ブナ峠~鳥原山

明日、明後日は特殊任務があり、そのあとの二日間は博物園の予定だか
ら、今日もどっか山に行っておきたいなぁと、昨夜あれこれ考えておった。
鳥海行きたいけど、たぶん起きれない・・・もう一度月山も捨てがたいが、
馬鹿だと思われる(もう手遅れか)。おらいの月山がよく見える天狗、障子
あたりもいいなぁと深夜に思い巡らしてみたが、結局、最近miiraさんに誘
っていただいたのに行けなかった、ブナ峠から鳥原山の線に決定。
6時半に起きたのに、のんきにブログの更新したり、準備に手間取ったりで、
結局出が遅かった上に、道中知り合いにあったり、クマタカにひっかかったり
で、スタートは10時半過ぎでありました。
f0118332_2346565.jpg

コンパクト・デジカメでは、こんな写真にしかなりませんが、10倍ツァイス
で見たクマタカはかっこよかったですよ。
f0118332_004958.jpg

スタートから間もなく、この橋で落ちました。ざぶっ!
でも、対岸側が浅く、上がりやすかったので、瞬間的に駆け上がったら、
靴の中は濡れずに済んで、やれやれ。しかし、この後も小沢を何度となく
渡り、道も泥んこのところが多くて、長靴にしとけばよかったと後悔。
f0118332_022654.jpg

やけに背の高い目玉のオヤジ軍団。ギンリョウソウがこの時期に??
と思ったら、アキノギンリョウソウという別種のようです。
f0118332_031740.jpg

クチベニタケ。押すと、ポフポフと茶色の胞子を口から吹き出します。
小沢に沿った道をしばらく行くと、今度はダケカンパの急登。
f0118332_055478.jpg

緩やかなブナの小道になると、カラの群れに囲まれ、賑やかに。
足元には、テンやキツネのフンが点々と。
f0118332_074649.jpg

キツネにアカネズミ食われた?
f0118332_084822.jpg

タカに食われたヤマセミ。
f0118332_0101973.jpg

ノウサギの足跡?
眺望のきかないコースだが、いろいろ観察しながら初めての道を楽しむ。
田代清水で腰をおろし、甘いもの食べて休憩。
こりゃ思っていたより遠いなぁと感じはじめたところで、ようやく鳥原湿原着。
f0118332_015209.jpg

ついつい、木道をずんずん進んでしまったが、鳥原山は反対方向でした。
突然、このへんだけ嫌に整備されていて、石がしいてある。鳥原山の展望
地まで行くと、ようやく視界が開け、大朝日と小朝日が量感たっぷりに見える。
f0118332_0172977.jpg

f0118332_0174196.jpg

残念ながら、月山は雲がかかってよく見えない。
ごはん食べて、のんびりしていると、ちりんちりんと鈴の音が・・・
山慣れした感じの初老の男性。古寺からですか?と聞いたら、なんと
朝日鉱泉~御影森~大朝日~小朝日~鳥原山~朝日鉱泉のロング
コースを日帰りで!コースタイムだけでも11時間のコースを日の短い秋
に。無口な山男さんは、まったく休憩なしで、でもおいらの質問にちゃんと
答えて、すうっと歩き去って行きました。かっこいいおじさまだなぁ。
2時までのんびりしてから、来た道を下山。なので、あの橋をまた渡らない
といけない!しかも、今度は逆に対岸側が水深が深い。てことは、落ちた
ときに瞬間的に上がれない。どうせ落ちるならと、もう車までわずかのとこ
ろなので、もう最初からじゃぶじゃぶ水に入って渡りました。
膝に優しい土の道なので、下りは小走りしてきたので、3時半に車着。
今度このコース歩くときは、長靴にしよ。
Commented by みいら at 2008-10-01 13:11 x
こちらではお初にございます。
ぶな峠行って来られましたか。随分と静かな山歩きが楽しめたのではと拝察致します。
あれ、秋の銀竜草と言うのですか。銀竜草と似ているが何か違うと写真に納めたのですがピンボケで削除、その後見たことすら忘れておりました。(爆
いよいよ再来週ですね。こちらは当日まで山はお預けとなりそうです。
Commented by akanezumi1984 at 2008-10-02 01:41
みいらさま。
鳥原山展望地で一人と5分接しただけでした。
キノコ取りの人も入らないんでしょうかね?
足を怪我してから、あと三週間で一年です。山に復活できたのは、みいらさまのおかげですが、今後あまりお世話にならずに済みたいものです。
by akanezumi1984 | 2008-09-30 23:46 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー