山中一泊野宿の持ち物

共同装備・・・ブルーシート大小各一枚、鋸、鉈、ナイフ、蚊取り線香2個、
        ろうそく1本、ライター、ビニール袋(雨具代わりや物入れに)

個人装備・・・寝袋(Tさんが準備したのは、ダウンの小さい布団)、最小限の着替え、
        ライト、トレペ、行動食、水


刈り払い用・・・草刈機械、工具、替え刃、ガソリン

個人装備は、小さめのナップザックに納め、デポ地点で他の荷物といっしょに
大きいザックに詰め込んだ。さらに作業開始後はTさんが荷揚げした分を、他
の2人で分担。でも、たいした量ではなく、荷物はそれほど大変ではなかった。
普段の山小屋一泊の荷物より軽い。いつもがいかに「持ちすぎ」かって。
ワンゲル上がりの男性なら、助手一人で荷揚げできると思うけれど、Tさんが
「やっぱり女の人に励ましてもらったほうが仕事がんばれる」と(笑)

拘束時間はTさん宅から登山口までの移動も含めると40時間半!時給にした
らかなり安くなるし、ちょい命がけなお仕事で、嫌々だったら割りに合わないが、
おもしろかったからいいのだ。
なにしろ「おもしろい」というのが、おいらにとって重要事項である。
Commented by 夜行性のくまぁ at 2007-07-23 23:45 x
そうそう、持って行ったガソリンのうちの半分も使わなかったので、この荷物運びは修行のようでした。でも楽しかった。ファイトいっぱーつ!滑落は怖いぞよ。
Commented by akanezumi1984 at 2007-07-24 00:33
初日進まな過ぎだったからね。草の茂り過ぎ半分、Tさんの休みすぎ半分てとこでは?
こちらの荷物だけどんどん減って、くまぁさんと代わってあげればよかったね。
で、Tさんの燃料はカルピス・ウォーターとコンデンス・ミルクだった(笑)
くまぁさんは、甘いパンなんか食ってたから落ちたんだよ、きっと。
途中でもっと肉を食べていたら、暗がりでも目が見えて落ちなかったかもよ。
Commented by にんじん at 2007-07-24 11:12 x
「人生の勝者って、結局、いかにたくさん笑えたかってことだよね」
「いきなりなに?」
朝ごはんを食べていて、ふと漏らした言葉に、相手も朝の話題にしちゃ重すぎるのでとまどっていた。

「だって、たとえば、松○さんにしたって、厳しいこともあるでしょうが、それは、ご本人にっとては、喜びの裏返しでもあるし・・
私も、心を入れ替えて、これからは、うんと笑ってやる!
それじゃなきゃ、やってられないわ」
あかねずみさんの重要事項に共感。
Commented by akanezumi1984 at 2007-07-24 23:21
そうなんです!
おいらの考える人生の勝者というのは、社会的に成功したとか、財を成したとか、偉業を成したとかいうのではなく(もちろん、そうあればなおよいですが)、小さなことでも、つらいときでも、その人なりの満足感やふとした喜びを持てる人なのです。
欲しいものや、ありたい姿にきりがない人は、どんなにたくさん持っていても、どんなに成功しても、いつも足りない足りないと思っているかもしれない。ほんとに笑っているのか?って。
by akanezumi1984 | 2007-07-22 09:44 | ほかの山 | Comments(4)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984