カテゴリ:ほかの山( 192 )

春の花満喫・高舘山3/27

春の花を見に、高舘山に。
好天の日曜なので、Bunさんにメールで教えていただいた、人の少ない静かなコースをたどってみました。

f0118332_017417.jpg
可憐なオオミスミソウ。
f0118332_0175646.jpg
f0118332_018817.jpg
f0118332_0184074.jpg
キクザキイチゲもそこかしこにたくさん咲きました。
f0118332_0185256.jpg
前回は全然だったカタクリもたくさん咲いていた。
f0118332_019324.jpg
これはタチツボスミレかな?
f0118332_0191679.jpg
エンレイソウ
f0118332_0193688.jpg
ミヤマカタバミ

f0118332_01947100.jpg
コシノカンアオイ
f0118332_020419.jpg
エゾエンゴサク

f0118332_0201914.jpg
小道は花で縁取られている。

f0118332_0203318.jpg

f0118332_0204354.jpg
イワウチワもちょっぴり咲き始めておりました。
f0118332_0205535.jpg
ショウジョウバカマ
f0118332_021699.jpg
オウレン
f0118332_022139.jpg
瀬ヶ沢
f0118332_022139.jpg
f0118332_00292874.jpg
一輪だけ咲いていたニリンソウ

f0118332_0223216.jpg
シュンランはなかなか見つけられずにいたが、行き倒れか?とびっくりするくらいに道のわきにはいつくばって撮っている人がいたおかげで見られた(笑)
f0118332_0225884.jpg
キクザキに比べると少ないアズマイチゲ
f0118332_0232561.jpg
オクチョウジザクラ?
f0118332_024269.jpg
昼間は少し雲がかかり、空気もかすんでいたけれど、帰る頃にくっきりときれいに見えた、いつもと違う側からのおらいの山。

ちょっと遠いけれど、ルリソウやシラネアオイの咲く頃にも見に行きたいなぁ。

by akanezumi1984 | 2016-03-28 00:25 | ほかの山 | Comments(0)

大朝日小屋の情報

このブログ見ていて、この時期の大朝日岳に登ろうという方はあまりいないような気はしますが、管理人さんから情報をいただいたのでお知らせいたします。
昨日管理人さんが行って直接確認されてきた最新情報です。

大朝日小屋の一階ドアが壊れて雪が入っているため、一階は使用不能だそうです。
ハシゴで二階から入り、二階を使うことはできるけれど、一階ドアが閉まらないために冷たい風が二階にも吹きあがり、寒いそうです。
もし小屋泊まりを計画されている方は、ご注意ください。

昨年も、窓が開いていて、内部に雪が入って大変だったとか。
ほんの小さな不注意で、小屋に重大な損害を与えてしまいますね。冬から春にかけて、そうそう確認や管理に行けない場所ですし、修繕できるまで時間がかかり、ますます傷んでしまいます。
by akanezumi1984 | 2016-03-03 22:13 | ほかの山 | Comments(0)

珍しく蔵王へ


f0118332_22461695.jpg
今日からずっと天気悪いのだろうと油断していたら、午後も晴れ?
もったいないから出かけようか。でも明日から三日連続志津だからな・・・
てことで、珍しく蔵王に行ってみました。
ライザスキー場からリフトを乗り継いで一番上からだと、氷瀑にたどりつけるらしいのだが、それほど遠いわけでないしと下から適当に歩いていたら、スタートの遅さもあって、たどり着けずに終了。
まぁ楽しかったのでよし。
f0118332_22491822.jpg

下界はかなり気温が高くなったのに、上はカリカリですな。
f0118332_22495815.jpg

駐車場出て、トイレだけ借りて、すぐにゲレンデつっきって林の中へ。
テン、ノウサギ、リスの足跡がたくさん。
f0118332_22505888.jpg

初めてイヌワシを見たのはこの近くだった。院の先輩が鳥の調査するのに連れて来てもらい、目線の高さをノウサギひっさげて滑空するイヌワシを見るという、ものすごい幸運な出会いだった。
そんなことを思い出し、滝はまだまだ先と思いつつも下に下ってしまう。ひょっとしてイヌワシ飛ばないかなーなどと、夢想して。
f0118332_22541182.jpg

下り切ると登り返しが大変そうなので、中途半端にトラバース移動。
途中クマ棚2かカ所見っけ。そして、この崖でイヌワシが止まっているように見える部分があって、しばーらく見つめる。色、形、大きさがそれっぽいのだが、遠過ぎ。確信が持てないので動かないかなとずっと見ていてみたが、ちっとも動かない。猛禽は何時間もじっとしていることがあるが・・・でも、やっぱり石か?
f0118332_23021379.jpg

場所がわかりやすいよう、リフトトップ近くまで歩きやすい尾根歩きをしておればよいものを、わざわざ歩きにくい急斜面をずっとトラバースしていたので、遠くにそれらしき氷瀑が見えた頃には疲れてしまい、尾根に登り上げて遅い昼ご飯とちびうさ作り。
f0118332_23023638.jpg

ドライな雪で、くっつけるのにちょっと苦労したが、なんとか耳ついた。
f0118332_23033283.jpg

霧氷がきれい。
寒気入って少しは樹氷復活したかと期待したが、ほんの少ししかついてなかったなぁ。
f0118332_23123296.jpg

f0118332_23125218.jpg

ノウサギの齧り痕と赤しょん。
f0118332_23133522.jpg

f0118332_23135863.jpg

ゲレンデ脇の林をずんずん下って終了。
f0118332_23143577.jpg

そのまま市内の親戚に、昨年同様、雪旅籠の助っ人に来てくださいとお願いに行く。木金の二日間、親子で参戦してくれると確約を得た。昨年も本当に本当に助かったので、大変ありがたい。
夜は、マンションの総会。春から夏にかけて大規模修繕するってか。
自分のところは駐車スペースが使えなくなるし、ベランダが使えなくなったり、部屋にずっといなくてはならないことがあったりと、いろいろ不便みたいだが、仕方がない。
さて、明日は雪壁をひたすら掘って掘って掘りまくるぞ。

by akanezumi1984 | 2016-02-23 23:20 | ほかの山 | Comments(0)

羽黒山



f0118332_00184776.jpg
恒例の冬の羽黒山へ。(去年は行きそびれたが)今年は暖冬で県内はどこも雪が少ないと思っていたが、ここは違うようで、例年通り・・・いや、多いかも?
f0118332_00214047.jpg
もしかしてスノーシューいらないのでは?と思って行ったら、積雪多いし、雨で緩んでるしで、けっこうずぼずぼ。石段の上は毎日歩く人がいるため、あまり沈まないが、サイドはけっこうはまる。スノーシューあって正解。
しかし、普段山スキー派の人たちは、スノーシューは持ってきたものの、あまり好きでないためツボ足で。
f0118332_00241870.jpg
この辺までは普通の観光客や撮影の方も来ていたが、石段に行く人は少ない。(今日は会わなかったが、ツボの足跡はあった)
f0118332_00263736.jpg
ムサふん。
f0118332_00265939.jpg
二の坂。がんばれ、Kさん。
f0118332_00275786.jpg
f0118332_00274201.jpg
あいにくの雨だが、ガスがかかって幻想的に。
f0118332_00282995.jpg
今回、南谷はパスすることに。
f0118332_00291311.jpg
f0118332_00293858.jpg
屋根の雪がどっさり落ちて山になっている。下を歩いている時にこれが雪崩れてきたら大変だな。
f0118332_00310166.jpg
f0118332_00312222.jpg
f0118332_00314100.jpg
f0118332_00320638.jpg
これこれ、これが見たかった。
さすがに上まで来たら雪に変わり、いい感じに。
f0118332_00333851.jpg
f0118332_00335946.jpg
f0118332_00341969.jpg
f0118332_00344613.jpg
夏の羽黒もよいけれど、雪に包まれた羽黒がまたよいのです。
f0118332_00355369.jpg
これが姥様に見える人は、かなりの通ですな。
f0118332_00363488.jpg
電話ボックスは春まで使用不能。
f0118332_00370633.jpg
売店で暖かい蕎麦やうどんを食べ、のんびりしてから、また石段を帰る。
f0118332_00380179.jpg
あらあら。
f0118332_00382433.jpg
f0118332_00384187.jpg
f0118332_00392751.jpg
ツボ足でも軽快に下る仏様。
f0118332_00401392.jpg
まだひっくり返ったばかりの木。湿雪の重みでやられたか?
f0118332_00405892.jpg
帰宅して、少し休んでから、大学コンソーシアム山形の山形夜話へ。
今日は、月山と火山がテーマで、知ってる場所に関することなので興味深く、おもしろかった。
帰りに駅を通り抜ける時、平田牧場直営店で「揚げ物全品半額」の張り紙に目が留まり、三元豚ロースかつお得な三枚千円がさらに半額と知って、思わず購入。一枚は夕食に食べて、残り二枚は冷凍。
そのうちかつ煮にしよーっと。

by akanezumi1984 | 2016-01-28 00:45 | ほかの山 | Comments(0)

楽しい生き物仕事終了


今日はちょっと道のりが長いのに、朝ご飯を宿で食べてから出発だったが、暗くなる前に登山口に戻れた。
f0118332_0252961.jpg

f0118332_0255815.jpg

f0118332_17342490.jpg

早朝は濃霧だったけれど、移動中に晴れて来て、気持ちのよいブナ林歩き。
f0118332_1735199.jpg

f0118332_17353729.jpg

f0118332_17355568.jpg

しばらく沢沿いの道が続くので、急な登りがなく、動物のフンに立ち止まり、カエルを捕まえしながら進む。

f0118332_17414127.jpg
f0118332_17423355.jpg
残念ながら、キノコ採りをしている暇はありません。見るだけ。
f0118332_17434404.jpg
木漏れ日浴びながらの楽しい道に時々、スリリングな吊り橋。最期は急登。
途中で必要以上にカエル、イモリ、ヘビにかまってしまったため、12時半過ぎに空腹で急登となってしまった。しかも天気が悪くなってきてガスに突入。
1時半にようやく折り返し点について、30分の定点調査しながら昼ご飯なのだが、雨が降って来て視界不良に・・・うう、タイミング悪い。
時間になって、わらわらと下山。少し下ったら雨は止んでくれて、ほっ。
同じ道のピストンなので、再びスリリングな吊り橋を渡るのだが、一度渡ったら慣れて平気になった。
f0118332_17495466.jpg
f0118332_17502420.jpg
月曜の宿のご飯。この時期の山形の宿では、芋煮汁とアケビが定番ですなぁ。
f0118332_17520931.jpg
ハイイヌガヤの実を初めて食べてみたが、ものすごい糖度!こんなに甘い野生の実ってないんじゃ?てくらいに甘かったが、少し汁をなめる分にはおいしいが、口の中でつぶしたら嫌な後味が。
f0118332_17542357.jpg
ちょっと傷んでいるけれど、イワウチワが咲いていてびっくり!

f0118332_17551346.jpg
根っこからひっくり返った木に、ヤシャビシャクがあり、こんなに大きなヤシャビシャクは見たことがない、とびっくりしております。
f0118332_17560070.jpg
たいてい高い位置に着生しているので、こんな風に間近で見られるとは・・・
と、喜ぶ二人。
鳥の鳴き声や、動物の痕跡を見つけるのに長けた人と一緒に歩けて、とても勉強になった上に、生き物好き同志ゆえに、仕事なのにいちいちはしゃいでしまい、楽しい二日間だった。捕まえられるものは捕まえて撮影するのだが、仕事上必要なショットの他についつい、かわいいー!きれいー!と萌え萌えしながら何枚も撮ってしまいがち(笑)
生き物編は、別立てにします。

by akanezumi1984 | 2015-10-21 00:26 | ほかの山 | Comments(0)

山小屋満喫

f0118332_23531108.jpg
みいらさんの山部に混ぜていただき、山小屋を楽しむ一泊山行。
乗せていただいた車の助手席に、ヤマネが潜んでいた。
f0118332_23553514.jpg
小屋泊まりで一泊だけなのに、大荷物(笑)ザックに外付けされているのは、薪!
薪ストーブのある小屋なのです。
f0118332_23564368.jpg
コマユミ
f0118332_23570390.jpg
道中キノコが採れればという下心はあったものの、ナメコはまだ採るにはいたいけ過ぎ、ナラタケはフケていて、クリタケはなく。
f0118332_23582314.jpg
クサギ
f0118332_23585161.jpg
最初の30分は楽な林道歩き。林道終点からはちょっとだよ、とのことでしたが?
f0118332_00000680.jpg
すぐそこの尾根のはずだけれど、なかなかつかない。昔の地図には巻いてつけられた道が載っているのに、最新の地図には破線の道から書かれていない。
直登の道がついていて、これがなかなかの急登だった。
f0118332_00023953.jpg
はー、やれやれ着きました。地図には載っていますが、個人所有の小屋なので普段は施錠されており、無断で泊まることはできません。
これと同じ写真だけは見たことがあり、二階かロフトがあるのだろうと思っていたら、一階のみでした。真ん中にどーんと大きな薪ストーブがあるため、居住空間は想像していたより狭かったけれど、素敵な小屋でした。
午後は近くのピークに散策の予定だったけれど、雨が降り出したので早々に宴会突入。いやー、みなさん、ザックからビール、酒、焼酎、ワイン、バーボンと出るは、出るは(笑)水場がないから水も運び上げ、ストーブ用に薪も運んだので、一泊だけなのにやけに荷物が多かった。
完全に貸し切りなので、くつろいで、飲みたい人は何時まで飲んでもOK。
深夜まで風雨強かったが、朝には思いの他天気がよくなっていた。
f0118332_00151489.jpg
当初、朝来た道を戻って、車を一台残して倉手山登山口に移動し、そこから倉手山に登って、山小屋に縦走するプランだったけれど、時間やメンバーの体調も考えて、ノーマル登山道のピストンに。
倉手山は初めてだし、すごく気持ちよかったので温身平でのんびりするだけでもいいやと思うくらいだった。
f0118332_00164016.jpg
f0118332_00165981.jpg
f0118332_00171448.jpg
f0118332_00173948.jpg
f0118332_00175753.jpg
f0118332_00181066.jpg
f0118332_00183300.jpg
f0118332_00184539.jpg
倉手山を普通にピストンでは物足りないのではないかと、企画のみいらさんは考えたようでしたが、小屋への往復が距離は短くともパンチが効いていたし、温身平のブナ林で癒されまくったしで、十分に満足のいく二日間でありました。
f0118332_00190048.jpg
帰宅したら宅配便の不在時連絡票が。午後6時過ぎてしまっていて、今日中の再配達は無理かと諦めて土曜の再配達を電話で指定したが、配達のドライバーさんが電話をくれ、今日の配達可能とのことで、お米が届くのを待って、さっそく新米をいただきました。
あー、つやぴかの新米は、最高においしゅうございます。
まだ古いお米も少し残っているので、これからしばらくは、「新米食べたい」しかし「古いお米を先に食べなきゃ」のせめぎ合いだな。

by akanezumi1984 | 2015-10-13 00:25 | ほかの山 | Comments(2)

さよなら以東小屋その2

f0118332_00020433.jpg
f0118332_00021788.jpg
こんな感じで、木曜昼には外見はあまり変わらず、以東小屋という看板がなくなったくらい。でも、既に大量のガラが・・・
f0118332_11391926.jpg
こちら宿舎の裏側。仮設トイレ、発電機など。
f0118332_00030547.jpg
はずされた小屋の看板は、宿舎に。宿舎はポントハウス(窓なし、シャッター付き)3つをコノ字に組み合わせて真ん中に土間空間を作ってありました。
出入り口のドアは風除室のドアで、「更衣室にお使いください」の張り紙ついたまま。
f0118332_00075171.jpg
小屋の前にあったテーブルベンチが食堂に。
f0118332_00084481.jpg
前夜までは以東小屋に泊まっていたそうで、木曜昼の段階では、一階はまだ使える状態。でも、2階は・・・
f0118332_00100131.jpg
既にスカスカ。
f0118332_00110211.jpg
とりあえず、壁板や、はずされた桟等を小さく切ったものを、運んでトン袋に詰めるのをお手伝いしたのだが、張り紙や前任者の落書きなど見るとつい懐かしくて手が止まる。
f0118332_00134566.jpg
物が運びだされても、やっぱり狭苦しい管理人室。わずか二畳に寝台と棚があり。寝台は身長159cmでぎりぎりだった。
f0118332_00154232.jpg
飯豊
f0118332_00160891.jpg
ちょっこり月山
f0118332_00163721.jpg
大朝日のとんがりがちらり
f0118332_00170407.jpg
ガスがどんどん流れてくる
f0118332_00172849.jpg

f0118332_00173984.jpg
f0118332_00175425.jpg
雲が多く、夕陽は見られず。
f0118332_00204185.jpg
宿舎でクマモツ汁をごちそうになる。ちと大人の味。
まだ以東小屋の1階はきれいなので、最後の最後に管理人室に泊まりたい気持ちがあったが、もう強度がかなり落ちているのに雨と強風なので、宿舎に泊めていただいた。寝袋持って行っていたが、さらに毛布を二枚貸していただき、ぬくぬく。
夜通し悪天候で、雨と風の音を聞きながらとろとろ眠った。


by akanezumi1984 | 2015-09-27 00:18 | ほかの山 | Comments(0)

さよなら以東小屋

いよいよ以東小屋の解体が始まりました。
週末は天気悪そうなので、木金で以東へ。
f0118332_00095741.jpg
以東の小屋だけでなく、トイレもなくなります。
f0118332_11274870.jpg
オクノサワフタギ
f0118332_11292521.jpg
行きではまだ小さかったブナカノカ、帰る頃には育ってるかなと思ってましたが、帰りにはもう採られてました。
f0118332_11303195.jpg
ミズナラのどんぐりも豊作。

f0118332_11311891.jpg
クマの齧り跡があった看板は、新しいのに変わっていた。
f0118332_11320997.jpg

ツルリンドウ
f0118332_11323198.jpg
大鳥小屋。臨時の管理人さんは、以前たまたま鳥海山でお会いした方でした。
f0118332_00102957.jpg
ブナの実豊作で、そこらじゅう落ちている。
直登コースで以東に向かいます。大鳥泊で早朝に周回で出かけた登山者の方数人とスライドしました。
f0118332_00111611.jpg
業者さんによる粗朶工法の保全。
f0118332_00123016.jpg
さらに上部には、一昨年の施工ヶ所。


f0118332_00082264.jpg
あいにく青空はなく、ガスが次々と湧いてくるが、紅葉が見事で元気が出る。曇りで暗かったので色が出てないけれど、実際には色とりどりで赤が鮮やかです。
f0118332_00133127.jpg
小屋までもう少し。
f0118332_00143938.jpg
見えて来た。足場が組まれているが、まだほとんどぱっと見は変わらない。


by akanezumi1984 | 2015-09-26 00:15 | ほかの山 | Comments(4)

