幸せだったと・・・

映画「Into the Wild」を見た。
裕福な家庭で育ち、優秀な成績で大学を卒業した青年が、2年の放浪の後、
アラスカの荒野に向かった。「完全なる自由」を求めて。
そして、「完全なる孤独」の中、死んだ。
悲惨な餓死・・・しかし、彼の絶筆には「ぼくの一生は幸せだった。」とある。
彼は得たのだ。ただ、帰れなかっただけ。

実話である。
彼の死は、当時(92)全米に波紋を呼んだらしい。その頃、ちょうどアラスカに
行き始めたころだったが、残念ながら全く知らなかった。

いい映画だったが、ついつい、細かいところも気になったので、これから原作
を読まなくては。

とりあえず・・・教訓「かの地のことは、かの地の人に聞け」
いきなり荒野に入る前に、それまで旅の途中でしてきたように、数週間でも
地元の人と暮らしていれば、彼は死ななかったかもなぁ。
これは映画への感想ではなく、彼のやり方に対してです。あくまでも。
by akanezumi1984 | 2008-10-29 21:53 | つぶやき | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30