10月9日の月山

f0118332_854758.jpg

一夜明けても、ガスで真っ白。雨が降らないだけましか。
ときどき、ガスが切れたときに、ちらりと見える景色に一喜一憂。
おおーっ、きれいだーっ!とカメラを準備しているうちに、もう隠れたりして。
f0118332_923139.jpg

この界隈は、雪渓の下敷き期間が長いので、春が遅く、今頃もまだいろ
いろな花が見られます。(シロバトウウチソウ、オヤマリンドウ、ミヤマリ
ンドウとチングルマ紅葉、クロウスゴの実)
f0118332_8582178.jpg

ガスにはばまれ、遠景が撮れません。
f0118332_8583829.jpg

「日本庭園」と呼んでいる岩と紅葉の撮影ポイントも、ガスが晴れなくて
撮れず・・・
ところが、
f0118332_965360.jpg

大岩まで行くと、すーっとガスが晴れて、青空が広がった!
たっぷり一時間晴れていてくれたので、思い思いに撮影したり、のんびり
したり。いやー、気持ちよかった。至福の時間です。
f0118332_910417.jpg

人が入ると、岩の大きさがわかりますね。
岩の上に、いつもこのへんでは見かけない鳥影見つけて、忍び寄って
みたら、ノビタキだった。そういや秋の渡りの時期でした。
あまりの気持ちよさに、ずっとここにいたくて、お昼までいようと提案しまし
たが、「ここで飯食うと、登んのやんだぐなる」という意見があり、もう少し
登ってから昼食にすることに。
f0118332_913113.jpg

大雪城がすぐそこですが、昨日、今年の雪の残りでうさだるま作ったし、
もう去年の雪で作る気にならず。(そろそろ例年新雪の降る頃だよ)
f0118332_915999.jpg

オヤマリンドウ、ミヤマリンドウ、アオノツガザクラなどは、積雪の後でも
ぴんぴんしていますが、イワイチョウはまだつぼみをつけているけれど、
すっかり黄葉。ハクサンイチゲの葉も雪に弱く、白く色が抜けてる。
f0118332_9171243.jpg

胎内岩は素通りして、山頂の少し下くらいまで行って昼食。既にまた
白いガスに包まれ、肌寒くなった。とはいえ、例年の10月に比べると
暖かい。耳が痛くないもん。
f0118332_9203889.jpg

ここのルートは、クロウスゴ街道と呼びたいくらいだが、来るたびに食べま
くっているけど、ちっともなくならない。こんなにおいしいのに動物達食べな
いの?でも、やっぱり食べてましたね。紫のフンが証拠(笑)
サイズからしてキツネ。一番食べそうなテンは、このルートはあまり歩いて
ないのかな。
f0118332_9261281.jpg

牛首の西側も、絶景が広がっていましたが、曇りで暗いからか、この写真
じゃわかりませんね。ちょっとぼけてるけどアップにしてみましょう。
f0118332_93934.jpg
f0118332_9391531.jpg

姥沢小屋の続く、人通りの少ないコースも紅葉が見ごろです。
f0118332_9402165.jpg

f0118332_9414673.jpg

ブナの渋い海老茶にカエデやナナカマドの赤や黄が効いてます。
f0118332_943585.jpg

ちょっとおもしろかったナナカマド。全部赤くなっているのが多いのに、
この木だけ、実のついているところだけ葉が緑できれいでした。
by akanezumi1984 | 2008-10-10 08:58 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31