志津~西の平~月山第一トンネル

f0118332_2128717.jpg

快晴が見込まれたため、早起きして月山山頂をぱ目指してみようと思って
いましたが、二度寝してしまいました・・・
それでも9時前に志津に着けそうだったので、姥か牛首まで行って、すばら
しい眺望を堪能しようではないかとわくわくしながらPPに寄り道(トイレ拝借)。
すると、神様・仏様コンビがついさっき顔を出し、西の平に行くと言っていた
そうな。むむっ、西の平からは鳥海山が見えないけれど、ここ何年か行って
ないし、志津から第一トンネルへのコースとなると一人ではできないので
便乗することに。
f0118332_21334199.jpg

先週からあったというウサギ殺害現場。白い毛が大量にむしられている。
クマタカかイヌワシの仕業であろう。
f0118332_21343298.jpg

ふんわふんわの白い毛。けさらんぱさらんみたい(古いな・・・)
志津~旧六十里の橋から雪に上がり、北西へずんずんと進む。風がほとん
どなく、暑い暑い。ほとんど夏山に近い薄着になって進む。
f0118332_21383034.jpg

焼山尾根から湯殿、姥、月山を眺める。9時着で五色沼の駐車スペースは
既に満車状態であったが、さっぱり人がいません。10時頃ようやく湯殿の
森林限界に2人、姥の斜面に2人見えてきた。
おいらたちの歩いているエリアは、誰もいない。
f0118332_21441246.jpg

f0118332_21451828.jpg

いつもは見ることのない、湯殿稜線の西側。なかなかかっこいい。
西の平への最後の登り、かなり急なところを無理やり直登したので、一足
早く到着。
f0118332_21461167.jpg

神様・仏様はスキーなのでぐるっと巻き、少し遅れて。でも、ここから先は
ずっと下りなので、一人だけスノーシューのおいらは走ることに・・・
歩いているときはよいが、じっとしていると寒いので、昼食は少し下ったところ
でのんびりと。といっても、やっぱりじわじわ体が冷えてくるので、昼寝までは
できず、もったいないけど下山することに。
なにしろ二人はスキーなので、ゆっくり下っているつもりでも速い!
おいらはばたばたとスノーシューで駆け足。寄り道撮影できないのが残念
だが、たまにはこんなのもいいさ。
わずか30分で月山第一トンネルについてしまった。なんかもったいなかったか?
朝のうちデポしてあった車で志津まで送ってもらい、車にスノーシューだけ
置いて雪だるま定点へ。
f0118332_21493938.jpg

丸々していた雪だるまは、頭がやせ細り、落ちる寸前。
f0118332_21494941.jpg

明日も天気がよさそうなので、首のないトトロ型にしてみた。ちょうどできあ
がって撮影しているところに会長到着。
そろそろこの場所での継続は難しい。移転場所はどこにしましょ?
by akanezumi1984 | 2008-03-22 21:35 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30