リハビリは現場が一番!

f0118332_19492285.jpg

天気悪くなさそうなので、相棒と示し合わせて出動。いつものごとく遅出
なので、最後尾。連休最終日の好天とあって、けっこうな人出のよう。
神様・仏様の車もあり、ごがらみの森目指している様子。追跡したい気も
するが、リハビリは段階踏まないと・・・とりあえず、既に昼も近いので、
キャンプ場に向かい、東屋で昼食、あわよくば神様・仏様がそこに下って
くれば会えるかも?
f0118332_1957453.jpg

降り続かないため、藪や沢がなかなか埋まらないものの、積雪はそこ
そこ。キャンプ場の炊事場や東屋はこんな埋もれ具合。
f0118332_20133465.jpg

f0118332_20124672.jpg

ツタウルシの実がびっしり・・・相棒は見ただけでざわざわ痒そう。
一番奥の東屋に潜り込んで昼食。晴れたり曇ったり雪が降ったりと
天気はころころ変わるので、晴れて暖かいなーと思っていると、びゅわー
と雪が吹き込んだり。
f0118332_2025425.jpg

東屋内部から。積雪期は潜入して、這い上がるって感じです。
ごはんを食べて、博物園の屋根の雪と沢のチェックに向かいます。
f0118332_2061638.jpg

屋根の雪はつながりましたが、まだ薄いから、屋根に上がるのはお預け。
裏手に行くのに沢は渡れるのか?おお、なんとか大丈夫そう。
森に入るのは次回のお楽しみとし、博物園の裏の尾根を歩いて雪だるま
定点に戻ることに。
f0118332_2010632.jpg

普通のヤドリギ。オレンジと黄色の二色あります。
f0118332_20111796.jpg

こちらホザキヤドリギ。このへんでは少数派。ヤドリギと違い、葉がありま
せん。ほのかに甘いヤドリギの実と違い、苦味があります。
f0118332_20243445.jpg

赤い尻尾の怪獣風。
f0118332_20182649.jpg

雪だるま補修前。頭しか出ていません。
一度道路に下りてしまったので、スコップで階段作ってよじ登っていると、
わらわらとスキーヤーが湧き出るように出現(笑)雪だるまのまわりに人垣が!
その中に、雪だるま会の会長のお姿も。会長、今年もよろしくお願いします。
と、挨拶もそこそこに雪だるま補修に突入する二人。会長は三脚で撮影の
準備。相棒とせっせとスタンダード雪だるまを作り、最後は会長にトレード
マークの手をつけていただく。
f0118332_20225267.jpg

会長ってば、素手なんですけどぉー。
f0118332_2025082.jpg

会長&テレのみなさま。
f0118332_20274154.jpg

相棒と雪だるま。
f0118332_20283639.jpg

補修後、道路から見た様子。補修前よりも頭ひとつ分大きくなりました。
足の具合は上々。歩いている間はほとんど痛まない。ふんばりもだいぶきく
ようになった。大きい段差を道路におりるのが若干怖いが、先月部屋からベ
ランダに出る段差が難しかったのを考えると飛躍的進歩!
街で散歩するより山で歩くほうが痛みが少ない。前回は、嬉しくて「脳内麻薬」
が出て痛みを感じていない説もあったが、土や雪の上を歩くのは足に優しい
からだよん。
PPで休憩しているあたりから、内くるぶしがきりきり痛み始め、帰りの運転時
もちと痛んだが、帰宅して消炎剤塗り込んだら治まった。
これも以前にはなかったことだ。前はちょっと負荷かけて痛みが出ると、そん
なにすぐに治まらなかった。
日々よくなっているのを感じる・・・うるうる。
by akanezumi1984 | 2008-01-14 20:02 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984