カテゴリ:生き物( 372 )

新しいベッド

f0118332_23230050.jpg
ネムノキ。今日も暑かったねぇ。
f0118332_23233726.jpg
カッコウ。足の指どうなってるの?
f0118332_23230951.jpg
神社の林内に入ると涼しくてほっとする・・・と思ったら、モズに思い切り怒られた。
f0118332_23224693.jpg
小さい道と交通量の多い道路の間の空き地に出て来たキジ。あ、人いた!と気づいてすたこら。しかし、すぐにフェンスが・・・
f0118332_23225368.jpg
飛んだー。キジって地面近くをまっすぐ飛ぶ印象だが、珍しく電線越えて飛んだ。やればできるのなー。
f0118332_23234687.jpg
高速道路下の水路は、普通に見ると汚い水。でも、天井に写るゆらめきはきれいだった。
f0118332_23223741.jpg
明日からまた、ウサオを預けないといけないので、仕事帰りに回り道してウサオの新しいベッドとおやつやなんや購入。
体を支えられないので、首をもたせかけるのにちょうどいい高さでぷくぷく弾力のある素材で、丸洗いしてすぐ乾くやつ。
前のもまだ使うけどね。
連休とは関係なく、仕事してます。ある時はある。仕事ない時はずっとないから(笑)

by akanezumi1984 | 2017-07-15 23:33 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_22274370.jpg
今年は残雪多くて、もう7月なのに山頂の神社脇にまだまだべったりと雪がある。毎年大量にやってくるハサミツノカメムシは、そこかしこに。暖かいので、雪の上でもまだ元気。
f0118332_22280061.jpg
たまに幼虫は見ても、なかなか成虫に会えないアカスジキンカメムシに会津で会えて喜んでいたら、なんと月山山頂にもいたよ。
f0118332_22283121.jpg
ぴっかぴかできれいなのです。
f0118332_22281757.jpg
こちら常連さんのカメノコテントウ。


f0118332_22285167.jpg
巨大なサシガメが・・・きりがないのだが、時々雪の上の虫を草や岩の上に移してやることもあるのだが、サシガメの仲間は刺されるかもしれないので手は出さない。このサシガメ、国内最大級のサシガメのオオトビサシガメだそうで、昆虫に詳しい知人から「刺されるとスズメバチよりひどいかも」と知らされた。


f0118332_22295186.jpg
な、な、なんだ、この大きくてド派手なカメムシは!? ものすごいインパクトで、アカスジキンカメムシがすっかり地味に思えてしまった。

f0118332_22291217.jpg
お腹の側もピンクに光ってるし!
初めて見るけど、こんなに特徴があるんだから簡単に調べられるだろうな、と思ったら本当にあっさりわかった(笑)
オオキンカメムシ。手持ちの図鑑には「南方系で、関東以南の照葉樹林やその周辺で見られる」とあるが、なして月山で?と思ってネット検索してみたら、西日本で越冬するが、夏場は移動性が高くて、東北や北海道でも確認されるとあった。まぁ、こちらではレア種なのだろうけれど。
f0118332_22295888.jpg
こちらは雪渓遭難組ではなく、レジデントのコシロコブゾウムシ。
f0118332_22304845.jpg
さ、ここまできれい系の昆虫で安心していた皆さん、すみませんねー。これは月山ではなく東松島のですが、うーちゃんちの庭にいた、セスジスズメの終齢幼虫。なんて立派なんでしょう。
かわいい尻尾をぴこぴこ振りながら歩く、かわいい奴なんですが、おばあちゃんに見せたら「やんだー」て言われてしまった。
だめなのかー。まぁ・・・確かに気持ち悪い系だろうとは思いますが、尻尾ぴこぴこするんだよ。だめ?







by akanezumi1984 | 2017-07-11 23:00 | 生き物 | Comments(2)

仕事帰りに回り道

今日は一時間早く始まって、その分早く終了に。
宿はすぐ近くだし、そんなに早く帰っても…と思って珍しく観光地に行ってみた。
せっかく近くだし、ここだけのために自分では来ないだろうから。
f0118332_21134581.jpg

f0118332_21144157.jpg
f0118332_21142578.jpg

ここにも湯殿山碑が。
f0118332_21154271.jpg
f0118332_21152038.jpg

せっかくなので上から眺めてみる。
f0118332_21163223.jpg

戻りながらお店見て回ると黒猫発見。
看板猫なんですねと言うと、いえ、社長ですと、お店の方が。
f0118332_21182185.jpg

仕事中、ぷいーんと足元に飛んできた、アカスジキンカメムシ。
キンキラキンです。
by akanezumi1984 | 2017-07-06 21:19 | 生き物 | Comments(0)
6月の中旬になると、花とともに両生類がとても気になる。この時期は仕事も立て込んでいて、ここ数年はモリアオガエルの産卵はタイミングはずれて見られないこともあるが、タゴガエルは最盛期に当たらなくても前後幅があって、少しは見られる可能性があるので、とりあえずお花見兼ねてそこを通るルートを。
f0118332_12575018.jpg
ちょっと惜しかったなーな、モリアオポイント。例年より少し遅れていて、二週間前には数個しか卵塊がなかったので、一週間前にもう一度行けばよかったのだが、横着してしまった。ちょっと見に行ってからでも病院間に合ったのに。
比較的新しい卵塊がいくつかあったから、もしかしたら見られたかもなのだ。
f0118332_12575991.jpg
姥沢の小さな池も、もうとっくに完了したと思っていたら、まだ何匹かクロサンがうろうろしていて、産みたての卵塊もあった。
f0118332_12585049.jpg
ミヤマハンミョウ
f0118332_12590513.jpg
コシロコブゾウムシ
f0118332_13000667.jpg
いつも見るハサミツノカメムシよりツノが立派。オオツノカメムシか?
f0118332_12591279.jpg
シギゾウムシの仲間
f0118332_12592513.jpg
クシヒゲベニボタル
f0118332_13154194.jpg
山頂行ってから、下山はタゴコース。クロユリ咲き始めると最盛期にあたる確率高し。いたいた!
f0118332_13161713.jpg
一度びっくりして少し奥にひっこんだカエルたちも、すぐにまた戻ってくる。わやわやわや。
f0118332_13163314.jpg
あたり一帯、小さなタゴたちが相手を求めてうろうろしている。見ていて飽きなくて、ずっと見ていたいが、この時はまだ少し、博物園まで急いで下れば終バスで姥沢に戻れるかもと思っていたので、そこそこに切り上げて小走りで下山。
が、途中で無理じゃないかと気づき(10年前ならやれたかもだが)急ぐのやめて、のんびり歩いて大門海から姥沢に登り返すことに。
f0118332_13170562.jpg
姥沢に戻ったら、駐車場のアスファルトにミヤマツチハンミョウがいた。
以前、駐車場が千円だったころは、節約のためもあって朝早めに行って博物園から山頂往復したり、弥陀ヶ原まで往復したこともあったのに、この頃は横着でいけないなぁ。
この日はちゃっちゃと準備して出れば、朝野営場前からバスで姥沢に上がれば、帰りはゆっくりできたものを。

下山中やたら背中が痒くて、顔や耳もほてって痒かったが、日焼けとブユとあせもだと思っていたが、夜、かゆくて眠れず。
翌朝顔がはれぼったくて腕にも発疹。これは薬疹かと、サクランボのバイト終わってから午後皮膚科に行ったら、その可能性高いからと、安静にしてなさいと命じられ・・・
「山とかだめですよね?」医師「安静にしてください。場合によっては命の危険もありますから、急に息苦しくなったら即救急車呼びなさい」と脅かされて7/1の月山開山祭に行くのは諦めたのでした。
注射で痒みはかなり治まり、顔の腫れも治まってきて、心配はなさそうですが、明日の診察までは念のためにおとなしくしております。

by akanezumi1984 | 2017-07-02 13:54 | 生き物 | Comments(2)

緑に染まる

f0118332_21531258.jpg

今年初シュレーゲル。
触れたら、指が緑に染まりそう。
宿のユニットバスが狭く、ドライヤーもないので、今日は近くの総合開発センターの小さな温泉で温まって来た。免疫あげて早く咳から抜けたい。
病院の薬があと一回分しか残ってないが、治る気配がなくて困ったもんだ。
by akanezumi1984 | 2017-06-25 21:56 | 生き物 | Comments(0)

