カテゴリ:ボランティア( 114 )

今週の仕事は近場。早めに終わったので、去年の7月の豪雨災害でボランティアに行っていたところが気になって見に行ってみた。
去年より破壊力が・・・テレビで見る赤湯方面も去年よりひどそう。
f0118332_2204335.jpg

f0118332_2205864.jpg

f0118332_2213220.jpg

f0118332_2215055.jpg

f0118332_22264.jpg

f0118332_2222177.jpg

f0118332_2224077.jpg

f0118332_2225297.jpg

13日から赤湯にボランティアセンターが立ち上がるそうです。
たくさんの人手が必要になると思います。また詳細がわかればアップします。
by akanezumi1984 | 2014-07-10 22:07 | ボランティア | Comments(0)

久しぶりに東松島3/8

3/11が近くなり、テレビでも震災に関する番組が目だつようになってきましたね。
不幸な始まりだったけれど、同じ地区にボランティアに通ううち、地元の方と親戚づきあいのようなものができ、作業なんかなくても、たまに顔を出してと言っていただきます。
以前ほど頻繁ではないけれど、そんなわけで、時々は都合のつく仲間たちとひょっこりと訪れ、お茶っこしたり、宴会したり。
f0118332_12442087.jpg

土曜朝、少し遅れて集合場所のHさん宅に行くと、ギエンタイ山形の隊長が飾りつけをしていました。一人でこつこつ飾りを作っていてくれた模様。
山大農学部の学生たちも、これまで何度となくボランティアにお茶っこに通ってきてくれていたので、今回は卒業する四人娘たちの卒業おめでとう会と、遅まきの新年会も兼ねているのだ。
f0118332_14561663.jpg

他のメンバーは夜にならないと来ないようなので、とりあえず隊長とおいらと地元のHさんの三人で近くの通称カエラさんのお宅へ。
被災した方たちが集まって歌ったり、お話したりの最中だったようで、カエラ節絶好調。二時間くらい炸裂(笑)たぶん東北人でない方には字幕スーパーが必要。
飲まず食わずでお話聞いていて、喉カラカラお腹ぐーぐーになって、ランチを食べに行った。
f0118332_1503710.jpg

一度行ってみたかった、小野のスマイルカフェで、「野菜の玉手箱」。おいしかったです。男性はちょっと足りないかも。帰り道に野蒜の高台移転地の山を切り崩し、ベルトコンベヤーで土砂を運んでいる先を見学。
f0118332_1564648.jpg

巨大な構造物と強大な機器に、大きさの感覚がよくわからなくなる。
午後は隊長と二人だけでお茶っこ行脚。
f0118332_153034.jpg

行くといつもお抹茶を出してくださるお茶の先生Wさんは、朝電話したときは、前日仙台行って風邪をもらったようで朝から頭が痛いから会えないとおっしゃっていたのだが、お菓子だけご主人に渡して帰ろうと思って立ち寄ったら、結局なんだかんだお抹茶二杯コースに。
最初はしんどそうだったので、休んでてと再三お願いしたのだけれど、くるくる動きまわり、やっと座ったと思ったらおしゃべり炸裂し、話すほどに元気になって、完全復活な感じに。
はしゃぎ過ぎて疲れてませんように・・・
f0118332_1574127.jpg

ハンサム犬レオンと癒し犬プルのおうちや黄色いおうちにも寄りました。
あっという間に時間が過ぎ、夕方買い出しに行き、Hさん宅に戻ると、午前中お会いしたカエラさんたちご一行様が先に来て、炉辺で芋と餅を焼いてわいわいやってました。
f0118332_15102042.jpg

隊長と二人でわたわたと大鍋に納豆汁を作ってみんなで食べていると、続々と遅れていたメンバー到着。
f0118332_15113318.jpg

寒い中、Hさんが庭で牡蠣を焼いてくれました。大量の牡蠣は、ボランティアでお世話になったからと、地元牡蠣の会社からはじきの牡蠣を提供していただきました。ありがたいことです。味に変わりはないのに値がつかないようですが、だからといって、普通は手に入りませんから。
でも、高価なものを買って準備されると申し訳なくて行けなくなってしまうので、ちょっとほっとしました。
山形のさくらんぼみたいなものでしょうか・・・
f0118332_15154933.jpg

こんなに贅沢に、しかし、安心して食べました(笑)
f0118332_15162916.jpg

今春卒業の山大生たちをみんなでお祝い。
f0118332_15173637.jpg

夜更けにみんなでつつき合うケーキのうまいこと!
f0118332_1518285.jpg

まだまだ盛り上がっておりましたが、次の予定を考えて、一人だけ帰ることに。
本当の家族はいなくなってしまったけれど、「家族のような人たち」があちこちにいると思うとほっこりします。
by akanezumi1984 | 2014-03-09 13:38 | ボランティア | Comments(2)

東松島の週末

ずっと東名駅近くにあったギエンタイの倉庫を移動させることになり、思い入れの強いボラ仲間たちが久しぶりに大集合しそうな感じになり、んだら忘年会もしようということに。
しかし、おいらは月山依存症おやじさまがたとの関係も大事なので、月山行ってから東松島に向かったので、肝心の倉庫の片付けと移動には立ち会えず。
f0118332_22414058.jpg

既に大盛り上がりところに到着。久しぶりの方もたくさんいて・・・あれ、一番にぎやかな人たちがいない、と思ったら雪降る中外でこんなことして遊んでた。この中で寝ようとかも考えていたとか?ちとサイズが小さすぎでしたね。
f0118332_2242593.jpg

深夜に東京を出てきて、朝から寒い中倉庫の片付けや畑の石出しなどしてお疲れのM氏が隙間で熟睡したところ、ハイエナのように群がり落書きする面々。いくらなんでもここまでされて起きないわけないでしょと思ったら、やっぱり途中で気づいたけど、もうえーわと思ってじっとなすがままだったらしい。
f0118332_2255214.jpg

土曜夜には雪が積もっていて、畑の石出しができるか微妙だし、遅くまで起きていた人もいるので、日曜は朝のんびり過ごすことに。晴れてくれたけれど雪がとけないので、残り物を食べて片付けていると、地元から差し入れいただいた牡蠣がまだたくさん残っているということで、朝から豪勢に焼き牡蠣!(土曜もさんざん食べていたらしい)
f0118332_225540100.jpg

f0118332_2321552.jpg

いつもと違う雰囲気のうさに。
f0118332_22553088.jpg

泊めていただいたお宅のアサガオの種取り。
この中には、サザンの桑田さんが若くてまだ売れていない頃から絶やさず育てて来たアサガオの種を分けていただいたものもある。
午前中のうちに、これまで何度もボランティアで伺ったお宅を何件か挨拶に回った。お留守の家もあったが、美しくリフォームや新築したお宅で暮らされているのを見て、本当によかったなーとも思う。
みなさん上がってお茶でもと誘ってくださるが、何件か回りたかったので、玄関先で失礼していたのだが、お茶の先生のお宅でとうとう、「5分でもお茶たてられるから上がって上がって」の声にお邪魔することに。
おいらは以前、リフォーム終わった時に家の中を見せていただいていたが、他の仲間はまだだったので、立派になった茶室にびっくり。
f0118332_22555523.jpg

ちょうど訪ねたときに庭で赤く色づいた葉をちょんと摘んでいるところでしたが、あっという間にこんなに素敵な空間に。
虎屋の羊羹でお抹茶をいただいてしまった。
f0118332_22562392.jpg

f0118332_22562828.jpg

午後から作業しようかと言っていた場所は、結局雪もあるし止めようということになり、昨日置いたままにしてきたという道具の回収だけ。
f0118332_22561655.jpg

移動した倉庫は、がらーんとしてとても広く見える。ここにびっしりと詰まっていた作業道具は、地元の方たちに大部分使ってもらえることになり、引き取られたそうで、よかった、よかった。
高台移転の準備で大量に出る土砂を海辺に移動するためのベルトコンベヤーができていた。説明を聞いてもどんなものか想像がつかなかったのだが、知らずに見ると長い長い連絡通路のようだ。
f0118332_2256516.jpg

午後作業しないことになったので、石巻のM旅館にもご挨拶に行ってみることに。ご自身被災して大変な状態なのに、ボランティア基地としてボランティアの団体にボランティアしていたおとーさんと、愛犬の菊千代に久しぶりに会えた。菊千代は震災迷子でおとーさんに拾われたシェパード。みんなにボール遊びをおねだりにくる。そして、おとーさんは仮設団地にラーメンを振る舞うボランティアを考えているとか。
東名に戻り、泊めていただいたお宅に挨拶に寄ったら、お土産持たされ、逆に励まされ、もう、なにしに行っているんだか・・・
by akanezumi1984 | 2013-12-15 22:55 | ボランティア | Comments(0)

久しぶりの東松島

8/10久しぶりに東松島へ。手帳で確認したら、なんと4か月ぶり。
こんなに長く行かなかったのは初めてだった。
f0118332_17485011.jpg

朝の集合は5人。小さな輪でラジオ体操。この日の作業は先月の連休に終わらなかった壁はがしの続き。
f0118332_17511598.jpg

f0118332_17581485.jpg

初参加のバンバンさんは、はるばる京都から来てくれはりました。
f0118332_17513585.jpg

リフォームに備え、石膏ボードの壁、天井をすべてはがし、中の断熱材も出します。
下がすぐに断熱材の壁は簡単に崩してはがすことができるが、部分的に板の上に石膏ボードが二重に貼られた場所があり、これには苦戦した。
直射日光に当たらない屋内作業とはいえ、土日とも猛暑で全身ぐっしょぐしょに汗をかき、そこに壁のかけら、粉が張り付く。
f0118332_17551532.jpg

前日スーパーで値下げになっていたので、つい買ってみた、なめこのキャラクターの飴。まさかのなめこ味は思ったよりたくさん入っていたが、なめこの味はしなかった。
f0118332_1804834.jpg

作業場所から歩いてすぐのSさん宅に、昼休みにご挨拶に行くと、プルとレオンがお出迎え。
冷たいお茶やメロンを出していただいて、ついつい昼休みだいぶオーバー。でも今日は土曜だから、残業可能。
f0118332_1825445.jpg
f0118332_1831080.jpg

午後は残った壁はがしに平行して、壁材と断熱材の片付けもがんばったが、片付けきれず、日曜に少し持越し。
f0118332_1843343.jpg
f0118332_1845480.jpg

とりあえず粉だけはたいて、全身ぐっしょぐしょ軍団で温泉に行き、着替えてさっぱりしてから買い出しして、東名で夕食。朝少し遅れて着いた仲間がクーラーボックスでなにやら大事に持って来てくれたのは、南極の氷だった。みんな少しずついただいて、ぷちぷち氷のささやきを聞き、これはいつの時代の空気なのかとロマンを感じながら味わった。
そして大人だけの花火。カナブンが一匹焼死・・・
f0118332_189481.jpg

日曜日帰り特攻隊のチーム小学館3名が加わり、ちょっとラジオ体操に輪が広がる。
おいらは昼に用事があるため、ここでさよなら。
仲間は昼にアファンの森に行くと言っていたが、おいらは帰らなくてはならないので、地元のHさんにアファンの森に案内してもらって、ちらっと見てから山形に戻った。
f0118332_18104723.jpg

子どもが喜びそうなツリーハウス(大人だってわくわくしますね)があり、散策路が作られている。
地元の親子が楽しめるようにとC.W.ニコルさんがプロデュースしたらしい。
暑くて眠くなるのと、渋滞で時間かかるかもと思ったのとで、珍しくほとんど高速を使って帰宅。おかげで少しだけ昼寝もできた。
f0118332_1816337.jpg

お昼に南陽市豪雨災害ボランティアセンターの閉所式へ。あちこちだいぶきれいになっていたけれど、道路の陥没部分などはまだそのままだったなぁ。
まだ全部終わったわけではないけれど、個人宅の要請はなくなったということで、ボランティアセンターの役割終了。みんなで豪華なお弁当をいただきました。
こうした災害はない方がよいのだけれど、これをきっかけにたくさんの方との出会いがありましたねーと、スタッフの方たちと話した。
こうした経験やつながりは、またどこかで生かされることでしょう。
by akanezumi1984 | 2013-08-11 18:20 | ボランティア | Comments(0)

ひとまず

f0118332_2384728.jpg

早い時間に終了したり、途中で帰るボランティアさんには、お疲れ様でしたーと自分がいる場所で見送るだけだったが、今日は資材の回収が終わったあともボランティアさんたちが休憩したり報告したりしてらしたので、他のスタッフさんたちと一緒に玄関まで出てお見送り。
この前にはボランティアさんたちは地元からの差し入れの漬物や冷奴など勧められる。こういうの山形らしくていいなぁーと思う。
f0118332_2314371.jpg

昨日から建物の中でシャカシャカ音がしていたのはギンヤンマだった。
今日は手の届くところにいたので、つかまえて外に放してやった。たっしゃでなー。

まだ案件としてはいくつも残っているのだが、泥が乾いてからのほうがいい作業とか、家の人の都合に合わせてとかで、明日は果樹園の流木撤去しかボランティアが入らないことに。
そこはしばらくかかる場所なため、道具は現場に置いたままで、明日は資材班の仕事はほとんどなさそう。
23日から毎日通い続けて気づけば8日間行きっぱなしだった。
もともと資材の出入りが激しいうちだけのつもりだったので、そろそろ引きどき。
また人手がほしそうなときには行こうと思うが、腰とか足の付け根の痛みがなくなれば、スタッフでなくボラ作業でもいいな。
by akanezumi1984 | 2013-07-30 23:22 | ボランティア | Comments(0)

月曜だからなのか?

まだ南陽市のボラセンに通っております。
f0118332_21291135.jpg

土日は赤湯地区のボランティアは現地で集合していたが、今日は全部小滝のボラセンで受付。
それなのに人数少ない・・・
先週は平日でもけっこう人が集まっていたのに、一週間が過ぎ、関心が薄れてきたのか?
先週も月曜日だけ極端に少なかったらしいので、月曜だからということもあるのか??
今日集まっていただいたボランティアさんは21人、そのうち県外からが9名。
県内からのボランティアさんが少ないなぁ。
天候が不安定なので、はるばる遠くから来ていただいて大変ありがたいが、雨や雷で作業が中止になったりすると、申し訳ない気持ちになってしまう。どれちょっと行ってみっか、と近くの人がひょいと来てくれないものか。
でも、明日は地元の高校生がどーんと60人以上で来てくれるというから、広大な果樹園の流木撤去がはかどるかな。
左足の付け根の痛みがだんだんひどくなってきたので、帰りにみいら先生の接骨院にかけこみ。
腰からきているものと、昨日の水12キロ120箱リレーによる筋肉痛とのこと。すごく局所的に痛みが強くて心配したけれど、筋肉痛ならあまり心配しなくていいね。はー、よかった。
f0118332_213421100.jpg

帰宅したらポストにこれが。極上の七味の袋がそのまま葉書になっています。
大阪の友人から届きました。ありがとー。
最近それほど暑くないし、夜は遊ばせてるし、よそに預けたりしてないのでストレスないはずなのだが、ウサオの背中のハゲが拡大しつつある。
なぜだ?
by akanezumi1984 | 2013-07-29 21:39 | ボランティア | Comments(0)
今日も大雨、洪水、雷注意報が出ていたけれど、ごく局所的に降っただけで、つつがなく作業できたようです。
赤湯地区、金山地区、吉野地区の三地区で合わせて103名の方がボランティアしてくれました。
f0118332_22181073.jpg

おいらがお手伝いしている資・機材・車両班のスタッフは、代表の方以外は出入りが激しくて、短い人は午前だけとか、午後だけとか。なので、時間のあるおいらがなるべく中にいるようにしているため、現場の写真がありません。
各チームごとに必要な道具を準備して運び、追加依頼に応じて配達、終了したら道具の回収をするのが仕事。ちょっと時間があるときは、中に残ったメンバーでチェック、メンテ、新しくいただいたり貸与された道具に目印をつけたり。
そんな作業中、男性スタッフが小さな悲鳴を上げた。
f0118332_22241153.jpg

つい一瞬仕事を忘れ、嬉々としてカメラを向けてしまうおいら(笑)大きくてきれいなクモじゃないですか。
イオウイロハシリグモですかねー。
終わって帰ろうとしたら車の近くの壁にも渋くて美しいガを発見。
f0118332_2227777.jpg

FBに貼ったら仲間がトビイロスズメと教えてくれた。
てなことで、カテゴリをボランティアにするベきか、生きものにするべきか、微妙なこのブログ(笑)
帰宅すると、玄関にわっさりとミントがバケツに。
f0118332_22282081.jpg

ご自由にどうぞとのことなので、少しいただいた。
冷蔵庫に冷やしていた水出し番茶に、ミントの葉をもみもみして入れたら即席ミントティーになった。

さて、南陽市のボランティア作業は、土日でものすごくたくさんのボランティアさんが来てくれるかもしれないと覚悟していたら、それほどでもなく・・・
まだまだやることたくさんありますので、お時間と体力がある方、ぜひぜひ、あなたのお力を少しばかり貸してください。
床下の泥だし、家財の運び出し、分別、土石の撤去、流木の撤去など、いろいろあります。

ボランティアの状況や現地の気象情報がツイッターでも確認できるようになりました。
「」7.18南陽市豪雨災害VC」で検索できます。

PS-支援物資で500mlの水24本入りが120箱届いたので、みんなでリレーで運んだのだが、一週間前から腰が痛いのにうっかり末端についてしまい、股関節のほうまで違和感が・・・
帰りにみいら院長のところに駆け込もうと思っていたら、今日は日曜なんだった。
曜日感覚がぁー・・・
by akanezumi1984 | 2013-07-28 22:30 | ボランティア | Comments(0)

