カテゴリ:生き物( 354 )

f0118332_00391841.jpg
シンポジウム2日目は、始まる前に地元の御神楽が披露された。
f0118332_00394443.jpg
昨日に続き、発表する方の半分は海外の研究者で、英語。ちゃんと通訳されるが、英語のヒアリングもがんばってみる。
f0118332_00404085.jpg
午後から地元の希望者の方も交えて、船でカンムリウミスズメの観察会。
f0118332_00405872.jpg
船の後ろに世界最大のカンムリウミスズメの繁殖地、枇榔島。
f0118332_00420518.jpg
カンムリウミスズメが近くでばっちり。町民で参加された方も町の鳥を実際に見ることができてよかった。
f0118332_00481789.jpg
ちょっと上が盛り上がってるが、飛島と似ている。
f0118332_00484450.jpg
夜は島上陸組と船によるスポットライトサーベイ組に分かれて調査。両方参加したいけれど、無理なので、去年一度体験したスポットライトサーベイの方を諦めて上陸組に。
f0118332_00490498.jpg
明るいうちに探検。飛島と違って大きな木はなく、細い。そこらじゅうにオオミズナギドリの巣穴がぼこぼこある。
岩がごつごつある島の別の側には、カンムリウミスズメの巣も。
f0118332_00492832.jpg
f0118332_00494330.jpg
夜になると、一気に島は賑やかに。うるさいくらいの鳴き声と、踏みつけ注意なくらいにそこらじゅうに落ちてるオオミズナギドリ。


何人かは徹夜で標識調査。おいらは普段使わない頭をシンポジウムで使ったせいか、朝から頭が重かったので、3時間くらい寝た。
f0118332_09233157.jpg
記録取り終わって放鳥する時に、すぐ飛んで逃げるのもいれば、すたこら歩いて行くのもいれば、しばらくぼんやりじっとしてるのもありで、じっとしてる子の時が撮影チャンス。
朝明るくなると、鳥の声でものすごい喧噪だった島が静かになった。暗いうちにどんどん海に出て行くのだ。
迎えの船が当初聞いていたより早く来るというので、前日にタクシーを予約しておいたのだが、港に着いてから昨日と違う港と発覚。
タクシー会社に電話して場所違ってましたと謝っていたら、韓国の研究者の方を迎えに来た車が大きい車で、一緒に帰れることになった。
事前にいろいろ聞いたけれど、移動に関しては誰かに乗せてもらえるんじゃないかと言われたり、各自で動いてと言われたりでよくわからず、飛行機だからわざわざ宅急便でガス送ったのに、島に上陸してから火器使用禁止とわかったりと、状況がよくわからなくて派生する無駄はいろいろあったけれど、貴重な経験ができ、いろいろ勉強になった数日だった。
f0118332_00505994.jpg

by akanezumi1984 | 2017-03-21 01:14 | 生き物 | Comments(0)

ご近所散策

f0118332_00095871.jpg
時々盲腸フンを踏んだり上に座ったりしてしまい、毛に絡んでとれなくなるので、ウサオを半身浴させて洗った。
f0118332_00102410.jpg
ドライヤーで乾かして、ふんわり・・・でも、以前のようなつやつやのふわふわにはなりません。特にいつも下になる側はだいぶ毛がなくなってしまったなぁ。
f0118332_00111135.jpg
郵便局と銀行に行くついでに公園に寄り道。体育館脇にはいつもの三匹。これが一番大きい子。
f0118332_00112343.jpg
スレンダーな黒猫は、怪我をしていた。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Fr-tNhsvQ5A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


f0118332_00114271.jpg
じょび太
f0118332_00115428.jpg
ちょこっと青空
f0118332_00120668.jpg
桜並木はかなりの老木なので、枝折れが目立った。
f0118332_00121611.jpg
人知れず葉っぱをひっくり返しまくるシロハラ
f0118332_00122990.jpg
シロハラの奥に、変な色の雪・・・と思ったらネコ。と、よく見たら三匹いた。公園内のあちこちにいて、全部で何匹いるのやら。
f0118332_00124110.jpg
通り道にあるFunny Bunnyに寄ってみたら、かわいいTea matがあって衝動買い。

さて、やきもきしたユーコンクエストも、とりあえず明日の昼まで一休み。
トップ選手たちの動向は少し気にはなるが、ハラハラドキドキまではしない。心配な本多有香さんはDawsonでのマンデタリーが38時間あり、その間は動かないし、情報も入らないだろうから、一休みなのである。
レース中間点のDawsonでは、全部の選手が36時間とどまらなければならないルールだが、本多さんは途中でソリの故障のために外部の援助を受けるために、+2時間で38時間になる。



by akanezumi1984 | 2017-02-11 00:13 | 生き物 | Comments(0)

暗くなるまで待って

f0118332_01322726.jpg
夕方、哺乳類屋の友人とムササビwatchingへ。
暗くなるまで、痕跡探しなどしていたのですが、はたと、せっかく雪あるからちびうさ作らねばと思い、車にゴム手取りに走った(笑)
雪で痕跡探しもうまくいかず、かなり暗くなってからも穴から出て来ないので、今は使っていないのかもと半分あきらめた頃に、すごく近くでフクロウがごろすけほーほーと鳴き始めた。
おお、フクロウが近くにいる!姿は見えないけれど、それだけで嬉しくなって、もう少し待つ気になる。
そして、ほとんど見えなくなった穴からムササビが見えたと友人が教えてくれた。奴は秘密兵器でナイトスコープ持って来ていたのだ。
穴から乗り出さずにしばらく外を伺い、なかなか出ない。人がいるし、近くにフクロウもいるしな。
でも、ご飯食べに行くのじゃーっと穴を出て、木を駆けあがる。木の横側でいくらか光があるので双眼鏡でぎりぎり見えた。
やっぱりムササビはでっかい。もっふもふの尻尾。上の枝が密になったところで一度見えなくなったが、視界が開けている側にしゅぴっと飛んだシルエットは、一瞬ながら空が少し明るいためにくっきりと見えた。
満足。

さて、今年もまたユーコンクエストに一喜一憂する日々が始まっている。今夜はかなりハラハラしたし、次なる情報が得られるまでやきもきが続きそうだ。
ずっと応援している本多有香さんの「うちのわんこは世界一」の大事なわんこが一頭死んでしまったらしい。
彼女はこの辛さを乗り越えてレースを続けることができるのか・・・

by akanezumi1984 | 2017-02-10 01:42 | 生き物 | Comments(0)

また投げました(笑)

f0118332_23290547.jpg
SAVE JAPAN プロジェクト やまがたヤマネ研究会、アミル、山形市民活動センター共催の「イヌワシがやってくる! 空の王者の今を知ろう!」というイベントのお手伝いに行きました。
主に鷹匠さんの助手。イヌワシの森倶楽部さんのイヌワシの今のお話の後で鷹匠さん登場。
f0118332_23293686.jpg
その前にイヌワシのコンロンの足紐補強の手伝いで、この体勢のコンロンの両足握って確保する係。役得です。ま、うっかり爪で掴まれたら大変なことになるので、決して手を離してはなりません。
f0118332_23302940.jpg
衝立の陰に隠れて合図があったら鶏投げる係(今回は軍鶏)なので、一番近くで撮影できる役得。

f0118332_23311239.jpg
一週間ぶりの食事なので、獲物を取られたくないコンロンは、鷹匠さんに動きにつれて背中を向けて抵抗。代りの獲物見せても軍鶏を離さず、最後は直接足つかんで回収していたけれど、うまくいった。(コンロンの激しい抵抗で腿にがっつり爪立てられることも多い)
f0118332_23313422.jpg
たぶん通りすがりに見学されてた方たちなのだが、持ち物が気になった。ライフルではあるまいし、竹刀でもあるまいし?
なんと中身は「刀」だった。居合の愛好会があるようで。
そういえば村山に居合神社とかもあるなぁ。知らなかったけれど、けっこう山形って、居合人口多いのだろうか?

by akanezumi1984 | 2017-01-28 23:31 | 生き物 | Comments(2)

思いがけず青空

f0118332_00312950.jpg
毎度夜更かし続き。つい寝るのが3時近くになり、9時頃起きたら青空!
今日も冬型の気圧配置だからと思ったのに、こんなに晴れるとは・・・でも、きっと山は雪だよねーと思って、郵便局に歩いて行って、ついでに公園で鳥でも見ようと、小さい双眼鏡とカメラ持って出かけた。
f0118332_00321539.jpg
公園猫
f0118332_00322847.jpg
雪があると美しいね
f0118332_00324354.jpg
血が・・・猫にやられたかな?他にもカラスの羽もたくさん落ちていた。
f0118332_00334276.jpg
アオゲラ
f0118332_00340448.jpg
シジュウカラ
f0118332_00341693.jpg
エナガ
f0118332_00343683.jpg
カワウ。ここでは初めて見た
f0118332_00344604.jpg
コゲラ
f0118332_00350257.jpg
ダイサギ
f0118332_00352019.jpg
薄氷にのるカルガモ
f0118332_00355671.jpg
なんだか久しぶりなちびヤマネ
f0118332_00361092.jpg
鳥屋の友人からのリクエストやっとできた。
急がなくてよいと言ってくれてはいたが、来月からまた出かけがちになるから今月のうちにとがんばった。
ヤマネやクマ(白黒)なんかは使う色が少ないから、出先でも作れるけれど、こういうのは家でないと。


by akanezumi1984 | 2017-01-26 00:46 | 生き物 | Comments(0)

舞鶴山公園

f0118332_01412882.jpg
舞鶴山公園の探鳥会に参加。ちと上の駐車場への道が凍っていてひやひや。
f0118332_01413956.jpg
だれかさんの作った雪だるま。
f0118332_01415040.jpg
f0118332_01420397.jpg
エナガの巣かな?袋状が崩れた感じでエナガかなと思ったけれど、詳しい方からメジロではとのアドバイスが。
どっちかなと迷ってエナガと思ったけれど、正直、巣はそんなにたくさん見てないから経験値が足りてません。
f0118332_01421426.jpg
着いてすぐびっくりしたのが、大音量の鳥の声。桜の食害防止のためにスピーカーでエンドレスで流してるが、効果あるのか?
f0118332_01422997.jpg
ウソいるし・・・(笑)アカウソ何羽か。
f0118332_01424092.jpg
f0118332_01431265.jpg
思ったより早く雪が降り出し、視界が悪くなった。アオゲラが同じ木に三羽止まっていたが、この子は珍しく普通に枝に止まってぼんやり。
f0118332_01432327.jpg
午後からちくちく。
f0118332_01441855.jpg
前のと新作と。その時々で作り方が違う・・・

by akanezumi1984 | 2017-01-23 01:50 | 生き物 | Comments(0)

雁を見に

今季二度目の雁ツアー。知人2名誘って、一泊で塒入りと塒発ちを見に行きました。
動画は朝の塒発ち。
f0118332_22452099.jpg
f0118332_22460221.jpg
やっぱり宮城は雪がないのぉ。早朝は霜で白くなったけれど。
f0118332_22453138.jpg
平日でも伊豆沼の堤防はカメラマンいそうだけれど、ここは誰もいなかった。
f0118332_22473015.jpg
マガン
f0118332_22474980.jpg
日の出過ぎると、マガンたちはどんどん飛び立ってほとんどいなくなるのに、死んだように眠り続けるハクチョウたち。
f0118332_22481097.jpg
一度宿に戻って朝ごはん食べてから戻ったら、ようやく起きていた(笑)
f0118332_22482368.jpg
ご飯食べながら泥パックもできる。
f0118332_22501771.jpg
シメ
f0118332_22503494.jpg
ツグミ
f0118332_22505072.jpg
コガモ。すごい密集してよくぶつからずに飛べるものだ
f0118332_23152520.jpg
前日は探しても見つからなかったのに、朝はあっさりと通り道から見つかった。昨シーズンと同じあたりにいるので、同じ個体なのかも。
f0118332_23160726.jpg
昨シーズンも、前回も会えなかったヘラサギに会えた。ヘラを開いたまま振り回し、餌に触ると瞬時に閉じて、咥えた餌を一度放って再キャッチして食べていた。
f0118332_23162611.jpg
f0118332_23164520.jpg
f0118332_23165727.jpg
エナガかわいくてたくさん撮った。
f0118332_23172573.jpg
f0118332_23173434.jpg
もっふもっふのタヌキ。沼のほとりをうろうろしていた。
ヘラサギ見ながらのんびりしていたら、全く意図していなかった鳥も出て来たが、それはまたいずれ。

by akanezumi1984 | 2017-01-21 00:45 | 生き物 | Comments(0)

日帰りで雁ウォッチング

f0118332_14333511.jpg
二泊で雁ウオッチングすっけど混ざらないかとお誘いが。
ウサオのこともあり、おいらは日帰りで半日だけ合流することに。新幹線で古川に11時に到着するHさんに合わせて合流だが、その前に一人で朝の飛び立ちを見るべく、いつも寝るくらいの時間に起きて出発。



この臨場感を年に一度は味わいたいのだ。
伊豆沼とどちらにしようか迷ったが、早朝は曇りで日の出バックは望めなさそうだったので、蕪栗に。
蕪栗の方が人がいなくていいね。
足元の草に霜がつき、薄い手袋では指がじんじん痛くなってきたが、早朝は風がなくしのぎやすかった。
f0118332_14335361.jpg
マガンが9万羽もいるのだから、迫力がある。全部が同じ場所にいるわけではないし、何度かに分かれて飛び立って行くのだが、鳴き声と羽音、どんどん飛んで行く姿は一見の価値ありです。

f0118332_14342068.jpg
マガンたちが早朝にどっと飛び去るのに、オオハクチョウたちは朝寝坊でいつまでも寝ていて、オオヒシクイたちも起きてはいてものーんびり。

f0118332_14351086.jpg
曇っていたのが、だんだん晴れて暖かくなってきた。

f0118332_14345878.jpg
水がひいた泥のところにタゲリやツルシギが少しいた。

f0118332_14354199.jpg
合流まで時間があるので、のんばりとオオヒシクイたちを眺め、すぐ上を飛ぶので撮る練習。

f0118332_14355427.jpg

f0118332_1436392.jpg

f0118332_14362247.jpg
早朝のマガンは暗くて撮れなかったが、明るくなったのでヒシクイ撮り放題。

f0118332_14363741.jpg
朝寝坊なハクチョウたちもやっと動き出した。

f0118332_14365248.jpg
小鳥類はなかなか撮れないが、カシラダカがひょっこり近くに止まってしばしじっとしてくれた。
群でいる小鳥のため、会えばたくさんいるから減っているとは気づかずにいたが、最近かなり減少しているようでレッドデータVUになってしまってびっくり。
f0118332_1437795.jpg
より白くなるため、泥パック中・・・なわけではなく、泥の中の根っこを食べてこんな顔に。

f0118332_14372516.jpg
ほんとは地面の虫を見ているんだが、こっち睨んでるみたい。

f0118332_14375483.jpg
古川駅11時集合なのに、のんびりしていたらいつの間にかここだけで10時過ぎてた。移動して自分の車は駐車場に置き、新幹線で到着のH氏とY氏の車に乗せてもらって3人で出発。
なんか手作りのテーブルがつけてあるなと開いてみたら、去年あげた粘土のハクガンとオオルリがつけてあった。あの頃は粘土ばっかり作ってたんだっけな。
f0118332_14381893.jpg
田んぼをぐるぐる巡って、雁探し。

f0118332_14402171.jpg
シジュウカラガン
f0118332_14404839.jpg
カリガネ



f0118332_15365214.jpg

ハクガンは6羽飛来しているらしいが、ぐるぐる探してやっと一羽。遠かった・・・
大きいし、白くて目立つ鳥ではあるが、なにしろ範囲が広すぎるから、たまたま運よく近くを通らないと見つからないもんだ。去年は運よく通った道路端にいてくれたんだが。
最後はまた蕪栗に戻って、塒入りするガンたちを見て締めに。
するといつの間にか近くの電線にコチョウゲンボウのメスが止まっていた。
以前は山形近辺でも見かけたんだが、去年は見つけなかったなぁ。今年は近くで会えるだろうか。
by akanezumi1984 | 2016-12-10 01:31 | 生き物 | Comments(0)

白は美しい

f0118332_141123.jpg

f0118332_141219.jpg

f0118332_1413261.jpg

f0118332_141382.jpg

f0118332_1422191.jpg

f0118332_1425624.jpg

f0118332_143737.jpg

f0118332_143389.jpg

f0118332_1434496.jpg

by akanezumi1984 | 2016-12-05 01:44 | 生き物 | Comments(0)
新車は1000kmでオイル交換とフィルターまで交換だったんだな。
うっかりしていて、気づけば既に2400km。それで車屋さんに行ったら、ちょうどぴったり1ヵ月だったので(たまたま)1ヵ月点検もしてもらった。
f0118332_055240.jpg
出かけついでに、近くをうろうろ。適当に寺社林探索してみたが、そうそう当たらないので、いつもの場所に。
ムササビ使ってるよなーな穴。

f0118332_061571.jpg
オナガ。この色はなかなかいいよね。

f0118332_063791.jpg
目当ての鳥は見つけられず。痕跡だけ。


f0118332_065211.jpg
オナガ押し

f0118332_071718.jpg
ダイサギ。大きな体で、器用に細い枝に止まるもんだ。

f0118332_073929.jpg
アオサギ。そこは無理でしょうよ。

f0118332_075965.jpg
オナガガモの翼鏡見えた

f0118332_082439.jpg
カモたちが気になってしょうがないネコ




f0118332_085853.jpg

f0118332_010763.jpg
山形市のはずれにオオハクチョウが数家族降りていた

ウサオに小さめのケージを買おうかと探してみたが、持ち運びによさそうな軽いのがあったけれど、スノコが合うサイズのがなかった。実家に置きっぱなしの小さいケージ持ってくればよかったな。
でも、実家といつものシッターさんとこ以外のとこに連れて行っても、落ち着かなくてかえってストレスか。

f0118332_204194.jpg

by akanezumi1984 | 2016-12-01 00:11 | 生き物 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984