アラスカ日記・6/25

f0118332_911688.jpg

朝になっても雨が止まない。今日は停滞か?
ぽか暖シートは、軽量で暖かいが通気性がないので、結露するのが難点。
タオルで水分をふきとり、雨なので寝なおそうと思うが、寒くて眠れず、
起きてフードロッカーの横の屋根付きスペースのテーブルで朝食。
その後、テントで地平線通信6月号を読んで過ごす。
f0118332_915512.jpg

10時頃雨が止んだので、ワンダーレイクまで散歩。カンジキウサギが
うろうろ。日本のノウサギと違い、なんたる警戒心のなさ!たまに仲間
同志追いかけっこに夢中で人間の足元をかけぬけたりする。
f0118332_934064.jpg

f0118332_972728.jpg

湖のまわりはたいして歩くところもなく、唯一のtrailと聞いていた
Mckinley Bar Trailへ。spruceがまばらにある小道をしばらく進むと、
湿原に出て、景色が開ける。その繰り返しで最後はMckinley Riverに出て
終点。
f0118332_981167.jpg

行きは、ずんずん進んで、河原で昼ごはん食べて、帰り道ゆっくり花や鳥
を観察しながら歩いた。
f0118332_910310.jpg

ベニバナイチヤクソウみたいな花がたくさん咲いていて、他にも日本のと
同じような花がたくさん。
f0118332_910414.jpg

コケモモもよく見ます。
f0118332_911980.jpg

アメリカヒバリシギ発見。ほかにもオオキアシシギや、雛連れのオナガガモ
や、サメズアカアメリカムシクイなど・・・と書いてもよくわからないでしょうね、
ま、いろいろ見たってことです。
植物もワレモコウ、ムシトリスミレ、ヨツバシオガマ、ミヤマシオガマ、ツルコケ
モモ、コケモモ、ゴゼンタチバナなどなど日本でおなじみのがたくさんあって
嬉しくなります。
15時頃雨が降り出し、急いでテントに戻る。せっかく乾いたテントがまたびょ
ぬれだ。隣のテントのOさんが、別のトレイルを歩き、とてもよかったと言う。
あれ、WACでここはトレイルがBar Trailだけと聞いたけれど?
Oさんはバスのドライバーに教えてもらったそうな。非公式なので、標識も
ないし、かなりやぶやぶの獣道のような踏み分け道なので、注意が必要だ
けど、きれいないいとこだったと。
それは明日行ってみなければ。雨降らないでね。
f0118332_9183480.jpg

ミヤマシトドは雨でも元気。一日中声が聞こえる。
16時過ぎに雨があがり、テントの中がぽかぽかに。夕食は、早茹でマカロニ
に明太子ソース。辛くておいしい。
19時頃また雨が降り出した。20時少し過ぎに、雨があがったが、ベンチびしょ
ぬれだし、レンジャープログラムは中止だろうと思っていたが、歯磨きとトイレ
がてら様子を見に行ったら、やっている!しかし歯ブラシくわえてるし、近くに
鳥がいて気になるし・・・結局歯ブラシくわえたまま、ちょこちょこ藪に見え隠れ
する鳥を追い、ゴマフスズメと確認してから、うがいしてテントに戻り、出直した。
が、もうレンジャープログラムはほとんど終わる頃で、最後の10分くらいしか
聞けなかった。今日はデナリの歴史をやっていたようだ。
だんだん雲があがってきて、もしやマッキンリーが顔を出すかもとかすかに
期待したが、23時頃また本降りになり、あきらめて寝た。
f0118332_9263473.jpg

晴れ間にちょっと出た虹。
by akanezumi1984 | 2007-07-09 09:07 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30