロコアシナガグモ?


f0118332_23245378.jpg
ヒラタグモの隠れ家
f0118332_23244467.jpg
この地点に入ると、必ず一度は暴いてしまう・・・ごめんなさい。

f0118332_23264349.jpg
カッコウ


f0118332_23260933.jpg
そういえば、もう巣立ちの頃か・・・と、仕事帰りに回り道してトラフズクのいる場所へ。
高いところにいて、なかなか見つけられなかったが、オスは去年と同じあたりにいた。
f0118332_23262262.jpg
メスも発見。
f0118332_23263256.jpg
お子らも高いとこにいたので、鳴き声でやっと発見。すくすく育っててよかったなぁ。
見つけるのに手間取って暗くなってしまった。明日も寄ってみるべか・・・



by akanezumi1984 | 2017-05-22 23:44 | 生き物 | Comments(0)

のんびりカモシカ

f0118332_00060306.jpg
昨日から仕事しておりますよ。今日は神社の近くの荒れ地にて。キケマン。
f0118332_00061787.jpg
キバナイカリソウ
f0118332_00063114.jpg
コゴミもぽつぽつ。
f0118332_00064567.jpg
コンデジだけ持って、地点から見えない方を見ようと、少し農道を歩いていたらカモシカがこちらに気づかずにずんがずんが。
f0118332_00071709.jpg
もしゃもしゃ草を食べ始めた。
f0118332_00073370.jpg
ん?こちらに気づいてじーーーーーーーーーーーーーーーっと見ておりましたが、また食事再会。そーっと通り抜けたら、そのまま食べ続けておった。
f0118332_0482.jpg
連休中は、出かけずに家でけっこうのんびりして、ついついネットで買い物したのが、昨日、今日で届いた。
f0118332_043228.jpg
3日の月山は、でこでこてっぺん著者のゲキさんも一緒だったので、中古見つけてゲット。
さすが、山頂での雪ちょしでもおもしろいのを作ってらしたっけ。
さて、買うだけ買って、本がたまっていってるな。調べものとかFBでついつい時間がなくなって読書が進まない。

by akanezumi1984 | 2017-05-11 00:04 | 生き物 | Comments(2)

昨日のもふもふ劇場

西川の友人にスノーシューの修理をお願いしていたのができたので、引き取りに。じょいふるファームさんでお仕事しているというので、ヒツジ・ヤギさんにも会えて一石二鳥!
f0118332_21002051.jpg
一週間見ないだけでも、めきめき成長。
f0118332_21004705.jpg
くーっ、かわいい。
f0118332_21010217.jpg
ヤギのおちび。生後一ヶ月くらいで、もう小さな角が生えてきてる。
f0118332_21011646.jpg
一ヶ月くらい先に生まれた子ヤギは、もう角がこんなに。隣の角なしのおじちゃんがすりすりして来ます。
f0118332_21014253.jpg
塩に夢中のちびっこ。そんなに舐めて大丈夫なのかってくらい、勢いよく舐めて、時々しょっぺー!と顔しかめてた。
f0118332_21015691.jpg
一番のちびっこは、時々放してもらえるので、あっちこっちに挨拶。
f0118332_21022725.jpg
もっと高いところに上がりたい。
f0118332_21024012.jpg
茶色母さんの子どもは真っ黒。だんだん茶色になるのか?
f0118332_21025771.jpg
子どもも一緒前に食べる。
f0118332_21031559.jpg
お母さんの体についた干し草を食べる子ども。

ずんずん大きくなっていく子どもたち。次に行く頃には、長いしっぽが短くなって、大人たちはすっきり毛刈りされてるかな。
毛刈りする時に行きたいけれど、これから仕事がみちみち・・・

by akanezumi1984 | 2017-04-08 21:17 | 生き物 | Comments(0)

