2017年 07月 11日 ( 1 )

f0118332_22274370.jpg
今年は残雪多くて、もう7月なのに山頂の神社脇にまだまだべったりと雪がある。毎年大量にやってくるハサミツノカメムシは、そこかしこに。暖かいので、雪の上でもまだ元気。
f0118332_22280061.jpg
たまに幼虫は見ても、なかなか成虫に会えないアカスジキンカメムシに会津で会えて喜んでいたら、なんと月山山頂にもいたよ。
f0118332_22283121.jpg
ぴっかぴかできれいなのです。
f0118332_22281757.jpg
こちら常連さんのカメノコテントウ。


f0118332_22285167.jpg
巨大なサシガメが・・・きりがないのだが、時々雪の上の虫を草や岩の上に移してやることもあるのだが、サシガメの仲間は刺されるかもしれないので手は出さない。このサシガメ、国内最大級のサシガメのオオトビサシガメだそうで、昆虫に詳しい知人から「刺されるとスズメバチよりひどいかも」と知らされた。


f0118332_22295186.jpg
な、な、なんだ、この大きくてド派手なカメムシは!? ものすごいインパクトで、アカスジキンカメムシがすっかり地味に思えてしまった。

f0118332_22291217.jpg
お腹の側もピンクに光ってるし!
初めて見るけど、こんなに特徴があるんだから簡単に調べられるだろうな、と思ったら本当にあっさりわかった(笑)
オオキンカメムシ。手持ちの図鑑には「南方系で、関東以南の照葉樹林やその周辺で見られる」とあるが、なして月山で?と思ってネット検索してみたら、西日本で越冬するが、夏場は移動性が高くて、東北や北海道でも確認されるとあった。まぁ、こちらではレア種なのだろうけれど。
f0118332_22295888.jpg
こちらは雪渓遭難組ではなく、レジデントのコシロコブゾウムシ。
f0118332_22304845.jpg
さ、ここまできれい系の昆虫で安心していた皆さん、すみませんねー。これは月山ではなく東松島のですが、うーちゃんちの庭にいた、セスジスズメの終齢幼虫。なんて立派なんでしょう。
かわいい尻尾をぴこぴこ振りながら歩く、かわいい奴なんですが、おばあちゃんに見せたら「やんだー」て言われてしまった。
だめなのかー。まぁ・・・確かに気持ち悪い系だろうとは思いますが、尻尾ぴこぴこするんだよ。だめ?







by akanezumi1984 | 2017-07-11 23:00 | 生き物 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984