カテゴリ:おらいの山( 731 )

とても素敵な方と大好きな月山を、大好きな頂上小屋に一泊で歩く機会に恵まれました。
泊まりだから時間はたっぷり。俳句をされる方ということで、じっくりとお好きなだけ自然に浸っていただこうと楽しみにしていたのだが、予想外の事実発覚で、想像を超えた楽しい二日間に・・・
いつもと違って、八合目からの往復でした。
f0118332_00130490.jpg
駐車場では鳥海山が見えていましたが、弥陀ヶ原は最初ガスがかかり、幻想的に。
f0118332_00290290.jpg
ハクサンシャクナゲ・・・と、小さな甲虫。スタート間もなくからゲストのTさんの生き物に対しての食いつきがよいことに気づく。
f0118332_00291374.jpg
湿原はキンコウカが盛り。コバギボウシが咲き始め、ワタスゲも少し。
f0118332_00292383.jpg
トキソウは盛りでした。
f0118332_00302463.jpg
朝8時スタートで山頂泊まりの予定のため、時間がたっぷりとあるので、弥陀ヶ原をぐるりと散策してから参篭所着。
もう10時を過ぎました。ここでトイレに寄ろうとして、衝撃の事実が発覚(笑)
トイレ入り口の引き戸を開けようとしたら、ガが数匹貼り付いていて、これが初めて見る、小枝にそっくりなものや、頭がモヒカンみたいになっているのや美しいのやで、思わず喜んでいたが、普通の女性だったら「やだ、気持ち悪い」と言われるところです。
ところが隣でTさんがおいら以上に喜んでいる???まさかの虫愛ずる姫ですか!!
なんということでしょう。生き物なんでも好きという同士がひょっこり巡り合ってしまいましたよ。しかも時間制限ないも同然の日程ですから、この先は道草し放題。景色と花だけでなく、いろいろな生き物にひっかかって楽しんで行くという、登山に来たのか、生き物観察会に来たのかわからない二人組となりました(笑)
f0118332_00303760.jpg
一般の方たちは、目立つ大き目の花にしか気づかない方が多いですね。小さくて可憐な花もたくさんあるのですが。
f0118332_00304672.jpg
夏山のおやつは、果物が一番。他にもミニトマトやスモモを持って来たので、お菓子がさっぱり減りませんでした。
f0118332_00305600.jpg
初めての雪渓歩きも楽しんでいただきました。
f0118332_00310688.jpg
トウゲブキ
f0118332_00311591.jpg
ゴゼンタチバナは、緑みがかったのも時々ありますね。
f0118332_00313247.jpg
ひっかかるものが多過ぎて、九合目で既にお昼です。
f0118332_00314271.jpg
今年は女性用Tシャツは新しいデザインになりました。かわいい生き物たちの絵柄で、もちろん速乾素材なので山で着られます。
f0118332_00315134.jpg
かわいいメモ帖も!Tシャツもメモ帖も、価格のうちの100円は環境協力金に寄贈されるそうです。このメモ帖は、中もこの柄でした(白い部分が表紙より広めです)

f0118332_00321293.jpg
行者返しを越えて
f0118332_00322452.jpg
ミヤマリンドウ
f0118332_00324026.jpg
大峰まで来れば、山頂は近い。
f0118332_00324740.jpg
トウヤクリンドウが咲き始めました。
f0118332_00325680.jpg
チシマギキョウがまだがんばってました。
f0118332_00332503.jpg
山頂付近の雪渓でちびうさ奉納。
f0118332_00334365.jpg
たっぷりいろいろなものを味わいながら、ゆっくりのんびり来たので、小屋に着いたらもう4時でした(笑)
時間があるのだから、急ぐ理由なし。時間を気にしないで歩けるのは贅沢なことですね。
f0118332_00335101.jpg
ごめんなさい。お腹すいて早く食べたかったせいか、せっかくのおいしいご飯の写真がこんなぶれぶれに・・・
f0118332_00340465.jpg
夕方ちょっとガスったけれど、ご飯を食べ終わるころにはまた晴れてくれて・・・
f0118332_00344440.jpg
雲海に沈みゆく太陽と、刻々と変わる色合いを楽しむことができました。
f0118332_00351323.jpg
f0118332_00352700.jpg
f0118332_00354253.jpg
f0118332_00355849.jpg
f0118332_00360846.jpg
f0118332_00361762.jpg
頂上の日没タイムにしては暖かい・・・と思っていたけれど、きれいでしたねーと振り向くと誰もいなくなっていて、おいらと芳賀さんだけになっていた。
その後、おいらは朝まで寝てしまいましたが、Tさんは夜中に目が覚めて満点の星空と流れ星を堪能されたとのことで、よかったです。
f0118332_00364609.jpg
翌朝も晴れて、ご来光を見るため早起き。
f0118332_00365912.jpg
f0118332_00371389.jpg
f0118332_00372868.jpg
f0118332_00375557.jpg
日が上がってくると、西側に影月山が写ります。
f0118332_00381296.jpg
f0118332_00383834.jpg
刻々と変わる眺めを楽しんだら、小屋に戻っておいしい朝ごはん。
f0118332_00385621.jpg
この時のお浸しはカラマツソウだったかな?赤コゴミの煮物も最高においしい。
f0118332_00390549.jpg
下山ものんびりと参ります。
f0118332_00391833.jpg
昨日は半分雲に埋もれていた鳥海山が、全部見えています。
f0118332_00392517.jpg
雪渓見ながら、おやつにスモモ。
f0118332_00395191.jpg
この日もいろいろな虫にひっかかり、佛生池のクロサンショウウオの幼生のかわいらしさに足を止め、カルガモの雛たちや池塘のイモリのかわいさにくぎ付けになり・・・
f0118332_00401080.jpg
f0118332_00402002.jpg
前日見そびれたオゼコウホネの池にも寄りました。ちょうど見頃です。
f0118332_00405008.jpg
姥沢口からだとわずかしか見られない、モウセンゴケが弥陀ヶ原ではびっしりと生えている。
f0118332_00410043.jpg
小さな小さな花が咲き始めた。
f0118332_00411351.jpg
なにか捕まえた??
f0118332_00412829.jpg
どこにでもあるから脚光を浴びないミツガシワも、オゼコウホネと同じ年代からの氷河期の生き残り。
f0118332_00414687.jpg
実は、八合目のレストハウスに入るのは初めてだった! 月山カレーをお昼ご飯にして、ちょうどTさんの帰りのバスの時間に。
直前まで天気が悪くて行けるか心配していましたが、スタート時には幻想的なガスのかかった景色も見られ、その後は青空になり、夕日、星、ご来光も見られて本当によかったです。
この後、生き物編をアップしますので、お楽しみに(笑)

by akanezumi1984 | 2017-07-27 00:41 | おらいの山 | Comments(1)

やっと行けた

13日に一度チャンスがあったのに、あまりの土砂降りに行先を鳥海に変更したため、おらいの山は二週間近くぶりに・・・
f0118332_00440045.jpg
まだ一般スキーの方がいますね。
f0118332_00441168.jpg
f0118332_00443226.jpg
姥山頂から金姥にかけ、ニッコウキスゲが見頃です。
f0118332_00444573.jpg
f0118332_00450115.jpg
暑すぎて茫洋とし、鳥海山が見えません。
f0118332_00451756.jpg
大峰のチシマギキョウが見頃。
f0118332_00453730.jpg
順番がごちゃごちゃになりますが、トキソウ。
f0118332_00455279.jpg
タテヤマウツボグサ
f0118332_00460260.jpg
ミヤマリンドウ
f0118332_00462691.jpg
タカネアオヤギソウ
f0118332_00463669.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_00464505.jpg
ウラジロヨウラク
f0118332_00471347.jpg
イワイチョウ
f0118332_00472328.jpg
チングルマ
f0118332_00473974.jpg
アカモノ
f0118332_00475472.jpg
ヒナザクラ
f0118332_00481356.jpg
ハクサンシャクナゲ
f0118332_00485237.jpg
山頂にいても暑いので、大雪城へ。
f0118332_00490954.jpg
f0118332_00492062.jpg
去年はこのあたりでもうチングルマが咲いていたが・・・雪じゃ。
のんびりぶらぶら過ごして、山頂に3時に戻る。今回は人も少ないし、拾い物はしなくて済むよね・・・
なんか微妙な二人組がいたけれど、沢登りしてきたと言うし、沢靴で普通のところとか雪渓が歩きにくいだけなのでしょう。
f0118332_00495082.jpg
しっかりした登山靴はいてれば、今日みたいな暑い日は表面が柔らかで、なんの問題もなく下れるけれど、沢靴の方たちは大苦戦してましたな。
f0118332_00500340.jpg
怖かった雪渓もすっかりなくなりました。
f0118332_00501103.jpg
ここの水は最高においしい。ボトルに残った水と交換していきます。
f0118332_01044215.jpg
三泊四日で昨日戻ったばかりのウサオなのに、明日の午前中からまたシッターさんちへ。
今回はかなり久しぶりに、昔のシッターさんちに預かってもらうが、ウサオ覚えているかな?