雪の上なのに暑かった

f0118332_23145373.jpg
標高高めの山間集落を見下ろす丘で仕事。足元全面的に雪ですが、異常な陽気で全然寒くないどころか、日が当たって無風だった朝が一番暑かった。
f0118332_23150700.jpg
雪のつかない急斜面にはフクジュソウ。
f0118332_23152441.jpg
なぜかニホンミツバチが一匹ずーっとまとわりついて離れないので、リンゴを出して舐めさせてやった。
f0118332_23153968.jpg
気になる巣箱があったので、開けてみたらコケがたっぷり。これは・・・
f0118332_23160964.jpg
昨日撮ったサシバ。
f0118332_23162669.jpg
エナガ
f0118332_23163362.jpg
開脚シジュウカラ
遠くまで見えるので、ずーっと遠くの雪の斜面をクマでも歩いてないかと見ていたら、動くもの発見。
キツネがネズミ探しているのかずーっと歩き回っている。ずっとそこばかり見ているわけにいかないが、たまに思い出して見てみると、雪に座っていたり、うろうろしていたりで、二時間以上同じあたりをうろうろしていた。
しばらくたって、またスコープで見てみたらちょうどジャンプして雪に顔から刺さるところが見られた。ま、3kmくらい先なので60倍で見ても小さいし、陽炎ゆらゆらなんだけど、おもしろかった。

by akanezumi1984 | 2017-04-06 23:16 | 生き物 | Comments(0)

春見つけた

f0118332_22434610.jpg
今日も天気予報は晴れマークずらりだったのに、すっきりとは晴れず、時々にわか雨。
大粒の氷ザラメのうさはキラキラです。
f0118332_22440336.jpg
雪の上に大きなクモが出て来ました。虫とかクモが苦手な皆さま、そろそろ注意が必要ですよ(笑)
f0118332_22442225.jpg
夏羽になりつつあるカシラダカ。頭ぼさぼさですが、ほんとはもっとかっこいいんです。
f0118332_22443638.jpg
昨日は見つけられなかったアズマイチゲ。林の奥の方にたくさん咲いていて、にっこり。
f0118332_22445062.jpg
コゲラ
f0118332_22452272.jpg
仕事終わって帰ろうとしたら、別の地点でヘルプ要請あって回り道。いつもと違う道を帰ったらオシドリ見られた。
メスがずっと交尾姿勢とっているのに、オスは自分を美しく見せることに夢中(笑)

by akanezumi1984 | 2017-03-30 22:50 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_00391841.jpg
シンポジウム2日目は、始まる前に地元の御神楽が披露された。
f0118332_00394443.jpg
昨日に続き、発表する方の半分は海外の研究者で、英語。ちゃんと通訳されるが、英語のヒアリングもがんばってみる。
f0118332_00404085.jpg
午後から地元の希望者の方も交えて、船でカンムリウミスズメの観察会。
f0118332_00405872.jpg
船の後ろに世界最大のカンムリウミスズメの繁殖地、枇榔島。
f0118332_00420518.jpg
カンムリウミスズメが近くでばっちり。町民で参加された方も町の鳥を実際に見ることができてよかった。
f0118332_00481789.jpg
ちょっと上が盛り上がってるが、飛島と似ている。
f0118332_00484450.jpg
夜は島上陸組と船によるスポットライトサーベイ組に分かれて調査。両方参加したいけれど、無理なので、去年一度体験したスポットライトサーベイの方を諦めて上陸組に。
f0118332_00490498.jpg
明るいうちに探検。飛島と違って大きな木はなく、細い。そこらじゅうにオオミズナギドリの巣穴がぼこぼこある。
岩がごつごつある島の別の側には、カンムリウミスズメの巣も。
f0118332_00492832.jpg
f0118332_00494330.jpg
夜になると、一気に島は賑やかに。うるさいくらいの鳴き声と、踏みつけ注意なくらいにそこらじゅうに落ちてるオオミズナギドリ。


何人かは徹夜で標識調査。おいらは普段使わない頭をシンポジウムで使ったせいか、朝から頭が重かったので、3時間くらい寝た。
f0118332_09233157.jpg
記録取り終わって放鳥する時に、すぐ飛んで逃げるのもいれば、すたこら歩いて行くのもいれば、しばらくぼんやりじっとしてるのもありで、じっとしてる子の時が撮影チャンス。
朝明るくなると、鳥の声でものすごい喧噪だった島が静かになった。暗いうちにどんどん海に出て行くのだ。
迎えの船が当初聞いていたより早く来るというので、前日にタクシーを予約しておいたのだが、港に着いてから昨日と違う港と発覚。
タクシー会社に電話して場所違ってましたと謝っていたら、韓国の研究者の方を迎えに来た車が大きい車で、一緒に帰れることになった。
事前にいろいろ聞いたけれど、移動に関しては誰かに乗せてもらえるんじゃないかと言われたり、各自で動いてと言われたりでよくわからず、飛行機だからわざわざ宅急便でガス送ったのに、島に上陸してから火器使用禁止とわかったりと、状況がよくわからなくて派生する無駄はいろいろあったけれど、貴重な経験ができ、いろいろ勉強になった数日だった。
f0118332_00505994.jpg

by akanezumi1984 | 2017-03-21 01:14 | 生き物 | Comments(0)

