2017年 07月 13日 ( 1 )

ここを逃すと6日間仕事が続くが、天気が・・・水曜の方が天気よかったかと後悔しても仕方がない。
装束場のキヌガサソウ見頃かもとか、小朝日までヒメサユリ見に行こうかとか迷っていたが、どっちも土砂降り過ぎて断念し、雨が降らなそうな鳥海山へ。
3時に起きたけれど、どうしようか迷ったり、途中で眠くて仮眠したりで鉾立着いたのは9時。それでも天気予報悪い平日なのでガラガラ。
f0118332_21144019.jpg
雨は降らないけれど、ガッスガス。日差しはないのに、蒸し暑くて汗だらっだら。でも、こんな視界の悪い日は鳥が近くで見られる。
目の前3mでしばらくいてくれたカヤクグリ。
f0118332_21145836.jpg
イワカガミ
f0118332_21150813.jpg
鳥海も雪渓が例年より多め。日差しがないので固め。雪渓に来ると少し涼しくてほっとする。
f0118332_21153655.jpg
ビンズイ
f0118332_21155459.jpg
コバイケイソウ
f0118332_21160974.jpg
思ったより花が少なくて、景色も見えないし、暑いしで修行のよう。ヨツバシオガマ
f0118332_21162424.jpg
ミヤマキンバイ
f0118332_21164735.jpg
御浜は、トイレ工事中のはずですが、平日なのに誰もいない。
f0118332_21165852.jpg
雨で傷んだハクサンイチゲ。花弁が透き通るのはサンカヨウだけではないよね。
f0118332_21171105.jpg
風にゆらゆら揺れるニッコウキスゲは、今からが盛り。蕾がたくさん。

f0118332_21174268.jpg
ウサギギク
f0118332_21181761.jpg
御田ヶ原分岐あたりが、ハクサンイチゲ満開!ここまでずっと花が寂しい感じだったところに、この大群落。思わず歓声が漏れました。
f0118332_21184398.jpg
この眺めを独り占めでした。
f0118332_21185748.jpg
チョウカイアザミ
f0118332_21191229.jpg
f0118332_21192584.jpg
ホソバイワベンケイ
f0118332_21193845.jpg
眺望ないし、時間的にも山頂までは無理だけれど、せめて鳥海らしい花が見られるまで行こうではないか。
f0118332_21200239.jpg
外輪まで行くと、岩場の花が見られる。コケモモ
f0118332_21201556.jpg
濃霧ごしで色がはっきりしませんが、マリンブルーの美しい小鳥なのです。ルリビタキ
f0118332_23493521.jpg
やったー、イワブクロ!月山では見られないので、嬉しくなる。
f0118332_23494311.jpg
なんだ、あの白は?と、双眼鏡で確認すると、イワヒゲの大群落。こんなすごいの初めて見たなぁ。鳥海には年に一回とか二回しか来ないから、これまでタイミングあってなかったんだな。

f0118332_23512701.jpg
崖の側にあるので、寄れません。望遠で撮影。
f0118332_23500807.jpg
チョウカイフスマにも会えました。イワギキョウはこれからかな。
f0118332_23501757.jpg
視界が悪く、人が少ないので、あまり遅くならないように二時で折り返し。一番下の雪渓まで戻ってから、ちびうさ。
下山の時に、山頂に泊まりに行く方数人とすれ違ったけれど、花の話をしたらどなたも知らなかった。もったいないのぉ。

帰りに関所にちょっと顔を出し、寝不足なのでカフェインの錠剤飲んで、無事帰宅。
f0118332_23520657.jpg
朝4時から午後8時まで留守番させていたら、餌入れひっくり返して、水入れに餌入ってどろどろにしてくれちゃっていた、ウサオ。
たまに敷物が水入れに浸かってることもあり、ひやひやする。
イタズラしても困るの自分だっちゅうに。

リンネソウもそろそろ咲いてるのでは気になるが、連休も関係なく水曜まで仕事です。登山道から見えるところにわずかに2,3株しかないので、ここのが落ちたら翌年まで見られない。昨年見たピンクのチングルマも気になるが・・・
by akanezumi1984 | 2017-07-13 23:52 | ほかの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984