by akanezumi1984 | 2017-07-21 00:52 | おらいの山 | Comments(0)

たまに早起きして

早起きできたので(午前3時)、宿題のモニ1000の月山の調査も兼ねて、おらいの山へ。
f0118332_21240851.jpg
リフト下は稜線より早く花が咲くので、ニッコウキスゲが見頃。
f0118332_21241710.jpg
ノウゴウイチゴ畑
f0118332_21243158.jpg
3時に起きて3時半に出ても、姥沢着いて準備して歩きだしたら、5時半近くになってしまう・・・天気予報がいいと、早朝からけっこう人が来ていますなぁ。

f0118332_21284035.jpg
さて、いつもは姥山頂経由で花を愛でながら山頂に向かうのですが、モニ1000の調査のコースが姥分岐付近から木道コースの牛首分岐の手前を「往復」となっているので、一度記録を取りながら牛首分岐の数百メートル手前まで行きながら、また記録とりながら姥分岐まで戻らなければならないのだった。
f0118332_21290488.jpg
てことで、調査が終わってから姥ヶ岳登って、尾根コースで山頂へ。

f0118332_21291660.jpg
姥山頂は、ヒナザクラとチングルマが見頃でした。
f0118332_21292888.jpg
ヨツバシオガマが咲くと、夏だなーと感じる。ニッコウキスゲは来週かな。まだ、ぽつぽつしか咲いていなかった。
f0118332_21294044.jpg
f0118332_21294902.jpg
鳥海の雪もこの時期にしては多いかな。
f0118332_21300105.jpg
尾根コースは、姥山頂から先はほとんど雪がなくなりました。次の週末はニッコウキスゲロードになるかな。
f0118332_21302406.jpg
f0118332_21303428.jpg
ちょっと端境期な感じで、迫力あるなにかの大群落はないですが、そこかしこにいろいろ咲いています。
f0118332_21304440.jpg
小さくて目立たない、コケモモ
f0118332_21305400.jpg
ツマトリソウ
f0118332_21310225.jpg
ウサギギク
f0118332_21311748.jpg
アオノツガザクラ
f0118332_21312695.jpg
ヒナザクラ
f0118332_21313800.jpg
f0118332_21314810.jpg
なんて涼しげな景色!でも、風がなくて、山もそれなりに暑く、顔の汗がじゃりじゃりに。
f0118332_21315860.jpg
コエゾツガザクラ
f0118332_21321290.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_21323572.jpg
ミヤマウスユキソウ
f0118332_21324676.jpg
クロユリ。今年は本当に数が少ないけれど、また新しいのが咲いていました。
f0118332_21325495.jpg
f0118332_21330701.jpg
ハクサンフウロ
f0118332_21331611.jpg
鈴なりのツガザクラ
f0118332_21332833.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_21334451.jpg
山頂は、神社横にまだべったりと雪。このまま東斜面に続いてますよー。
f0118332_21335444.jpg
ミツバノバイカオウレン
f0118332_21340419.jpg
コメバツガザクラ
f0118332_21341720.jpg
f0118332_21342721.jpg
ミヤマシオガマ
f0118332_21344109.jpg
f0118332_21345306.jpg
チシマギキョウが蕾つけてた。いつ咲くかなぁ。
f0118332_00121996.jpg
一人でちびうさ作っていたら、この時だけガスがかかって涼しかった。
f0118332_00122863.jpg
山頂で久しぶりに相棒と会えたので、かなり久しぶりな共作。監督やRちゃんらと一緒に神社でお祓いしてもらったし、1日に来れなくて食べ損ねていたタケノコ汁も食べられたし、ツガザクラかわいかったし、初めて見る虫も見られたし、なかなか充実度の高い日となった。
f0118332_21355160.jpg
相棒や監督たちはそのまま下るというが、おいらはもう少し山頂散策。
f0118332_21360657.jpg
ミヤマシオガマ。
神社の横で雪ちょしできたので、大雪城まで行かなくてもいいか。
余裕あったら装束場下りたいと思っていたが、のんびりして時間もなくなったので、姥沢に下ることに。
f0118332_00124827.jpg