憧れの飯豊へ

電波が悪いので、すっぱり諦め、3日間音信不通で過ごしていたのは、飯豊連峰に入っていたから。
先週の朝日合同保全の時に、梅花皮小屋の週末管理に入る小屋番さんに、同行させてくださいとお願いしたのだった。
f0118332_15362010.jpg
オクノサワフタギ
f0118332_15365073.jpg
あいにくの雨模様だが、少し小止みになったので、雨具は上だけ来て7時過ぎに出発。忘れ物してちょっと戻ったりして、相変わらずおまぬけ。登山靴とアイゼンのつもりでいたが、スバ長ならスパイク不要ということで、スバ長で。管理人さんはスパイク地下足袋。
f0118332_15391258.jpg
石転びの出合には10時頃着。
10時半、いよいよ雪渓歩きに。
f0118332_00490411.jpg
f0118332_15414172.jpg
管理人さんは仕事で上がるので、あまり足を止めてはいけない・・・ただでさえ遅いおいらの歩みに付き合っていただいているので、今回はちびうさは作らず。
どうも今年は体力がなく、去年より歩けない感じなので、なるべく小股で歩く。
f0118332_15435783.jpg
30分おきくらいに水場があり、水はほとんど持たなくてよいのが楽。
今のところ、雪渓の状態がこの時期にしてはとてもよいとのことで、雪渓の端でほんの少し気を付ければよいだけ。これがガラガラに崩壊し始めると、とても一般登山者には歩けるものではなくなるそうだ。
雪渓の途中で雨が強まり、ガスも濃く、もう小屋が見えるはずと言われても、なんにも見えない。
最後の急登をがんばって歩いていると、小屋があるのがわかるかい?と・・・
ん???なんにも見えませんが。と、少しガスが薄れて小屋が見えて来た。
f0118332_15472267.jpg
なんだこりゃ!すぐ目の前に小屋があった(笑)画面からはみ出てます。
f0118332_15483301.jpg
今年はなんだか体力に自信なしでしたが、なんとか6時間ちょっとで着きました。
水を背負わなくてよいのが助かりました。
f0118332_15501786.jpg
初めての梅花皮小屋に興味津々。なんと、管理人室が別棟なんですなー。
f0118332_15500544.jpg
玄関が狭いので、下足箱が室内にある。
f0118332_15514790.jpg
天井にネットがあるのがおもしろい。衣類など広げて乾かせるとか。
f0118332_15523992.jpg
このサンダルだとつま先カバーされていていいなぁ。水場は近い&高低差がないのでサンダルでOK。水量も豊富で条件のよい小屋だ。
まだ1時過ぎで時間はたっぷりあるけれど、なにしろ雨ガス強風。すぐ近くを見ただけで小屋で過ごす。
f0118332_15554000.jpg
予報ではそんなに悪くなさそうだったのになぁと思ったら、はたと気づいたことが・・・そういえば、先週の朝日合同保全の時に「朝日ではいいけど、飯豊では鶏肉と玉子を食べてはいけないのです」と言っていたような。ううっ、両方持って来てしまったよ。
管理人さんにどうしましょと相談すると、早く食べてしまうしかないと(笑)
本当に気にする方は、絶対食べないらしいですが・・・
他のお客さんでも鶏肉持って来てた方がいて、「だから天気が悪いんです。早く食べてしまって」と(笑)
翌日に期待して就寝。
しかし、朝になってもガスガス。雨は止んだし、風も弱まったが、視界悪い。
おかしいな、鶏肉も玉子もなくなったのに、と言っていたら、管理人さんの食料に「鶏ちゃんこスープ」のレトルトが入っていて、大笑い。
f0118332_16001407.jpg
うーーーーーむ。
f0118332_16004077.jpg
f0118332_16005025.jpg
f0118332_16010013.jpg
黄色い花がたくさんあると思ったら、イワインチンだった。
f0118332_16013290.jpg
オヤマノエンドウ
f0118332_16015273.jpg
このへんのトリカブトはホソバトリカブトだそうな。
f0118332_16022075.jpg
ミヤマコゴメグサが月山のより大ぶり。
f0118332_16024379.jpg
憧れのイイデリンドウはほとんど終わっていて、わずかに残ったものも悪天候で閉じている。
f0118332_16033440.jpg
朝ごはんで、今度こそ鶏肉関係なくしたからか?(笑)昼頃になってやっとガスが切れてきたので、烏帽子岳まで散歩。
f0118332_16041226.jpg
f0118332_16061440.jpg
ダイグラ尾根が見えた。
f0118332_16064550.jpg
少し開いたイイデリンドウを一輪だけ見ることができた!いい色。
ミヤマリンドウより少し大きいんだね。
f0118332_16074315.jpg
小屋のすぐ近くにこんなものが・・・いったい誰がなんでこんなのわざわざ持って来たのやら。

時間たっぷりあるので小屋の掃除などする。以東を思い出し、窓の結露拭きもやりたかったが、突き指がまだ治らなくて雑巾が絞れないので、掃き掃除だけ。
f0118332_16270705.jpg
最終日、太陽はなかなか顔を見せないけれど、雲海が美しい朝。
f0118332_16280608.jpg
北俣岳山頂

f0118332_16302241.jpg
梅花皮小屋。お世話になりました。
f0118332_16415860.jpg
門内小屋がもうそこに。ここも管理人室が別棟なんですね。小屋内部は見なかったけれど、トイレを借りてみた。男女別なのはよいなぁ。
f0118332_16430379.jpg
やややっ、これは!足こぎ式のバイオトイレじゃありませんか。うわー、本物初めて見た、と一人喜ぶ。月山では電気でぐるぐるおがくずをかき混ぜているのを、ここでは用を足した人が自転車をこぐことで撹拌するんですね。
この先、梶川尾根の急な下りに備えて、ここで靴下をもう一足出して二重履きにする。(登山靴でなく長靴だもので)
f0118332_16445830.jpg
f0118332_16464384.jpg
扇の地紙の標柱は、ばったりと倒れたまま。
f0118332_16472996.jpg
本当は扇の地神だったんでしょうね。いつどうして地紙になってしまったのやら。
f0118332_16490408.jpg
ちっちゃーく梅花皮小屋が見える。
f0118332_16502972.jpg
f0118332_16505661.jpg
f0118332_16511426.jpg
昨年の飯豊合同保全の箇所を通ります。土砂の流出や洗掘を防ぐ土砂ダムや水路、ネットがきちんと機能しているのがわかりました。
ヤシカップの一部がほじくり返されてるのは、ホシガラスの仕業とか。確かにこれは巣材に欲しくなるね。
f0118332_16531854.jpg
f0118332_16534098.jpg
いい。いいねぇー。
f0118332_16543089.jpg
ここにも保全の成果が。杭は現地調達で、枯れ木や支障木処理した枝を使ったそうです。
f0118332_16552924.jpg
金曜は、あそこを登ったんだなぁ。こうして見ると、雪渓切れてから小屋までが笑っちゃう斜度だな。
f0118332_16564936.jpg
f0118332_16575328.jpg
f0118332_16581086.jpg
ヌキウチ
f0118332_16584153.jpg
f0118332_16591054.jpg
f0118332_16592768.jpg
早くもナメコが!でも、もう傷んでいてだめでした。
f0118332_17000648.jpg
ゴールが見えて来た。
f0118332_17002672.jpg
車道に出る間際まで急(笑)
f0118332_17071462.jpg
飯豊山荘で温泉に入ってさっぱりできた。
天狗平ロッジの管理人さんに、2年ぶりにお会いしてすぐ帰るはずが、なんだかとてつもなく楽しい方たちに引き止められて夕方に。
もう泊まっていきなよーと言っていただきましたが、ウサオが待っているのです。
薄暗くなって来た道を帰路に着くと、雨の中、サルが一匹道路を横断。暗くて写真はだめだけれど、わりとゆっくり見られた。

今回は憧れの石転び雪渓を登れて、一輪だけれどイイデリンドウにも会えて、本当に行ってよかった。
避難小屋やトイレの作りにも関心があるし、保全もほんの少し関わっただけで経過とか見るのがとても興味深くなるので、景色や花だけでなく、得るものがとても多い。もちろん、おっ、オコジョのフンがあるとか、初めて見る昆虫がいるとかも楽しんでおりますよ。

生き物編はこのあとで。






by akanezumi1984 | 2015-09-07 00:49 | ほかの山 | Comments(2)

朝日連峰合同保全

f0118332_00030955.jpg
土日、朝日連峰合同保全に参加。去年に続き、二回目です。
あいにくの雨でしたが、山を愛する人たちが50人近く集結。今年は飯豊連峰合同保全がお休みの年で、飯豊の山男さんたちがこちらに来てくださったため、小国や新潟の方たちともお会いできました。
作業ヶ所が銀玉水の上なので、まずそこにたどり着かねばならない。個人の泊まり装備に加え、資材を分担して荷揚げ。
日頃楽してばかりいるので、たまに重いもの持つと覿面にこたえる。
f0118332_00102693.jpg
はー、やれやれとやっと銀玉水に着き、ちょっと休んだら作業開始。
埋まってしまった水路を掘り、その土砂を利用して土嚢を作る。

f0118332_12483608.jpg

f0118332_00114900.jpg
水で掘られて段差が高くなってしまったところに、土嚢階段を作って歩きやすく。
f0118332_00123586.jpg
ネットで法面の崩壊を防ぎ、水流でえぐられて行く場所に土嚢で土砂ダム。
段差を歩きやすくする階段などは、何年かすると土嚢が破れてしまったりするが、土砂ダムは徐々に土砂が堆積してくれれば、深くえぐれた場所がだんだん埋まって行くであろうと。来年、再来年どうなっているか、楽しみになります。
f0118332_00150313.jpg
コケモモ
f0118332_00153092.jpg
マツムシソウ
小屋に近づくにつれ天気がよくなってきた。
f0118332_00165976.jpg
雲海。
f0118332_00172898.jpg
ウメバチソウ
f0118332_00174510.jpg
トリカブト
小屋の周りは花がたくさん咲いている。
f0118332_00183001.jpg
f0118332_00184245.jpg
ブロッケンが出ました。
f0118332_00191084.jpg
人数が多いので、いくつもの輪ができた。
f0118332_00194953.jpg
早朝はいくらか天気がよかったが・・・
f0118332_00201148.jpg
出かける時には雨。
f0118332_00210535.jpg
また雨の中で作業。
f0118332_12521853.jpg
力を合わせて巻ーき巻き。

f0118332_00221237.jpg
土嚢やロールは何年かすると破れてしまうので、今回は一部、試験的に土を被せてある。これで長持ちするだろうか?毎年試行錯誤しながら、よりよい方法を見つけて行くのです。こうした取り組みはよそではやってなくて、飯豊、朝日の保全現場が「最先端」とのこと!
f0118332_00215517.jpg
作業終了後、各班ごとに報告し、オブザーバーの先生とコンサルの方から解説やアドバイスもあり、みなで成果とこれからの課題など共有。
f0118332_00263482.jpg
オヤマリンドウの白花。
f0118332_00270271.jpg
雨の中を、一週間前に大江山岳会の方たちが、下の方で保全作業したヶ所の様子も見ながら下山。
刈払いだけでなく、こうして登山道を歩きやすく、また、洗掘や崩壊を防ぐための努力がされているおかげで、安心して山を歩けるんですね。
来年も都合がつけば参加しようと思う。



by akanezumi1984 | 2015-08-31 00:32 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30