拾い物その1

今年初の姥沢~弥陀ヶ原往復を考えていたが、寝坊・・・
出発した段階では、まぁ行けないこともないなと思ってもみたが、裏道で
月山に向かう途中、思わぬ拾い物をしたため、弥陀ヶ原行きを完全にあき
らめることができた。
f0118332_0261332.jpg

対向車線に獣の死体、止まっている車と、立ち尽くす青年発見。
ははーん、飛び出したタヌキでもひいてしまったか。タヌキも青年もかわい
そうに。でも、おいらは先を急ぐのだ。そのまま通過しようと思ったが、近くま
で行くとアナグマだったので、停車。
青年に声をかけると、「自分がひいたんじゃないけど、このままにしとくのが
かわいそうで・・・」と。そうかそうか、優しいなぁ。でも、さわれないわけだな。
そのままだと、車にひき潰される可能性大なので、使い捨てのゴム手袋はめ、
アマグマ持ってさっさと空き地に移動。
おっぱいが目立つが、子育て中というほどふくらんでないかな。時期的には
とっくに産んでいるはずだから、乳離れした後だろうか?でも、まだ子別れし
ていない時期なんじゃなかろうか。眠っているような、きれいなアナグマの
お腹を触りながら推測。おいらは獣医でもないし、実際のところはわからない
が。ここでまた、はたと「獣の死体見つけたら送って」の指令を思い出し、
確認の電話。そうか、やっぱり必要か・・・あ、第一発見者の青年にも一応
許可をとらなきゃ。
「研究用に哺乳類の死体を必要としているところがあるので、そこに送って
いいですか?」と聞くと、かまいませんと言うので、袋に入れて車に積み込み。
ああ、心優しき青年よ、すまんね。本当はいっしょに埋めてあげるべきだった?

しかし、問題は、この暑さ。弥陀ヶ原往復は断念したが、山には行きたい。
で、困ったときの清水屋さん頼み。夕方まで預かっていただくことに。
とろ箱に保冷剤まで入れていただき、ありがとうございました!

下山後ひきとって、クール宅急便着払いで発送。
もちろん、中身がアナグマの死体ってのは内緒です。

みなしごのアナグマ兄弟たちは、生き延びられるかなぁ。とりあえず、道路
に飛び出すなよぉっ!
Commented by nora at 2008-07-23 00:38 x
今の時期にしては、ダイエットしてないぃー(笑
秋になったら尻ゴア毛皮最高ですね!
Commented by akanezumi1984 at 2008-07-23 00:56
でろんとなっているだけで、ぱんぱんにつまってないから、実は
そんなに太ってないんです。
心優しき青年は、突然現れてアナグマ持ち去った怪しい人物を
どう思ったことやら・・・
狐に化かされたと?はえているのはタヌキの尻尾ですが(笑)
by akanezumi1984 | 2008-07-23 00:26 | おらいの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー