ヒメサユリの小道へ

8日の午後3時頃、ヒメサユリの写真を見て、「今行かないと間に合わな
くなる?」と、そわそわ。天気予報はまずまず。
一人ではもったいないので、平日暇そうなぴぐちゃんをお誘い。案の定、
「いいっすねー。行きますよ。」と即答。
さらに、日帰りならこの人も、と超健脚のあねごを誘うと、
「いいね。何時にどこで待ち合わせ?」と超話が早い。
速攻「お花見トレッキング・ヒメサユリが目的だが、ついでに大朝日さも
登っぺね日帰りツアー」成立。

9日は朝四時に起きて、5時半に月山口で合流。おいらの車で古寺鉱泉
へ。平日ですが、車がけっこうたくさんありました。
f0118332_1139225.jpg

f0118332_11391522.jpg

ガスって、眺望はありませんが、花がたくさん咲いていて、うきうき。
f0118332_11402229.jpg
f0118332_11411218.jpg

お目当てのヒメサユリは、真っ盛り。華やかです。
f0118332_1142492.jpg

シラネアオイやシャクナゲ、サラサドウダンも咲き乱れ、絶好のお花見日和。
f0118332_11433295.jpg

ときどき、ぽつりぽつり小雨が降りましたが、本降りにはならず、ミストの中の
トレッキング。雪渓の近くを通るときは涼しい風が。
f0118332_1231536.jpg

途中、何組もの年配の登山者グループを追い越して、大朝日小屋到着。
80歳の管理人さんは、今年も元気にお仕事。刈り払い作業中でした。
ガスってなにも見えないけれど、大朝日岳山頂へ。
f0118332_125159.jpg

なんだか虫がいっぱいいたので、しばらく双眼鏡逆さにしてルーペ代わり
にして観察して遊んでから、昼食。
管理人さんにもう一度挨拶して、なにか差し入れしようと思っていたが、
不在。水場の管理か?
今回、金玉水には行かないが、銀玉水は往き帰りに冷たい水を堪能。
手ですくって飲んでいると、手が痛くなる、冷たい冷たい水。おいしかった!
f0118332_129318.jpg

美しい花たちにすっかり満足して下山。ひなびた感じが素敵な古寺鉱泉
に午後3時到着。往復9時間。日帰りだと荷物が軽くて楽だなぁ。
帰りに大井沢の温泉で汗を流して、一度解散。
ぴぐちゃんは、山形の後輩宅にひさしぶりに行くということで、いっしょに
山形へ。
おいらもぴぐちゃんの居候宅でカレーをご馳走になり、食後は恒例の
皿洗いをかけたトランプ。婆抜きで負けて(当然の結果か!おいらが一番の
婆ですけん)皿洗いー!!

おまけ
f0118332_1214079.jpg

早朝、道路脇にいたノスリ。二羽止まっていたのだが、一羽は車を止めた
瞬間に逃げられた。
Commented by 山オヤジ at 2008-07-11 09:46 x
水々しい影像ありがとう。眺望ありきてない暖かさ感じます。今は懐かしさだけが先行しています。
Commented by akanezumi1984 at 2008-07-11 12:58
山オヤジさまも、同日月山山頂まで行かれたようですね。
大朝日小屋の管理人さんといい、その健脚ぶりに、あと30年山歩きできるのかぁと、希望が持てます。
by akanezumi1984 | 2008-07-10 11:32 | ほかの山 | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31