昨夏、ライチョウサポーターの雨飾さんに白馬大池近くのライチョウがよく見られるところを案内していただいた時に、白いのも見たいねという話になり、3月に乗鞍行こうと約束していたのだった。
金曜夜に出かけて、土曜の早朝安曇野に到着。一時間半くらい車で寝て、雨飾さんと合流。他の皆さんとの待ち合わせに一時間も早く集合場所の乗鞍スキー場駐車場着。
おいおい皆さんも集まり、予定より早く出発。まずはリフト3本乗り継いでゲレンデトップに向かいます。
f0118332_14440063.jpg
リフトとリフトの間はけっこう離れていて、ちょっと歩きます。既に標高2000mくらいですが、ここ、夏はバスが通るんだ・・・
f0118332_14500239.jpg
最後のリフト。土曜で予報もよいので、賑わってます。
f0118332_14501488.jpg
リフト終点。ここからハイクアップです。みなさんバリバリの山スキーヤーで、おいらだけスノーシュー。
f0118332_14505012.jpg
風がなく、お日様さんさんなので、歩くと暑い。
f0118332_14512004.jpg


f0118332_15313519.jpg
ん?雨飾さんが2人いる!事件(笑)ザックとウエアの色が同じ人が通過ー。
f0118332_15315237.jpg
ツアーコースを一時間ほど登った後、ライチョウがいる可能性のある樹林に入って、探しながら登ります。
こんな快晴では、ライチョウは木の周りのくぼみに隠れているとのことだったが、後でこの時期はもうオスは稜線まで行ったり来たりしていると知る。
f0118332_15320237.jpg
穂高がどーんとど迫力でそびえてます。ライチョウは天気悪い方が見やすいのだけれど、いい天気でないとこの景色は見られない。
f0118332_15323378.jpg
しばらく樹林のずぶずぶに苦戦した後(スノーシューでは雪ごとずりずりして、トラバースきつかった)位ヶ原の開けた雪原に出た。
風が当たるところは雪が締まっているので歩きやすい。

f0118332_15325029.jpg
みんな散開してライチョウを探しながら進む。木の根元をチェックしていくと、あった、あった!ライチョウのためフン。
ここで一晩休んだのだろう。くぼみにフンがごっそり。
f0118332_15332894.jpg
f0118332_15335173.jpg
ライチョウの足跡も発見。足の裏までびっしりとふかふかの羽毛で覆われているので、まるで水かきがあるような形。
f0118332_15341531.jpg
眼下に位ヶ原山荘が。小屋に下る間も、木のあるところを探しながら行く。
f0118332_15342927.jpg
2月から毎日営業している位ヶ原山荘。布団があり、食事もできる営業小屋。
f0118332_15344073.jpg
ストーブとこたつがある楽園!
f0118332_15345530.jpg
土曜はライチョウ的には最もよくない快晴でしたが、日曜はライチョウ日和?
f0118332_15405913.jpg
食堂のストーブ周りで団らん。
f0118332_15414409.jpg
昼ご飯二日分のパン4個買ってあったが、おいしそうなのでうどんを注文。きくらげたっぷりで、梅干しもちょこん。
f0118332_15415814.jpg
標高高いからちびうさ作るの大変かなと思って行ったが、日差しで表面の雪が緩んでいたのでチャンス。左がおいら。右が雨飾さん作。
雨飾さんもおいらの影響で作るようになって、ここ数年長野で作り続けてくれていて、ちびうさ長野県支部長なのだ。
f0118332_15421118.jpg
ここは鳥海山の山頂くらいの高さなのに、夏はバスが来るってか。
f0118332_15423447.jpg
みなさん食堂でビール飲んだり、団らんしている間、おいらはこたつでちょっと昼寝。ほとんど寝てなかったからね。
f0118332_15425590.jpg
3時からまたみんなでライチョウ探し。小屋のすぐ北側に散開して探しながら登る。行きは当たらなかったが、帰りに沢よりに歩いたら、たくさん足跡が見られた。
f0118332_15431536.jpg
まるでノウサギみたいな感じ。冬の間はずっとダケカンバの芽を食べているそうで、細い枝先が低く出ているところをついばんでいる。
f0118332_15440070.jpg
夕食は、小屋名物のシカ鍋。肉の下に野菜がたっぷりなのが嬉しい。薄味だけどおいしいスープ。
f0118332_15442926.jpg
鍋の他におでんの小鉢と温かいチキンのホイル焼き、きんぴら、サラダ、リンゴのワイン煮。
f0118332_15450020.jpg
消灯時間まで、こたつ宴会!しかし、ツアーの団体さんがなかなか到着しなくて、なんだかやきもきしながらだった。
結局着いたのが8時半!無事でよかったけれど、ガリガリクラストの急斜面をアイゼンに慣れてない団体さんが真っ暗になってから下山は怖すぎるなぁ。
外は星がすごく近くてきれいでした。
f0118332_15453886.jpg
日曜は4時半に起きて5時に朝食!朝ごはんも全体に薄味で、おいら好みでした。
f0118332_15462353.jpg
天気が悪くなるので、予定より早く下山することになったが、他のみなさんがご飯の後少し休憩する間、おいらと雨飾さんだけで一時間ちょっと近くをライチョウ探し。
f0118332_15475127.jpg
昨日の足跡は上に向かっていたが、夜から朝は餌場と隠れ場所になる木のあるところに戻ってるのを期待して探し回ったが、残念ながら見つからず。
f0118332_15480738.jpg
でも、幻想的できれいだ。
f0118332_15482465.jpg
7時にみなさんと合流し、下山開始。
f0118332_15484920.jpg
おやっ、晴れてきたぞ。
f0118332_15492447.jpg
雪の予報がこんないい天気に!でも、一時的なもので、ここから少し行ったら雪になりました。
f0118332_15502667.jpg
スキーの方たちはびゅんびゅん滑って行く。雨飾さんはところどころで待っててくれたので安心して下れた。
帰りはリフト乗れないのでちょっと長かったが、それでも9時前に駐車場に着いてしまった。
温泉に入ってから、素敵なカフェに寄り道。
f0118332_15504817.jpg
f0118332_15510297.jpg
お店に着いてまだ10時。ケーキセットもいいなと思ったが、朝ごはんが5時だったのでお腹がぐうぐう、10時半に昼ご飯たべちゃった。
楽しくお話して、お昼くらい解散。
当初予定だと山形帰るのは深夜と思っていたので、ウサオを月曜までお願いし、場合によっては安いゲストハウスに一泊してから帰ってもいいかなと思っていたが、早く下山したのでそのまま帰ることに。

真っ白のライチョウには会えなかったが、フンや足跡を探して見つけられただけでも、わくわくしてとても楽しかった。
土曜は天気がよくて素晴らしい景色が見られたし、山小屋は快適だったし、同行のみなさんがとても楽しい方たちだったしで、長距離運転して行った甲斐ありの週末だった。

# by akanezumi1984 | 2017-03-27 15:51 | お出かけ | Comments(0)

長距離運転がんばるぞ

f0118332_21260734.jpg
ザックとかいろいろ部屋に転がしていたら、こんな小さなカミキリムシが・・・
うーん、いつどこから紛れてきたものやら。(ザックは宮崎に持って行ったのと別)
f0118332_21261833.jpg
さて、ちゃんと荷物の準備するより、こんなの作るのにかまけていて、出発が遅くなってしまった。
当初、現地で友人三人と会えるかと思っていたが、しばらく前に一人キャンセル。最近になってもう一人も休みが合わず、会えないことになったから、お土産のちくちくは一個でいいかとのんきにしていたら、初対面の人が三人同行と直前にわかった。
知らない方たちだし、前から案内をお願いしていた友人の分だけでいいじゃないかとも思うのだが・・・一人にだけ渡しにくいかなとか思ってがんばってしまった。
さて、明日の朝6時に安曇野集合なので、もう出かけないと。休憩考えるとあんまり余裕がなくなってしまったよ。

# by akanezumi1984 | 2017-03-24 21:31 | つぶやき | Comments(0)

お彼岸

例年だと彼岸の入りから中日まで実家にいるのだが、今回は宮崎行きのため終盤2日だけに。
水曜に親戚まわって、今日お寺さんへ。
f0118332_174561.jpg

本堂の入り口はこんなで、位牌堂の入口からしか入れません。
f0118332_17461326.jpg

例年よりは雪少ないなと思うけれど、誰も墓には行かず、位牌堂と本堂にお参りするだけ。

前に何度か4月の法事にお墓まで行ったが、通路の真ん中を少しでもはずすと腰まではまるからね…
# by akanezumi1984 | 2017-03-23 17:49 | つぶやき | Comments(0)

ちょっと疲れたが

ちょっと疲れが残り、洗濯と掃除しただけで、後はぼんやりしていたが、夜になってちくちく始まった(笑)
f0118332_00383537.jpg
ここで止めればシマエナガ。超簡単だけど、かわいいじゃないか・・・と思ったけれど
f0118332_00385162.jpg
オスのライチョウになりました。右はメスのライチョウ。

手元の台座付ブローチピンが、小さいサイズのしか在庫がなくなり、25mmのをいつもより多めに注文していたのだが、なんと全て不良品でがっくり。
これまで何度か注文したものだが、こんなこと初めて。50個全部が不良品ってどういうこと?
機械でピンの取り付け位置の設定がずれたのだろうけど、全然チェックしてないのかな。


# by akanezumi1984 | 2017-03-22 00:53 | 発作的創作 | Comments(0)
f0118332_00391841.jpg
シンポジウム2日目は、始まる前に地元の御神楽が披露された。
f0118332_00394443.jpg
昨日に続き、発表する方の半分は海外の研究者で、英語。ちゃんと通訳されるが、英語のヒアリングもがんばってみる。
f0118332_00404085.jpg
午後から地元の希望者の方も交えて、船でカンムリウミスズメの観察会。
f0118332_00405872.jpg
船の後ろに世界最大のカンムリウミスズメの繁殖地、枇榔島。
f0118332_00420518.jpg
カンムリウミスズメが近くでばっちり。町民で参加された方も町の鳥を実際に見ることができてよかった。
f0118332_00481789.jpg
ちょっと上が盛り上がってるが、飛島と似ている。
f0118332_00484450.jpg
夜は島上陸組と船によるスポットライトサーベイ組に分かれて調査。両方参加したいけれど、無理なので、去年一度体験したスポットライトサーベイの方を諦めて上陸組に。
f0118332_00490498.jpg
明るいうちに探検。飛島と違って大きな木はなく、細い。そこらじゅうにオオミズナギドリの巣穴がぼこぼこある。
岩がごつごつある島の別の側には、カンムリウミスズメの巣も。
f0118332_00492832.jpg
f0118332_00494330.jpg
夜になると、一気に島は賑やかに。うるさいくらいの鳴き声と、踏みつけ注意なくらいにそこらじゅうに落ちてるオオミズナギドリ。


何人かは徹夜で標識調査。おいらは普段使わない頭をシンポジウムで使ったせいか、朝から頭が重かったので、3時間くらい寝た。
f0118332_09233157.jpg
記録取り終わって放鳥する時に、すぐ飛んで逃げるのもいれば、すたこら歩いて行くのもいれば、しばらくぼんやりじっとしてるのもありで、じっとしてる子の時が撮影チャンス。
朝明るくなると、鳥の声でものすごい喧噪だった島が静かになった。暗いうちにどんどん海に出て行くのだ。
迎えの船が当初聞いていたより早く来るというので、前日にタクシーを予約しておいたのだが、港に着いてから昨日と違う港と発覚。
タクシー会社に電話して場所違ってましたと謝っていたら、韓国の研究者の方を迎えに来た車が大きい車で、一緒に帰れることになった。
事前にいろいろ聞いたけれど、移動に関しては誰かに乗せてもらえるんじゃないかと言われたり、各自で動いてと言われたりでよくわからず、飛行機だからわざわざ宅急便でガス送ったのに、島に上陸してから火器使用禁止とわかったりと、状況がよくわからなくて派生する無駄はいろいろあったけれど、貴重な経験ができ、いろいろ勉強になった数日だった。
f0118332_00505994.jpg

# by akanezumi1984 | 2017-03-21 01:14 | 生き物 | Comments(0)
f0118332_22253257.jpg

今日1日と明日の午前中は、これに参加です。
f0118332_2227097.jpg

門川町の鳥カンムリウミスズメのゆるキャラ、かどっぴーとがわっぴー。
f0118332_22285054.jpg
f0118332_22282525.jpg

お昼は外でマルシェが。
f0118332_22295693.jpg

夜は町長さんの出席の懇親会があり、見たことない立派な舟盛りが!
f0118332_22312973.jpg

一年ぶりに再会できた方に、イタリアのチョコレートをお土産にいただきました。
# by akanezumi1984 | 2017-03-18 22:32 | お出かけ | Comments(0)

なぜか

f0118332_1131443.jpg

大阪の空港で、たこ焼き食ってんねん。
待ち時間長い…
ここでぼんやり数時間過ごして、さらに南に向かいます。
と、のんびりしていたら、同行者が急に引きつって固まった。何事かと思ったら、寝袋忘れて来たと。
2泊は温泉施設に安く泊まれるけれど、日曜夜は天気がよければ無人島でテント泊の予定なので、大荷物背負って来てるのだ。
幸い歩いていける距離にホームセンターがあり、安い寝袋ゲット。いい暇つぶしになった(笑)
f0118332_21115477.jpg

ちょっとユキホオジロっぽくてかわいいポスター。
f0118332_21125530.jpg

宮崎空港到着。南国っぽいね。
さらに電車に乗って、門川町へ。
f0118332_21143948.jpg

かどっぴーがお出迎え。
# by akanezumi1984 | 2017-03-17 11:32 | FOOD | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984