もういいですって・・・

またしても大雨・洪水警報。雷注意報って・・・
朝のうちは警報ではなく注意報だったが、予報がよくないためか、週末にボランティアさんがかなり増えるのではと思ったら、平日と同じ規模でした。
この週末は赤湯地区にも直接ボランティアさん集合してもらったため、トータル人数では100名を越えたが、もしかすると200人越えるのではと思って準備していたのだった。
f0118332_17571997.jpg

午前中は屋外作業の現場が天気がもっていて、予報が悪いわりに作業ができたようだが、雷雨のため午後の作業は中止になった。
f0118332_17585663.jpg

お、ギエンタイで作ったTシャツを着たあの人がいる。
f0118332_17594443.jpg

ギエンタイの腕章のあの人も。地元で職場、消防、JC全てから召集がかかる彼は、忙しすぎて激やせしてしまっていた。がんばれー!
f0118332_182196.jpg
f0118332_1823287.jpg

各地の社協さんのつながりで、たくさんの資材を貸していただいているのだが、スコップは大量にあるのだが、土嚢に泥をつめるときに必要な穴あきバケツ(土嚢スタンド)が不足していた。
そして土日に大量動員で作業したいのが広大な果樹園の流木撤去で、フォークやとび口があったら便利なのに、全然ないよねー。買えないかなーなどと話していたら、東松島から大量の土嚢スタンドが送られてきた!
そして今日ボランティア作業にいらしてくれた石巻社協さんが帰りがけに「車に積んである資材から必要なものを提供します」と、ありがたすぎるお話が・・・
その中には、ちょうど、あったらいいのにと話していたフォークとトビが!神様に聞こえてましたか?
おまけにケルヒャーの高圧洗浄機まで!貸し出しですよね?と確認したら「提供です」って・・・
思わずひれ伏しそうでした(笑)

SAVE IWATEの方も大きなトラックに物資を積んで来てくれました。ありがたやー。

明日は日中はそこそこいい天気のようですが、今夜から明日にかけて激しい雨の予報で、ちょっと心配。
あど降らねでけろー!
by akanezumi1984 | 2013-07-27 18:11 | ボランティア | Comments(2)

ほどよく・・・

今朝は一時雨が強く降ったり、予報もあまりよくなかったりで、予定していた作業がキャンセルになったり、大勢で作業できる屋外作業がなかった。
それでも昨日の状況から、二日続けて大量動員かけてくださっていた団体が今日はお休みとなり、個人やグループのボランティアさんだけになったので、ほどよい人員配置ができた模様。
本日のボランティアは68名。昨日までの団体さんがいらしてないことを考えると、個人参加の方は昨日とあまり変わらないくらい、いらしてくれている。
作業内容は、床下の泥上げ、家具の移動、家周りの土砂の移動、はがした床板や障子の洗浄などなど。
f0118332_19145542.jpg

けっこう小高いところにあるボラセン。

スタッフによる現地確認で、埋まってしまった水路の泥上げ(石や枝交じり)が必要な場所が判明したけれど、市の対応になるか、ボランティア対象になるか、確認中。
南陽市豪雨災害ボランティアセンターの最新情報を確認してください。
f0118332_1917531.jpg

またウサオにハゲができつつある。
最近はそうストレスになるようなことはないはずなのだが・・・
by akanezumi1984 | 2013-07-25 19:19 | ボランティア | Comments(2)

引き続き

f0118332_17514028.jpg

自由の利く身なので、しばらく通います。(単発バイトも天気でずれてゆくー)

大口団体さんがいたため、今日は平日なのに96人ものボランティアさんが!
外仕事が大量動員のおかげで、雨が本降りになる寸前にほぼ完了。

しかし・・・まだしばらく雨が続くようで、困ったものです。
屋内作業だけでは、あまり大勢は入れないかもしれません。ボランティアを希望されるお宅があっても、大工さんに床板はがしを依頼されているお宅では、床はがし待ちがあったり、ご都合で立会いできる日が限られたりしますので、これから行くぞ!と思っている方は、特にグループや団体の方は事前にボランティアセンターに連絡をとってからお願いします。

南陽市豪雨災害ボランティアセンター・ボランティア活動の希望、活動に関するお問い合わせ先

090-3642-9929
こちらで最新の情報もごらんになれます。

https://www.facebook.com/NanyoSaigaiVC/posts/156686157856901
by akanezumi1984 | 2013-07-24 17:58 | ボランティア | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31