実家近くの小さな竹林で、筍ゲット。ここのはあまり埋まってなくて、ちょっと顔出しただけみたいなのは小さすぎて食べるとこなし。近所のおばあちゃんが、これがいいよと教えてくれたのは、地面から80センチも伸びたもの。え、こんな育ったやつ食べられるの?
でも根元の固いところを落としたら、柔らかで十分食べられる筍さんでした。採りたては灰汁抜きも必要ないと言われ、なにもいれずに下ゆでしたが、ほんと大丈夫だった。
筍は地面から出ちゃおしまいとか、米ぬかで茹でなきゃだめ、という固定観念が崩れました。
Commented by E子 at 2007-06-07 09:11 x
そうなのよね。兄が朝、とって昼頃に届く筍は大きくてもやわらか。お店のは、なかなかその日というのはないかもね。職場で、吾妻?鳴子?かの竹の子汁をいただきました。恒例ですが、今年もおいしかった。いつも太いの採ってくるけど、みんなで身体が大事だから無理するなよ!と、いいながら『いいねぇ〜』と食べてます。
Commented by akanezumi1984 at 2007-06-07 23:54
そして、おらだの月山の竹の子もぼちぼちシーズン・インですね。
朝の四時には博物園の管理車道に車がずらーり!でしょう。
by akanezumi1984 | 2007-06-06 18:50 | つぶやき | Comments(2)

気がつくといつもここにいる・月山依存症末期患者の日記


by akanezumi1984