Out Bath(外トイレ)

最近は日本の山のトイレもエコ・トイレや簡易水洗のところが増え、きれいに
なりましたな。たまに昔ながらのも残っておりますが・・・

アラスカには、16年前からなんだかんだ10回以上行っている(他のところに
行かない)が、トイレで嫌な思いをしたことがない。
外トイレですので、寒いとか、雨だと億劫とか、蚊がいるとか、まぁそれなりに
不便はありますが、不快感はなし。
人里離れた場所のロッジのトイレは、いかにも手作りって感じがかわいい。
f0118332_13563930.jpg

ここのトイレは、石灰を置いていて使用後ふりかけるようにしていた。
ハンドサニタイザーという無色透明の殺菌ジェルが置いてあるところが多い。
f0118332_13584286.jpg

携帯用のもよく売っているので、一番小さいのを買って、おいらも持ち歩いてる。
でも、あまり気にしないほうなので、トイレとか、動物さわった後でも手を
洗わないまま、ジェルも使うのも忘れて食事してしまうこと多いですが。
f0118332_1402431.jpg

キャビンのトイレや、道路端のトイレで、車がすぐ近くまでいけるところは、
この手のだだっ広いのが多い(普通は茶色の地味な建物)。車椅子対応
なのでしょうか。でも、このトイレは、曲がりくねった、でこぼこの細い小道を
1マイルほど歩かなくては行けないので、車椅子で行くのは厳しいのですが。

以前、フェアバンクス郊外のマッシャー舟津さんのとこのキャビンにも泊まった
ことがありますが、そこの外トイレはドアがなかった(笑)
外の景色や、夜ならば、あわよくばオーロラを眺めながら座るわけです。
外トイレは、超シンプルとか手作り感漂う隙間だらけのものが多いから、ドアがあってもなくても、暑さ・寒さは変わらないしね・・・
by akanezumi1984 | 2007-07-15 13:56 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984