カテゴリ:ボランティア( 114 )

楽しかった週末終了

今回は前に壁と床板をはがしたお宅の仕上げ。
津波をかぶった部分はなにしろ隙間という隙間、面という面に泥、砂、いろいろなゴミがついているので、ほうきやハケで丁寧にこそげ落としてから、床に石灰をまくまで。
一日目の作業後帰った人もあれば、日曜の朝関東から駆けつけた人あり。
f0118332_22244162.jpg

なにしろほこりっぽくて、昨日も今日もマスクをしていたのに鼻をかむとティシュが茶色に!
f0118332_22264183.jpg
f0118332_22265585.jpg

別動隊は、通称ハカセが私費で準備してくれた災害対応セットを、山に整備した避難路の上に運び上げた。
ハカセは夏にも大量の保冷財を買い込んで寄贈してくれている。今回は3.11の時にせっかく津波そのものからは助かったのに、その後凍死した方がたくさんいたことに心痛めて、寒さからのサバイバルグッズ中心のセットになっている。
f0118332_22305888.jpg

お昼は近くのHさんの家にお邪魔して、囲炉裏を囲んで団欒。
昨夜はHさん、東名に住み込みで仕事している大工の棟梁もいっしょにひっぱりうどんを食べて楽しく過ごし、Hさんは寝袋持参で自宅ではなく、いっしょにグループホームに泊まった。
午後はHさんも誘って大高森へ。
f0118332_2237064.jpg

以前は、とにかく作業をどんどん進めなくてはと思い、地元の方と話していても途中でじゃそろそろ作業に戻らないと・・・という感じだったが、だいぶ落ち着いてきて今は地元の方といっしょに楽しむ余裕が出てきた。
いっしょにお茶を飲んだり、鍋を囲んでお酒を飲んだり、散歩したり。
f0118332_2246887.jpg

東京から何度か来ている通称ちりちりのっぽさんと、彼とたまたま金曜飲んでいて急に「これから友達が東北に車でボランティア行くから、いっしょに行かない?」と誘われて初めてボランティアに来てくれたM島さん。
おいらのタヌキを見せたら、二人してもののけ姫ごっこに(笑)
f0118332_22494598.jpg

f0118332_22485016.jpg

野蒜のOさんからハクチョウが毎日来るようになったとしばらく前に聞いていたが、その後結氷して来なくなってしまった。きっと凍っていないところに移ったのだろうと言っていたら、いました、いました。
本来は日本には来ないコブハクチョウ。どこかの公園のが野生化したのてしょう。
ハクチョウなのにOさんのご家族には「ツルオ」と「ツルコ」と呼ばれている。ある日Oさんちのおかあさんが咄嗟に「今日は鶴来てないのかねー?」と口走ってしまい、家族に爆笑されて以来、ハクチョウたちをわざとツルと言っているようである(笑)
来週も通称南極さんが来るので、来れる人は来て、南極シェフも来るよ、とお誘いがきているのだが、雪旅籠と肘折の地面出し競走があるので行けないなぁ。
by akanezumi1984 | 2012-02-19 22:55 | ボランティア | Comments(0)

みんなで心をつなごう

f0118332_23381167.jpg
f0118332_23382135.jpg

あの日からもうすぐ一年。

地元の方の声がけで、3/10にイベントが企画されました。

アウトドア義援隊でいつも作業している仙石線の東名駅~野蒜駅の地域、まさにその場所でのイベント。

駅から駅をつなぐにはたくさんの人が必要です。
いっしょに行ってくださる人がいたら嬉しいです。
by akanezumi1984 | 2012-02-08 23:49 | ボランティア | Comments(0)
f0118332_1153793.jpg

津波の後、ほとんどそのままというお宅を仲間が土曜から作業。おいらは日曜からの参加でしたが、既に庭にはこれほどの量の瓦礫やヘドロが!今回は久しぶりの義援隊で人数が集まったとはいえ、本当にマンパワーって素晴らしい。
台所やトイレ、お風呂などのとりはずしも素人の我々がやってのけます。
f0118332_1183466.jpg

分別がずいぶん細かく指定されるようになりました。
f0118332_1195334.jpg
f0118332_1203921.jpg
f0118332_121522.jpg
f0118332_1214817.jpg

汚れた畳や布団、瓦礫を出す。台所やトイレ、風呂をはずす。床上にたまった砂やヘドロを出す。
床板をはがす。断熱材をはずす。壁を壊してとっぱらう。押入れをとっぱらう。
床下のヘドロを出す。
ここまでが二日間でできてしまった。ざっつ人海戦術!

平行して枯れた竹林の伐採も行われ、チェーンソーチームも活躍していた模様。
by akanezumi1984 | 2012-01-27 01:28 | ボランティア | Comments(0)

今年最後のボラ終了

金曜は森林組合の仕事が終わってから秋田からのボラ仲間Tさんを拾い、土日いっしょに東松島へ。
Tさんとは天童の倉庫住み込みボラで一週間苦楽を共にし、GWも一週間同じ小さなテントでみちみちになって寝た戦友?
f0118332_14525583.jpg
f0118332_1453727.jpg

土曜は何度か作業しているSさん宅の壁と天井の泥はね落としをモンベル大阪チーム4人と。雨だったので中作業でよかった。
だいたい掃除は終わったと思っていたSさん宅だが、津波が届いていない壁の上部と天井に、よく見るとけっこうな泥はねがあるのだった。ざらざらした素材のため、雑巾で拭いても落ちないため、タワシでごしごしこすって落とした。ずっと腕を上げているのはけっこうしんどいものである。
作業後は、いつもの松島の温泉で汗を流し、夜はこのところご好意で場所を提供していただいている元グループホームで地元の方も招いて鍋パーティー!
f0118332_14574831.jpg

ボランティアだけではなく、地域の方とのコミュニケーションも楽しめるのが義援隊のよいところ。
食べて飲んで語って、後はわーっと片付けて寝袋で就寝。
f0118332_150754.jpg

日曜は晴れて、朝は虹がきれいでした。しかし強風!
この日もSさん宅へ。
f0118332_1515121.jpg

津波後手付かずになっていたボイラー室の泥出し。狭いからKさんと二人で担当。天童の時からの主用メンバーの大阪のトンネル会社社長のYさんの奥様で、今回ボラ初参加。小柄ながらものすごいパワーで、昼に終了。午後からは庭の砂出しを頼まれたが、だんなさんの方はユニックでウッドデッキの移動を頼まれたということで、砂出し地点にウッドデッキがくるため、こちらの作業は途中まででストップ。
f0118332_1554631.jpg
f0118332_1555263.jpg

こんな素人離れしたことができてしまうのは、工務店社長が大阪から燃費悪いのにユニック車で来てくれるからである。
さらにこんなことまで・・・
f0118332_158848.jpg

使っていないのがあるからと、大阪からコンテナハウスも持って来てくれた!これまで義援隊の道具を入れる倉庫として使わせていただいていた場所が、改築することになったため場所をあけなくてはならないので、新しい倉庫としてコンテナを使うことになった。場所は元東名駅の広場。
強風での作業だったが、無事に設置でき、みんなでスコップやらバールやら、全ての機材を運びこんで、今年の作業が終了。
お疲れ様でした。
また来年がんばろう!
by akanezumi1984 | 2011-12-05 15:11 | ボランティア | Comments(1)

今月は最後かも?

f0118332_019316.jpg

こんな深い霧の日は晴れる。
f0118332_020090.jpg

山じゃなくてもノコはお友達。
f0118332_0202933.jpg

土曜前半は破壊系作業。お風呂場の壁を解体中。
f0118332_021710.jpg
f0118332_0211815.jpg

午後は別の場所に移動し、掃除中心。お風呂場は一度かたづけてあるとはいえ、まだこんな
感じでけっこう大変だった。
この日は時間切れで作業は日曜に継続。
f0118332_0232626.jpg

今回も山大農学部の子がたくさん参加。ありがたい。
f0118332_024996.jpg

手の届かない場所や、がっちり挟まった隙間のゴミを100%取り切ることはできなかったが、
こんなにきれいになりました。
by akanezumi1984 | 2011-11-14 00:25 | ボランティア | Comments(0)
土曜は東名駅で、ボランティアの仲間と地元の方で芋煮とBBQの宴。
もちろん、その前にしっかり活動してから。
f0118332_23345374.jpg
f0118332_2335641.jpg

少し早く作業を切り上げ、温泉でさっぱりしてから芋煮とBBQに突入。
テーマは「みんなみんなにありがとう、勇気、希望、そして絆を」
f0118332_23373272.jpg

お手伝いをして親しくなった地元の方たちがたくさんいらしてくれました。
f0118332_23374658.jpg

地域の方々から、津波で流されて例年の一割しかないという貴重な「東名の牡蠣」を大量に
差し入れていただき、焼き牡蠣に。
f0118332_23401960.jpg

突然辰野会長が現れ、びっくり。おかりなさんと笛の競演。
f0118332_23405915.jpg
f0118332_23411499.jpg

仲間の若い陶芸家さんが作品を持ってきていて、かわいい系を見せてもらった。ハリネズミ
欲しいな・・・
途中降り出した雨にも負けず、笑顔、笑顔。山形の芋煮、関西から届いた大量の肉、北海道
から被災家屋の改築のために来ている棟梁からジンギスカンの差し入れもあり、食べたり、
久しぶりに再開を喜びあったりの暖かな夜。
f0118332_23481493.jpg

