カテゴリ:生き物( 380 )

明日からの現場のために福島に移動だけの日。
f0118332_21562345.jpg

出がけに駐車場でスズメガ発見。
f0118332_21572444.jpg

ここじゃ誰かに踏まれるか轢かれるので、植込みに移動…お、エビガラスズメでした。
f0118332_21583779.jpg

目が大きくてかわいい顔なのです。ガはよく見るとかわいいのに、嫌われがち。
f0118332_21595271.jpg

前は村田インターまで高速使ったのだが、まあ時間あるしとナビで一般道選んでみたら、ここ通れってか。狭そうだけど、街道だから大丈夫かな。全面通行可と書いてるし、行ってみよう。
f0118332_22172794.jpg

途中の道の駅でへたっていたクスサンを風雨当たらないとこへ。
県境越えたらいい道になり、その後また山道っぽくはなったが、問題なく目的地に近ずいていたのに、いきなり検問が!
げげ、立ち入り制限区域で許可証ないと通れませんって…
しかも20日から解除って、惜しいとこでした。
迂回路教えてもらって、せっかく近くだったのに遠回りしてやっと見たことある道に出た。
まだ6時前だが、悪天候と山影で暗くなり、道路にカエルがわらわら。避けるのに必死で疲れたー。
f0118332_2220091.jpg

大物は簡単の避けられるんだが、動きが鈍くて対向車に轢かれそうだったので道路脇に移動。
まあ、触りたかったのもある(笑)
細い道や回り道のせいで、前回よりだいぶ時間がかかったが、無事宿に到着。
明日の予報は、風が強そうだけど晴れ!
by akanezumi1984 | 2017-09-17 22:02 | 生き物 | Comments(0)

雨で開店休業

f0118332_21592375.jpg
土日に雪渓がある山には行っていたけれど、登山道からは届かず。次の土日もかなぁ・・・てなことで、芋つぶしていたらつい。

昨日、今日と天気が悪くて開店休業状態となり、すぐ足元にいる虫をたくさん撮ってしまった。忘れないうちにアップしておこう。(一度調べても忘れてしまうので)
f0118332_22023167.jpg
山だと強烈かゆくなるブユがいるけれど、里は里でヒトスジシマカにやられますなー。服の上からも刺されるという点ではブユより強敵。
ま、刺されてからのかゆみと腫れはブユのがひどいけれど。
f0118332_22031369.jpg
昨日の雨の止み間には、コミスジが癒してくれた。
f0118332_22032535.jpg
まだ調べていないけれど、これは・・・ガ?

f0118332_22033770.jpg
セスジツユムシ?
f0118332_22035716.jpg
葉に同化するアマガエル。
f0118332_22041283.jpg
何時間もぴーんと伸びてて疲れないのか?というか、色の違うところでがんばってていいのか?(笑)すぐ隣には赤っぽい茎の植物あるので、そっちにいないと・・・
f0118332_22042526.jpg
幼虫時代からピカピカのアカスジキンカメムシ。
f0118332_22044264.jpg
出た!一匹だけ、アカハネナガウンカ。何度見てもけったいな顔で癒される。
f0118332_22045235.jpg
ちょっと失礼して穴から出しちゃった、アリジゴク。神社の下にはたいていいるね。
f0118332_22050447.jpg
目がかわいい、イカリモンガ。
f0118332_22051219.jpg
オオキイロマルノミハムシだろうか。
f0118332_22052505.jpg
死んだふりする、オジロアシナガゾウムシ。鳥のフンにそっくり。
f0118332_22053807.jpg
キボシカミキリ。
f0118332_22055163.jpg
チョウバエの仲間。葉の上でくるくると不思議な動きをする。
f0118332_22060094.jpg
ナガコガネグモ。近づきすぎると、びよよよよーんと網を揺する。
f0118332_22063426.jpg
サツマノミダマシ。
f0118332_22064566.jpg
そっくりなワキグロサツマノミダマシ。
f0118332_22071262.jpg
我ながらよく見つけた、ハイイロセダカモクメ。ヨモギの花に擬態している。
f0118332_22072264.jpg
幼虫に比べ、ぐっと地味なベッコウハゴロモ。
さて、明日は天気回復しそうだな。

by akanezumi1984 | 2017-09-07 22:47 | 生き物 | Comments(0)

