カテゴリ:ボランティア( 110 )

5/3~5/6までの連休後半戦。
またまた東松島に仲間が集結。フルに参加する人から一日だけの人もあり。
はるばる徳島や鳥取、大阪からも駆けつけて、3日は30人くらい。4日、5日は40人くらい集まりました。
後半戦初日から雨で、いつもは東名駅前でやる朝礼とラジオ体操は、屋内にて。
f0118332_13561739.jpg
f0118332_13564686.jpg

雨でもできる屋内での壁はがしを中心に。
f0118332_1359544.jpg

今回初参加の方に路上詩人さんがいて、夜は何人か彼が感じた言葉を書いてもらいました。
f0118332_1411466.jpg

4日朝もしとしと雨が降っていたので、屋内でラジオ体操。鳥取から10人到着してぎゅうぎゅうに。
f0118332_1422067.jpg

前日の続きのお宅と、別のお宅の二箇所に別れて屋内作業。ユニック班は雨とぬかるみにもめげずに、胴長で腰まで水に使って低地に崩れ落ちてしまった建築資材の引き上げ作業をしていたようである。
f0118332_1443330.jpg

雨があがって、外で休憩できるように。お昼ごはんを食べていると、お茶っこチームから「Hさんの庭がきれいなので必見」とメールが入り、ぞろぞろと見に行った。
f0118332_1454966.jpg

花が咲き乱れ、本当に美しい。そして、入院されたと聞いていたHさんが元気で在宅されていたのがなにより嬉しかった。いろいろあって、3週間ぶりに東名の家にいらしたとのこと。
f0118332_1474659.jpg

みんな押しかけて再会を喜び合いました。
そして、この夜はHさん宅でみんなでBBQ。Hさんの庭で育てられた野菜を提供していただいた。
3週間留守にしていたとのことだったけれど、その前にずっと手入れされていたからか、花も野菜もしっかり育っていました。
f0118332_14112833.jpg
f0118332_14121478.jpg

この日は雨による増水と大潮が重なって、満潮時にはいつも泊めていただいているグループホームの周囲が冠水してしまいましたが、道路が低くなっている部分だけで済み、建物への被害はなし。
しかし、地盤沈下したせいで、これからずっと大雨と大潮が重なると場合によっては床上浸水の恐れがあるのかと思うと、心配です。
f0118332_1419939.jpg

5/5はようやく外でラジオ体操ができた。しかし強風。ときどき砂やほこりで目をやられました。
f0118332_14201343.jpg
f0118332_14203660.jpg
f0118332_14214522.jpg

長時間しゃがむのはきついので各自楽と思われる体制で草取り。片膝、あぐら、開脚・・・
午後からは風も弱まり、快適に作業できた。
連休はあと一日あるけれど、徳島の方、大阪隊は5日で帰ることに。おいらは近いけれど前半も出ていたので一日残して帰宅。
鳥取隊も今朝早く出発したであろう。
来週はお休みで、次の予定は5/19,20日です。
行ってみたいと思われる方はぜひどうぞ。
by akanezumi1984 | 2012-05-06 14:31 | ボランティア | Comments(0)

ギエンタイなGW前半終了

東松島に通うギエンタイ仲間には、天童の倉庫で物資の仕分けや搬送をしていた頃からの人も少なくないけれど、GWに当日受付、誰でもどうぞの呼びかけに全国から集結した人たちで今なお続いている人がたくさんいる。
f0118332_2338115.jpg

今回は前半・後半の二回戦で、後半に集中するため、前半は10人以下でこじんまりとに。
いつもは集合場所の東名駅前で朝礼とラジオ体操するのだが、28日は朝礼だけして最初の作業場所に移動。Oさん宅に行ってから、そのお宅のおとーさんも巻き込んでラジオ体操。
f0118332_23411372.jpg

人懐こいネコのうーちゃんがすぐに寄って来ます。
f0118332_23415386.jpg

4月はじめに運び込んでおいた土をハウス内に運んで敷き詰める。
f0118332_2343831.jpg

遊んでもらうのをあきらめ、一人遊びするうーちゃん。
f0118332_23435398.jpg

午後は別のお宅の庭を整地。見違えるようにきれいになりました。さらに近くのお宅のエアコンと洗面台のとりはずしと、共同墓地の片付けなどして28日終了。
f0118332_23452521.jpg

f0118332_23454597.jpg

29日朝は濃霧。
f0118332_23462753.jpg

午前中はいつも泊めていただいているグループホーム(リフォーム中)と同じ方が現在運営中のデイケアの対物の駐車場整地。ネコで土を運ぶのはけっこうな重労働なので、休み休み。
f0118332_23483678.jpg

午後からN自動車さんの広大な敷地の造園作業。ぜんぜん終わらん!30日に継続に。
f0118332_23502820.jpg

30日は朝からすっきり晴れ、早く起きたので一時間くらい散歩。
f0118332_2358893.jpg

コムクドリが見られた。
N自動車さんで造園の続き。
f0118332_23514441.jpg

昼休みは、はまなすの里に桜を見に行った。
自分たちで植えた花たちが元気かどうかもチェック。
f0118332_23524275.jpg

午後はまたN自動車で作業して、なんとか終了!
N自動車のおとーさんが泥だらけの道具を高圧シャワーで洗ってくださっていると思ったら、車までぴかぴかに洗ってくださって恐縮。年に一回洗車するかどうかの人なので、ひっさしぶりに車がきれいになりました。

帰宅したら通販で注文したものが届いていた。
f0118332_23555127.jpg

本当は調査の時に時間確認用にストップウオッチが欲しかっただけ(時計機能しか使わないが)なのに、ついこんなの見つけて買ってしまった・・・
かなりクオリティ高い!
by akanezumi1984 | 2012-04-30 23:58 | ボランティア | Comments(2)

日帰りで東松島

f0118332_22543520.jpg
f0118332_22545745.jpg
f0118332_22552568.jpg
f0118332_2256490.jpg
f0118332_22562844.jpg
f0118332_2257034.jpg
f0118332_22572731.jpg

ナゼカ、ニュウリョクガウマクイカナイノデ、シャシンダケ。

コレカラヤルブッケン、カナリキョウリョクデス。イッショニヤッツケニイクカタイマセンカ?
by akanezumi1984 | 2012-04-22 22:57 | ボランティア | Comments(0)

実家経由で東松島な週末

7日はばあちゃんの命日だったので実家に線香あげに行き、ついでに近所のおばあちゃんが怪我で入院していたので隣町の病院にお見舞い。
うちの大王様と唯一気軽につきあってくださる貴重な方なので、おいらは自分の家族のように気にかけている。右手がしばらく使えないので、退院後はしばらくケア施設に入所するようだから、また実家方面に行くときは顔出そう。
午後から久しぶりに47号で宮城へ。
午後2時でマイナス2度で雪降ってる山形県側から県境を越えるとどんどん雪がなくなり、青空に。
松島に午後4時半頃着いて、温泉から帰ってくる仲間とすれ違うかも?と思いながら、いつもの大観荘に向かったら、ちょうど仲間もぞくぞく到着してびっくり!
いつもより長めに作業していたようだ。「待ち伏せしてたんだろう?」とつっこみが入った(笑)
f0118332_12152312.jpg
f0118332_12153938.jpg

昨夏からずっと東名に住み込みで仕事していて顔なじみの、道東から来ている大工さん(通称棟梁)から、大量の北海道産特大ホタテの差し入れがあり、豪華なホタテ尽くしの夕食になった。
f0118332_12172196.jpg

8日朝、まずはロブスターマークの会社さんから義援隊に寄贈いたただいた工具箱のチェックから始まった。宅急便の箱をあけて工具箱が出ただけで、おおーっ!。蓋を開けておおーっ!一つ一つの工具のパッケージを開けるたびにおおーっ!
もう、みんな夢中のひと時だった。
f0118332_12194640.jpg

朝ごはんもやたら豪華。昨夜食べ切れなかったのである。朝ごはんでも食べ切れず昼に持ち越し。作業する施設に持参した。
f0118332_1221659.jpg

7日は物と砂、泥満載の物置の片づけが相当大変だったようだが、8日は新入学の生徒を待つ野蒜小に花を植える楽しい作業。仮設の小学校で殺風景なので、花いっぱいにして子どもたちに喜んでもらおうという作戦。
f0118332_12344012.jpg

f0118332_12263767.jpg
f0118332_1227489.jpg

力仕事も得意だけれど、たくましい男たちがひざまづいて丁寧に花を植える姿もいいものでしょう。
f0118332_12283430.jpg
f0118332_12293164.jpg

野蒜小の作業後、何度か作業した自動車整備工場にみんなで顔出しに行ったら、顔なじみの人懐こいネコが出迎えてくれた。この子は震災後ノラになったが、ここのおとうさんがご飯をあげてかわいがってくれている。

月曜は入学式だろうか。
たくさんの花を見ながらこどもたちがにこにこして登校する姿を想像して、みんな楽しい気分になれた週末だった。
by akanezumi1984 | 2012-04-09 12:31 | ボランティア | Comments(0)

東松島の三日間

ここを逃すと夏休みまで東北には来れないからと、大阪から夜行バスでボランティアに来てくれたみなさんの現地サポート(運転手)で三日間東松島へ。
平日だから、毎日活動している石巻の団体に最初申し込んだけれど、宿泊場所がいっぱいで断られたそうな。義援隊では作業も泊まる場所もあるのだが、車がないと不便なので出動することに。
f0118332_0211066.jpg
f0118332_0212284.jpg

先週末に仲間が片付けていたお宅の作業の続き。地面にじか置きされていた物置3つをブロックの上に載せて通気性をよくし、嵐が来る前に中に入れられるものは入れ、入れられないものにシートをかけ、重しをして保護。
だんだん風が強まり、雨も降ってきて退散し、いつも泊めていただいているグループホームが現在リフォーム中なので、そこの掃除でお手伝い。
f0118332_0253659.jpg
f0118332_0254941.jpg

大阪から来た4人全員ひっぱりうどんを知らなかったため、ひっぱりの夜に。近くのコープで「だし」も見つけて山形の味を体験してもらった。どちらも大好評。
f0118332_027741.jpg

翌朝、強風吹き荒れる中を散歩。前は倒れて埋もれていた湯殿山碑が立っていた。
そういえば何十回も行っていたのに東名漁港方面に行ったことがなく、少し遠出。
f0118332_0284226.jpg
f0118332_0291433.jpg

f0118332_044441.jpg

海に近づくにつれ風が強まる。
f0118332_0294643.jpg

床下避難中のねこ。
f0118332_0301991.jpg
f0118332_0303318.jpg
f0118332_0305412.jpg
f0118332_0313316.jpg

誰か餌をあげているようで、港の近くにねこがたくさんいた。
f0118332_0321445.jpg

朝食後、畑の草刈と整地。しかし、一度おとなくしなっていた風が午後また暴れだして、近くのKさん宅にお茶っこ避難。
f0118332_034506.jpg

おばあちゃんの漬けた白菜おいしかった。やっぱりお茶飲みといえば漬物だべした。
f0118332_0355230.jpg

夕方、おいらだけ以前何度かお手伝いに伺ったWさんに会いに行ったら、外壁はまだ修理中だけれど、中のリフォームができたから見てってと、一階の各部屋を見せてくださった。お茶の先生なのでお茶室もある。
ボランティアしていると、休憩時間に庭でさささっとみんなにお抹茶をふるまってくれたっけ。
今度また時間のあるときに、このお茶室でお抹茶いただきたいものだ。
f0118332_0391750.jpg

今日の朝仕事は、砂を土嚢袋につめて車で運ぶを4往復。お届け先のお宅のねこがとても人懐こくて、車から降りる前に歓迎に出てきてくれたので、仕事する前にまずはなでなで。
この後畑の続きと、午後から初日のお宅の手伝いをして終了。
みんなで松島の温泉に入って汗を流し、松島海岸駅にて解散。

またすぐ週末だなぁ・・・
by akanezumi1984 | 2012-04-06 00:42 | ボランティア | Comments(0)
3/10開催のイベント「走れ!仙石線」のためにアウトドア義援隊の仲間も集結。
スタッフとして協力できる人は10日朝8時集合(イベント開始は11時)となっていたが、それで準備大丈夫なのか?と聞いてみたら、やはり9日から会場の整地などで手が必要とわかり、急遽9日から現地入り。
f0118332_22291444.jpg

ゴール地点であり、ステージや飲食のテントがたくさん出る東名駅付近の整備が主目的だったが、スタートの野蒜も少しきれいにしとかないと・・・と行ってみたら、一見きれいになったと思われていた野蒜駅周辺は、どこの団体がやったものか、残念なことになっていて思ったより大変だった。
集めた瓦礫は目に付くように道路際にまとめて出さなくてはならないのに、倒れた電柱の後ろに隠すように残地。しかも分別されてない。
瓦礫袋にメッセージなんか書いてあったが、そんなことよりちゃんと始末してくれなくては意味がない。
まだ周りにはガラスや瓦のかけら、コンクリ片が散乱しており、少ない人数でがんばって片付けた。
午後から本題の東名駅付近の整地。
舗装されている野蒜と違い、こちらはホームがぽつりと残るだけの更地。雪がとけてひどいことになっていた。
f0118332_22345762.jpg

我がエクスカリバーとの久しぶりの再会。
f0118332_22353472.jpg

水分で柔らかくなった地面には深い溝ができたり、でろでろのぬかるみだらけ。水路を掘って排水したり、でこぼこならして悪戦苦闘。この人数では厳しいと思ったところに、やはり同じようにずっとこの地区に通い続けボランティアしてくださっている大田区チームがどっと到着。
大量の砂利をまく作業が人海戦術でみるみる終わった。人間の力はすばらしい!
f0118332_224136.jpg

そして、10日朝には各地から仲間や他団体が続々と集まり、みんなで協力して会場作り。
f0118332_22502218.jpg
f0118332_22503752.jpg

ところがせっかくがんばって整地したのに、9日午後からずっと雨と雪が降る続き、会場はどろどろ。
砂利は全て使ってしまったので、厚く敷いてあるところから砂利を集めては、どろどろ地帯に撒くしかなかった。水路切っての排水作業も、水溜りが多すぎて対応しきれずな感じだったが、あまりひどいところには廃材の板や畳など敷いてしのぐことに。
そうこうするうちに野蒜から予定より早めてイベント参加者が歩きだすことに。
どうやら警察がいろいろと指導してきたようで、せっかくみなで元気出して行こうというイベントに水を射された。
いわく「大勢で行進するのはデモ行為である」→小出しに出発させてしまおう。
いわく「線路を歩くのは危険だから歩いてはいけない」→線路もない、電車が決して走らない線路のどこが危険なんじゃ!道路のほうがよっぽど危ない。
いわく「旗とかビラみたいなものを掲げて歩くのもデモ行為」→夢とか希望を書いたハンカチ持って歩いてなにがいけないの??
てな感じで、たびたびの警察の介入にも参加者のみなさんはめげずに歩いてきてくれました。
f0118332_2252356.jpg

f0118332_22532076.jpg

橋にかけられた虹の垂れ幕の裏にはたくさんのメッセージが書かれていた。
この垂れ幕にも警察から指導があり、参加者が全員到着した後に撤収に行った為、最初のお坊さんたちとの祈りの場に立ち会えなかった。きっと警官一人ひとりはいい人なのだろうが、組織になるとどうしてこう杓子定規なのか・・・実際なんの危険もないのにあれもだめ、これもだめ、と嫌がらせにしかとられないでしょうに。
f0118332_2254286.jpg

鎮魂の祈りの後、獅子舞で明るい雰囲気に。
f0118332_22593313.jpg

全国各地からおいしいお店の出店があり、しかも全て無料。参加者もスタッフも寒い中、暖かいおいしいものを食べられてとても助かった。
#IMAGE|f0118332_232252.jpg|201203/11/32/|mid|500|375#]
たくさんの方から夢を書いてもらったハンカチを参加者の方が手にしてホーム上へ。そして夢の数だけの風船が空に放たれた。
f0118332_2304770.jpg
f0118332_2312690.jpg

