雨上がりの森

7月12日のブナ林。
午前の案内で雨上がりの森へ。ガイドのときは、案内優先なのでいつもは
ほとんど撮影しないが、お客様の一人が写真撮りまくりなので、便乗撮影。
f0118332_10495866.jpg

冬虫夏草とナメクジがシーズン・イン!
f0118332_1050966.jpg

これは交接中。雌雄同体なので、単独でも繁殖可能なのでしょうが、遺伝子
交換したほうがやっぱりいいのでしょうね。
ずっとヤマナメクジだけと思っていたけれど、ダイセンヤマナメクジとヤマナメ
クジの二種類いるらしい。勉強不足でした。これはダイセンヤマナメクジでいい
のかな・・・。
f0118332_10534970.jpg

イモリは別名アカハラ。名前の通り、体の下面に赤のだんだら模様があるの
ですが、これは珍しく尾の上面も赤い固体。
f0118332_1055825.jpg

ミズナラの葉を巻くのは、ゴマダラオトシブミ?
f0118332_10555461.jpg

雨上がりは、コケもキノコも元気。実際は傘の直径2mmのちびっこ。
f0118332_1057142.jpg
f0118332_10575114.jpg

稜線は百花繚乱ですが、森の中は白い花ばかり目立ちます。これはこれで
きれいです。
f0118332_10591031.jpg

ジグザグの下りで、ヒメボタルの♂成体発見。そろそろ夜になるとホタルの
灯りが見られるか?
f0118332_110323.jpg

保全作業により、干上がることを免れた小さな池で、無事にサンショウウオ
の幼生が孵っていました。トウホクサンショウウオの卵塊はまだ発生途上
なので、先に孵ったクロサンショウウオでしょうか?でも、顔の形の角ばりが
ハコネの幼生にも似ているような・・・
f0118332_1115653.jpg

事務室の裏には、色鮮やかなクリンソウが目を引きます。
耳を澄ますと、遠くからアカショウビンの声が聞こえてくる。
セミは、エゾハルとコエゾの端境期のようで、なんだか静かな森でした。
Commented by 山オヤジ at 2008-07-15 08:39 x
 晴耕です。今日は馬鈴薯掘り。脚気を付けて。センター夏本番。短い夏。凝縮された夏。高温の夏?  爽やか映像good
by akanezumi1984 | 2008-07-14 10:52 | おらいの山 | Comments(1)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー