清水コース~姥沢~大門海コース

台風の後、本来ならば、あかねずみコースのパトロール?に行くべきところ
だが、神様・仏様への業務連絡もあったので姥沢に行くことに。
晴れの予報は当たりそうにないため、今日は姥沢を最高地点として、博物園
から森を歩いて姥沢周回にしてみた。
f0118332_22134859.jpg

いつも車でさっと通り過ぎてしまう管理車道にはハギが咲いている。
f0118332_2217192.jpg

志津野営場から清水コースで姥沢に登り、帰りは大門海コースだ。
どちらも積雪期には頻繁に。あとは晩秋に歩くくらいで、夏場はほとんど
歩いていないのだ。清水コースは予想以上に藪藪。
おまけに台風の倒木もあって、かきわけ、くぐり、またぎ・・・
f0118332_222057100.jpg

おやっ、なんと今時分にギンリョウソウが!大きく威勢のいいのが2株あり
ました。
f0118332_22234585.jpg

えー、真ん中が道なんですが、完全に封鎖されとります。両側も迂回できる
感じではないので、突破するしかありません。
f0118332_22251777.jpg

台風で倒れたブナに、ヤドリギが大量についていた。すでに緑の実をたくさん
つけている。この時期はまだ高いところにあり、ブナの葉が生い茂っているの
で、観察しにくいので、こうして間近に観察できるのはいい機会だ。
f0118332_22281496.jpg

ホオの若木は、まだ小さな木なのに葉っぱだけはいっちょまえに大きい。あん
まり大きいので帽子と比べてみました。
f0118332_22305881.jpg

食べられないけど、かわいいきのこ。
ここは人っ子一人会わないので、一応クマ鈴からころ鳴らして歩いています。
姥沢が近づくと車の音が・・・
駐車場に出ないで、もう少し登って姥沢小屋に出ようとしたら、途中の沢で
左足が「かっぱだれ」・・・石が乾いているからと油断したら、つるんつるんに
滑る石で、ほんの小さな小さな沢の渡渉で左足水没。以後、片足濡れたまま
歩くはめにぃ。
姥沢小屋に出ると、眼下に詰め所と駐車スペースが見える。今日は神様の
車しかないなぁ。
詰め所に行くと、ほかのおじさましかいなかった。神様は浄土にお出かけのよ
うなので、業務連絡のメモを残し、大門海コースへ。
少し下ったところの倒木にこしかけ、食パンのジャムサンドと暖かい紅茶で昼食。
最近のお気に入りは、甘さ控えめリンゴジャムにシナモンを混ぜたもの。
シナモンアップルジャムとして売っているのはお値段倍くらいするので、自分
で混ぜちゃう。
f0118332_22405261.jpg

オオカメノキの赤い実、カメバヒキオコシ、奇妙な形のツリフネソウ、みかんの
香りのするキハダの実。
森の中はひぃやりと湿った空気が流れ、しばらくじっとしていると肌寒いくらいだ。
f0118332_22454658.jpg

怪しく美しいムラサキシメジ。食べられるらしいけれど、一本じゃね。
午後から晴れという予報だったが、霧雨に。
濡れるというほどでなく、細かいミストが心地よい。ずんずん下り、大門海の湧水
を飲み、ブナ森の湧水を飲み、下界の暑さに思いをはせる。
酷暑の大阪の友人たちに、このきんきんに冷たい水を飲ませてあげたい!
f0118332_2257262.jpg

とメールを送ったら、「頭つっこみたい」と返信がありました(笑)
by akanezumi1984 | 2007-09-08 22:13 | おらいの山 | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30