2010年 06月 26日 ( 2 )

二日目が最高

二日目のカレーは、んまい。
二日目の竹の子汁は、もっとんまい。
f0118332_20153453.jpg

潜入10分×2回。片手に握れるだけ採るを二回か三回で、一人分には十分。山を荒らす
ほど採りません。
竹の子汁を三杯食べられる。または焼き竹の子と竹の子汁二杯。おいらにゃこれが適量。
by akanezumi1984 | 2010-06-26 20:20 | FOOD | Comments(5)

タゴガエル産卵

「クロユリが咲くとタゴガエルが産卵する」ここ数年のおいらの経験値。(月山限定)
先週は集結はしていたものの、まだ卵がなかった。そしてクロユリが咲いた今週、狙い通り
産卵最盛期のタゴガエル集会に突入。
f0118332_920332.jpg

先行集団の生んだ卵はもう発生が進んでいますね。しかし、この卵の大きいこと!カエルの
サイズの割りにずいぶん大きいのがわかりますか?この特大サイズの卵でオタマジャクシは
卵の外に出ることなくカエルまで卵黄の栄養だけで育つのです。
水温の低い伏流水に産卵するから、孵化しても餌がないのでしょうね。
f0118332_9233435.jpg

順番が逆になりますが(金姥から下りの場合、装束場の方が先で、タゴ産卵場所は少し下)
先週半分雪に埋もれていた装束場の小さい池は雪もなくなり、モリアオも産卵済み。
f0118332_9234719.jpg

ここのモリアオは黒っぽい個体もいて、低い位置にも産卵するし、虹彩の色が黄色っぽい
気もして、ひょっとしてシュレーゲルアオガエル?とも思ったりしたが、大きさと鳴き声
はモリアオだなぁ。虹彩の色は光の当たり方にもよるかも。つかまえて見ればよかったな。
(カエルは迷惑だけど)
f0118332_9235420.jpg

水の透明度が低く、表面に浮遊物もあって、きれいに撮れなかったが、クロサンショウウオ
の雌雄。メスは少し細身で産卵前のため、お腹だけ膨れている。
f0118332_924280.jpg

オスはずどーんと頭の幅がそのままボディラインに。
ときどき呼吸のために水面に出てきて、ぱくっと口を開けて息継ぎして反転してまた底の方
に戻るのだが、浮上してくるときに肩をいからせた形で尾だけで推進、水面に出てくるとき
の正面顔がかわいくて、しばらく見ていた。(動きが早くて写真は撮れず)
f0118332_9341988.jpg

これまた順不動で山頂にいたシギゾウムシの仲間。こんな雪渓の上に来ちゃってどうするの?
必要に応じたデザインなのでしょうが、おもしろい形です。長い口吻入れても1センチくらい
のちびすけさん。
先週はおもしろい場面がたくさんあったのに、新しいカメラの動画スイッチがどれかわから
ず、小さくしか撮れなかったのだが、説明書読んだので、今回はばっちり。
タゴガエルをもう一度撮りました。マクロ遊びの次は動画で遊べそう・・・

 動画 ↓ 
http://www.youtube.com/user/akanezumi1984#p/a
by akanezumi1984 | 2010-06-26 09:35 | 生き物 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984