2/4 Golden Gate Park

朝食はシリアルと紅茶。ポットにもつめておく。SchoolとCricketが
挨拶にきてくれ、左手でSchool、右手でCricketをなでていたら、
Lauraが喜んで写真撮っていた。
10時頃、Schoolの散歩。途中グローサリーに寄ってもらい、全粒粉
のパン一斤、クリームチーズ、バナナ一房をこれからの数日分の食料
に購入。パンにクリームチーズ塗ったサンドイッチとバナナがこれから
毎日のお弁当だ。
昼から仕事のLauraの出勤に便乗し、Golden Gate Parkで降ろし
てもらう。
f0118332_2045272.jpg

この公園は全長5kmもある広い公園。まずは植物園区へ。
いろいろな国の植物が植えられていて、このへんはオーストラリア?
f0118332_20710100.jpg

鳥は思ったより少ないけれど、そこそこ楽しめます。写真はどこにでも
いるWhite-crowned Sparrpw(ミヤマシトド)
f0118332_2091073.jpg

小さな池のほとりのベンチでランチ。周りにはおこぼれを期待して鳥が
うろうろ。「パンくれよ、パン。」視線を感じます。
f0118332_20101748.jpg

小道を歩いていると、リスも寄ってくる。「なんかくれ」
曲がりくねった小道に方向を失い、元の場所に戻ったり、迷走しながら
しばらくさまよってから、植物園区脱出。
f0118332_20181396.jpg

月曜で休館のDe Young Museum。どのみち天気がいいので入る気
はなく、外観を眺めに行っただけ。途中、何回かJapanese Tea Garden
はどこかと聞かれた。これのことか。
f0118332_20194876.jpg

地図を見ながら、あっちこっちと寄り道しながら、広い公園を海に向かって
歩いて行くが・・・寄ろうと思っていた湖を通り過ぎたことに気づき、近道して
道じゃない急斜面を登ってみたり。
f0118332_2023078.jpg

こんなでっかい松ぽっくり。どうか頭に落ちて来ませんように。
f0118332_20242961.jpg

バイソンがいるよと聞いて、楽しみにしてきたが、ずいぶん狭いところに押し
こまれていること・・・周囲には広い柵があるから、夕方近いから運動スペー
スから寝るだけの柵に移されたのかな?まさかいつもこの狭さ???
f0118332_20262599.jpg

海側の出口付近にクラシカルな風車があった。
f0118332_20292244.jpg

道路を渡り、ビーチへ。北にクリフハウスが見える。
天気がよく、風もそれほど冷たくないので、日没まで粘ることにする。
f0118332_2031249.jpg

犬連れの人や、ジョギングしている人など、けっこう人がいるが、鳥も
たまに蹴散らされながらもがんばって餌を食べていた。これはMarbled
Gadwit(アメリカオオソリハシシギ)。ミユビシギもいた。
f0118332_22533612.jpg

f0118332_20354062.jpg
f0118332_20355062.jpg

f0118332_20392985.jpg

sunsetを堪能し、帰路につく・・・と思ったが、空腹でこのままバスに乗る
と気持ち悪くなりそう。ちょうどすぐ近くにタイ料理のレストラン発見。ありが
たいことに外にメニュー貼ってあり、値段が確認できる。7、8ドルで食べら
そうだったので、ここで夕食。Pat Thaiという焼きそば。エビと野菜入りで
少し甘ったるい味付けだが、おいしかった。
少し歩いてバス停を探し、乗り継ぎして帰宅。Muniというバスが15分とか
20分置きに走っていて、90分以内なら何回乗り換えても料金いっしょで
便利。一回乗り換え、1時間くらいかかったが、1.5ドルで帰れました。
f0118332_20393982.jpg

泊まらせてもらった部屋。部屋の中にシャワーとトイレもあって便利。
by akanezumi1984 | 2008-02-14 19:56 | California | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31