カテゴリ:おらいの山( 730 )

新緑のブナ林に癒されに

下北の現場の宿は、毎日新鮮なお刺身が食べられるが、なにしろ遠い。帰宅は日付跨いでしまう。
それで、少しゆっくり寝てもいいかもと思ったが、6時に起きる癖がついていて目覚めてしまったのを7時まで二度寝。それでも睡眠不足だが、洗濯とデータの提出済ませ、昼からブナの森に癒されに行った。
f0118332_23460653.jpg
f0118332_23461807.jpg
山がきれいだ!
f0118332_23464070.jpg
博物園の森も花が咲き出した。
f0118332_23465459.jpg
f0118332_23471012.jpg
f0118332_23472994.jpg
おはよう。
f0118332_23474156.jpg
f0118332_23480738.jpg
湧水も飲めるようになっていた。
f0118332_23483458.jpg
f0118332_23484448.jpg
写真中央にヤシャビシャク。
f0118332_23485697.jpg
望遠でヤシャビシャクの花。
f0118332_23490742.jpg
f0118332_23491897.jpg
f0118332_23492837.jpg
f0118332_23495091.jpg
周海沼へ。
f0118332_23501274.jpg
f0118332_23503980.jpg
f0118332_23505555.jpg
芽吹きが始まったが、まだ足元はほとんど雪で、ひろびろ。
足元の雪もみじ。新緑に春もみじ。真っ青な空と白い山。なんと気持ちがいいんだろう。
f0118332_23511580.jpg
地蔵沼もきれいです。
f0118332_23514428.jpg
昨夜は時間が遅すぎて迎えに行けなかったウサオを夕方お迎え。水曜までは一緒にいられるな。

by akanezumi1984 | 2017-05-19 23:52 | おらいの山 | Comments(0)

雪と新緑と花を満喫

まだ残雪期の博物園周辺の道を覚えてないIちゃんに、一通りこの時期のいいところご案内。博物園~周海沼~大門海~石跳沢~ぶし沼~焼山尾根~皮松谷地~リュウキンカ沼~博物園。
f0118332_01564738.jpg
ブナの新緑がここまで上がって来た。
f0118332_01572107.jpg
花は少ない。
f0118332_01573415.jpg
春の花、秋の実の量をこうして調査している。
f0118332_01575376.jpg
f0118332_01581069.jpg
f0118332_01583157.jpg
ヤドリギが根本から落ちていた。
f0118332_01584187.jpg
周海沼へ
f0118332_01585387.jpg
5月限定のブルー
f0118332_01590677.jpg
トホシカメムシいた。
f0118332_01593577.jpg
大門海
f0118332_01594584.jpg
得も言われぬブルー
f0118332_01595853.jpg
石跳沢渡って対岸を登る
f0118332_02021282.jpg
ぶし沼も開いた
f0118332_02001525.jpg
f0118332_02002471.jpg
f0118332_02004104.jpg
焼山尾根から皮松谷地を見る
f0118332_02005148.jpg
焼山尾根の亀裂
f0118332_02013353.jpg
眼下に博物園。このあたり新緑がとてもきれい
f0118332_02025690.jpg
f0118332_02031274.jpg
皮松谷地
f0118332_02032823.jpg
リュウキンカ沼。誰もいないだろうと思っていたら、皮松谷地にS君が先に来ていた。その後リュウキンカ沼でも会う。
f0118332_02033762.jpg
ゆみはり茶屋に寄ったら、ケーキが最後の一切れだった。秘伝のが一番好きだけれど、マンゴーレアチーズケーキも美味です。
これ食べてる時に、112号が全面通行止めとの情報が入り、最初から月山インターに向かって一区間だけ高速使って、渋滞にあわずにすいすい帰れた。

by akanezumi1984 | 2017-05-15 02:07 | おらいの山 | Comments(0)