その後ホームはステージとなり、歌やフラダンス!沖縄の太鼓など披露された。いやしかし、この寒さで肌を露出し、裸足で雨の中笑顔で踊ってくれたことに感動。
天気が悪い中、たくさんの方が足場のよくないところを歩いて参加してくれた。
月山仲間も来てくれて嬉しかったなぁ。
GW以来再会できたボランティア仲間も。

今日で東日本大震災から一年。
自分にできることは微々たるものだが、東名、野蒜の方とは縁ができ、家族のような気持ちなので、これからも手が必要と言われる限りはできる範囲でお手伝いしていきたいと思う。
by akanezumi1984 | 2012-03-11 22:23 | ボランティア | Comments(0)

楽しかった週末終了

今回は前に壁と床板をはがしたお宅の仕上げ。
津波をかぶった部分はなにしろ隙間という隙間、面という面に泥、砂、いろいろなゴミがついているので、ほうきやハケで丁寧にこそげ落としてから、床に石灰をまくまで。
一日目の作業後帰った人もあれば、日曜の朝関東から駆けつけた人あり。
f0118332_22244162.jpg

なにしろほこりっぽくて、昨日も今日もマスクをしていたのに鼻をかむとティシュが茶色に!
f0118332_22264183.jpg
f0118332_22265585.jpg

別動隊は、通称ハカセが私費で準備してくれた災害対応セットを、山に整備した避難路の上に運び上げた。
ハカセは夏にも大量の保冷財を買い込んで寄贈してくれている。今回は3.11の時にせっかく津波そのものからは助かったのに、その後凍死した方がたくさんいたことに心痛めて、寒さからのサバイバルグッズ中心のセットになっている。
f0118332_22305888.jpg

お昼は近くのHさんの家にお邪魔して、囲炉裏を囲んで団欒。
昨夜はHさん、東名に住み込みで仕事している大工の棟梁もいっしょにひっぱりうどんを食べて楽しく過ごし、Hさんは寝袋持参で自宅ではなく、いっしょにグループホームに泊まった。
午後はHさんも誘って大高森へ。
f0118332_2237064.jpg

以前は、とにかく作業をどんどん進めなくてはと思い、地元の方と話していても途中でじゃそろそろ作業に戻らないと・・・という感じだったが、だいぶ落ち着いてきて今は地元の方といっしょに楽しむ余裕が出てきた。
いっしょにお茶を飲んだり、鍋を囲んでお酒を飲んだり、散歩したり。
f0118332_2246887.jpg

東京から何度か来ている通称ちりちりのっぽさんと、彼とたまたま金曜飲んでいて急に「これから友達が東北に車でボランティア行くから、いっしょに行かない?」と誘われて初めてボランティアに来てくれたM島さん。
おいらのタヌキを見せたら、二人してもののけ姫ごっこに(笑)
f0118332_22494598.jpg

f0118332_22485016.jpg

野蒜のOさんからハクチョウが毎日来るようになったとしばらく前に聞いていたが、その後結氷して来なくなってしまった。きっと凍っていないところに移ったのだろうと言っていたら、いました、いました。
本来は日本には来ないコブハクチョウ。どこかの公園のが野生化したのてしょう。
ハクチョウなのにOさんのご家族には「ツルオ」と「ツルコ」と呼ばれている。ある日Oさんちのおかあさんが咄嗟に「今日は鶴来てないのかねー?」と口走ってしまい、家族に爆笑されて以来、ハクチョウたちをわざとツルと言っているようである(笑)
来週も通称南極さんが来るので、来れる人は来て、南極シェフも来るよ、とお誘いがきているのだが、雪旅籠と肘折の地面出し競走があるので行けないなぁ。
by akanezumi1984 | 2012-02-19 22:55 | ボランティア | Comments(0)

