アラスカ日記・6/24

9時に撤収して9:20amのシャトルでWACへ。
f0118332_027350.jpg

でかい荷物の人は、シャトルバスではなく、キャンパーバスで移動。バス
後部は座席がなくて荷物用スペースなのだ。
バスはずいぶんのんびりしていて、10:30発のはずなのに、しばし
ドライバーがお話していて10:54出発。このドライバーは鳥にも詳しい。
大型動物は誰でも知っているが、小さな鳥にはあまり感心ない人も多い
ので、いい人にあたった。
f0118332_032047.jpg

終点のワンダー・レイクまで85マイル、136キロだが、ダートの細い道
なので、ゆっくり、しょっちゅうすれ違うバス同志、道を譲り合って進む
ので、半日がかり。少し高いWild life tourというバスも出ているが、
シャトルバスやキャンパーバスでも、動物が出るとバスを止めて見せて
くれるし、ドライバーがいろいろ説明してくれる。
f0118332_0362149.jpg

そっちこっちで、ジリスくんが直立してあたりを警戒している。そのわり
に逃げない。人間には食われないと知っているのだ。怖いのはイヌワシ
やオオカミ、キツネ、クマ、リンクス・・・ああ、天敵だらけだ。
いつもは一番長い休憩をするEilson Visitor Centerは、「05,06は
工事のため閉鎖」と書いてあったが、もう07なのにまだ土台しかできて
いなかった。オープンはいつなのだろう?
写真撮れなかったが、グリズリーの親子が見られた。二頭の子熊が
じゃれあったり、木の根元にひっくりかえって枝にじゃれて遊ぶ姿が
かわいかった!まだ孵化して2,3日の小さな雛連れのライチョウも道路
脇に。近いのに位置が悪くて写真撮れず。
4時過ぎにワンダーレイク着。テントはあいているところどこでもOK。
ここは、フードロッカーが小さな小屋になっていて、中の棚に置くよう
になっていた。
f0118332_052466.jpg

天気悪いときを考えて、フードロッカー近くのサイトにテントを張り、早
いけど5時にラーメンで夕食。晴れていれば真正面にマッキンリーが
どーんと見えるはずなんですが、雲の緞帳がおりています。
f0118332_053292.jpg

トイレに行きがてら、近くを散歩すると、少し高台みたいになっていると
ころにこんな説明版が。
f0118332_057124.jpg

世界で一番高いエベレストはベースが高く、実際に山としての
高さは、マッキンリーの方がずっと高いと。
8時からのレンジャープログラムで鳥の話を聞いていると、日本人ぽい
おじさまも参加していた。あらら、おいらの隣のテントだ。
話してみると、やはり日本人。やはり今日、おいらより早いバスで着いた
とか。と、雨がぽつぽつ降り出し、テントに入ろうとしたら、すぐ近くにキツネ。
f0118332_1125415.jpg

木の根元にぴょんとジャンプ、すかさず穴掘り。もぐもぐしたところを見ると
小さなネズミをつかまえたか?
雨が本降りになってテントに逃げ込んだ。寒くてなかなか寝付けない。
今回荷物を減らして、ダウンベストや、シュラフのインナーシーツを持たずに
来たら、ちと寒い。寝袋の上からぽか暖シートをかけて就寝。
by akanezumi1984 | 2007-07-09 00:39 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30