Kさん偲んで散策

博物園で長年お世話になったKさんを偲んで、ゆかりの地を散策しようと仲間が集まった。
おいらにとっては、博物園周辺と、各地のブナ巡りの研修が思い出の地なのだが、最近の数年はとある里山の整備やイベントに関わっていたとのことで、午前は同じ活動をされていた方の案内でその里山を散策。そこでのイベントは秋だったけれど、春もいいんだよ、と生前よく語ってらしたとのこと。
ほんとに花がたくさん咲いてよいところだった。
f0118332_23435360.jpg
チゴユリ
f0118332_23440483.jpg
キバナイカリソウ
f0118332_23441799.jpg
思い出話をしながら、植物を観察しながらの散策。おいらは月山、博物園ばかり行くので、里山の植物にうとく、教わること多し。
f0118332_23443372.jpg
サジガンクビソウのロゼット
f0118332_23444788.jpg
地べたに咲くヤマツツジ
f0118332_23450061.jpg
シュンラン
f0118332_23452279.jpg
フデリンドウ
f0118332_23453700.jpg
マキノスミレでいいのかな?
f0118332_00014505.jpg
キランソウ
f0118332_00020391.jpg
アマガエル
f0118332_00021854.jpg
混まないうちにと、少し早めに故人オススメだった蕎麦屋さんへ。揚げ蕎麦餅は外側カリカリ。中が熱々とろり。
f0118332_00023080.jpg
細い蕎麦が氷水できりっとしめてあって、とてもおいしかった。うんうん、さすがオススメの店。
蕎麦を待つ間もいろいろ思い出話。Kさんに教えていただいたことがたくさん。おもしろいエピソードもたくさん。
みなさん忙しく、ここで解散になったが、おいらと山オヤジさんだけで、Kさんと長年一緒に親しんだ博物園へ。

f0118332_00272514.jpg
暖かい日が続き、沢もかなり開いた。

2日はほとんど花が咲いていなかったリュウキンカ沼は、劇的に変わっていた。
f0118332_00283467.jpg
f0118332_00285007.jpg
タムシバの白が青空にしみいるようだった。
f0118332_00290510.jpg
まだほとんどブナは芽吹いてないのだが、ぽつんと一本だけ芽吹いていたりする。今年はけっこう花があるようだな。
f0118332_00294912.jpg
f0118332_00300572.jpg
皮松谷地は、リュウキンカ沼ほど花に大きな変化はなかったが、開水面は大きくなった。
f0118332_00301899.jpg
f0118332_00303425.jpg
f0118332_00305481.jpg
カワクルミ沼
f0118332_00310918.jpg
どうなっているのかな木
f0118332_00312671.jpg
下皮松にも寄って。
f0118332_00314345.jpg
眼下に博物園
f0118332_00321674.jpg
羽毛があれば冷たくないのか??雪からしたたる水で水浴びするヒガラ。
f0118332_00323606.jpg
帰りにゆみはり茶屋にも寄り道。秘伝豆のチーズケーキは売り切れていたので、とんバーガー。
とんバーガー待つ間にフェルトの棚を見ていたら、しろくま親子3匹セットがなくなっていた。
どんな人が買ってくれたんでしょ?と聞いたら、男性が「これが買ってくれって言って来た」と言ってレジに持って来たのだそう。
お気に入りの子が旅立って寂しいけれど、そんな風に言ってもらえて嬉しい。


by akanezumi1984 | 2017-05-08 00:02 | おらいの山 | Comments(0)

5/3月山の日?

5/3、GWでさすがに人が多く、会えた方々の他にも知ってる人がたくさん月山に来ていたようだ。
リフトを降りたところでは、震災後のボラ仲間と4年8ヶ月ぶりに感動の再会。朝日縦走で以東の小屋に泊まってくれて以来。
f0118332_23574179.jpg
今回は長野の雨飾りさんとその山スキー仲間さんたちと合流(おいらだけスパ長)
f0118332_23581071.jpg
f0118332_23584242.jpg
おいら以外のほとんどの方が重い一眼レフ持ち!
f0118332_23585466.jpg
四谷沢から牛首に向かって、ヒヨドリの群が飛んで来たが、よほど疲れているのか向かい風が強いわけでもないのに、ちょっと飛んでは降り、ちょっと飛んでは降りしていた。
f0118332_23591783.jpg
はぁーぁ、美しいねぇ。
f0118332_23595472.jpg
遠目にはのっぺりして見えるけれど、最後はけっこう急です。
f0118332_00001114.jpg
もう少し。
f0118332_00002529.jpg
かなり気温が上がっていたが、スタートが早かったので、まだ氷が残っていた。
f0118332_00004414.jpg
別グループで先月高館山でお会いしたmorinoさん、tamyさん、モンキィさんも登ってた。
f0118332_00005983.jpg
f0118332_00014225.jpg
f0118332_00021102.jpg
f0118332_00023455.jpg
スキー組は昼ご飯も食べずに、東斜面に吸い込まれて行った。
f0118332_00085304.jpg
ちびうさセッション。左からmorinoさん、tamyさん、おいら。
f0118332_00090528.jpg
撮影するナカシイさん。
f0118332_00092042.jpg
スキー組が戻るまで時間がたっぷり、と大き目のウサとクマを作っていると・・・
f0118332_00095300.jpg
スキー組いつの間にか戻って、雪ちょしに参戦。
f0118332_00101498.jpg
ゲキさんが倒れて叫んでいる人を作っていたので、足に噛みつくサメを作ってみた。
f0118332_00103137.jpg
姥沢からブナ林にドロップ。
f0118332_00105917.jpg
当初皮松谷地も予定していたが、山頂で雪ちょしが盛り上がり過ぎて時間がなくなった(笑)