ご近所散策

f0118332_00095871.jpg
時々盲腸フンを踏んだり上に座ったりしてしまい、毛に絡んでとれなくなるので、ウサオを半身浴させて洗った。
f0118332_00102410.jpg
ドライヤーで乾かして、ふんわり・・・でも、以前のようなつやつやのふわふわにはなりません。特にいつも下になる側はだいぶ毛がなくなってしまったなぁ。
f0118332_00111135.jpg
郵便局と銀行に行くついでに公園に寄り道。体育館脇にはいつもの三匹。これが一番大きい子。
f0118332_00112343.jpg
スレンダーな黒猫は、怪我をしていた。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Fr-tNhsvQ5A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


f0118332_00114271.jpg
じょび太
f0118332_00115428.jpg
ちょこっと青空
f0118332_00120668.jpg
桜並木はかなりの老木なので、枝折れが目立った。
f0118332_00121611.jpg
人知れず葉っぱをひっくり返しまくるシロハラ
f0118332_00122990.jpg
シロハラの奥に、変な色の雪・・・と思ったらネコ。と、よく見たら三匹いた。公園内のあちこちにいて、全部で何匹いるのやら。
f0118332_00124110.jpg
通り道にあるFunny Bunnyに寄ってみたら、かわいいTea matがあって衝動買い。

さて、やきもきしたユーコンクエストも、とりあえず明日の昼まで一休み。
トップ選手たちの動向は少し気にはなるが、ハラハラドキドキまではしない。心配な本多有香さんはDawsonでのマンデタリーが38時間あり、その間は動かないし、情報も入らないだろうから、一休みなのである。
レース中間点のDawsonでは、全部の選手が36時間とどまらなければならないルールだが、本多さんは途中でソリの故障のために外部の援助を受けるために、+2時間で38時間になる。



by akanezumi1984 | 2017-02-11 00:13 | 生き物 | Comments(0)

暗くなるまで待って

f0118332_01322726.jpg
夕方、哺乳類屋の友人とムササビwatchingへ。
暗くなるまで、痕跡探しなどしていたのですが、はたと、せっかく雪あるからちびうさ作らねばと思い、車にゴム手取りに走った(笑)
雪で痕跡探しもうまくいかず、かなり暗くなってからも穴から出て来ないので、今は使っていないのかもと半分あきらめた頃に、すごく近くでフクロウがごろすけほーほーと鳴き始めた。
おお、フクロウが近くにいる!姿は見えないけれど、それだけで嬉しくなって、もう少し待つ気になる。
そして、ほとんど見えなくなった穴からムササビが見えたと友人が教えてくれた。奴は秘密兵器でナイトスコープ持って来ていたのだ。
穴から乗り出さずにしばらく外を伺い、なかなか出ない。人がいるし、近くにフクロウもいるしな。
でも、ご飯食べに行くのじゃーっと穴を出て、木を駆けあがる。木の横側でいくらか光があるので双眼鏡でぎりぎり見えた。
やっぱりムササビはでっかい。もっふもふの尻尾。上の枝が密になったところで一度見えなくなったが、視界が開けている側にしゅぴっと飛んだシルエットは、一瞬ながら空が少し明るいためにくっきりと見えた。
満足。

さて、今年もまたユーコンクエストに一喜一憂する日々が始まっている。今夜はかなりハラハラしたし、次なる情報が得られるまでやきもきが続きそうだ。
ずっと応援している本多有香さんの「うちのわんこは世界一」の大事なわんこが一頭死んでしまったらしい。
彼女はこの辛さを乗り越えてレースを続けることができるのか・・・

by akanezumi1984 | 2017-02-10 01:42 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30