みんなで心をつなごう

f0118332_23381167.jpg
f0118332_23382135.jpg

あの日からもうすぐ一年。

地元の方の声がけで、3/10にイベントが企画されました。

アウトドア義援隊でいつも作業している仙石線の東名駅~野蒜駅の地域、まさにその場所でのイベント。

駅から駅をつなぐにはたくさんの人が必要です。
いっしょに行ってくださる人がいたら嬉しいです。
by akanezumi1984 | 2012-02-08 23:49 | ボランティア | Comments(0)
f0118332_1153793.jpg

津波の後、ほとんどそのままというお宅を仲間が土曜から作業。おいらは日曜からの参加でしたが、既に庭にはこれほどの量の瓦礫やヘドロが!今回は久しぶりの義援隊で人数が集まったとはいえ、本当にマンパワーって素晴らしい。
台所やトイレ、お風呂などのとりはずしも素人の我々がやってのけます。
f0118332_1183466.jpg

分別がずいぶん細かく指定されるようになりました。
f0118332_1195334.jpg
f0118332_1203921.jpg
f0118332_121522.jpg
f0118332_1214817.jpg

汚れた畳や布団、瓦礫を出す。台所やトイレ、風呂をはずす。床上にたまった砂やヘドロを出す。
床板をはがす。断熱材をはずす。壁を壊してとっぱらう。押入れをとっぱらう。
床下のヘドロを出す。
ここまでが二日間でできてしまった。ざっつ人海戦術!

平行して枯れた竹林の伐採も行われ、チェーンソーチームも活躍していた模様。
by akanezumi1984 | 2012-01-27 01:28 | ボランティア | Comments(0)

今年最後のボラ終了

金曜は森林組合の仕事が終わってから秋田からのボラ仲間Tさんを拾い、土日いっしょに東松島へ。
Tさんとは天童の倉庫住み込みボラで一週間苦楽を共にし、GWも一週間同じ小さなテントでみちみちになって寝た戦友?
f0118332_14525583.jpg
f0118332_1453727.jpg

土曜は何度か作業しているSさん宅の壁と天井の泥はね落としをモンベル大阪チーム4人と。雨だったので中作業でよかった。
だいたい掃除は終わったと思っていたSさん宅だが、津波が届いていない壁の上部と天井に、よく見るとけっこうな泥はねがあるのだった。ざらざらした素材のため、雑巾で拭いても落ちないため、タワシでごしごしこすって落とした。ずっと腕を上げているのはけっこうしんどいものである。
作業後は、いつもの松島の温泉で汗を流し、夜はこのところご好意で場所を提供していただいている元グループホームで地元の方も招いて鍋パーティー!
f0118332_14574831.jpg

ボランティアだけではなく、地域の方とのコミュニケーションも楽しめるのが義援隊のよいところ。
食べて飲んで語って、後はわーっと片付けて寝袋で就寝。
f0118332_150754.jpg

日曜は晴れて、朝は虹がきれいでした。しかし強風!
この日もSさん宅へ。
f0118332_1515121.jpg

津波後手付かずになっていたボイラー室の泥出し。狭いからKさんと二人で担当。天童の時からの主用メンバーの大阪のトンネル会社社長のYさんの奥様で、今回ボラ初参加。小柄ながらものすごいパワーで、昼に終了。午後からは庭の砂出しを頼まれたが、だんなさんの方はユニックでウッドデッキの移動を頼まれたということで、砂出し地点にウッドデッキがくるため、こちらの作業は途中まででストップ。
f0118332_1554631.jpg
f0118332_1555263.jpg

こんな素人離れしたことができてしまうのは、工務店社長が大阪から燃費悪いのにユニック車で来てくれるからである。
さらにこんなことまで・・・
f0118332_158848.jpg

使っていないのがあるからと、大阪からコンテナハウスも持って来てくれた!これまで義援隊の道具を入れる倉庫として使わせていただいていた場所が、改築することになったため場所をあけなくてはならないので、新しい倉庫としてコンテナを使うことになった。場所は元東名駅の広場。
強風での作業だったが、無事に設置でき、みんなでスコップやらバールやら、全ての機材を運びこんで、今年の作業が終了。
お疲れ様でした。
また来年がんばろう!
by akanezumi1984 | 2011-12-05 15:11 | ボランティア | Comments(1)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31