by akanezumi1984 | 2017-05-05 00:11 | おらいの山 | Comments(2)

縄張り巡回?

明日遠来の友人が月山に滑りに来るのだが、以前お連れした場所にも寄りたいかもとのことなので、ちょっと下見。なんてね、ただいつもの自分の気に入りの場所に行っただけですが。
のんびりウサオと過ごしてから、ゆるゆる出発し、寄り道だらけ。
f0118332_23094023.jpg
八幡坂のヤマザクラがきれい。そして対岸でブナの峰走り。
f0118332_23100276.jpg
弓張にコブシとサクラも咲き、カケスとツグミとムクドリが雪のとけたところに集まって採餌していた。
f0118332_23101280.jpg
f0118332_23104920.jpg
博物園裏はもう渡れないな。
f0118332_23110538.jpg
どんどん崩れて行く。上の大きなミズナラも時間の問題か?
f0118332_23113832.jpg
森の妖精に撮ってもらいました。
f0118332_23123126.jpg
石跳沿いを歩いて春木戸の少し上くらいから右岸に上がって、ぶし沼へ。ここで〇ベールのパンでランチ。んまっ。
f0118332_23124646.jpg
f0118332_23125816.jpg
風もなく、焼山尾根を快適に歩く。
f0118332_23132087.jpg
今日は空気が澄んでいて山がきれいだよ。
f0118332_23133124.jpg
だいぶ割れて来ましたな。


f0118332_23134310.jpg
三山を眺めるうさ。
f0118332_23142603.jpg
皮松谷地に花チェックに行く。
f0118332_23143775.jpg
この界隈は、初めて来た時にクマ棚だらけだった。もう、とうに棚はなくなっているが、不自然に枝が剪定されてる木は・・・
f0118332_23144828.jpg
爪痕めちゃくちゃ。
f0118332_23152999.jpg
まだ花は盛りには早いようで、ミズバショウが小さく、リュウキンカはまだぼつぼつ。
f0118332_23161541.jpg
f0118332_23162642.jpg
ヤドリギは、これで花が咲いている。
f0118332_23165702.jpg
赤見堂
f0118332_23173415.jpg
下皮松からリュウキンカ沼通って石跳に下り、博物園に戻る。
f0118332_23175209.jpg
博物園の近くで出発直後に見たキビタキがまだいた。今年初キビタキ。
博物園に寄ったら、山頂までスキーで行っていた友人も現れ、あまりの顔の黒さに皆に笑われる。裏表わからないくらいに黒いぞ。
さて、明日は待ち合わせがあるから早起きしないとなぁ。

by akanezumi1984 | 2017-05-02 23:18 | おらいの山 | Comments(0)
遠くの現場が続いて、移動日でつぶれてしまうため、二週間休みなしになってしまってましたが、あとは連休明けまで仕事しませんぞ。
そんなわけで、久しぶりにおらいの山に向かいました。
たまたま前夜にほっづこっづで雪ちょし隊の隊長と監督も行くことがわかり、せば一緒にということで志津野営場集合して一台で姥沢に行くべと話がまとまったわけですが。
f0118332_01282228.jpg
道路端に普通にいろいろ咲いているので、寄り道。西川の集落は少し標高高めなので、まだカタクリが見頃。
f0118332_01283142.jpg
お隣にはキクザキイチゲ
f0118332_01284106.jpg
単独なら志津野営場に車を置いて、バスで移動を考えていたが、隊長車に乗せてもらって姥沢へ。
連休序盤は、まだ平日挟むせいか駐車場も空きがあり、リフトも並ばず済みました。
f0118332_01285298.jpg
リフト乗り場にイワツバメが帰って来て、巣作り中。
f0118332_01244454.jpg
今回、二人は岩礁55(素敵なスパイク長靴)で、おいらだけスノーシュー。スノーシュー履く間にと早くも雪ちょし始める隊長です。
雪ちょし隊長だがらね。
f0118332_01250754.jpg
いつもは姥ヶ岳経由ですが、この日は下道トラバースルート。金姥の急斜面を先に滑り降りて、上の二人を見上げたら、イヌワシがけっこう近くに!(といっても真上のタイミングでは撮れず、相当トリミングしてますが)
タヌキ尻尾が二つも見えたで、気になって確認しに来たような(笑)
ここ数年月山でイヌワシを見る機会が激減しているので、活動エリアがまた戻るといいなぁ。
f0118332_01251866.jpg
下道を歩いているうちは風もあまり当たらず、暑くて薄着で歩いてましたが、牛首で稜線に出たら強風。さらに山頂直下の急斜面に入るとものすごい強風で鼓膜が痛い。鍛治月光から先はものすごい追い風で楽っちゃ楽でしたが(笑)
f0118332_01292067.jpg
鍛冶小屋跡近くのお稲荷さんがバラバラに壊れていた。
f0118332_01253399.jpg
鍛冶小屋跡を過ぎるとさらに風は爆風と化し、よろけてまともに進めない感じに。
f0118332_01254741.jpg
這うように神社にお参りした後、頂上小屋の陰に逃げ込む。素敵な真っ白な新雪があるので、隊長とそれぞれにやや大き目のウサギを作るも、小屋の壁バックではね・・・と、よろよろと頂上方向が背景になるよう数メートル移動させて撮影。
あまりの爆風ぷりにぶれて景色を撮るのもままならず、さっさと下山。
f0118332_11332549.jpg
鍛冶小屋跡から下になると、普通に立てるくらいの風に。
f0118332_11335501.jpg
下りは尻滑りしながら。気温が高く、日差しがあるので、雪が柔らかすぎて滑りが悪かったけどね。
f0118332_11342627.jpg
スキー場の沢コースはこの少し先から下までノンストップで尻滑り。おいらは数年前に頸椎ヘルニアになってから尻滑りは封印していたが、これだけ雪が柔らかければ大丈夫かなと今回は解禁。
f0118332_11343782.jpg
こぶコースが現れていた。
隊長と監督はもう満足したー!と、姥沢から車で帰り、おいらは予定通り一人でブナ林を下った。
f0118332_01260313.jpg
根開きが進んでいます。
f0118332_01262511.jpg
f0118332_01263680.jpg
大門海が割れて来た。
f0118332_01264570.jpg
ヤドリギ
f0118332_01270385.jpg
周海沼
f0118332_01271701.jpg
人っ子ひとり見かけず、歓声も聞こえず、静かな森を独り占め。あまりに気持ちよくて、魂抜けそうでした。
f0118332_01272887.jpg
博物園の雪壁。
f0118332_01274451.jpg
地蔵沼も今とてもきれいですよ。
f0118332_01275255.jpg
クアックアッと声がして、オシドリが降りて来た。
f0118332_01280045.jpg
こちらは志津の五色沼のキンクロハジロ。まだ北に帰らないのかい?二羽いたけど、どちらも♂だったから、伴侶が見つからなくて子育てしないからのんびりなのか?
ゆみはり茶屋覗いたら、開店準備されていたので、フェルト作品を納品。
一週間ぶりの帰宅後、まだ買い物してなかったので、スーパーも寄ったら帰宅が8時過ぎて、お腹がぺこぺこに。
ずっと宿で出されたものを食べるだけの生活が続いたので、自炊が億劫になってしまわないようにしないと。

