アラスカ日記・6/29

6:20に起き、とりあえずデッキの掃き掃除。このホステルは一泊$10
(初日だけカード決済で$12)と物価の高いアラスカで信じられない安さ
だが、その代わり一日ひとつのChores(雑用)をしなくてはならない。
午前9時から夕方5時まで閉鎖されるので朝寝坊の人には向かない。
朝食は、昨日アンカレジで買ったベーグル。これはキャンプのときのと
違い、一個売りのいいベーグルでクリームチーズもあるから、ぐっとお
いしい。キッチンが狭く、テーブルも一つしかないので、みんなで肩を
よせあう感じ。
f0118332_2182191.jpg

日本人男性(N氏)が1人いて、近くの食料品店を教えていただいた。そ
のままトレッキングに出かけるので、行動食用のドライフルーツやナッツや
チョコだけ購入。バスでメンデンホール氷河に向かう。N氏におもしろそうな
Trailも教えていただいたので、そこに向かうつもりでドライバーにMontana
Creekで降ろしてくれと頼んだのだが、さらにWestern Trailと言っておけ
ばよかった。どうもだいぶ通り過ぎたところで降ろされたようだ。そこにも
別のtrailがあったので、ま、いいやとそこを歩くことに。案内看板があり、
小さな道がたくさんあって、Mendenhall氷河のVisitor Centerの方に
抜けられるようだ。
f0118332_21154155.jpg

お、かじりたて?
f0118332_212418.jpg

f0118332_21373835.jpg

花や小鳥を見ながら適当に歩いていると、冬のクロカン用の道なんかも
あって、行きたい道なのかどうかわかりにくく、行きつ戻りつしながら、
昼頃氷河湖のほとりに出て、誰もいない湖岸でランチ。氷河を見ながらの
ランチですもの、粗食でもおいしゅうございます。
f0118332_21221949.jpg

f0118332_21232854.jpg

Visitor Centerは有料なので素通り・・・あ、ツバメさん、かわい。
f0118332_2127224.jpg

日本のと種類は同じだけど、色の違う亜種。
やっぱり教えてもらったWestern trailに行ってみたいと未練が出てきた
が、ここからではtrail headまで遠すぎるので、あきらめてここのEastern
trailを歩くことに。案内板見ると、Naget Creek trailと途中まで同じ道。
Nagetの方が奥まで行ける。帰りにEasternのループを歩くことにしよう。
f0118332_21352964.jpg

はじめはずっと登りで、しばらく行くと、氷河を東側上部から見下ろすことに。
f0118332_21511298.jpg

f0118332_21365464.jpg

この森では、SewardやNancy Lakeで声はすれども姿を見られなかった
ムナオビツグミが、ここでは簡単に見られるぞー。アメリカキクイタダキ、
ルビーキクイタダキも頭の上の鮮やかな色が見られ、ラッキー。
わずか3mの距離で見たのに、ブッシュの中なのでピントあわず、写真撮れ
なかったが、ルビーキクイタダキの巣立ち雛が4羽ぎゅうぎゅうにくっついて
枝に止まっているのは、あまりのかわいらしさに身もだえ。
f0118332_2148137.jpg

Naget Creek、名前からして金が出たのでしょうね。ずっと登りだったのが、
下って沢に出てぼちぼち終点・・・のあたりでクマの新鮮なフン続出。ふえー、
退散、退散。帰り道は森のくまさんを口ずさみながら(笑)
途中から分かれ道でEastern trailへ。17時頃Visitor Center着。
しばし氷河眺めてからバス停に向かって歩き出すが、車道を30分歩かなくて
は。trail歩きは何時間でもいいのに、車道だと長く感じる・・・しかも、雨が
ぽつぽつと落ちてきた。急げ急げ、と思ったやさきに
f0118332_223279.jpg

うきゃー、ヤマアラシだぁ。道路わきの林からのそのそと出てきて、しばらく
草などかじっておりましたが、道路を渡り始めた。おいおい、車が来るよ、危
ないよ、と話しかけると「ん?」ときょろきょろ。目が悪いけど、車が来たのが
わかったようで、あわてて戻る。大変、大変・・・長いトゲがわっさわっさ。
f0118332_2222917.jpg

車怖いなぁ。でもあっち行きたいんだよなぁ。
f0118332_229333.jpg

ヤマアラシの動きに合わせ、そっと近づいていたら3mくらいまで寄れて
しまった。向こうの動きが止まったときは、こちらもじっとする。するとまた
歩いたり食べたり。しかし3mは近すぎるので5mくらいを保つようにして
観察。どうも道路の反対側に行きたいらしく、また道路に出て行く。
が、また車が来る。「今行くと車にひかれるよ」と声をかけると、またきょろ
きょろして戻る。よしよし、それでよし。林に戻っていく・・・と思いきや、また
道路に出てきた。どうしても渡りたいのか。よしわかった。行くなら今だぞ。
車の流れが途切れたので、黙って見守る。
無事渡れたのを見届けて、バス停に急いだ。ヤマアラシにかまけて、バス
停着いたら6時。幸い、ちょうど同じ頃着いた人がいて、聞いたら間もなく
バスが来るという。(バス停に時刻書いてない)
ヤマアラシ、こちらの言うことがわかったわけではないだろうけれど、なんだ
か対話できたような気がしてしまい、楽しかったなぁとにやつきそうなのを
おさえてバスに揺られ、ダウンタウンに戻った。雨は本降りに。
手持ち食料があまりないので、買い物しなくては。しかし・・・食料品店は
7時に閉店していた。ああ、10分遅かった!(涙)
野菜が食べたいので、Subwayでサンドイッチとサラダを買ったら$10も
した。ま、量がたっぷりなので、夕食と明日の朝食の2回分だね。
Commented by tera at 2007-07-16 22:21 x
ここは、
歩いている間、だれにも人には会わなかったということですね??
あーだとしたら何ていいんだろう。
こういう行動をするには、私は何からはじめたらよいのだろう。

> ルビーキクイタダキの巣立ち雛が4羽ぎゅうぎゅうにくっついて
枝に止まっているのは、あまりのかわいらしさに身もだえ

>ヤマアラシ、こちらの言うことがわかったわけではないだろうけれど、なんだか対話できたような気がしてしまい、楽しかったなぁとにやつきそう

日記から小躍りしてる気分が、あふれてます(笑)
Commented by akanezumi1984 at 2007-07-16 23:19
近くに人がいなくて幸いでした。危ない人に見えなくもない(笑)
ま、いてもやりますけど(爆)というか、そゆことしてじっとしていると、人が通りかかってしまうとか・・・
なにか観察しているようだと察して、立ち止まってくれたり、にこにこしてくれる人もありゃ、ずんずん蹴散らして行ってしまう人もありゃ、こいつは馬鹿か?と冷たい視線を投げて行く人あり。
by akanezumi1984 | 2007-07-09 21:15 | Alaska | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー