馬油ならぬ・・・

いただいた熊肉には、分厚い脂身が・・・

この脂身がうまいんだ、と言われたものの、脂身苦手なのだ。
でも、捨てるのは申し訳ないので、脂身から油に精製することに。
f0118332_2155447.jpg

血のしみたところは削り、真っ白のところだけ細切れにして加熱。
f0118332_2155522.jpg

キッチンペーパーで漉して完成。美しい金色のオイルに変身。
室温(今日は5℃しかありません)では、ややとろりとする程度でしたが、
冷蔵庫に入れたら、白く固まりました。

肌荒れ、切り傷、やけど、しもやけ、日焼けなどに効くそうです。
直火で加熱したからか、ほのかに香ばしいにおいがするけれど、嫌な
臭みはありません。
Commented by ゆづ at 2007-12-13 22:23 x
へぇ~そういう使い道があるのですね!私は手の甲が肌荒れがひどく、年中、クリーム塗っています。ワセリ○を夏場に長年塗っていて、すっかり手の甲が日焼けしてしまい、落ちません・・・
Commented by akanezumi1984 at 2007-12-13 23:07
以前は、指先の皮膚が薄くて痛くて、水に触るたび(トイレでも)クリーム塗っていましたが、いつのまにかあまり荒れなくなりました。
個人的にはワセリ○はべとつく感じがして嫌で、ビタミン入りの黄色い系のクリームの方が効く気がしていましたが・・・
昔の豪雪地は冬場は陸の孤島化していましたから、たいていの病気は熊の胆で治し、肌関係は熊の油でなんとかしていたのでしょう。今はあまり荒れないけど、いくぶんかさついている踵と、怪我した足首のマッサージに使ってみようかな。
買うとかなり高価なもののようです。
Commented by nora at 2007-12-13 23:15 x
やけどの薬?
個人差は有るのでしょうが、私には最悪でしたよ。
お友達の外科医から誉められちゃいましたよ(泣
オロナイ●が良い例だそうです!
火傷には絶対駄目な薬ですよ。

☆○ペァーなら、そこを取ったら、食べるところ何にも無くなっちゃう。
じっくり煮込みますから、よけいな脂肪分は無くなって、コラーゲン状態で、一番美味しいところですよ。
肉の大きさ1/4位に縮んじゃいますから。
干し柿みたいですね!
Commented by akanezumi1984 at 2007-12-14 00:19
うーん、火傷の程度にもよるんでしょうか?検索してみたら、実際火傷に使ってよくなったという例や、アトピーの子によいという例やらありましたが・・・あまりひどいのには使わないほうが無難と思いますね。昔、油とか味噌塗れとか言ったのは、じゅくじゅくの傷を保護するためだったのかな?と思うと、意外と最新医療と同じ考えですが。
昔、傷は乾かせと言っていたのが、今は保湿したほうが治りが速いというのが定説ですけん。
熊、ふたかけあって、もうひとかけは脂身健在です。
ほとんどとけちゃうのが今回わかったので、鍋にするときは脂身そのままにします。
by akanezumi1984 | 2007-12-13 20:36 | 発作的創作 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31