カテゴリ:Borneo( 13 )

f0118332_14282233.jpg

今日の目的地は、3272Mにあるラバンラタ小屋。距離はたったの6キロ。
平地の道路なら一時間の距離だが、標高差1382Mあるので、5~6時間
の行程。
いくら急な道だからって、そんなに時間かかるかな、と思ったが、初めての
植物だらけでおもしろくてしょうがなく、足止めばっかし。
f0118332_14473238.jpg

お約束のウツボカズラ。標高低めのところはネペンテス・タンタクラータ。
高めのとこはネペンテス・ビローサ(学名。和名はわからん。)
f0118332_14474650.jpg

シャクナゲも、赤、オレンジ、黄色、葉が細いの、草みたいに小さいのと
いろいろ。そして、ランやら、シダやら、苔コケやら・・・
ちょっと進んでは、「おおっ、これは?」と足が止まってしまう。
植物は、ラザルス君よりビァンの方が詳しく、がんばって質問に答えて
くれるが、種類多すぎて種名特定までは学者でもなきゃ無理なのは
わかっている。地元の言葉でなんていうか、とか薬になるとか、そういう
話がおもしろい。
もともと好奇心旺盛なおらだと、植物好きなM氏で写真ばかり撮ってい
たら、なんとなくビァンの顔が心配顔。
「午後は雨降りやすいから、もう少し急いだほうがよい?」と聞くと「そうで
すね」と応えるので、んじゃ、あんまり道草食わないようにしよう!と言っ
たはしから、鳥やら花にひっかかりまくる三人・・・
ほんとは早く歩けるんだよ、と言うと、「ユックーリ、ユックーリ、ダイジョブ、
OK」と、にこにこするラザルス君。んー、なんてかわいいんだ。
道は段差が大きくてきついが、木陰が多く、涼しくて快適。
しかし、だんだんM氏が遅れ気味に。顔色も白い。気分は悪くないよう
だが、腿がつっていると言う。
おいらがストックを貸し、相棒が特効薬の「芍薬甘草湯」を飲ませ、ラザルス
君がアンメルツ・ヨコヨコ塗ってマッサージしてあげてと、よってたかって
世話焼きまくり。
f0118332_155031.jpg

東屋付近には、ボルネオヤマスンダリスがうろうろ。プラスティック袋
とかのかしゃかしゃした音がすると近寄ってくるが、餌はあげません。
でも、誰かやってるから寄ってくるんだろうな。
寄り道三昧の割りに、予定時刻に本日の目的地ラバンラタに到着!
f0118332_1575883.jpg

by akanezumi1984 | 2007-04-05 14:31 | Borneo | Comments(0)
f0118332_14102043.jpg

宿の近くで鳥見しようと、少し早めに起きたら、きれいな朝焼け。
f0118332_14103036.jpg

目の前にキナバルがどーんとそびえてます。かっちょえー。
初めてのエリアで、見る鳥のほとんどが始めて。一応、ここらの鳥の
図鑑を事前入手したものの、掲載種少ないし、説明もあまり詳しくな
いので、調べてもわからないもの多し。まぁ、名前がわからなくとも、
見るだけで楽しいけどね。
ど派手なベニサンショウクイと、すぐ近くでうろうろしていたチャガシラ
ガビチョウは鳥見不慣れな相棒もばっちり見られたかな。
近くのレストランで朝食。ここだけ洋食だった。景色はいいし、涼しいし、
あちこちトレールあるし、ここで高原リゾートもよさげ。
朝食後、荷物を三つに分け、一つは公園事務所、一つはポーター、一つ
は自分で背負う。我々は人数少ないので、今回ポーターはガイドたち
が兼ねるようだ。一人分5キロまで持ってくれるので、自分のは雨具や
行動食、飲み物程度で済み、楽チン。
1890Mの登山ゲートまで車で移動。
f0118332_15174924.jpg

登山ゲート脇に、昨年のクライマソンの上位の人の記録が!この人たちは、
sky runnerと称される。道はよく整備されてるとはいえ、この標高で
走るんだから、超人です。
ここで山岳ガイドのラザルス君と合流。山岳ガイドは特に前々から指名し
なければ、当日決まる。ビァンは何度もキナバルに来ているが、ラザルス
君と組むのは初めてとのこと。
落ち着いていて、実年齢より年上に見えるビァンと、小柄な美少年の
ラザルス君は、5歳くらいは離れて見えたが、二人とも23歳だった!
f0118332_14104566.jpg

入山許可証をもらい、登山スタート。ほどなくピンクの可憐なキナバル・
バルサムがお出迎え。
by akanezumi1984 | 2007-04-05 14:10 | Borneo | Comments(0)

ボルネオ日記1(3/29)


f0118332_13372174.jpg
いつもは月山に入り浸りなおいらと、ラッセルの相棒おじょとで、突如
「キナバル山いがね?」「え、いいね。いぐが。」と、とんとんと・・・

どうせなら動物も見たいね、と調べてみたが、移動の手段や山小屋の
確保など考えると、少し高くてもツアーに乗っかるのが得策とわかり、
初めてのフルサポートなツアーに申し込んだ。
「こだわりキナバル登山&野生動物観察7日間(マシラウ・ルート)」

交通費節約のため、山形から成田空港まで行ける夜行バスを使ったら、
驚異の安さであったが、座席間の空間が狭く、ドライバーなんとなく
あやしく、やくざな感じのバス。いつもは一人旅派な二人だが、こういう
過酷で長い時間は、仲間がいると過ごしやすい。
早朝成田について、昼過ぎまで鳥の図鑑や森の成り立ちなどお勉強して
時間つぶし・・・暇つぶしも、荷物見てもらって交代で動けると、身軽でいい
わー。
午後、ようやく飛行機に乗って、往きは直行便にてコタキナバルへ。

山だけいっしょになる男性一人客Mさんと、現地日本語スタッフのビァンと
空港で合流。お、ドライバーも別にいるんですね。
客三人に現地スタッフ二人です。両替して出発。すぐに市内の食堂に
寄って夕食。食事もツアーに込みなので、出されたものを食べる。
炒め物四種類とごはん、スープ。どれもおいしい。ごはんはぱさぱさ。

キナバル山の麓まで車を飛ばして2時間。宿についたのは9:40pm。
標高1500mにある、なかなか素敵なコテージどした。
この日は移動ばかりで、ほとんど写真撮らず。
f0118332_0124566.jpg

by akanezumi1984 | 2007-04-04 23:47 | Borneo | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984