アラスカ日記・6/19

f0118332_19453429.jpg

何度か目を覚ましながら、つらつらと9時過ぎまで寝て、9:30にトイレに。
帰りは焚付け用に枝を拾いながら戻る。
アカエリカイツブリは、いつも近くにいる。ときどきハシグロアビやシロエリオオ
ハムの姿も。ハシクロアビの声は哀愁をおびて聞こえる。
お、アメリカヤマセミも見られた。
キャビンの利用者ノートがあり、ちょっと読んでみた。
Dianneも起きてきて、11時頃オートミールとグレープフルーツでブランチ。
昼過ぎから車で近くを移動しながら鳥見。声はすれども、なかなか姿が見られ
ない。
f0118332_1953445.jpg

このへんはキズタアメリカムシクイが多い。
森の中のトレイルには、枝がいっぱい落ちていて、思わず薪拾い。太くて、
かつストーブに入りそうなほどよい長さの枝に、思わずにんまり。大漁だ。
暖かくて眠くなり、キャビンに戻った。
キャビンの中は肌寒く、薪ストーブを焚く。薪はいっぱいあるもんね。
ぬくぬくで昼寝。んー、しあわせー。昨日は詰め込みすぎの一日だったから、
今日はのんびーり。こんな日もなくっちゃ。
夜になって湖面が波立ち、空が暗くなり、雨になった。30分ほどで止んだが、
外に買い物&鳥探しに行こうかという話は自然消滅し、キャビンでだらだら
過ごたい2人であった。手持ち食料で夕食。おいらはカップヌードル。
Dianneは食べたくないというので、日本製のインスタントのコーンスープを
あげたら、こんなおいしいインスタントのスープはアメリカにはない!と
喜んでいた。いくらなんでもスープだけじゃ足りないので、彼女は他にリンゴ
と「ひよこ」で夕食。ハイチューとひよこが彼女のお気に入りで、おいらの
お土産の定番なのだ。
今日は早めに就寝。
by akanezumi1984 | 2007-07-07 20:04 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30