片付けは7時と聞いていたが、6時過ぎに起きたら既に始まっていた。
f0118332_23492318.jpg

朝一で片付けてから、いつもの時間に朝礼をして、グループに分かれてボラへ。
f0118332_23503895.jpg

このところ続けて作業しているHさん宅、最終段階。あとはもう、おいらたちにできるはことはなくな
りました。時間前に終わったので、近くの詰まった側溝の泥出しを始めたが、雨脚が強くなり、
一時間早く切り上げた。
f0118332_23524112.jpg

そしていつもの温泉によって汗を流してから解散。
常連の挨拶は「お疲れ様。また来週!」
by akanezumi1984 | 2011-11-06 23:42 | ボランティア | Comments(2)

今日もがっつりと

前回に続き、OさんとHさん隣あった二軒の床板はがしがメイン。
その前に解体予定のお宅のサッシ、フスマ、欄間などの撤去。
f0118332_22491537.jpg

f0118332_22502613.jpg

かわいい笑顔でパワー系の、通称南極さん。南極観測隊に二度参加。越冬もしたつわもの。
国体に出るほどスキーに燃え、その後クライミングでさらに筋力アップして、かなり立派な腕
と背筋。たのもしい。
今朝は全員でサッシ等のとりはずしと搬出をした後、おいら含め三名だけ東名に残って、
バス停付近の草刈。久しぶりの刈払い機作業は、休憩なしで一時間で両腕がぷるぷるに。
f0118332_22531456.jpg

力のない人向けなのが、インパクトレンチ使用のネジ釘撤去作業。今日は奈良から18歳の
短大生が来てくれていました。
f0118332_2256458.jpg

昼休み、憩いのひと時。ぽかぽか陽気に眠くなる人続出。
f0118332_22571994.jpg

こちら長距離組は特にお疲れ。奥の人は奈良から930km(ドライバーは3人で交代したらしい)
手前赤いツナギさんは、今朝5時まで仕事していて、それから埼玉から車飛ばしてちょっと遅刻
程度で参加。完全に徹夜でいつもより元気がなかった。

床板はがしで狭い廊下部分に3人ひしめいて作業中、隣にいた方がふいに床下に落下。直後に
落ちた本人から「大丈夫です」と声があがったが、おいらの足にバールが当たってましたよー。
かなり痛かったし、昨日買ったばかりのツナギが切れていて、やばい!と思ったが、幸いひっかき
傷で済んだ。ジャージみたいな生地ならざっくりやられたかもしれない。
てことで、おいらは山でもボラ現場でもジャージは着ない主義。
by akanezumi1984 | 2011-11-03 23:03 | ボランティア | Comments(0)

まだまだ熱い東松島

はじめ、参加者少なそうかなと思っていたら、土曜だけの参加や、日曜だけの参加で強力な
助っ人たち登場で、がっつりと力仕事が進められた週末でした。
f0118332_11182190.jpg

土曜は東京からチームアパレル。日曜は東京からチーム小学館、鶴岡から山大農学部チーム
が来てくれました。忙しすぎてしばらく来れなかったハカセも久々の参戦。大阪出張中だった
おとーちゃんも復帰し、久しぶりの義援隊オールスターズ。
二件隣り合わせの家を二日続けて作業。新しいフローリングの大きな家なので、床板はがしが
大変でした。
f0118332_1127570.jpg

f0118332_11214219.jpg

慣れたメンバーでフローリングの板は、金槌とバールでかんかんばきばき超高速で一気に進む
のですが、その下にさらに厚いコンパネ板ががっちりと長い釘で固定されているため、これは釘
を抜いてからでないとはがせない。黙々と釘と格闘。若者たちがんばってくれてます。
f0118332_11252738.jpg

もう半年もたつのに、床下にはまだ5月くらいと同じ状態のヘドロがありました。新しい家は機密性
が高いから乾かないようです。
f0118332_11274277.jpg
f0118332_11275262.jpg
f0118332_1128263.jpg

日曜は野蒜小で復興祭があり、たまたま作業している場所がすぐ近くだったので、昼休みにちょっと
覗きに行ってみたら、とてもにぎわっていました。いろいろな炊き出しがあり、どこも長蛇の列。
山形の芋煮は既に売り切れてました。
まだ被災地に住んでいる方は少なくて、アパートや仮設住宅でばらばらになっているので、こうした
イベントで顔を合わせる機会があるのはいいこと。
アウトドア義援隊でも、来週は自分たちの打ち上げ兼ね、地元の方にも参加してもらって芋煮とBBQ
をしようと計画している。打ち上げと言ってもこれでおしまいではないのだが、まぁ、中締めといったと
ころか。
by akanezumi1984 | 2011-10-31 11:33 | ボランティア | Comments(0)
土日やっぱり行ってしまった東松島。
土曜の朝は本降りで、傘さして朝礼。ラジオ体操なし。予定していた外作業をするには雨が
強いので、屋内作業に変更。
f0118332_11132958.jpg

近くのグループホーム。津波のヘドロを出すためにはがした床板。せっかくきれいにしたのに、
台風で冠水し、またも水浸し&泥被害に合い、がんばりやのおかーさんも心折れてそのままに
なっていました。
f0118332_111531100.jpg

グループホームだったので、部屋がたくさんあるのですが、みんなでやっつければどんどん
終わる!ビバ!人海戦術。
午後、雨があがったので、人員を半分屋外作業に。
f0118332_11171452.jpg

津波で枯れてしまった竹を切り出し、トラックに積めるくらいの長さに切って集積。切って切り
まくる人。運んで運びまくる人。黙々とがんばり、ずいぶんすっきりできました。
f0118332_11192017.jpg

気仙沼に物資を届けに行っていたチームが、新鮮なサンマをたくさんいただいてきたっ!なんて
美しいんでしょう。
f0118332_11201397.jpg

おいしくないはずがありません。
f0118332_11205433.jpg

日曜は心配していた雨は作業終了間際まで降らず、朝はラジオ体操から始められました。
夜行バスであらたに2人到着。一人はなんと徳島から!!一日の作業のためにですよ・・・
f0118332_11222524.jpg

徳島から参加のMさんのお土産。おいしかった。
f0118332_11254753.jpg

この日は広大な庭の整備を重機と人力で。
f0118332_1128252.jpg

お昼休み。
f0118332_11295039.jpg

一人、また一人とお昼寝体制に。
f0118332_11303086.jpg

作業中こんなことしていても、誰も怒りません。住民の方とお話したり、飼い主さんとはぐれた
猫とのふれあいだって大事なんです。
f0118332_11313457.jpg

こんなに美しい猫も、のらです。健康状態よさそうなので、だれかご飯をあげてくれているので
しょう。
今回は大阪からこってこてサービス精神満点のシャチョーとにぎやか大学生も来て、爆笑の
絶えない週末でした。
by akanezumi1984 | 2011-10-24 11:23 | ボランティア | Comments(0)

雨のちさわやかな秋晴れ

今朝は雨がしとしと。薄暗い中東松島に向かう。
川崎で栗めざして道路を横断するリスとひかれたタヌキを見た。
予報通り、天気は回復し、作業が始まる頃には雨があがり、だんだん晴れて気持ちのよい一日に。
f0118332_03159.jpg
f0118332_03835.jpg

今日は2班に別れ、枯れた竹の伐採と、老人ケアセンター敷地のクズ刈り。
お昼は全員ケアセンターに集まり、芋煮(完全にトン汁だったけど)と味噌おにぎりをいただいた。
f0118332_071889.jpg

この時期、ジョロウグモがたくさんいて、作業中強力な糸にひっかからないよう時々上にも鎌をふり
まわした。作業中、虫が大の苦手と思っていたHさんから「これなんですか?」と聞かれたのが、
イオウハシリグモ。
f0118332_0103678.jpg

かなり大きいクモだが、意外とクモは平気なようで。イモムシよりこいつのほうが怖くないのだろう
か?と思うが、苦手な対象は人それぞれですなぁ。
f0118332_012525.jpg
f0118332_0121244.jpg

チャトラはこのごろいつも倉庫の隣のお宅にいるなぁと思ったら、大量のカリカリ餌と水が置いて
あった。飼い主さんが置いてあげているのだろうか?たぶん毎日来られないのであろう。一週間
もちそうな量だった。こんなにたくさん餌をもらっているとは思わず、猫缶持ってきていたので
やってみたら、やはり毎日同じカリカリご飯だから、たまの缶詰はかなりご馳走なのだろう、夢中
で食べた。元気そうだけど、お腹が膨れているのが少し気になる。全体にはやせているのに、腹
だけ・・・というのは、なにか病気だろうか。
チャトラだけでなく、仮設やアパートで飼えなくなったペットはたくさんいるのだろうなぁ。
by akanezumi1984 | 2011-10-17 00:17 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31