2/8 Monterey

7時前に起きて、お湯を沸かして紅茶を飲み、ポットにも詰めておく。
8時から朝食と言っていたが、早めに外に出たらDennisも外にいた。
朝食前に近くで鳥を見ようと、海岸へ。
f0118332_14244224.jpg

天気はいいが、風が強くて寒い。
岩場にクロキョウジョシギとダイゼン、クロミヤコドリなど見つけた。
おいらはカナダガンしか見ていないが、Dennisはコクガン見たという。
f0118332_1427355.jpg

そして、期待していたラッコいたーっ!!画質荒いですが、母ラッコのお腹に
子どもラッコ乗ってます。
f0118332_14271253.jpg

大きなカニを食らっております。ダンジネス・クラブでしょうか?
f0118332_14272188.jpg

「あなたたち、どこから来たの?」と、こちらを見ています。
3頭のラッコが近くにいて、2頭は親子。母ラッコの後肢には赤いタッグが
ついていた。一度保護されたことがあるのかな。
波が荒いのに、波に翻弄されながらも浅瀬で潜って貝やカニをつかまえて
いた。カニはそのままがしがしかじっていたけれど、貝はお腹の上でこんこん
してました。アラスカでも何度か見ているけれど、餌を食べてるところを見た
のは初めて。いやー、来てよかった、Monterey。
8時半に朝食に戻る。コンチネンタル・ブレックファスト付と言ってたが、すごく
狭いフロントの空間にベーグルとマフィン、飲み物があるだけだった。果物な
しがちとさびし・・・体が冷え切っていたので、珍しく、甘いホット・チョコレート
など飲んでみる。甘いけど、寒くて空腹のときは最高!
ベーグル&クリームチーズ1個食べて、マフィンを行動食用に1個確保。
ホエール・ウォッチングに間に合うよう、9時半にFisherman's Wharfへ。
いろんな会社がボートを出しているが、平日はどこも10時スタートなのだ。
あちこち見て歩き、一番よさそうと判断したところの3時間のツアーに参加。
f0118332_1440354.jpg

ボートの名前がSea Wolf、かっくいいね。ああ、わくわくする。
f0118332_1443523.jpg

堤防にCalifornia Sea Lionがどっさりいて、がぉーがぉー吼えている
が、おいらの目はその隣のウたちに。喉が青くて、白い羽がほわほわっ
と首にはえてる・・・Brandt's Cormorant(アオノドヒメウ)。初めて見る
鳥だ。もう繁殖羽になってるんだね。
沖に出ると、揺れる、揺れる。昨日よりだいぶましらしいが、しっかりつかま
らないと立っていられない。
ウミガラスやウミスズメ、ミツユビカモメなども見られた。
だいぶ沖に出てから、Gray Whale(コククジラ)が出始めた。最初のは遠
かったが、餌がたくさんあるのか、たくさん集まっている海域があり、けっこう
近くでいろいろ見られた。
f0118332_1450156.jpg

コククジラの尻尾。
f0118332_14501887.jpg

ひれ。
f0118332_14503653.jpg

小ぶりなカマイルカ。
Gray Whale(コククジラ) 10頭くらい?
Norther Right Whale Dolphin(セミイルカ) 数頭。背びれがない。これは
あまりよく見られなかった。
Pacific White-sided Dolphin(カマイルカ) ボートのすぐ近くまで来た。
飛島航路でもよく見るやつ。
Risso's Dolphin(ハナゴンドウ) これは100頭くらいはいそうな大群で、すぐ
近くで見られた。鼻っぱしのないまん丸顔で目が愛くるしい。色も白っぽく、
ちょっとベルーガっぽいかわいい顔。んー、キュートだ。
しかし、なにしろ船が大揺れなので、片手はしっかりなにかにつかまってないと
立っていられないので、撮影は厳しかった。
大興奮のクジラ・スポットを離れ、帰るためにスピードあげたので、座って
マフィンと紅茶をちびちび。Dennisは少し船酔いしたのか食べません。
ふと周りを見ると、船尾で死んだようにもたれたまま動かない人、床に寝ている
人あり。最初のうち大はしゃぎだった子供たちも、船室のベンチでみんな寝て
いる。二時間で帰るボートにしとけばよかったのにね・・・
おいらはしっかり酔い止め飲んでいたので、元気で空腹じゃ。もう帰るだけと
少し寝ようかなと思っていたら、減速。すぐ近くにラッコの親子!!今朝見たの
より小さな子どもをお腹に乗せてます。近い!けど揺れて撮影できん。
予定より長く3時間半で終了。なかなかよかった。Dennisも期待していたより
よかったと喜んでいた。
船を下りたら、トイレだけ寄って、後はシーフードに目もくれず、出発。
今日はYoseniteの公園内のキャビンにたどりつかねばならないのだ。
途中で給油ストップしたときに、サンドイッチを買って二人で分けて食べ、
ひたすら走る。
が、急いでいても、なにか見つけたら止まる二人。
Dennisがプレーリードッグを見つけて停車してくれた。野生のを見るのは
初めてだー。うれしー!見張り役が直立してますが、車から降りて注目した
ら、穴に隠れてしまった。
その後、Ferruginous Hawk(アカケアシノスリ)という美しい鷹も見られた。
生き物ストップは大事だが、食べる時間はもったいない二人(笑)
昼がサンドイッチ一切れずつだったので、ちょっと早いが5時頃トイレ休憩
兼ねてウェンディーズに入り、Dennisはハンバーガーとコーク。おいらは
サラダとポテト、紅茶。車で移動しながらの夕食。サラダは量が多く、チキン
もたくさん入っていたので、すっかり満腹。
Montereyから5時間かかってYosemite着。もう真っ暗。
Carry Villageのcabinに二泊の予定だ。cabinにはベッドが二つと小さな
テーブルと椅子一客だけ。男同士、女同士なら1つのcabinでよかったんだ
が・・・お隣同士のcabinに宿泊。トイレとシャワーは外に出て別の建物に。
でも、暖房はきくので快適(旧式でやかましいが)。長時間の船とドライブの
せいか、体が揺れている感じ。面倒になって、シャワー浴びずに寝る。
夜遅くまで、近くの絶壁から雪崩の音が聞こえていた。
by akanezumi1984 | 2008-02-15 14:31 | California | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31