2017年 10月 29日 ( 1 )

久しぶりに相棒とおらいの山歩き。毎年恒例の晩秋のぶし沼行き・・・のはずが、途中からちょっと道がそれたよう。でも、もうちょっとで出るはずだからと突破しようかとも思ったが、ツルに阻まれて戻ることに。そこからまたいつも行くルートで行き直してもそれほど時間はかからないとは思ったが、もう日が短いので無理しないことにし、初めてぶし沼を見ずして戻る。
f0118332_01032207.jpg
かさこそ落ち葉を踏んで進む。
f0118332_01033672.jpg
そーっと忍び足で行くと、イワナが見られる。
f0118332_01035081.jpg
派手さはないけれど、コシアブラの淡い黄葉もいいもので。
f0118332_01035981.jpg
今日のカワクルミ沼。
f0118332_01043687.jpg
ブナの葉はあらかた落ちました。
f0118332_01044760.jpg
今日は久しぶりに専属モデル付。
f0118332_01050686.jpg
カラッカラに乾いてるけれど、ナメコ。
f0118332_01052466.jpg
開ききった乾燥ナメコか豆粒ナメコかって感じで、赤い宝石みたいなのがないぞ。
f0118332_01054809.jpg
これはいい感じですな。でも、やっぱり乾いてる。
f0118332_01060364.jpg
相棒がサンキライ(サルトリイバラ)と言っていたが、サルトリイバラの実は赤いんじゃ??シオデかな。同じサルトリイバラ科だから似てるんだね。

f0118332_01075277.jpg
ここは、モデルあってのよい構図になりました。
f0118332_01080824.jpg
ブナが落葉した後も灌木の紅葉があり、まだ楽しめる。
f0118332_01082519.jpg
前回はここで雨に降られて、慌てて帰ったけれど、今日はのんびり原生林の方に廻ろう。
f0118332_01084410.jpg
マユミの赤い実鈴なりのところを見ていたら、小鳥が数羽実を食べに来た。
f0118332_01090204.jpg
あまり人を警戒せず、目の前3mくらいでじっくり見せてくれた、ルリビタキ。枝が混んでいて最初はよく見えなかったが、ちょっと隙間のあるところにしばらく止まってくれたので撮れた。
何羽か近くをぱたぱたしていて、一度きれいなオス成鳥もこの木に来てくれたが、落ち着かずにすぐ別のところに行ってしまった。まぁでも、ちょっとの間でもスカイブルーの鮮やかなオスが見られて嬉しかった。
f0118332_01092726.jpg
周海沼でちょっと休憩。急激に寒くなってきて一枚羽織る。
f0118332_01093876.jpg
メタリックに輝く、ヒメツチハンミョウ。
原生林もゆっくりめぐるつもりだったが、のんびりし過ぎて時間が足りなくなり、ここからさささっと帰る。
今、月山道から弓張まで紅葉が素晴らしくきれいなのだが、明日から雨ですなぁ。


by akanezumi1984 | 2017-10-29 01:42 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984