下の木道も顔を出してきましたが、まだ雪の部分が多いので、雪に慣れない方はなるべくアイゼンを準備するかレンタルしてください。
今日、たまたま出会ったご家族を、ちょっと心配なので結局山頂から姥沢まで引率しましたが、おいらのアイゼン貸しました。
アイゼンなしでも怪我するようことはなさそうな、ゆるい下りでも、苦手な方にはアイゼンがないと恐ろしく時間がかかってしまうから。

リフトを使わない旧姥沢小屋からのコースには、二ヶ所、ちょっと怖いトラバースがあります。通行止めではないですが、雪の上歩きが苦手な方にはかなり怖いと思います。また、雪渓の端がえぐれていてスノーブリッジになっているのが薄くなっていると、踏み抜きや転落になりますので、ご注意ください。

できる人にはなんでもないことでも、できない人にはとっても大変だったりします。
軽い気持ちで月山行こうか、連れて行って、と一緒に出掛けても、すいすいと歩ける方と、そうはいかない方といろいろ。
自分だけならすいすい下れる方も、同行の方が登りより下りで時間がかかる場合もありますので、時間配分に気を付けて山を楽しんでくださいねー。

by akanezumi1984 | 2017-07-09 00:25 | おらいの山 | Comments(2)

取り急ぎ連絡

通行止めになっている、月山公園線(羽黒側の八合目に行く道路)は、7日16時開通予定です。

週末に間に合ってよかったですね。
by akanezumi1984 | 2017-07-06 17:11 | おらいの山 | Comments(0)

月山花だより

今月後半は、土日にからむ仕事が続くが、平日にぽかっと空く日があって、それが昨日今日。昨日は移動とお葬式で一日つぶれたので、今日おらいの山にやっと行けた。リフト架け替えで運休3日間の最終日。
f0118332_23404599.jpg
沢コース下部は、藪が立って来たが、穴はまだないし、沢音もしないので安心して歩けた。
f0118332_23410560.jpg
ほとんど人がいない。
f0118332_23411980.jpg
ちょこちょこしゃがんで雪の上の虫を撮るが、今日は少なかった。
f0118332_23414096.jpg
誰も滑ってない・・・おいらと入れ違いに帰ったスキーヤーが1人。下って行く車も何台かあったので、リフト運休知らずに来て、すぐに帰ったのか?

f0118332_23420329.jpg
鳥海山がきれいに見えた
f0118332_23421406.jpg
このへんで下ってきた登山者一名とすれ違い、柴灯森でもう一人。以上(笑)
f0118332_23422737.jpg
姥~金姥間のハクサンイチゲが見頃
f0118332_23443495.jpg
ビンズイ
f0118332_23444500.jpg
金姥の雪壁もずいぶん減った
f0118332_23445543.jpg
チングルマとコイワカガミ
f0118332_23451279.jpg
ミネザクラが満開
f0118332_23452814.jpg
シラネアオイも、早く咲いたところは盛りを過ぎたが、まだこれからのもあります
f0118332_23455081.jpg
柴灯森~牛首間にあるクロユリ。山頂のより少し生育が早い
f0118332_23460172.jpg
f0118332_23461333.jpg
f0118332_23462757.jpg
f0118332_23464032.jpg
山頂にも誰もいなーい
f0118332_23465137.jpg
山頂のクロユリにもツボミ発見
f0118332_23470204.jpg
見頃ではと思った山頂のハクサンイチゲ、まだ少し早かった
f0118332_23471376.jpg
f0118332_23472447.jpg
鳥海山バックに作ったけれど、小さくてよくわからないか・・・
f0118332_23474178.jpg
ミネズオウ
f0118332_23475238.jpg
ウワウメもあと少しで咲きそう
f0118332_23480503.jpg
東側はまだたっぷりの雪
f0118332_23482117.jpg
海が明るく光る時間になった。この時間帯の色が好きだなぁ。粟島がくっきり。
f0118332_23483533.jpg
柴灯森~牛首間は、昔の踏み跡が見えますが、侵入禁止です。このへんにある竹竿とロープは道を教えるためのものではなく、中に入らないようにとか、この先危険でから行かないで、の印です。
f0118332_23490949.jpg
今年初のコシロコブゾウムシ

明日からまた仕事で留守になるので、夜にウサオを預けに行って、部屋ががらんとなってしまった。

by akanezumi1984 | 2017-06-15 23:49 | おらいの山 | Comments(0)