焦った・・・

f0118332_23270112.jpg
アナグマ、ノートリです。
すぐ近くからひょっこり現れ、コンデジで撮ればよかったのに、膝に一眼150-600mm乗せて小椅子に座っていたので、そのままカメラ向けてしまった。仕事中に一眼ではほとんどものすごく遠くしか撮らないので、15m以遠に設定して600mmにズームしていたので、近すぎてピント合わない!
距離設定直したが、その間にますます近くなってはみ出す。おっとりやで目が悪いアナグマだが、音には敏感なようでシャッター音に驚いてダッシュで藪に入ってしまった。
うーむ、惜しかった。コンデジで動画にしとけばよかったなぁ・・・後の祭りだ。
f0118332_23264343.jpg
昨日はなかったイノシシのフン。三脚立てたすぐ近くにぽろり。
それは別にかまわないけれど、今日もヒメシジミたちが荷物にも人間にもまつわりつくのだが、イノフンに止まってから来るのもいるから、途中からフンの上に葉っぱで蓋した。
午後、携帯なくしてなかなか見つからずに焦った。
無線で電話かけてくれるようお願いしたが、工事の騒音でさっぱり聞こえず。歩いた場所全部ぐるぐる三周くらいして見つからず、もう一度鳴らしてもらったら、重点的に探していた場所のほんの少し外側に。草丈低くても見えないものだなぁ。
f0118332_23271974.jpg
マンションに着いて、外階段で素敵な中型のガ発見し、大荷物なのにしゃがんで撮ろうとしたら人が。不審者に思われないように、ちょっと荷物直してるふりして一度部屋に行き、小さいカメラだけ持って撮りに戻ったら、また人が。
その人も景色見てるふりしてやり過ごし、急いで撮ったら暗くてブレブレ。くやしい・・・

明日一日休みで、そのあとまた土日関係なく6日間現場なので、明日は山に行きたかったのだが、咳が治っていない。
天気も下り坂だし、我慢するか。日中は時々出るだけだが、夜と朝方は喉がざわざわしていかん。早く治ってくれんかのぉ。

by akanezumi1984 | 2017-06-20 23:41 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_23504120.jpg
何度も来ている草地の現場。これまで草刈りされてなかったのに、刈ってあったけど、これからなにかに使うのかな?
f0118332_23505028.jpg
クワの実、初物でいただきました。
f0118332_23481675.jpg
ちょうどヒメシジミ発生時期にあたって、草地はヒメシジミだらけ。荷物にも止まるし、手にも止まってくる。
f0118332_23484761.jpg
最大で片手に一度に4匹まで止まった。(写真の時は3)
f0118332_23490311.jpg
右手に止まられるとなにもできなくなるので、左手に移すと、逃げずにそのままちゃんと乗り移ってくれた(笑)
f0118332_23492815.jpg
クワと言えば、クワキジラミもやっぱりいました。ふんわふわー。
f0118332_23494253.jpg
葉っぱから汁を吸ってるだけで、蝋物質とやらがにゅるにゅると伸びてくるとか。不思議。
f0118332_23495575.jpg
いつの間にかいるちびっこ、ウスリーハエトリ。
f0118332_23501217.jpg
ゴージャスなクスサン。
f0118332_23502370.jpg
ブルーの気門が美しい。
f0118332_23512345.jpg
近づけなかったマミジロハエトリ
f0118332_23510663.jpg
去年まではなかった、電柵。もうイノシシ対策しないと収穫できないようになってしまったか。

by akanezumi1984 | 2017-06-19 23:58 | 生き物 | Comments(2)
f0118332_22191347.jpg

アップできる写真撮ってなかった…
サイズ的にはチョウゲンとかチゴハヤ?今日全然見かけなかったけど。
甲虫の羽がたくさん入ってる。
病院の薬とコンビニで買った製薬会社のトローチで、いくらか喉の痛みが改善。咳はよくも悪くもならず、声枯れ状態だが、多分炎症はよくなりつつあるはず。
by akanezumi1984 | 2017-06-17 22:27 | 生き物 | Comments(0)

仕事してますよ(笑)

火曜日から仕事してますよ。休みでも仕事でも、似たような写真あげてるように思われがちですが、山に行ってるのは休みで仕事はたいてい民家のある道路端。たまに林道とか、山間集落に通じる道路沿いとかです。
f0118332_23571153.jpg
火曜は、山間集落に通じる道路で、ちょっと標高高め。湧水の近くにクリンソウが咲いていた。
f0118332_23572521.jpg
f0118332_23573570.jpg
立派な天然杉。
f0118332_23574739.jpg
タニウツギ
f0118332_23580034.jpg
久しぶりに友人とご飯。実は、前日にスーパーで買い物した時に、豚肉と魚を忘れてきたのに、帰宅直後の知人からの電話が終わってから問い合わせしたら、もう閉店していたが、店内で作業はしているからと受け取りに行けた。
f0118332_23592175.jpg
今日は平地の草ぼうぼうのところで仕事。虫いっぱい撮ったけれど、のちほど。これはクサフジ。
f0118332_23583555.jpg
カラスノエンドウ
f0118332_00031895.jpg
これは・・・ここは平地だが、ニッコウキスゲなのか?ヒメキスゲ?
f0118332_00090959.jpg
明日は雨のようですな。

by akanezumi1984 | 2017-06-08 00:09 | 生き物 | Comments(0)
昨年より一日増やし、3日間午前と午後にヒグマクルーズとシャチクルーズを予約したのだが、天気が悪くて一日しか船が出ず。それでも、その一日が、曇りでたまに小雨ぱらつきながらも知床連山が見えていたし、ヒグマもシャチも見ることができたので、よしとしよう。3日間午前午後乗りまくっても、シャチが出ないことだってあるのだから。
5/31は移動で終わり。6/1は午前ウトロ初のヒグマクルーズ、午後羅臼発のシャチクルーズに乗ることができた。(翌日から欠航)
朝、羅臼からウトロに移動途中、知床峠で運よくヒグマの親子を見ることができた。
クルーズ船では成体しか見られなかったので、子連れが見られたのは本当にうれしかった。
f0118332_00012772.jpg


f0118332_00015173.jpg
クルーズ船から
f0118332_00022300.jpg
繁殖期で、巨大なオスがメスを追いかけていた。
f0118332_00031076.jpg
午後から羅臼でシャチクルーズ。港を出てすぐから、突き出たオスシャチの背びれが見られた。
f0118332_00032886.jpg
背びれになにかついているなと思ったら、調査用の発信機らしい。
f0118332_00034058.jpg
たまに船のすぐ隣まで来たり、下をくぐったりもする。シャチの動きに人間も船の上を右往左往。
f0118332_00035779.jpg
f0118332_00041330.jpg
好奇心旺盛な子シャチのスパイホップ。
f0118332_00042321.jpg
凪だったので、水面下のシャチが透けて見えた。
f0118332_00043952.jpg
曇りでたまに雨粒が落ちたが、知床連山が見られてよかった。青空ならなおよかったけれど・・・
翌日から二日続けて船が全便欠航となったが、雨で他に観光するにも鳥見に行くにもいまいちな状態。2日は、震災後に道東から来て東松島でずっと仕事していた棟梁が、雨で仕事が休みになったからと、網走までドライブに連れて行ってくれた。と言ってもほんとにドライブで網走監獄とか行ったわけではない(笑)
3日もまぁほとんど無理とわかっていても、ひょっとして船出ないかなと連絡待ったが、やはりだめなので少しドライブした後、宿のすぐ近くのギャラリーに伊藤健次さんの写真展を見に行った。
後は帯広に移動途中に、北海道出身の方から教えていただいた小さなパン屋さんに寄り道しただけで帯広に移動。
帯広では安いビジネスホテルに泊まったが、六花亭の帯広本店まで徒歩2分の近さだったので行ってみたが、もう喫茶は終わっておったので、ここでしか買えない小さなお菓子を買ってホテルで食べた。
4日は朝少し時間があるので、地元の方に教えてもらった神社にエゾリスを見に。
f0118332_23144410.jpg
f0118332_23174737.jpg
f0118332_23143420.jpg
エゾリスがうじゃうじゃ。ちょうど子リスたちが大きくなって、元気に走り回るので年間で一番数が多いのかな。
朝しか地面に降りて来ないらしいが、人との距離が近くてびっくり。
どうも餌付けしている人がいるため、人が来ると餌をもらえるかと近寄ってくるのまでいる。かわいいけれど、あまり人に慣れ過ぎるのもよくないなぁ。
ここでFBでつながっている、地元でとんでもなく素晴らしい生き物写真撮ってる方と会うことができた。本当はシャチを見る船の上で会えるかなと思っていたのだが、その方は土日だけ乗船の方で、今回は土日欠航になったから会えないかと思ったら、ここが家から近いからと会いに来てくださったのだった。
いろいろとついてないことも多い旅だったが、ネットだけのつながりだった方に会えたり、懐かしい棟梁に会えたり、一日だけだったがヒグマとシャチも見られたし、やっぱり行ってみなければ始まらないってことだね。

by akanezumi1984 | 2017-06-05 00:07 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984