御影森山

先月末のブナ峠~鳥原山のとき、きれいだなぁと眺めていた御影森山。
そういえば、朝日鉱泉から上倉山までしか歩いたことがなかった。
中ツル尾根も歩いたことがないけれど、この時期、日帰りはちょっと厳しい
ので、朝日鉱泉から御影森山ピストンすることに。
朝日鉱泉まで行くのすら、久しぶりかな。遠く感じたなぁ。
f0118332_2225191.jpg

スタート間もなく吊り橋を二つ渡ります。一つ目の吊り橋からはこんなきれい
な景色が・・・(でも、そのすぐ後ろはダムかつ、工事中で風情なし。)
f0118332_22315615.jpg

ほどなく湧き水。美しい紅葉にうきうき。と、足元にホオジロらしき残骸。
f0118332_22352976.jpg

ヒメコマツとクロベ。クロベは杉みたいな樹皮でいい匂いがする。
f0118332_22442795.jpg

ホツツジが狂い咲き。
f0118332_22454193.jpg

f0118332_22455774.jpg

f0118332_22463191.jpg

上倉山の山頂を少し過ぎ、日本一(だった?)大クロベと久々の再会。
f0118332_22473236.jpg

上倉山の手前から、ゴジュウカラ、ヤマガラ、アオゲラなど鳥が賑やかに
出迎えてくれたが、上倉山過ぎたら、秋の渡りの鳥たちが充満していた!
キョキョキヨキョ。ギュイーン。ぶるるっ(羽音)ピョピョッ。ツィー。ゲッゲッ。
四方八方、さらに上空に鳴き声と羽音。ルリビタキは地味なメスを一羽見た
だけだが、アトリは大量に、マミチャジナイもたくさんいて、足止めされた。
クマの痕跡も当然のようにありますなぁ。
f0118332_2252185.jpg

f0118332_22533243.jpg

特に探しているわけではないのだが、登山道にばさばさとクマが折った枝
が落ちているので、すぐわかってしまうのだ。今日は3ヶ所。
f0118332_2255506.jpg

なんと気持ちのよい登山道。急登もあるけれど、なだらかなところもあって、
木漏れ日、かさかさ落ち葉の道を独り占め。
大朝日と小朝日が、絵のようにきれいです。
f0118332_22574430.jpg

もうそろそろかな?と思ってからが長かった御影森山。手前のピークにだま
され、そこから先、空腹もあって、ちょっとなえかけたが、景色のよさに気を
とりなおした。
f0118332_2304593.jpg
f0118332_2314559.jpg

f0118332_234371.jpg

f0118332_2345397.jpg

御影森山で、かっこいい大朝日や祝瓶の眺めを楽しみながら昼食。
1時頃下山開始。念のためにクマ鈴鳴らしているが、もうブナの実落ちた
から木に登って効率よく食べられない。きっと里山に降りていて、ここらに
はもういないのでは?なんて考えながら歩いていたら・・・
f0118332_238321.jpg

甘かった!来るときになかったクマ糞が登山道に・・・ニアミスだよ。
細かい種が入ってる。コクワだろうか?
やはりクマ鈴は必要なのだと実感した瞬間だった。
Commented by miyagi1305 at 2008-10-24 15:10
危なかったですね。
私も22日、一人歩きの黒伏山周回で落し物が二つありました。
ナナカマドの実かな、いっぱい種が入ってました。
今年はブナの実少ないんですよね?
クマさんも御苦労なこってす。

Commented by akanezumi1984 at 2008-10-24 20:35
ebiyanさんも、相変わらずロングコース歩いてますよね。
クマが活発な時間帯は早朝と夕暮れですが、餌を求めて、この時期は一日中精力的に歩き回っているのでしょう。
落ちたブナの実を拾おうと思っても、不作の年はなかなか集まりません。
だから、もうクマは見切りをつけて、もう少し下に移ったのではと推測したのですが、はずれました。
それにしても、食べたものがそのまんま出ているような糞は、果たして栄養摂取されているのか?と余計な心配をしてしまいます。
ナナカマドは消化悪そうで、素通りですよね。コクワは柔らかいから、細かい種しか残ってません。
by akanezumi1984 | 2008-10-22 22:35 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31