アラスカ日記・6/17前編

SewardのKate&Ronのお宅で迎えた朝。
早めに目が覚めたが、早寝早起きのお二人、Ronは居間で新聞を読み、
Kateは朝食にブルーベリー・スコーンを焼いてくれている。
お茶をいただいて、Ronとお話。「硫黄島からの手紙」を見て感動したと
言う。おいらはここ半年ほど映画から足とおのき、見ていなかった、残念。
キッチンにあるドアの前に、毎朝ステラーカケスが来るというので、楽しみ
にしていたら、ほどなくやってきた。Ronがいつもピーナツをあげるからだ。
f0118332_0262416.jpg

青くてきれいなカケスくん。こんなに近くで見られるなんて。
Dianneはいつもぎりぎりまで寝ているからと、3人で先に朝食。手作りの
スコーンがおいしっ!早起きのおかげで焼きたてのほかほかをいただき!
しばらくしてDianne,Carolinとわんこたちも起きてきて、ささっと朝食後、
飲み水をつめて出発。キャビンには飲用水がなく、すぐ隣に沢があるだけ
なのだそうだ。Dianneは浄水器を持ってきているが、めんどうだからその
まま飲める水を持っていくべということに。
テントが要らない分、余裕があるので彼女の分の水の容器も何本か持ち、
かなーりザックが重くなった。でも、DianneはMaryのとこでもらった薪を
持っていくつもり。ザックではなく大きな手提げのバッグなので歩きにくい
と思うが・・・
f0118332_0344483.jpg

Water Taxiの乗り場に移動中、Rufous Hummingbird(アカフトオハチ
ドリ)発見。雨で暗いうえに逆光でシルエットしか撮れてないけれど。
アラスカまでやってくる唯一のハチドリ。この小さな体でよくぞ・・・
f0118332_0395460.jpg

Derby Coveは、Sewardから地続きだが、海辺は干潮のときでないと
歩けないところが多く、うかうかしていると大変なことになる。山越えの道は
けっこう大変そう。で、今回はWater Taxiでの上陸作戦なのである。
ぎりぎりまで接近し、舳先部分をぱたんと降ろしてスロープにしてくれるの
だが、最後の数歩は海に入らなければならないので、船に乗る前から
素足にサンダルで臨戦態勢。昨日までの晴れて暑いくらいだった天気と
うってかわり、しとしと雨で肌寒い。なかなか船が来なくて震えながら待って
いたが、待ち時間になんとザトウクジラが見られた。ひゃっほー!

ようやく来た船には、他にカヤックのグループが。この人たちが遅れたため
に待たされたようですが、ま、その間クジラが見られたから許す。

重たいザックかついで、大きな流木が転がる浜に上陸すると、
なんだか探検気分でわくわくしちまいます。
by akanezumi1984 | 2007-07-06 00:26 | Alaska | Comments(0)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30