by akanezumi1984 | 2017-05-01 01:30 | おらいの山 | Comments(0)
また違う花が楽しめる高舘山にも行きたいと思いつつ、おらいの山も行けていない・・・どっち行くか思案したが、やっぱりおらいの山へ。夜更かしとウサオの世話で、また半端な時間になったのと、帰りに麦わら寄りたいのとで牛首まで。
f0118332_09303505.jpg
毎年見ている道路法面のザゼンソウ咲いた。
f0118332_09305112.jpg
f0118332_09312234.jpg
平日の半端な時間なので、ガラ空き。
f0118332_09314082.jpg
f0118332_09315538.jpg
クラック入り始めた。
f0118332_09321279.jpg
雪がたっぷりと思っていたが、湯殿稜線はけっこう笹とか出てるね。
f0118332_09322497.jpg
湯殿山奥の院への道路も除雪が進む。
f0118332_09324662.jpg
f0118332_09331707.jpg
姥山頂通って尾根伝いに行くと、例年二ヶ所、ものすごい急な下りがあるので歩きの人はご注意ください。植生を極力踏まず、かつ安全に下れるように。
f0118332_09333013.jpg
鳥海山全容が見えているけれど、空の色が薄くて写真にするとわかりにくい。
f0118332_09334857.jpg
牛首。今日はここまでにしときます。天気下り坂なので無理しないでとリフトで釘刺されてたけど、夕方までもちそうではありましたな。でも大井沢に寄り道するから早めに帰る。
f0118332_09341686.jpg
リフト降りたすぐあたりは暑かったけれど、さすがに稜線はさっぶーい風が吹き荒れ、ちょっとちびうさ作るのにも体が冷える。
f0118332_09344371.jpg
昨日の陽気で雪庇落ちたかな・・・
f0118332_09350985.jpg
f0118332_09351714.jpg
行きか帰りにバスを使うと、リフト使って登って、帰りは志津まで滑ったり歩いたりで帰れます。朝もう少し早い時間のがあるといいんだけれどね。(といいつつ、この日は朝のバスに間に合う時間に行けてない)
f0118332_09353104.jpg
大井沢の一番奥、根子にあるギャラリー麦わらさんに寄り道。「大井沢工芸展Vol.8」開催中(日にち注意:4/15~17,21~24,
29,30の11時~16時)

f0118332_09353904.jpg
菊摩呂こけし
f0118332_09354919.jpg
オーナーが「よくあの手でこんな小さいの作るよね」と言うので笑う。
f0118332_09360097.jpg
工房さんぽさんの月山和紙
f0118332_09361251.jpg
聴雪窯の陶芸。お買い得のようです。
f0118332_09362427.jpg
ドッグのソーセージは、フキノトウ入りとギョウジャニンニク入りから選べる。
f0118332_09363558.jpg
ケーキ売り切れでがっかりしたが、おいしいムースがありました。さっぱりしてこれもお勧め。
f0118332_09365825.jpg
帰り道、道路脇の雪原からカラスとタヌキが飛びだし、タヌキは雪原逃げずに道路横切って側溝へ。ここが安全とわかっていて、いつも移動に利用してるんだろう。こうしてじっとおいらが立ち去るのを待つ。
カラスもいたので、なにか食ってたんだろうと、雪原の方を見ると・・・
f0118332_09371138.jpg
タヌキの死体。共食いしているが、自然界ではよくあること。

by akanezumi1984 | 2017-04-18 09:37 | おらいの山 | Comments(0)

年度初めにつき

午前中はエコプロ総会に遅刻して出席。午後からは博物園のスタッフ会議。いつもはうらめしいくらい天気がいいことが多く、昼休みに少し雪の上を歩いて外でご飯食べて大きな雪だるま作ったりしていたのだが、今年は雨・・・
f0118332_00192693.jpg
天気悪いので、山が好きなみなさんも心穏やかに会議に集中できる。
f0118332_00193587.jpg
会議終わるころには小雨になっていたが、もう時間も時間なので駐車場脇でちゃちゃっと。
おいらが一うさ、ほっづこっづで雪ちょし隊長が二うさ。どれがおいらのかわかるでしょうか?
f0118332_00195242.jpg
ウサオがめっちゃりとうんこの上で寝ていて、いつも下になる側のお尻の汚れがひどいので洗ってあげたかったが、今日は時間なくなって洗えず。いつも同じ側が下になっているので、家でゆっくりできる時はちょっと反対側にしてやる。
ただ、この体勢から起きるのがウサオには難しいので、適当なところで戻してやらないとな。

by akanezumi1984 | 2017-04-16 00:31 | おらいの山 | Comments(2)

月山雪の回廊

修理から戻ったスノーシュー持って、月山に向かうが。
f0118332_22183018.jpg
ん?田んぼになにかいる!
と、思ったらチェーンソーアートのフクロウ。他にもあって、練習場にしてるのか。
f0118332_22184413.jpg
県道月山志津線は、6日午前11時に開通しましたが、当分は夜間通行止めです。(午後7時~午前7時まで)
f0118332_22185652.jpg
今日は雨でしたが、5月始めくらいまでは寒気が入ると雪が降ることがあります。天気がよくて雪解け水が道路に流れ、翌朝放射冷却で凍ることもありますので、朝早めの時間や、気温が低い時はご注意を。天気予報よく見ましょうね。
看板には「路面凍結・積雪時」と書いてあって、ノーマルタイヤが通行禁止なわけではないですが、よく山に行く人たちには「タイヤ交換はGW後」という人が多いですね。
f0118332_22190914.jpg
去年は雪が少なくてびっくりでしたが、今年の壁は立派ですよー。
f0118332_22192245.jpg
今日は雪の回廊ウォーキングのイベントがあり、雨の中、大勢の参加者がありました。
f0118332_22193822.jpg
今年初めて姥沢まで車で行けたのですが、あいにくの雨と濃霧で、あっさりと歩くのを諦めて車でささっと写真撮るだけに・・・
(せっかく昨日スノーシューが修理から上がったのに)

