2017年 05月 08日 ( 1 )

Kさん偲んで散策

博物園で長年お世話になったKさんを偲んで、ゆかりの地を散策しようと仲間が集まった。
おいらにとっては、博物園周辺と、各地のブナ巡りの研修が思い出の地なのだが、最近の数年はとある里山の整備やイベントに関わっていたとのことで、午前は同じ活動をされていた方の案内でその里山を散策。そこでのイベントは秋だったけれど、春もいいんだよ、と生前よく語ってらしたとのこと。
ほんとに花がたくさん咲いてよいところだった。
f0118332_23435360.jpg
チゴユリ
f0118332_23440483.jpg
キバナイカリソウ
f0118332_23441799.jpg
思い出話をしながら、植物を観察しながらの散策。おいらは月山、博物園ばかり行くので、里山の植物にうとく、教わること多し。
f0118332_23443372.jpg
サジガンクビソウのロゼット
f0118332_23444788.jpg
地べたに咲くヤマツツジ
f0118332_23450061.jpg
シュンラン
f0118332_23452279.jpg
フデリンドウ
f0118332_23453700.jpg
マキノスミレでいいのかな?
f0118332_00014505.jpg
キランソウ
f0118332_00020391.jpg
アマガエル
f0118332_00021854.jpg
混まないうちにと、少し早めに故人オススメだった蕎麦屋さんへ。揚げ蕎麦餅は外側カリカリ。中が熱々とろり。
f0118332_00023080.jpg
細い蕎麦が氷水できりっとしめてあって、とてもおいしかった。うんうん、さすがオススメの店。
蕎麦を待つ間もいろいろ思い出話。Kさんに教えていただいたことがたくさん。おもしろいエピソードもたくさん。
みなさん忙しく、ここで解散になったが、おいらと山オヤジさんだけで、Kさんと長年一緒に親しんだ博物園へ。

f0118332_00272514.jpg
暖かい日が続き、沢もかなり開いた。

2日はほとんど花が咲いていなかったリュウキンカ沼は、劇的に変わっていた。
f0118332_00283467.jpg
f0118332_00285007.jpg
タムシバの白が青空にしみいるようだった。
f0118332_00290510.jpg
まだほとんどブナは芽吹いてないのだが、ぽつんと一本だけ芽吹いていたりする。今年はけっこう花があるようだな。
f0118332_00294912.jpg
f0118332_00300572.jpg
皮松谷地は、リュウキンカ沼ほど花に大きな変化はなかったが、開水面は大きくなった。
f0118332_00301899.jpg
f0118332_00303425.jpg
f0118332_00305481.jpg
カワクルミ沼
f0118332_00310918.jpg
どうなっているのかな木
f0118332_00312671.jpg
下皮松にも寄って。
f0118332_00314345.jpg
眼下に博物園
f0118332_00321674.jpg
羽毛があれば冷たくないのか??雪からしたたる水で水浴びするヒガラ。
f0118332_00323606.jpg
帰りにゆみはり茶屋にも寄り道。秘伝豆のチーズケーキは売り切れていたので、とんバーガー。
とんバーガー待つ間にフェルトの棚を見ていたら、しろくま親子3匹セットがなくなっていた。
どんな人が買ってくれたんでしょ?と聞いたら、男性が「これが買ってくれって言って来た」と言ってレジに持って来たのだそう。
お気に入りの子が旅立って寂しいけれど、そんな風に言ってもらえて嬉しい。


by akanezumi1984 | 2017-05-08 00:02 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984