朝日の生き物編

団体行動だったので、いつもに比べると全然写真撮らなかった・・・と言いつつ、ちょこらちょこらとは撮ってた。歩きながら、急にあーっ!とか声出してすいませんでした。クマのフンとか、オコジョのフンとかでいちいち(笑)
f0118332_23405438.jpg
日暮沢小屋前をイノシシが掘り返していた。
f0118332_23410319.jpg
ぴーかぴか。オオスジコガネでいいんだろうか?
f0118332_23413519.jpg
センチコガネ。
f0118332_23423935.jpg
ホシガラスのお食事処。
f0118332_23424818.jpg
ミヤマハンミョウは道々いたるところを歩いていたが、保全作業で土掘ってると土の中からもたくさん出て来た。
f0118332_23411633.jpg
登山道の真ん中にクマフン。よく出るという雪渓近くに続くクマ道もあった。
f0118332_23490439.jpg
モグラのトンネル。

by akanezumi1984 | 2017-09-05 23:41 | 生き物 | Comments(0)

帰宅ー!

f0118332_23135272.jpg
明るいうちに山形に着いた。この後、もっと赤くならないかと思ったが、雲に隠れた。
現場周辺の写真とりあえずアップしておこう。
白馬の昆虫の調べものもまだだな。たまってしまう・・・
f0118332_23215020.jpg
ツユクサきれいだな、と思ったら、アップにするとなんか変な生き物顔に見えて来た。
f0118332_23215951.jpg
ウスタビガの繭
f0118332_23221252.jpg
これは?

f0118332_23222370.jpg
これも?
f0118332_23223649.jpg
なんの仲間で調べるといいのか?
f0118332_23225565.jpg
ツリフネソウ
f0118332_23230827.jpg
?

f0118332_23231911.jpg
フシグロセンノウ
f0118332_23234021.jpg
なんとなく視界の隅に黒い物が動いた気がして振り返ったら、道路にテンがいた。こちらに気づいて立ち止まったが・・・
f0118332_23240068.jpg
一瞥した後、てんこてんことゆっくり走って廃屋の陰に消えた。
いたずらやろこみたいな顔でかわいかったなぁ。

by akanezumi1984 | 2017-08-27 23:13 | 生き物 | Comments(0)
おもしろい雲だったので、ついつい何枚も撮ってしまった。

f0118332_00200705.jpg
f0118332_00201788.jpg
f0118332_00202971.jpg
f0118332_00205838.jpg
f0118332_00210917.jpg
ボタンヅル
f0118332_00213557.jpg
コナラはまずまずの実りのようだな。
f0118332_00214677.jpg
ケンポナシかね
f0118332_00220123.jpg
小さいけれど、きれいな甲虫。これはなんの仲間?
f0118332_00221368.jpg
コフキゾウムシに似ているが、オスが小さすぎ。なんだろう?
f0118332_00225908.jpg
アカガネサルハムシ。触角短いなぁ。
f0118332_00230738.jpg
きれいだけれど、こんなに小さい。まぁ、ハムシとしては大き目だけれど。
f0118332_00232451.jpg
護岸に同化しているニホントカゲ
f0118332_00233324.jpg
ベッコウハゴロモ
f0118332_00235596.jpg
角度が変わると印象変わるね。ホオジロ
f0118332_00240368.jpg
かいかい。
f0118332_00241425.jpg
これが見慣れたポーズ
f0118332_00242743.jpg
トンボをがっちりホールドして一緒に落ちて来たムシヒキアブ
f0118332_00243881.jpg
なんじゃこりゃ?と一気にわくわくした、小さなオレンジの甲虫。ルイスアシナガオトシブミ。

冬にいろいろ作れるのは、虫とか花とか撮らないから時間があるんだなー。写真整理していろいろ同定してると、すぐ夜中になる。

by akanezumi1984 | 2017-08-12 00:25 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_19413875.jpg
f0118332_19414656.jpg
石転雪渓に入って間もなく、イヌワシが梶川尾根で舞っていた
f0118332_19420263.jpg
梅花皮小屋付近にいたイワヒバリ。草の陰でちょこちょこしていて、これしか撮れなかった
f0118332_19421901.jpg
アズマヒキガエル
f0118332_19422971.jpg
梅花皮小屋の中にいたタゴガエル。登山道にもたくさんいた。
f0118332_19424166.jpg
手の上で落ち着いてくれたので、識別用写真
f0118332_19425243.jpg
これも
f0118332_19430348.jpg
生き物が好きって言っていたら、他の方がつかまえてくれたカナヘビ
f0118332_19432130.jpg
小国のコンビニにいた、キドクガ
f0118332_19433457.jpg
同じくゴマダラベニコケガ
f0118332_19434409.jpg
ツマキシャチホコ
f0118332_19435861.jpg
順不動になっちゃってますが、雪渓にいたオオキンカメムシの死体。飯豊にも飛来していたんだな
f0118332_19440800.jpg
カワゲラの仲間
f0118332_19441739.jpg
タカネアオハバチ
f0118332_19443804.jpg
フトオビコンボウハバチ
f0118332_19445302.jpg
ヨコヤマヒゲナガカミキリ
f0118332_19450714.jpg
温泉にいたアミメリンガ

by akanezumi1984 | 2017-08-08 19:45 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_14564194.jpg
地点に着いて、機材の準備をしていたら、もうお客さんがフロントガラスに貼り付いていて、屋根に登って行った。
かわいいからずっといてくれていいんだけれど、すぐにカラカラに干からびてしまうから、捕まえて草むらへ。
f0118332_14565108.jpg
て、やっていたら他のお客さんも。ホソヘリカメムシかな。
f0118332_14571228.jpg
田んぼばかりで種類は鳥も虫も少ない。
f0118332_14573869.jpg
触角が一本切れてしまったアカハナカミキリ
f0118332_14575449.jpg
この黒くてつやっつやのカナブンは、カナブンの色のバリエーションなのか、クロカナブンなのか。
この時は知識がなくて、お腹の側をチェックしてなくてどっちかよくわからない。
f0118332_14580686.jpg
道の駅のツバメは、もうあふれて落っこちそう。いくつかある巣の下には全部、「上にツバメの巣があります。ご注意ください」の張り紙が壁やコーンに貼ってあった。苦情を恐れて巣を壊してしまうのではなく、こうして優しく対応してくれているのは嬉しいね。
f0118332_14572345.jpg
ハシボソガラスの兄弟。カラスもこうしているとかわいいものだ。

金曜は休みで、月山の花のチェックに行きたかったのだが、急に土日一泊で他の山に行くことになったので、ウサオの世話念入りにし、自分も膝休めの日にすることに。
たいしたことしてないのに、右膝にちょっと張りが残ってしまった。まぁ、膝は昔からなので、だましだましやるしかない。
ちょっと気になるデータの発掘もできたし、のんびりの一日。
いや、そんなのんびりするなら自分の家の片付けもしろって感じだが、そこからは逃避(笑)

by akanezumi1984 | 2017-08-04 14:59 | 生き物 | Comments(0)
同行の方も生き物が大好き、しかも時間はたっぷりあったので、生き物三昧してしまいました。
f0118332_18232255.jpg
湿原から山頂まで、いたるところにいるビンズイ。
f0118332_18233733.jpg
弥陀ヶ原でもカルガモ繁殖するんだなぁ。
f0118332_18234705.jpg
カルガモ団子。
f0118332_18242132.jpg
大きなヒダリマキマイマイ。
f0118332_18243385.jpg
左の後翅の傷みがひどく、うまく飛べないキアゲハ。
f0118332_18245936.jpg
弥陀ヶ原をぐるっと周ってから参篭所に着き、トイレに行くと・・・まるで枯れた小枝みたいなガが!
f0118332_18253205.jpg
ツマキシャチホコ。よくできているなぁ。
f0118332_18255580.jpg
翅を開くと普通にガ!
f0118332_18261332.jpg
わわっ、その近くには王様みたいなセダカシャチホコが。美しいー。かっこいー!
f0118332_18262655.jpg
スジモンヒトリ。
f0118332_18264392.jpg
キシタホソバ。
f0118332_18265429.jpg
これもまた美しい。ウスベリケンモンかな。
f0118332_18270764.jpg
フクラスズメ。
f0118332_18274858.jpg
タマゴゾウムシ?

f0118332_18280039.jpg
アラコガネコメツキ。今年初。このピカピカのコメツキは、本州では月山と鳥海山でしか見られないかな。
f0118332_18281035.jpg
オオヒラタシデムシ。
f0118332_18282017.jpg
オトシブミ多かった。
f0118332_18285273.jpg
ピント甘すぎですが・・・キヌツヤミズクサハムシではないかと。
f0118332_18290038.jpg
これもキヌツヤミズクサハムシ。すぐ近くにシャンパンゴールドのもいた。いろいろな色のがいるみたい。
f0118332_18291193.jpg
おなじみのコシロコブゾウムシ。といっても、これもエメラルド色のは月山、朝日、鳥海などに限定。
f0118332_18292853.jpg
タカネアオハバチ。
f0118332_18295540.jpg
ミヤマハンミョウ。
f0118332_18301229.jpg
オニヤンマの終業時間は午後三時なのだろうか?あちこちで休んでいて、全然逃げなかった。
f0118332_18303074.jpg
ヒメアシナガコガネ。
f0118332_18304347.jpg
ヨツモンシデムシ。触角のオレンジとれちゃった??
f0118332_18310186.jpg
雪渓のムツボシオニグモ。
f0118332_18312273.jpg
ぼんやりとしか撮れなかったが、佛生池のクロサンショウウオの卵塊と幼生。卵塊まだ溶けずに残ってた。
f0118332_18313396.jpg
ゆったりした動きでめちゃくちゃ癒される、イモリ。足を体にぴたっとつけて尾だけで泳ぎ、止まる時にぱっと足を広げる瞬間がかわいくてたまらない。
モリアオガエルの声もするが、姿は見えず。

いろいろ見られたが、なんだかんだいって、一番盛り上がったのは参篭所のトイレ入り口の蛾だった気も(笑)

by akanezumi1984 | 2017-07-29 18:31 | 生き物 | Comments(0)

新しいベッド

f0118332_23230050.jpg
ネムノキ。今日も暑かったねぇ。
f0118332_23233726.jpg
カッコウ。足の指どうなってるの?
f0118332_23230951.jpg
神社の林内に入ると涼しくてほっとする・・・と思ったら、モズに思い切り怒られた。
f0118332_23224693.jpg
小さい道と交通量の多い道路の間の空き地に出て来たキジ。あ、人いた!と気づいてすたこら。しかし、すぐにフェンスが・・・
f0118332_23225368.jpg
飛んだー。キジって地面近くをまっすぐ飛ぶ印象だが、珍しく電線越えて飛んだ。やればできるのなー。
f0118332_23234687.jpg
高速道路下の水路は、普通に見ると汚い水。でも、天井に写るゆらめきはきれいだった。
f0118332_23223741.jpg
明日からまた、ウサオを預けないといけないので、仕事帰りに回り道してウサオの新しいベッドとおやつやなんや購入。
体を支えられないので、首をもたせかけるのにちょうどいい高さでぷくぷく弾力のある素材で、丸洗いしてすぐ乾くやつ。
前のもまだ使うけどね。
連休とは関係なく、仕事してます。ある時はある。仕事ない時はずっとないから(笑)

by akanezumi1984 | 2017-07-15 23:33 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_22274370.jpg
今年は残雪多くて、もう7月なのに山頂の神社脇にまだまだべったりと雪がある。毎年大量にやってくるハサミツノカメムシは、そこかしこに。暖かいので、雪の上でもまだ元気。
f0118332_22280061.jpg
たまに幼虫は見ても、なかなか成虫に会えないアカスジキンカメムシに会津で会えて喜んでいたら、なんと月山山頂にもいたよ。
f0118332_22283121.jpg
ぴっかぴかできれいなのです。
f0118332_22281757.jpg
こちら常連さんのカメノコテントウ。


f0118332_22285167.jpg
巨大なサシガメが・・・きりがないのだが、時々雪の上の虫を草や岩の上に移してやることもあるのだが、サシガメの仲間は刺されるかもしれないので手は出さない。このサシガメ、国内最大級のサシガメのオオトビサシガメだそうで、昆虫に詳しい知人から「刺されるとスズメバチよりひどいかも」と知らされた。


f0118332_22295186.jpg
な、な、なんだ、この大きくてド派手なカメムシは!? ものすごいインパクトで、アカスジキンカメムシがすっかり地味に思えてしまった。

f0118332_22291217.jpg
お腹の側もピンクに光ってるし!
初めて見るけど、こんなに特徴があるんだから簡単に調べられるだろうな、と思ったら本当にあっさりわかった(笑)
オオキンカメムシ。手持ちの図鑑には「南方系で、関東以南の照葉樹林やその周辺で見られる」とあるが、なして月山で?と思ってネット検索してみたら、西日本で越冬するが、夏場は移動性が高くて、東北や北海道でも確認されるとあった。まぁ、こちらではレア種なのだろうけれど。
f0118332_22295888.jpg
こちらは雪渓遭難組ではなく、レジデントのコシロコブゾウムシ。
f0118332_22304845.jpg
さ、ここまできれい系の昆虫で安心していた皆さん、すみませんねー。これは月山ではなく東松島のですが、うーちゃんちの庭にいた、セスジスズメの終齢幼虫。なんて立派なんでしょう。
かわいい尻尾をぴこぴこ振りながら歩く、かわいい奴なんですが、おばあちゃんに見せたら「やんだー」て言われてしまった。
だめなのかー。まぁ・・・確かに気持ち悪い系だろうとは思いますが、尻尾ぴこぴこするんだよ。だめ?







by akanezumi1984 | 2017-07-11 23:00 | 生き物 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30