月山リフトの架け替え

月山ペアリフトは、整備点検工事のため6月13日~15日(木)までの3日間全面運休になります。16日からは、下りもリフトが使用可能に。
by akanezumi1984 | 2017-06-14 23:58 | おらいの山 | Comments(0)
f0118332_23292646.jpg
繁殖分布調査のお手伝いで、なんと今朝は3時起き。20年に一度の調査で、前回もここをやったけれど、ほとんど覚えてない・・・
旧湯殿山ホテルのところで30分定点してからずーっと車道を歩いて、奥の院の手前の赤い橋までの鳥の記録をとる。
f0118332_23295608.jpg
景色がこんなでも、ずっと車道歩き。
f0118332_23301203.jpg
道路脇にリュウキンカ。
f0118332_23303020.jpg
ゴール地点到着がぴったり7時だった。ここでは水音がうるさくて鳴き声が聞こえないので、もう少し行ったところで30分の定点。
f0118332_23304537.jpg
寒くて冬用の手袋をし、定点の間は着るもの一枚追加して、暖かいお茶飲みながら。
f0118332_23305793.jpg
オトメエンゴサク
f0118332_23310998.jpg
7時半に終わって、てくてく歩いて車に戻って8時15分。ちょうど有料道路のゲートが開き、一般車が上がり始めるところで戻れた。
まだ早いので、月山山頂まで花のチェックに行きたい気持ちもあったが、ガスガスで強風なのでどうしようかなと思案しているところに、姥ヶ岳でも強風で立ってられないくらいで視界も悪いとの情報があり、上に行くのは止めた。
ちょうど西川町で9時から探鳥会があったなぁと思いだし、集合時間の5分前にうまいこと合流でき、のんびり探鳥会。
毎年ヒメサユリは朝日の稜線に見に行くのだが、里にもあるんだよね・・・
f0118332_23312336.jpg
探鳥会なんだけど、一人だけ関係ないものも見る(笑)キンモンガ
f0118332_23313156.jpg
9時開始だと、もうほとんど鳴いてさえいなくて、どうなるかと思ったが、目線の高さでサンショウクイが止まっているのをじっくり見られて、今日の目玉となった。
明日からまた一泊だけだが出かけるので、ウサオをシッターさんに預け、部屋ががらんとしてさびしい。

by akanezumi1984 | 2017-06-11 23:42 | おらいの山 | Comments(0)

投稿が滞り気味

雨が降る前に早朝の調査(仕事のではないけど、分担したもの)ができるかも?とも思ったが、山の天気はずっと悪い可能性もあるので明日に持ち越すことにし、ゆっくりと出かけて雨雲去ってから両生類のチェック(個人的趣味)しようかとでかけたが・・・
f0118332_22344243.jpg
ちょうど雨が弱くなってきたので、とりあえず弓張のいつも見てる場所のモリアオチェック。
卵塊が3つあったが、カエルの姿なし。鳴いてはいるが、木に登ったり、水面にいるのも見られず。この卵塊はおとといあたり産んだのか。
今日は寒すぎてモリアオはだめなようである。
諦めて、ゆみはり茶屋にランチ食べに行く。雨雲レーダーでは食べてるうちに雨が上がりそうだったのだが、激しい雷雨になって全然止まず、すっかり長居してしまった。
f0118332_22345178.jpg
2時半にもなってやっと雨が止んだので、上に行ってみることに。
f0118332_22350287.jpg
f0118332_22352148.jpg
山もくっきり見えて来て、このまま晴れるかと思いきや、まだしばらく雨が降ったり止んだりで、強風。
f0118332_22353917.jpg
クロサンショウウオが10数匹集まって産卵行動しているのだが、強風で水面がゆらいで見にくい。さらに雨が叩くともうだめ。
恐ろしく寒いし、雨風なのに、スキーの人たちが思いのほかいてびっくりだ。
一度博物園に行って、4時過ぎて青空になったので、もう一度姥沢に見に行ってみたが、強風でやっぱり見にくいままだった。
さて、明日は早起きできたら、ノルマの早朝調査やるべか。仕事じゃないのに、開始時間が早いから仕事より大変だよ・・・

by akanezumi1984 | 2017-06-10 22:44 | おらいの山 | Comments(0)
今週は火曜から仕事スタート。北海道にぎりぎり月曜までいなかったのは、おらいの山の花チェックに行きたかったからなのさ。
もちろん、途中両生類チェックもしながら。
f0118332_22242614.jpg
月曜なのに、けっこう駐車場が埋まっていた。
f0118332_22481126.jpg
ブナ帯より上はガスで真っ白け。
f0118332_22245958.jpg
姥ヶ岳ガスガスでなんも見えないので、Tバーリフトの近くをまっすぐ登って、やや左気味に進むと木道が見えてくる。姥山頂の分岐分岐付近のヒナザクラが咲き始めていた。
f0118332_22252449.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_22253446.jpg
ミツバノバイカオウレン
f0118332_22254981.jpg
なんも見えん
f0118332_22264316.jpg
まだ金姥と柴灯森の階段のところは急な雪壁が残っているので、ステップがついてないとまだ怖いかも。
f0118332_22270793.jpg
あちこちでミネザクラ
f0118332_22272841.jpg
チングルマも少し咲いていたが、前日の嵐で傷んでいた
f0118332_22274589.jpg
北海道でいただいたブッセ。パッケージデザインがとてもかわいい
f0118332_22283493.jpg
シラネアオイ街道は、例年通り咲いております。装束場への分岐に近い側はまだ小さなのがぽつぽつ程度だが、芝灯森側はほぼ満開。
f0118332_22285107.jpg
コメバツガザクラ
f0118332_22290648.jpg
エゾイチゲ。ヒメイチゲも少し咲いていたが、ピントが合ってなかった・・・
f0118332_22293560.jpg
この日は山頂まで行かなかったが、牛首下にも実はクロユリが毎年咲くのだ。もう蕾がついていたよ。
f0118332_22295325.jpg
山頂はものすごい氷の世界と聞いて、少し時間遅めだけど行こうかとも思ったが、あまりに視界が悪いので止めて、その分のんびり雪ちょし。いつものちびうさにシャチを追加。
f0118332_22301175.jpg
視界が悪いので帰りも尾根道をピストン。下界は晴れているのだな・・・
f0118332_22302549.jpg
まだリフト乗り場から姥沢駐車場まで雪が続いておりますよ。
帰りにスーパーに寄って食料買い込んだのだが、帰宅して冷蔵庫に入れていたら、買ったはずの豚肉と魚がない!
ビニール袋に入れて脇に置いて、そのまま忘れたらしい。
レシートの電話番号にかけて聞いてみたら、取り置きされていたので、受け取りに行って無事回収。
近所の店でよかった・・・

by akanezumi1984 | 2017-06-06 22:30 | おらいの山 | Comments(2)
今日を逃すとまた一週間行けないし、ぼちぼち稜線に花が咲き始める頃だから、稜線に花チェックに行くつもりだったのだが、あいにくの雨ガス風の三点セット。午後から回復するかもと期待して、とりあえずちょこっとのつもりで、雨が止んだ時に弁当は車に置いたまま森へ。
f0118332_00312079.jpg
f0118332_00313227.jpg
ここは雪から出たばかりで、まだ花は今から。
f0118332_00315366.jpg
ムラサキヤシオツツジ。このあたりでムボソムシクイとクロジ、キビタキが鳴いていた。
f0118332_00320757.jpg
元玄海の橋が出た。
f0118332_00321782.jpg
昼にさしかかり、誰もいなくなった静かな森。
f0118332_00323258.jpg
雪上藻
f0118332_00324505.jpg
林内の雪もだいぶ薄くなりました
f0118332_00330035.jpg
木道の踏み抜き注意
f0118332_00332182.jpg
赤ちゃんヤマナメクジ
f0118332_00333010.jpg
天然のエノキタケは茶色で大きい
f0118332_00334124.jpg
雨が強くなるし、お腹すくしで博物園に戻ろうとしたら、「タケノコ要らない?」と電話がきた。もちろん、遠慮などしないで即答です。
「要ります!」ちょうど近くにいらしたようで、博物園に持ってきていただけた。立派な初物いただきました。うれしー!
f0118332_00335340.jpg
皮剥きのためにタケノコそいでいたら、何本か切れ込みいれてあった。ほほー、こういう剥き方もあるのか。
f0118332_00340883.jpg
下茹での段階でつまみ食い用に三本取だし、味噌マヨで。
f0118332_00341855.jpg
ちょっと遅い夕食になったが、タケノコに味がしみるまで待って、その間に昨日産直で100円で買って茹でておいた、ものすごく貧相な小さな孟宗とミズを炒め煮。あとは最近お気に入りのあけがらしでご飯。
明日はさらに味がしみてタケノコ汁おいしくなるな。楽しみ。

by akanezumi1984 | 2017-05-29 00:44 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984