カテゴリ:生き物( 386 )

新年探鳥会1/7

f0118332_20390679.jpg
大勢集まってくださったが、鳥いるんだろうか?
昨日担当者が下見したら、お堀が全面結氷でカモ全然いないとか。
f0118332_20392602.jpg
幸先よくハヤブサ見れたものの、さっぱり小鳥の気配がなく進みます。
f0118332_20393763.jpg
カルガモいた!わずかに水面が出ているところに集まっていた。
f0118332_20395103.jpg
ハシボソガラスの死体が・・・
f0118332_20400358.jpg
けっこう広く羽根が散っていて、羽根むしられた模様。ハヤブサにやられたか?
f0118332_20401179.jpg
2班に分かれて逆回りしていたのだが、別の班がずっと同じところでなにか見ているところに追いついたら、アオゲラ。
f0118332_20401959.jpg
ウソも来ていた。桜の芽食べちゃうけど、まぁ、3羽なら被害出るほどにならないでしょう。
f0118332_20405249.jpg
マヒワ30羽ほどが近くで見られて、初めて見た方たちはその鮮やかさに歓声。
f0118332_20410081.jpg
天気もまずまず。最初は鳥いなくてどうなるかと思ったが、みなさん楽しまれたようでよかった。
f0118332_20544844.jpg
イヌ科じゃないんだけど・・・作り始めてしまった。が、注文した目玉が届かない。
届いても、これに合うかどうかは、来てみないとわからない・・・

by akanezumi1984 | 2018-01-08 20:41 | 生き物 | Comments(0)

峠越えついでに寄り道

ボランティア仲間と東松島でクリスマス会・・・は、夕方からだから、その前に蕪栗沼周辺に寄り道。
f0118332_00015590.jpg
山形は雨なのに、こちらは青空。田んぼに大量のマガンがいます。
f0118332_00020795.jpg
道路端の電線にコチョウゲンボウ。けっこう近かったけれど、車止めても逃げなくて撮らせてくれました。
f0118332_00025946.jpg
マガンの大きな群の端っこに、カリガネの小群。たいてい畔にいるような・・・
f0118332_00031836.jpg
ぽてっと座ってかわいいマガン。
f0118332_00033106.jpg
ひたすら食べていたカリガネたちが首を立てて振りだしたので、飛ぶかなー、飛んでるの撮れないかなと思ったけれど、すぐ近くのマガンも飛んだので、撮れてたのマガンだけだった。
f0118332_00034358.jpg
まったりスズメ。

f0118332_00042992.jpg
ぼちぼち落雁(塒入り)見に移動しようとしたら、変なマガン発見。部分白化の兄弟。
f0118332_00060275.jpg
顔だけでなく、お腹の白が目立つ。
しばらくこの変わったマガンを見ていたら、落雁ポイントに着くのがぎりぎりになり、土曜だからか既に駐車場がいっぱいだったので、ちょっと迫力は落ちるけれど人が少ないところに移動。とめどなく飛んで来ては降りて行く雁たちを眺めてから、東松島へ。

by akanezumi1984 | 2017-12-25 00:06 | 生き物 | Comments(0)

一年ぶりに

こんないい天気は滅多にないぞ!という日なのですが、まぁ、たまにはある。でも、鳥はずっといるかどうかわからない・・・
去年の12月に見た小鳥にまた会いたくて、一人で探しに行こうと思い、詳しい友人に前と同じあたり探せばいるかな?とメールしたら、向うもこれから行くとのことで、心強い。
f0118332_20570273.jpg
ということで、こんなきれいな山を横目に通り過ぎる。
f0118332_20571490.jpg
ううう、ブナもきれいだ。しかし、チャンスはまたある。
f0118332_20575672.jpg
一年前に来た時も、やっぱりもったいないようないい天気だった。ドライブするだけでも景色がきれいでうきうき。
現地に着いたら、すごいタイミングのよさで、友人も着いていて、同行させてもらう。
小鳥の動きにおおっとなるが、スズメでした(笑)
f0118332_20580805.jpg
しばらく歩いて、お目当ての鳥が!
f0118332_20584007.jpg
北の国からの白い小さな使者、ユキホオジロ。また会えて嬉しいよ。
f0118332_20590963.jpg
帰ろうとしたら、ハマシギの群が。
f0118332_20592822.jpg
普段山とか、平地でも内陸にいることがほとんどなので、シギ・チもなかなか会うことがなく、ハマシギも貴重。
f0118332_21000733.jpg
アオシギも一年ぶりに会えた。
f0118332_21002167.jpg
フクロウ類のペリットでもないかと、いくつか神社をめぐってみたが、見つからず。
これはカラスの足跡。
f0118332_21003690.jpg
電線に大量のムクドリ。まだまだ手つかずのカキの木あちこちにあるけれど、こやつらが大群で来たらすぐになくなるかな。

今日は冬至。そういえば、もらってしまいこんでいた小豆の缶詰あったはず・・・と、缶詰入れてる棚からそれらしきノーラベルの缶詰を出して開けてみたら、なんか違う。と気づいたところでもう開けて中身を出すしかない(笑)
孟宗の缶詰でした。棚の奥をよく見たら、マジックで小豆と書かれた缶詰があったよ。

by akanezumi1984 | 2017-12-22 21:00 | 生き物 | Comments(0)

日帰りで雁満喫・12/14

先週行く約束だったが、急に入った仕事で延期になっていた蕪栗沼行きを実行。
朝3時に起きて、友人と4時に合流。川崎過ぎるくらいまで雪が降っていたけれど、その後、運転しながらいくつか視界をよぎる流れ星見られた。
f0118332_16384113.jpg
誰もいない蕪栗沼の一角で飛び立ちを待つ。(広いから違う場所には誰かいたかも?)


小規模な飛び立ちがいくつかあった後に、どっと行きました!初めて見る友人の感動する声が入ってますね。一人で見ても楽しいけれど、他の人が喜んでる様子も嬉しいもので。
f0118332_17224314.jpg
遠くまで飛んで行く群もいれば、飛んだかと思ったらすぐ近くに降りる群も。
f0118332_17225495.jpg
飛び立ちが一段落した後、オオヒシクイがいつもいる場所へ散策。
キツネの足跡があった。
f0118332_17230651.jpg
小鳥の足跡も。
f0118332_17232371.jpg
日が射してくると少し暖かく感じる。
f0118332_17235356.jpg
ピンクに染まる山。
f0118332_17240665.jpg
狩りに失敗して電柱に止まる若いハヤブサ。
f0118332_17242007.jpg
オオヒシクイ。
f0118332_17242848.jpg
すっかり凍っていて、つるつると滑っていた。
f0118332_17244274.jpg
ここはほとんどオオヒシクイなのだが、マガンもちらほら。体格がかなり違う。
f0118332_17254025.jpg
鉄分の多いところで繁殖したのか、赤茶に染まったオオハクチョウ。
f0118332_17251918.jpg
真っ白なコハクチョウ。
f0118332_17260420.jpg
マガンたちに比べ、朝のんびりしていたオオヒシクイたちも、だんだん飛んで行く。
f0118332_17263585.jpg
逃げないツグミ。
f0118332_17270304.jpg
豪快に首の付け根まで泥に突っ込んで餌を食べるオオハクチョウ。
f0118332_17271625.jpg
でろでろ(笑)
f0118332_17275870.jpg
場所を変えて、カリガネ探しに行ったら、あっさり7羽の群が見つかった。
しかし、先週は探す前に、たまたま最初に車を止めて見たマガンの大きな群れに見つかったシジュウカラガンがこの日は見つからず。
f0118332_17304802.jpg
ぐるぐる探してシジュウカラガンが見つからなかったので、カモでも見せようと向かった伊豆沼に小さい白いのがいっぱい!ハクガンが湖面の二ヶ所に8羽と4羽で計12羽も。
毎年のように周辺で見られるハクガンだが、こんなにたくさん来るの初めてかも?
(この後別のところでも一羽見た)大潟にどっさりいるハクガンの一部が移動して来たのか??
f0118332_17310223.jpg
ヌマネコ
f0118332_17313987.jpg
朝は凍っていて断念していたヘラサギを、氷がとけただろうと探しに戻ったら、ちょうどタイミングよく飛んで出て来た。遠いけど、スコープ担いで行ったので見るには十分。

あちこちうろうろしている間に3時半くらいになったので、はずしていたシジュウカラガンが確実に見られそうな場所に移動。
あいにく雨が降ってきたが、ほどなくして塒入りの雁たちがどんどん帰って来た。
塒入りを楽しみながら、シジュウカラガン混じってないか探したが雨でなかなか・・・
それでも湖面にいる群をスコープで見ると、けっこう降りていたので、友人も「動物園じゃない、野生のを初めて見た」と喜んでくれた。

満足して帰路につく。朝3時から行動していたが、同行者がいたおかげで帰宅するまで睡魔に襲われずに済んだ。

by akanezumi1984 | 2017-12-15 16:58 | 生き物 | Comments(0)
本当は、この日、3時起きして4時に友人と合流して、友人に初めてとなる雁の迫力ある朝の飛び立ちを見せる予定だったが、急に仕事が入り、一緒に行くのは延期に。
f0118332_20152346.jpg
しかし、この日は移動だけの日で、宿には夜着けばいいので、現場宿行くのに遠回りだけれど、蕪栗沼方面に寄り道。家を出るのが昼近くになってしまい、あまりゆっくりは見られなかったが、それでもシーズン初のガンたちに満足。
f0118332_20153572.jpg
マガンの群の奥の方にシジュウガラガンが混じっていた。
f0118332_20161471.jpg
マガン
f0118332_20163438.jpg
車を停めても逃げなかったノスリ・・・ネズミ探しにものすごい集中している。
f0118332_20164632.jpg
キンクロハジロ♂
f0118332_20165482.jpg
キンクロハジロ♀
f0118332_20170467.jpg
葦原を飛ぶチュウヒ
f0118332_20171837.jpg
上目遣いのオオヒシクイ
f0118332_20174684.jpg
この後に時間があれば、ハクガンを毎年見てるあたりに行こうと思っていたら、意外なところに二羽いた!最初は寝ていたが、真上を低く飛んだ群に驚いて起きたところ。
f0118332_20180280.jpg
仁王立ちのオオハクチョウ。
f0118332_20182546.jpg
これも毎年いるのかな?遠いけれど、長くてしゃもじみたいな嘴が見えました。ヘラサギ。
f0118332_20184122.jpg
オオヒシクイがガガ、ガガと鳴きながら飛び交う。
f0118332_20185354.jpg
土手の下にひょっこりとベニマシコ。
f0118332_20192380.jpg
カリガネ探しに少し移動してみたけれど、ちと時間がなかった。もう塒入りの時間だ。
電線にはミヤマガラスがずらり。
f0118332_20194917.jpg
最後に少しだけ、ガンの塒入りを眺めてから、現場宿に向かった。

by akanezumi1984 | 2017-12-10 20:20 | 生き物 | Comments(0)

天気もった

ぽかぽか陽気だった昨日と違って、なかなか気温が上がらなかったが、だんだん晴れてこのままいい天気で終わるかと思いきや、三時頃から黒い雲が押し寄せて怪しい感じに・・・
でも、降らないうちに終了できた。



f0118332_23272406.jpg
なんだか華やかな一角があると思ったら、ツルウメモドキ。
f0118332_23274578.jpg
ノブドウもだいぶ色づいてきた。
f0118332_23282952.jpg
農道を歩いて行ったら、道から4mくらい奥にオオスズメバチの巣が露出しているのが見えた。
まだ出たり入ったりしていたけれど、間もなく新女王たちの旅立ち。
夜に用事が終わった戻る時には稲光がぴかぴかきれいだった。

by akanezumi1984 | 2017-11-08 23:35 | 生き物 | Comments(0)
明日からの現場のために福島に移動だけの日。
f0118332_21562345.jpg

出がけに駐車場でスズメガ発見。
f0118332_21572444.jpg

ここじゃ誰かに踏まれるか轢かれるので、植込みに移動…お、エビガラスズメでした。
f0118332_21583779.jpg

目が大きくてかわいい顔なのです。ガはよく見るとかわいいのに、嫌われがち。
f0118332_21595271.jpg

前は村田インターまで高速使ったのだが、まあ時間あるしとナビで一般道選んでみたら、ここ通れってか。狭そうだけど、街道だから大丈夫かな。全面通行可と書いてるし、行ってみよう。
f0118332_22172794.jpg

途中の道の駅でへたっていたクスサンを風雨当たらないとこへ。
県境越えたらいい道になり、その後また山道っぽくはなったが、問題なく目的地に近ずいていたのに、いきなり検問が!
げげ、立ち入り制限区域で許可証ないと通れませんって…
しかも20日から解除って、惜しいとこでした。
迂回路教えてもらって、せっかく近くだったのに遠回りしてやっと見たことある道に出た。
まだ6時前だが、悪天候と山影で暗くなり、道路にカエルがわらわら。避けるのに必死で疲れたー。
f0118332_2220091.jpg

大物は簡単の避けられるんだが、動きが鈍くて対向車に轢かれそうだったので道路脇に移動。
まあ、触りたかったのもある(笑)
細い道や回り道のせいで、前回よりだいぶ時間がかかったが、無事宿に到着。
明日の予報は、風が強そうだけど晴れ!
by akanezumi1984 | 2017-09-17 22:02 | 生き物 | Comments(0)

雨で開店休業

f0118332_21592375.jpg
土日に雪渓がある山には行っていたけれど、登山道からは届かず。次の土日もかなぁ・・・てなことで、芋つぶしていたらつい。

昨日、今日と天気が悪くて開店休業状態となり、すぐ足元にいる虫をたくさん撮ってしまった。忘れないうちにアップしておこう。(一度調べても忘れてしまうので)
f0118332_22023167.jpg
山だと強烈かゆくなるブユがいるけれど、里は里でヒトスジシマカにやられますなー。服の上からも刺されるという点ではブユより強敵。
ま、刺されてからのかゆみと腫れはブユのがひどいけれど。
f0118332_22031369.jpg
昨日の雨の止み間には、コミスジが癒してくれた。
f0118332_22032535.jpg
まだ調べていないけれど、これは・・・ガ?

f0118332_22033770.jpg
セスジツユムシ?
f0118332_22035716.jpg
葉に同化するアマガエル。
f0118332_22041283.jpg
何時間もぴーんと伸びてて疲れないのか?というか、色の違うところでがんばってていいのか?(笑)すぐ隣には赤っぽい茎の植物あるので、そっちにいないと・・・
f0118332_22042526.jpg
幼虫時代からピカピカのアカスジキンカメムシ。
f0118332_22044264.jpg
出た!一匹だけ、アカハネナガウンカ。何度見てもけったいな顔で癒される。
f0118332_22045235.jpg
ちょっと失礼して穴から出しちゃった、アリジゴク。神社の下にはたいていいるね。
f0118332_22050447.jpg
目がかわいい、イカリモンガ。
f0118332_22051219.jpg
オオキイロマルノミハムシだろうか。
f0118332_22052505.jpg
死んだふりする、オジロアシナガゾウムシ。鳥のフンにそっくり。
f0118332_22053807.jpg
キボシカミキリ。
f0118332_22055163.jpg
チョウバエの仲間。葉の上でくるくると不思議な動きをする。
f0118332_22060094.jpg
ナガコガネグモ。近づきすぎると、びよよよよーんと網を揺する。
f0118332_22063426.jpg
サツマノミダマシ。
f0118332_22064566.jpg
そっくりなワキグロサツマノミダマシ。
f0118332_22071262.jpg
我ながらよく見つけた、ハイイロセダカモクメ。ヨモギの花に擬態している。
f0118332_22072264.jpg
幼虫に比べ、ぐっと地味なベッコウハゴロモ。
さて、明日は天気回復しそうだな。

by akanezumi1984 | 2017-09-07 22:47 | 生き物 | Comments(0)

朝日の生き物編

団体行動だったので、いつもに比べると全然写真撮らなかった・・・と言いつつ、ちょこらちょこらとは撮ってた。歩きながら、急にあーっ!とか声出してすいませんでした。クマのフンとか、オコジョのフンとかでいちいち(笑)
f0118332_23405438.jpg
日暮沢小屋前をイノシシが掘り返していた。
f0118332_23410319.jpg
ぴーかぴか。オオスジコガネでいいんだろうか?
f0118332_23413519.jpg
センチコガネ。
f0118332_23423935.jpg
ホシガラスのお食事処。
f0118332_23424818.jpg
ミヤマハンミョウは道々いたるところを歩いていたが、保全作業で土掘ってると土の中からもたくさん出て来た。
f0118332_23411633.jpg
登山道の真ん中にクマフン。よく出るという雪渓近くに続くクマ道もあった。
f0118332_23490439.jpg
モグラのトンネル。

by akanezumi1984 | 2017-09-05 23:41 | 生き物 | Comments(0)

帰宅ー!

f0118332_23135272.jpg
明るいうちに山形に着いた。この後、もっと赤くならないかと思ったが、雲に隠れた。
現場周辺の写真とりあえずアップしておこう。
白馬の昆虫の調べものもまだだな。たまってしまう・・・
f0118332_23215020.jpg
ツユクサきれいだな、と思ったら、アップにするとなんか変な生き物顔に見えて来た。
f0118332_23215951.jpg
ウスタビガの繭
f0118332_23221252.jpg
ママコナ

f0118332_23222370.jpg


f0118332_23223649.jpg
なんの仲間で調べるといいのか?
f0118332_23225565.jpg
ツリフネソウ
f0118332_23230827.jpg
?

f0118332_23231911.jpg
フシグロセンノウ
f0118332_23234021.jpg
なんとなく視界の隅に黒い物が動いた気がして振り返ったら、道路にテンがいた。こちらに気づいて立ち止まったが・・・
f0118332_23240068.jpg
一瞥した後、てんこてんことゆっくり走って廃屋の陰に消えた。
いたずらやろこみたいな顔でかわいかったなぁ。

by akanezumi1984 | 2017-08-27 23:13 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31