f0118332_22234153.jpg
ほんの少しだけ一人雪の回廊ウォーキング(笑)

f0118332_22240318.jpg
下界はこんなだというのにねぇ。
f0118332_22241436.jpg

by akanezumi1984 | 2017-04-08 21:21 | おらいの山 | Comments(0)

f0118332_23283037.jpg
数年ぶりに友人が看板タッチしたい、とやって来た。除雪されるとこんなに高いけれど・・・
f0118332_23284670.jpg
姥沢までの除雪は終わってますが、まだ通行止めです。
f0118332_23290344.jpg
これこれ。こっちは除雪されないので、まだまだ触れます。つか、身長150cmでも頭ぶつかります。
f0118332_23291833.jpg
f0118332_23293254.jpg
ウサギのガジガジが目立つようになりました。じき、ネズミのガジガジも出て来るでしょう。
f0118332_23294695.jpg
うぬ?アカネズミの毛が、点々と散らばってるぞ。
f0118332_23300795.jpg
ウサギの赤しょんより赤い・・・血か?と掘り起こすとさらに真っ赤に。そして・・・
f0118332_23423785.jpg
肉片出て来た。近くに猛禽のフンもあり、ノスリの仕業か?
f0118332_23425681.jpg
ヤドリギ、まだ実が残ってる。
f0118332_23432000.jpg
土曜というのに車止めに車が5台しかなかった。こちらスタート遅かったこともあり、湯殿も姥も人影なし。
f0118332_23455883.jpg
昼ご飯食べてからちびうさ。
f0118332_23461663.jpg
ふと友人の足元見たら、登山靴のつま先に雪がめり込んでて、ソールがはがれてたので、袋がけで応急処置。結局両足ソールはがれて、両足袋がけで下山(笑)
f0118332_23463960.jpg
リュウキンカ周って帰る。
f0118332_23482254.jpg
オコジョがかけずりまわった足跡があった。

f0118332_23465931.jpg
朝日連峰見えてきた。

f0118332_23471735.jpg
足元かくかくするなと思ったら、スノーシューのピンが外れてた。去年友人に修理してもらった時に、ちょっと緩くなってきてるよと言われていたのだった。長年の酷使でピンがはまってる穴がだんだん大きくなってきて、とうとうすっぽ抜けてしまったよ。

f0118332_23474010.jpg
f0118332_23484993.jpg
温泉入って山形に戻り、友人が地元のおいしいもの食べたい。お酒もちょっぴり飲みたいというので、以前一度だけ入ったことのある近くのお店へ。突き出しがこんなに素晴らしい店なかなかないよね。

f0118332_23490740.jpg
550円のサラダがてんこ盛り。しかも、キュウリが飾り切り!そうそう、前に来た時も普通にサラダに飾り切りがあって、おおっ!と思ったのだった。

f0118332_23491729.jpg
何度も山形に来てるのに芋煮食べたことないという友人は、芋煮食べて満足のご様子。他にも焼き物、揚げ物頼んで満足。

f0118332_23492934.jpg
後から来た10人くらいのお客さんのところになんかすごいものが運ばれてった!賑やかに盛り上がっているので、すみません、写真撮らせてもらっていいですか?と聞いたら、どうぞ、どうぞ、なんなら一緒に食べますか?と皆さんにっこにこなので、撮らせていただく。
いやー、おもしろい。花にネズミにカエルいる!


f0118332_23494600.jpg
こっちは魚と釣り人と鳥!
たぶん1500円の刺身盛り合わせなんだけど、刺身より飾りが充実してる(笑)
いやー、これは盛り上がるよねー。二人じゃ寂しいので、5人くらいで行って、これ注文したい。
普通に刺身盛り合わせを頼むと、板さんが勝手にいろいろ飾って出してくれる店みたい。


by akanezumi1984 | 2017-04-01 23:44 | おらいの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー