アラスカ日記・6/23

相変わらず寝つき悪く、しかも朝早く目が覚める。
暖かいお茶が飲みたいが、キッチンは7時からしか使えないので、早めに
出発。バス乗り場近くのスタバで紅茶を買い、半分飲んで、半分ポットに
温存。
12人乗りのバンでDenali National Parkへ。Anchorageから乗ったのは
3人だけ。後ろの席にいた女性に話しかけたら、ブルガリアの人だった。
カンティシュナのロッジで夏の間働くのだという。途中タルキートナでも客を
拾い、最後にデナリのちょっと手前でFairbanksまで行くお年寄りグループ
を拾ってデナリのWAC(Wilderness Access Center)着が13時。
チェックインしてキャンプ場のサイト用の紙をもらい、シャトルバスで
Riley Creekキャンプ場へ。手前はキャンピングカーの人たち用で、テント
の人は奥まで歩かなければいけない。食料は全てここに入れなくては
ならない。クマが開けられないよう頑丈な入れ物。
f0118332_23441966.jpg

14時にテント設営終わって、軽く食べて落ち着き、Mercantile(売店)偵察
してから散歩へ。キャンプ場にはリスやカナダカケスが多い。
f0118332_2349308.jpg

しかし、軽く散歩のつもりが、最初に歩いたHorseshoe Lake trailが
短かったので、Tiga Trail経由でMt.Healy Overlookまで行ってしまった。
Horseshoe Lakeの道は、短いけれどけっこう急で、湖岸には脇道の
獣道みたいな細い道がたくさん。しかし、そこにはクマのフンがごろごろ。
f0118332_23484745.jpg

湖ではムースがどっぷり水中に入り、首をつっこんで水草を食べていた。
首つっこんでいる間に近づき、木の陰から観察。ど迫力。
f0118332_2350576.jpg

あまりのクマのフンの多さにびびって元の道に戻るとビーバー発見。
f0118332_23523015.jpg

赤いズボンのおばあさん、まったく気がついていません。
この後、Mt.Healyに登ったが、Overlookのところで18:30。暗くならない
から時間はあるのだが、おなかすいてしまって山頂まで行くのはやめて
下山。ビジターセンターに19:45着。20時のシャトルでキャンプ場へ。
売店で冷凍のブリトー買って小腹をしのぎ、シャワー($4、バスタオルつき)
も浴びた。ここでシャンプーと石鹸がないのに気づく。昨日のホステルの
シャワールームに忘れてきたんだろう。
テントに戻ってからタマネギと乾燥青菜入りラーメンで夕食。前の人が残して
いった薪があるが、しけっていて燃えない。残念。
by akanezumi1984 | 2007-07-07 23:51 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984